.

目次:

概念
発明と実用化
課題・問題
孫正義のアジアスーパーグリッド構想
自然エネルギー財団
ソフトバンクが、モンゴルで風力発電
関連ブログ


・・・
・・・

概念


スーパーグリッド。…凝粗海砲茲辰禿典い療疏を行い、送電ロスをきわめて小さくする。△つ、余剰電力を液体水素に換えて保存する。そのためのエネルギーの貯蔵設備等も含む。スマートグリッドをさらに改良した形。な胴颪任枠送電分離されているため、グリーンニューディール政策で振興された。

スーパーグリッド。利点は、送電ロスが少ないこと。現行方式では平均10%の送電ロスがあるが、1/200にすることが可能。送電ロスは電圧が高いほど少なくなるため、高電圧送電により、極端に言えば、大陸間を横断した遠隔地への送電が可能。これを受け孫正義が「アジアスーパーグリッド構想」

スーパーグリッド。その利点。太陽光発電や風力発電は、気候の変化で発電量が安定しない。このため、電気の需要が少ない時は、発電した電力で水を電気分解し、水素を作り、液化して保存する。これにより電気の蓄積を可能にする。将来的にはこの水素を、燃料電池自動車やそのまま燃料にすることも検討。


・・・

発明と実用化


スーパーグリッド。1967年にIBMのガーウィンとマティソーが考案。−269℃の液体ヘリウムで冷却したニオブ・スズ金属の1000kmのケーブルを建設し100GWの電気を流す。当時は想像上の産物。だが86年に、より高い温度でも超伝導状態になる物質、液体窒素(−196℃)。実用化へ


・・・

課題・問題


スーパーグリッドの課題。〆までの送電網以上の超高電圧の電流が流れる。事故・故障など突発的なトラブル発生時に速やかに電流を遮断できるか?⊆騨儔修垢襪砲老設会社、修理業者などの関係者が水素を安全に取り扱えることが前提。水素は引火し易いなどの問題。コストが米国で1兆ドル必要と試算


・・・

孫正義のアジアスーパーグリッド構想


「孫正義氏、自然エネルギー財団設立イベントで基調講演 〜巨大送電網で、日本とアジアに平和をと述べる」2011年9月 http://t.co/mE016iNU 講演のスライドを含めた全文。

孫正義。2011年9月。|Ω業が必要。30年には自然エネルギーを発電の6割に。H送電分離は必須。ぜ然エネルギーを生かすためにはスーパーグリッド(直流高圧送電網)が必須。テ本海を中心に、発電エリアを結ぶ「ジャパンスーパーグリッド構想」。さらに「アジアスーパーグリッド構想」


・・・

自然エネルギー財団


自然エネルギー財団 http://t.co/VLGwgKfF ソフトバンクグループ代表の孫正義が設立。2011年9月に設立イベント。同年3月の東日本大震災による原発事故に触発され、自然エネルギーを中心とした「エネルギーのパラダイムシフト」を提唱

ソフトバンクの孫正義社長は2011年4月20日「自然エネルギー財団」を数カ月以内に発足させると表明。原発への依存から脱し太陽光発電などを促進するエネルギー政策を提言。財団のため孫社長が少なくとも10億円を出す。世界の科学者百人を日本に招き原発に代わる自然エネルギーの研究や政策提言

ソフトバンクの孫正義が私財で設立した「自然エネルギー財団」の理事長にスウェーデン・エネルギー庁長官のコバリエルが就任。2011年8月。脱原発論者として知られ、孫氏は海外政府機関の有力者を招くことで政府に自然エネルギー推進の働きかけを強める。近くエネルギー庁長官を辞任し理事長に就任


・・・

ソフトバンクが、モンゴルで風力発電


ソフトバンクは、モンゴルで風力発電事業を開始するため、モンゴルの投資会社ニューコムグループや韓国電力公社と建設事業の推進で基本合意。2012年3月。モンゴルは風力発電に適したゴビ砂漠などの土地が多い。ソフトバンクが風力発電技術などを提供し、韓国電力公社が送電網の構築などを後押し

ソフトバンクは日本やモンゴル、中国などアジア諸国の送電網を海底ケーブルなどでつなぐ「アジアスーパーグリッド構想」を掲げている。将来的には、モンゴルのゴビ砂漠などで風力発電でつくった電気を、日本などアジア各国に供給することも目指す。2012年3月、モンゴルで風力発電事業を開始へ。


・・・

関連ブログ


「スマートコミュニティ、スマートシティ、スマ「メガソーラーに関するツイート 20120203まで 3359字」 http://t.co/blZm8xG2 山本敏晴のブログより

ートグリッドに関するツイート 20120107まで 5011字」 http://t.co/MPpZ00O7 山本敏晴のブログより