.

目次:

ユダヤによるアメリカ経済の支配、そして政治も支配
新興国、BRICS、NEXT11
新興国への企業進出への影響の具体例
株価への影響
退社した幹部が、ゴールドマン・サックスを批判
金融危機後、減収とリストラ
その他


・・・
・・・

ユダヤによるアメリカ経済の支配、そして政治も支配


ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs, NYSE)はアメリカの金融グループで世界最大級の投資銀行。ドイツ出身のユダヤ系のマーカス・ゴールドマン(Marcus Goldman、1821-1904年)が1869年に設立。モルガン・スタンレーやシティグループ等とともに名門

ゴールドマン・サックスの売り上げ総額(2006年度)。370億6700万ドル(約4兆円)で純利益は93億4000万ドル(約1兆円)。社員の一人当たりの年収は平均52万ドル(約6千万円)でCEOを務めるロイド・C・ブランクファイン(ユダヤ人)のボーナスは5000万ドル(約60億円)

アメリカの宗教。.廛蹈謄好織鵐56%、カトリック28%、ユダヤ教7%。∧洞睛察Ψ从僂魯粥璽襯疋泪鵐汽奪スなど2%にも満たないユダヤ人が掌握。そのロビー活動で米政府はイスラエル支持。▲廛蹈謄好織鵐畔_伺標桐主義、カトリック原理主義も、旧約聖書の千年王国誕生のためイスラエル支持

ユダヤ系金融グループ「ゴールドマン・サックス」とアメリカ政府との関係(人脈、コネ)。レーガン政権時の国務副長官ジョン・ホワイトヘッドはゴールドマン・サックスの元共同会長。クリントン政権時の財務長官ロバート・ルービンも同じ。ブッシュ政権の大統領補佐官スティーブン・フリードマンも同じ

ロバート・ゼーリック(1953年生)とは、現世界銀行総裁。2005年2月から2006年7月までアメリカ合衆国国務副長官。2006年6月から(ユダヤ系の)ゴールドマン・サックス証券の国際戦略部のマネージング・ディレクター兼代表。2007年7月ジョージ・W・ブッシュの指名で世銀総裁へ

世界の金融保健会社ランキング(2007、純利益)。硲咤贈叩扮僉法↓▲蹈ぅ筌襯丱鵐・オブ・スコットランド(RBS)(英)、JPモルガン・チェース(米)、ぅ丱鵐・オブ・アメリカ(米)、ゥ弌璽シャー・ハサウェイ(米)、Γ稗裡妊哀襦璽廖淵ランダ)、Д粥璽襯疋泪鵝Ε汽奪ス(米)


・・・

新興国、BRICS、NEXT11


BRICs(ブリックス)とは、経済発展が著しいブラジル (Brazil)、ロシア (Russia)、インド (India)、中国 (China) の頭文字を合わせて作られた言葉。新興国。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストが2001年11月30日の投資家向けレポートに記載

投資の対象となる新興国としてゴールドマン・サックスは、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国。Sとして南アフリカを入れる場合もある)。次いで、NEXT11(イラン、インドネシア、エジプト、韓国、トルコ、ナイジェリア、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、メキシコ)

新興国。BRICSは、ブラジル、ロシア、インド、中国。時に南アフリカ。NEXT11は、イラン、インドネシア、エジプト、韓国、トルコ、ナイジェリア、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、メキシコ。ゴールドマン・サックスが有望な投資の対象として2001年のレポートに記載。


・・・

新興国への企業進出への影響の具体例


インドネシア。.粥璽襯疋泪鵐汽奪スがBRICsに次ぐNEXT11に指定。▲献Д肇蹐BOPビジネスの有望市場としてバングラデシュと共に名指し。世界銀行はブラジル、中国、インド、韓国、ロシアと共に6大新興国。ぅ轡謄グループは2050年のGDPが中国・インド・ブラジルに次ぎ4位

ユニクロのバングラ進出の背景。米証券会社ゴールドマン・サックスはBRICsに次ぐ新興経済国NEXT11の中に後発発展途上国からは唯一バングラデシュを推挙。また一方、生産拠点を中国に一極集中させる「中国リスク」(チャイナ・リスク)への危機感から東南アジア諸国へ各企業が生産拠点を移転


・・・

株価への影響


ゴールドマン・サックス証券では2010年12月のレポートで「銅は長期的に中国インフラ向け需要の拡大から供給不足に陥る」として(三井物産、三菱商事などの)総合商社のほか住友金属鉱山など非鉄株も株価上昇の見込みとしている。LME(ロンドン金属取引所)の銅先物3カ月物が史上最高値を更新


・・・

退社した幹部が、ゴールドマン・サックスを批判


米金融大手ゴールドマン・サックスの元幹部が、同社を「顧客より自社のお金もうけを優先。顧客をあやつり人形と呼んでいた」などと強く批判した手記が大きな反響。2012年3月。米国では11年秋から格差是正を求めるデモや「占拠」がウォール街から広がり米金融界の「もうけすぎ」が批判されている

米ゴールドマン・サックスの元中堅幹部が自らの退職日に合わせ、顧客を食い物にする同社の社内文化を暴露し米ニューヨーク・タイムズへの寄稿。2012年3月。12年勤めたグレッグ・スミスが、同社社員が顧客を「あやつり人形」と呼んでいる実態を暴露。顧客重視の企業文化が「毒され、損なわれた」

ゴールドマン・サックスを退社するグレッグ・スミスは同社が「かつてないほど有害で破壊的になっている。容赦なく顧客を食い物にする姿を見て気分が悪くなる。この1年で5人のマネジングディレクターが自分の顧客を『muppet(操り人形、英国では「愚か者」を意味する俗語)』呼ばわりしていた」

ゴールドマン・サックスが顧客よりも会社の利益を優先しているとの批判。金融危機の最中、顧客に「くず」と呼ぶ証券を売る一方で、会社はそれを空売りし儲けた事実も米議会証言で発覚。米大手金融機関は公的支援で危機時の窮地を逃れた経緯があり救済を受けられなかった国民は金融界に厳しい視線を注ぐ


・・・

金融危機後、減収とリストラ


「ウォール街、もはや金持ちへの近道ではなくなった」 。投資銀行などウォール街の金融会社に就職した『ハーバード大学の卒業生』は、グローバル金融危機前の2008年は28%だったが、11年は17%に激減。金融圏の報酬が大幅に減少、リストラも頻繁になったため。米紙ニューヨークタイムズ。


・・・

その他


米ゴールドマン・サックスは、企業の買収・合併(M&A)などにかかわる担当者の個人的な株式保有状況などを顧客に情報開示する内部規則を強化。2012年3月。先の訴訟で、大型買収案では担当者が潜在的に顧客と相反する利害関係を持つ可能性があるとの指摘が担当判事からなされたことを受けたもの