.

目次:

概要
大統領不在が2年以上だった
エネルギー自給率が低い、ロシアに依存
UNDPがBOPビジネスを振興
世銀とグーグルが途上国の地図作成
女性の労働者の割合は高い
自由貿易ゾーン
ユダヤ虐殺
日本の支援
その他


・・・
・・・

概要


モルドバ 。東ヨーロッパに位置。内陸国。西にルーマニア、他の三方はウクライナ。旧ソ連。言語的、文化的にルーマニア人との違いはほとんどない。ロシア・ソ連による侵略と(ロシア人の地域内への)移住により、現在のモルドバ共和国と、ルーマニア内モルドバ地方に、分割されてしまった。悲劇の歴史


・・・

大統領不在が2年以上だった


旧ソ連・モルドバの議会(定数101)で2011年12月、大統領選出の議員投票が行われたが、唯一の候補者である親欧米の民主党党首ルプが当選に必要な61票を獲得できず、再び選出に失敗。旧ソ連諸国で唯一の共産党政権を率いたウォロニン大統領が2009年9月に辞任して以来、大統領不在は2年

旧ソ連モルドバの議会(定数101)で大統領選。親欧米勢力が推す裁判官チモフチが選出。2012年3月。共産党系のウォロニン大統領が09年に辞任して以来、大統領不在は2年半。欧州統合を掲げる親欧米派と共産党の議会勢力が伯仲し、当選に必要な61票に双方の候補が届かない状態が続いていた。


・・・

エネルギー自給率が低い、ロシアに依存


モルドバ。エネルギー自給率が最も低い国の一つ。日本の4%より低い2%台。主要エネルギー源をロシアに依存する。だがロシアは近年、旧ソ連諸国に対するエネルギー資源輸出に関する優遇処置を撤廃。このため、モルドバ経済は不安定化。さらに、2008年の金融危機によるロシア経済の低迷が、悪影響

エネルギー自給率(IEA、2006年、%)、低い順に、1)シンガポール0、2)オランダ領アンティル0、3)マルタ0、4)ジブラルタル0、5)香港0.3、6)台湾1.7、7)ルクセンブルク1.7、8)キプロス2.0、9)韓国2.3、10)モルドバ2.6、13)日本4.2%

外務省、「GUAM+日本」エネルギー安全保障ワークショップ(概要と評価)2012年1月 http://t.co/2BpfYH43 旧ソ連邦の4か国(グルジア,ウクライナ,アゼルバイジャン,モルドバ)によって,1997年に創設された対話と協力のための地域フォーラム


・・・

UNDPがBOPビジネスを振興


BOPビジネス。UNDPの国別プロジェクト数。.泪瀬スカル13、▲競鵐咼■后↓ケニア8、ぅ泪薀Εぃ機↓ぅ織鵐競縫■機↓Εンボジア4、Ε肇襯械粥↓┘皀襯疋丕魁↓アルバニア2、インドネシア2、ボスニア・ヘルツェゴビナ2、モザンビーク2


・・・

世銀とグーグルが途上国の地図作成


世界銀行と米Googleは、途上国地域の地図作製で提携。2012年1月。今回は、ケニア、南スーダン、タンザニア、シエラレオネ、ガーナ、ザンビア、ナイジェリア、DRC(コンゴ民主共和国)、モルドバ、モザンビーク、ネパール、ハイチ。既に、2011年4月、南スーダンの地図作製で協力した


・・・

女性の労働者の割合は高い


国際労働期間(ILO)。労働者に占める女性の割合の国際比較。モルドバ50%、ボツワナ50%、米国37%、ドイツ32%、日本27%。エジプト11%、パキスタン5%。 http://t.co/ixCQPJ0A Figure 5.1 Women’s share as employers


・・・

自由貿易ゾーン


自由貿易ゾーン条約。旧ソ連の独立国家共同体(CIS)経済統合ゾーン。2011年10月、署名開始。ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、アルメニアの計8カ国が署名。ロシアと距離を置くトルクメニスタン、ウズベキスタン、アゼルバイジャンは検討中


・・・

ユダヤ虐殺


ポグロム(破壊を意味するロシア語。ユダヤ虐殺)。19世紀後半の東欧ではユダヤ人に対する集団的迫害行為(殺戮・略奪・破壊・差別)が頻発。特に旧リトアニア公国の領域(ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ)でポーランド貴族に依存して生活していたユダヤ人が農民やコサックによる一揆の巻き添えに


・・・

日本の支援


外務省、ODA、国別プロジェクト概要 モルドバ共和国 http://t.co/cE3nj65O (神23年度 太陽光を利用したクリーンエネルギー導入計画(国立腫瘍学研究所に太陽光発電設備を設置) ∧神21年度  貧困農民支援(小麦及びトウモロコシの増産のためトラクターを整備)


・・・

その他

世界の地名。疑問形。アリカ(チリ)、カウカ(コロンビア)、カタマルカ(アルゼンチン)、カメンカ(モルドバ)、キレナイカ(リビア)、クエンカ(エクアドル)、ダーレ(ノルウェー)、ダレッ(ミャンマー)、ドノ(ロシア)、ナニー(英国)、マダカシラ(インド)、マタカナ(ニュージーランド)