.

66人

「女性が○○するのに最も適している国」.┘蝓璽箸砲覆襪覆蕁▲献礇泪ぅ。専門職、管理職、政府高官など、いわゆるエリートと呼ばれる階級は、60%が女性。最下位のイエメンでは、わずか2%。家事や育児をするなら、デンマーク。家事や育児に費やす時間の男女差が最も少ない。最下位はメキシコ

「女性が○○するのに最も適している国」ヾ覿箸離肇奪廚卜つなら、タイ。企業の女性最高幹部の割合が高く、45%。先進国の中で最下位は、日本の8%。▲献磧璽淵螢好箸砲覆襪覆蕁▲リブ海域諸島。女性ジャーナリストの割合が多く、45%。ヨーロッパは35%、最下位のアフリカは30%


49人

イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの空爆で、2012年3月9〜11日に13歳の少年を含む18人が死亡、30人が負傷。テロを計画した武装勢力幹部を狙ったと釈明している。一方、ガザの武装勢力によるイスラエル南部への報復攻撃も続いており、ロケット弾130発以上が発射され4人が負傷


46人

ドイツのメルケル首相は東日本大震災後に、2022年までの全原発稼働停止を決めたことを「正しい決断だった」と発言。2012年3月。「再生可能エネルギー分野で、ドイツが市場の先駆者になれるチャンス」と述べ、脱原発後の新エネルギー開発での「商機」を強調。メルケルは元々、原発推進派だった


42人

「女性が○○するのに最も適している国」―性として生きるなら、アイスランド。社会進出で男女格差がほぼない。最下位はイエメン。∪治家になるなら、ルワンダ。国会議員数で女性の方が多いのはここだけ。最下位は、女性議員が全くいない、サウジアラビア、イエメン、カタール、オマーン、ベリーズ


40人

「女性が○○するのに最も適している国」,金を稼ぐなら、ルクセンブルク、ノルウェー。男女の所得格差がほとんどない。最下位はサウジアラビアで、男性と比べると女性は5分の1。大学に行くなら、カタール。高等教育を受ける女性の数は男性の6倍。最下位はアフリカ中央部の国、チャド。


36人

東日本大震災のあと、世界でも突出した180億円を超える義援金を日本に寄せてくれた台湾の人たちに、被災者からの感謝のメッセージ。台湾に留学している日本人大学生が企画し、台北郊外でイベントを開催。2012年3月。被災者からの30通の手紙が、中国語に翻訳され展示された


27人

「市井に生まれ、育ち、生活し、老いて死ぬといった生涯を繰り返した無数の人物は、千年に一度しか現れない人物の価値と全く同じである」 吉本隆明 「結婚して子供を生み、そして子供に背かれ、老いてくたばって死ぬ、それを想定でき、そういう生活をして生涯を終える者が、一番価値ある存在なんだ」

ロシア紙・コメルサントによると、あるロシア外交筋は、「イスラエルは事実上、オバマ米大統領を脅迫している。イスラエルはオバマを、戦争を支持するか、それとも(米国のユダヤ系ロビーの)支持を失うか、どちらかを選択する状況に追い込んだ」と語った。2012年3月。イスラエルがイランを攻撃か


24人

孫正義、東日本大震災に対する100億円の寄付先一覧 http://t.co/VAtxuwDX 「口だけではないのか」という懐疑に対し、自社サイトで異例の発表。個人としては、福島・岩手・宮城の各県に10億円ずつ。茨木と千葉に2億ずつ。公益法人としては、日赤と中央共同募金に10億ずつ

「女性が○○するのに最も適している国」‘匹濬颪できるようになるには、レソト。南アに囲まれた国。男性の識字率が83%なのに、女性は95%。最下位はエチオピアで男性42%、女性18%。国家のトップに立つなら、スリランカ。世界初の女性首相が誕生した国。女性がトップだった年数は23年


23人

「国家というのは宗教の最後のかたちである。」 吉本隆明(1924-2012年)。「国家は幻想である。風俗や宗教や法もまた共同の幻想である。」

カダフィは悪人だったのか?国連開発計画が毎年発表している人間開発指数を見る限り、そうは思えない。アフリカの中ではトップクラスの開発状態で国民の健康レベルは先進国並み。自著「緑の書」(毛沢東とコーランの影響を受けた独自理論)通りの理想国家を目指した。独裁国家なのは、中東では全部そう

兵器の輸入2009。1)インド21.2億ドル、2)シンガポール17.3億ドル、3)マレーシア14.9億ドル、4)ギリシャ12.7億ドル、5)韓国11.7億ドル、6)パキスタン11.5億ドル、7)アルジェリア9.4億ドル、8)アメリカ8.3億ドル、9)オーストラリア、10)トルコ


22人

「詩は書くことがいっぱいあるから書くんじゃない。書くこと、感じることなんにもないからこそ書くんだ。」 吉本隆明(1924-2012年)。「言葉の幹と根は、沈黙である。」


20人

兵器の輸出2009。1)アメリカ68.0億ドル、2)ロシア44.7億ドル、3)ドイツ24.7億ドル、4)フランス18.5億ドル、5)イギリス10.2億ドル、6)スペイン9.3億ドル、7)中国8.7億ドル、8)イスラエル7.6億ドル、9)オランダ6.1億ドル、10)イタリア5.9億

アメリカがイスラエルを守る理由の一つ。軍需産業の振興。イスラエルは米国等から大量の軍事兵器を購入。例えば戦闘機の購入数は82機で世界第3位(2005〜2009年)。4度に及ぶ中東戦争でイスラエルは負けなかったためそれら兵器の優秀性を証明。これで米国軍需産業への海外からの受注が増加


19人

「わたしたちは前を向いて生きているんですが、幸福というのは、近い将来を見つめる視線にあるのではなく、どこか現在自分が生きていることを後ろから見ている視線の中に含まれているような気がするんです。」 吉本隆明(1924-2012年)

イスラエルは4度にわたる中東戦争で負けなかった。かつ、現在も中東で孤立する中、イランなどを相手にしながらも、滅亡せず生き残っている。米軍が兵器やその技術を支援(輸出)しているからだが、結果として、そうした兵器の優秀性を証明することとなり、他国もそれらを購入、両国の軍需産業は栄えた