.

目次:

概要
日本
インドネシア
ロシア
コスタリカ
国際機関、IRENA
その他


・・・
・・・

概要


地熱発電(Geothermal power)は自然エネルギー(再利用可能エネルギー)の一つで火山の多い日本では有効。通常は蒸気発電(flash steam)でマグマの熱で生成された水蒸気でタービンを回して電気へ変換。しかしこの水蒸気中に大量のCO2を含み地球温暖化対策には使用不可


日本


松川地熱発電所は、岩手県八幡平市松川温泉にある。日本初の商業ベースの地熱発電所として1966年に運転を開始。現在、地熱発電は国内で18カ所。経産省によれば計53万キロワットの設備容量があり風力発電や太陽光発電を上回る。しかし99年の八丈島地熱発電所(東京都)以来新規立地がなかった

環境省は、国立・国定公園内での地熱開発を対象とした「地熱発電事業にかかわる自然環境検討会」の最終検討会を東京都内で開き、国立公園内での地熱発電開発を一部認める方針。2012年2月。これにより従来認められてこなかった国立公園外からの熱水採取のための温泉井戸の斜め堀りなどが可能となる

環境省が国立公園内での地熱発電を容認。2012年2月。だが国立公園内やその周辺には既存の温泉源を利用している旅館も多く、自然景観の保全以外にも、温泉の源泉への影響等で懸念。1972年の「国立公園および国定公園内における地熱発電の開発における了解事項」で新規工事・開発を推進しないと


・・・

インドネシア


外務省、ギナンジャール・インドネシア大統領諮問会議委員の前原外務大臣表敬、2011年2月。経済発展のためにはインフラ開発が不可欠。インドネシアが環境対策として取組を行う中で、ポテンシャルの高い地熱エネルギーにおいて高い技術を持つ日本と協力 http://t.co/0JfXrVqG

JICA.インドネシア共和国向け円借款契約の調印−地球に優しい再生可能エネルギーである地熱発電事業を支援−2011年3月 http://t.co/IcBxbRb7 269億6,600万円。南スマトラ州ムアラエニム県において地熱発電所を建設し、電力供給の安定性の改善、経済発展に寄与

外務省、インドネシアに対する円借款及び無償資金協力に関する書簡の交換、2011年8月。739.42億円。.ぅ鵐疋薀泪羸价魂侘枠電計画、地熱開発促進プログラム、バンドン市内有料道路計画、ぅ船織襯狎郛緡支川流域洪水対策セクターローン http://t.co/3xQY2c9

丸紅と東芝は、インドネシアPT Geo Dipa Energi社の「パトハ地熱発電所1号機案件」を受注。2011年12月。ジャワ島西部に、東芝製地熱蒸気タービン・発電機を含む、設備一式を納入するとともに建設工事を、両社で一括して請け負い、発電所を建設する。運転開始は2014年。

住友商事はインドネシアのスマトラ島で地熱発電の建設から運営までを手がける卸電力(IPP)事業に参画。2012年3月。日本企業が同国の地熱IPP事業で売電契約を結ぶのは初めて。2016年の商業運転を計。総事業費は15億ドルで約7割は国際協力銀行(JBIC)を中心とした銀行融資で調達


・・・

ロシア


ロシアの政府系紙イズベスチヤは2011年11月、政府が北方領土・国後島に全島民の電力需要をカバーできる地熱発電所を新設する方針だと報道。現在の地熱発電所は電力需要の40%しか賄えず、残りはディーゼル発電。計8億9000万ルーブル(約23億円)を投入し2015年までに建設するという

ロシアが、北方領土・国後島に地熱発電所。2011年11月。プーチンは2012年に大統領職に復帰。彼は北方領土問題については「2島返還」論者。1956年の平和条約の締結時の「色丹、歯舞の日本への返却」を外交カードに使う方針。国後島を日本に返還する気は無いと考えられるので、矛盾しない

北方領土問題と「共同経済活動」。2012年3月に大統領復帰が見込まれるプーチンが、2000年の訪日時に2島返還を容認したのは確かだが、10年11月、横浜のAPECでメドベージェフは、北方領土における水産加工、漁業、地熱エネルギー、観光などの分野での協力(日露の共同経済活動)を提案

コラ半島はロシア北西部の白海に面する半島。ここで人類史上最高の、地下12,262mに到達する掘削が行われた。学術調査目的のボーリングで、無尽蔵の地熱エネルギーをマントルから取り出すため。長期的なエネルギー政策のため行った。が、一部で地下核実験をするためだったのではないかという説も


・・・

コスタリカ


コスタリカ、ラウラ・チンチジャ大統領、2011年12月。‘本とFTAを結ぶ意欲を示し、コスタリカの政治的安定や、南米の新興国へのアクセスの良さなどを日本側のメリットとして挙げた。既に中国やシンガポールとはFTA。日本と同じ火山国で、国際協力機構(JICA)と地熱発電の協力開発


・・・

国際機関、IRENA


国際再生可能エネルギー機関(IRENA)とは,再生可能エネルギー(太陽光,風力,バイオマス,地熱,水力,波力等)の普及・利用を目的として設立された初めての国際機関。2010年7月に発効したIRENA憲章には,これまで約150か国が署名し,そのうち日本を含む64か国が批准している。


・・・

その他


J-POWER 電源開発株式会社 http://t.co/GSCfcsw8 1952年設立。水力発電所 59カ所 85億ワット、火力発電所 7カ所 84億ワット、地熱発電所 1カ所 1万5千ワット、送電設備(亘長)2,407.7km