.

136人

インドの人口は12億。1日1ドル以下で生活する人は3割、2ドル以下の人は8割。女の子たちは小学校を途中でやめ、綿花の人工受粉をする。小さい手の方がやりやすく、人件費も安いため。このインドの子どもたちが作った綿花は、中国で加工され服になり、日本で売られ、今、あなたが着ているものに。


112人

病院に入院中、まちがって、「ナースコール」を押してしまった。やってきた看護師さんに、「すみません。間違って押しました。」と伝えて謝ると、「いえいえ。またいつでも、間違って押して下さいね。」と言って、笑顔で去っていった。 …か、感動した。


62人

「今の私達にとっての敵は無関心、すなわち、世界はたくさんあり、自分たちの世界だけに関心を持てばよいのだとする考えである。この考えは誤っている...。世界は一つ、人類も一つである。そして真の衡平で永続的な人間の安全は、不可分のものである。」 コフィー・アナン、1997年の演説


54人

バニラアイスクリームに使用されるバニラは、メキシコ原産で中南米等で栽培される植物。授粉に「ハリナシミツバチ」が必要なのだが、最近森林伐採等で減少し授粉に支障。代わりに手の小さな女児が、手作業で授粉を行う。「あなたがバニラアイスを食べるために、中南米で女の子が児童労働させられる?」


45人

「ブレード・ランナー」などで知られる映画監督リドリー・スコットさんがフジテレビと組み、東日本大震災の2011年3月11日をテーマにした映画を作成すると発表。2012年2月。一般の人たちに動画を投稿してもらい、つなぎ合わせて1本の映画「ジャパン・イン・ア・デイ」を完成させると言う


33人

オランダのNGO「バンク・トラック」が、世界の大手45金融機関の「倫理度」を数値化した。軍需産業分野への融資、気候変動・環境保護などへの取り組み、国際法・国際基準の遵守など。三菱UFJ、みずほ、三井住友の日本の3フィナンシャルグループは、欧米の銀行に比べてかなり倫理度が低かった。


21人

第五福竜丸(ラッキー・ドラゴン)。1954年3月1日、米軍の水爆実験によって発生した多量の放射性降下物(死の灰)を浴びた、遠洋マグロ漁船。無線長だった久保山愛吉がこの半年後に死亡。「原爆・水爆の被害者は、私を最後にして欲しい」と絶叫して死んだが、2011年3月、福島原発事故が発生