.

目次:

少子化、一人っ子政策
黒孩子(ヘイハイズ)
中国の青少年問題、生産年齢人口の減少、高齢化
中国の崩壊の可能性
中国の少子化対策が、世界人口抑制と、国内の混乱の低減に貢献?
一人っ子政策を見直し
高齢化による問題
中国の巨大な高齢者市場を狙った新しいビジネスチャンス
他国の少子化対策
その他


・・・
・・・

少子化、一人っ子政策


一人っ子政策とは、1979年に始まった中国の人口規制政策。爆発的な人口増に法規制を加え、出産または受胎に計画原理を導入。子どもは戸籍上では夫婦一組に対し一人しか持たない、とした。違反すると罰金を支払い、かつ第二子以降は学校や病院などの行政サービスを受けられない。少子高齢化も問題に

中国の一人っ子政策の例外規定。|羚饋諭文渓には漢民族)同士の夫婦のみに適用。◆粉疎欧房,い膿邑が多い)チワン族以外の少数民族に対しては、免除。9畊舛筌泪オは適用対象外の地域。づ垰塢瑤任楼貎佑短卆策は強化されたが、例外として双子以上の多胎児の場合、全員が戸籍を持つことが可能

女性が一生のうちに産む子どもの数が少ない(少子化の)国または地域はどこか?合計特殊出生率でみると、1)マカオ0.91(中国の少子化政策)、2)香港0.97、3)ベラルーシ1.20、4)韓国1.21、5)ウクライナ1.22、6)ポーランド1.23。ちなみに日本1.34、中国1.73


・・・

黒孩子(ヘイハイズ)


黒孩子(ヘイハイズ)。中国では一人っ子政策のため、戸籍上では、夫婦一組に対し子供は一人しか持たない。だが実際は、密かに産んだ子が戸籍外で誕生。国民として認められないため、学校教育や医療などの行政サービスを受けることができない。その数は、数千万人〜数億人とばらつきがあり、定かでない

黒孩子(ヘイハイズ)または黒子(ヘイズ)と呼ばれる中国の戸籍を持たない子供達。その数は数千万〜数億人と言われ実数ははっきりしていなかったが2010年の国勢調査で戸籍のない人の数が総人口の約1%にあたる1300万人に上ると報告。大半は国策による産児制限「一人っ子政策」に違反したもの

中国の一人っ子政策の推進を担当する家族計画担当(人口計画出産委員会)の地方当局者が、親から赤ちゃんを強制的に取り上げ国際養子縁組で利益を得ていた。米国やオランダ向けの養子縁組組織に売り飛ばし。子ども1人につき1千元(約1万円)、海外への養子縁組が成立した場合3千ドル(約24万円)

黒孩子(ヘイハイズ、中国の一人っ子政策のため戸籍に登録されない第二子以降の子)の問題。\犬泙譴襪犯涯發鯤ГΔ世韻任覆親の昇進もできなくなるので政府に隠す。このため統計が不明。∋劼漏惺察ι賊,覆匹亮匆颯機璽咼垢受けられない。C忙でなければ堕胎。せ匐,凌与版簀禧伴圓貿笋衄瑤个

「人身売買・人身取引、売春、買春、子どもの権利に関するツイート 10351字」 山本敏晴のブログより http://t.co/OHi9lgE6


・・・

中国の青少年問題、生産年齢人口の減少、高齢化


中国の青少年問題。|118:女100と偏りがあり、結婚難。黒孩子(ヘイハイズ)が等しい教育機会や職業選択機会を得られるか。E垰垈修悗硫當で発生する留守番児童(両親の都市への出稼ぎにより農村で暮らす児童)、づ垰塢瑤任領動児童(出稼ぎの両親と暮らすが教育等で差別を受ける児童)

中国は「世界の工場」から失脚。中国の青少年人口は、2000年の2億2800万人から、2009年には1億8000万人へと減少。青少年の総人口に占める割合も18%から13%へ。中国の今後の労働市場は、「安い労働力」から「付加価値の高い産業」を中心とする市場へと構造的な変換が求められる

中国の国家計画出産委員会。2011年10月末。計画出産の基本となる一人っ子政策の影響で、出生人口の男女比に偏りがある(男性が多い)ことや、今後5年の間に労働人口のピークを迎えること、60歳以上の高齢者が2050年には総人口の3分の1を占めることなどの問題点を指摘した。

中国の生産年齢人口(15〜64歳)の全体に占める比率が2011年、前年より0.1ポイント低い74.4%となり、02年以来、9年ぶりに減少した。「一人っ子政策」の影響で中国も急速に高齢化が進みつつある。沿岸部の工場では慢性的な人手不足。65歳以上の全体に占める比率も増加し、9.1%


・・・

中国の崩壊の可能性


中国崩壊への要因。仝誉劼謀佻燭気譴討い覆す孩子(ヘイハイズ)の増加。↓,魎泙倏逝蕊瑤了劼匹發剖軌蕁就職の機会がない。3ご濾瑤汎睥ι瑤侶从儚丙垢砲茲詆塰。両親の出稼ぎによる留守番児童などが非行化。ぅぅ鵐侫譴膿糧・土地の価格が高騰。ッ暴比が120対100で結婚難。性的不満も

米フォーブス誌が、『「中国の時代」は短命』というレポートを発表。中国の不動産バブル崩壊の可能性を指摘。,い咾弔蔽羚颪良堝飴沙埔譴函↓急速な高齢化を挙げ、「バブル崩壊後の中国の停滞は、かつての日本より深刻になるだろう」。だがバブルが崩壊すれば、中国人労働者の人件費高騰も収まるか?

中国の『崩壊』はいつか?ゞ産党独裁のまま市場経済化した例はベトナムのドイモイがあるが貧富の差の拡大が進むためもはや平等でなく国民に不満。∧謄侫ーブスが、いびつな不動産市場と高齢化によるバブル崩壊を予言、アラブの春がツイッター等で拡散。づ薫駄膸件世代が香港・台湾・欧米で活動


・・・

中国の少子化対策が、世界人口抑制と、国内の混乱の低減に貢献?


「中国の産児制限が世界人口70億突破を5年遅らせた」中国の国営の新華社通信の報道。「計画出産により、中国は現時点で人口を4億人圧縮し、世界人口70億突破を5年遅らせた」とするは発表。中国人民大学社会・人口学院の院長は「計画出産を実施していなければ中国の人口は17億人を超えていた」

中国の国家計画出産委員会主任は2011年10月末、世界の人口が70億人を突破するのを前に計画出産の基本国策を堅持する方針。2010年の国勢調査で13億3972万人。「中国が30年前に計画出産政策を始めなければ人口は17億を超え経済社会の発展でさらに多くの困難に直面していただろう」



・・・

一人っ子政策を見直し


中国の一人っ子政策を巡り、最も人口の多い広東省が両親のどちらかが一人っ子の場合2人まで子を産める実験区に名乗り。省内の女性の平均出生率は1.7と低いレベルを維持し「規制緩和しても人口圧力にならない」。高齢化による労働力不足・社会保障の負担増のため1979年以来の一人っ子政策を調整

河南省は2011年11月、人口計画に関する条例を改正し、夫婦が共に一人っ子の場合や戸籍上、共に農民の場合、第2子の出産を認めた。これで中国全土で一人っ子同士の夫婦の第2子出産が容認へ。河南省を除く30の省、自治区、直轄市は2002年までに一人っ子同士の夫婦の第2子出産を認めていた


・・・

高齢化による問題


各国の高齢化率は、日本は1970年に7%、1994年に14%、倍加年数は24(年)。タイは2005年に7%、2025年に14%、倍加年数は20。シンガポールは、2000年に7%、16年に14%、倍加年数は14。中国は2001年に7%、2025年に14%、倍加年数は24で日本と同じ

中国国家統計局が2010年に実施した国勢調査の結果。/邑が13.4億。前回の2000年からは5.9%増。11.7%増加したが増加のペースは鈍化(500万人減少)。都市化。2000年36.1%、2010年49.7%。9睥隹宗60歳以上13.26%、10年前に比べ2.93%増。

小宮山厚生労働相ら日本、中国、韓国の保健担当相は2011年11月、中国で第5回保健相会合。少子高齢化社会という共通の課題を抱える3国が心臓病、癌、糖尿病など世界の死因の6割を占める「非感染性疾患」について協力を拡大。中国では非感染性疾患が死因の85%、医療出費の65%で喫緊の課題

中国の60歳以上の老人人口は1.78億人で総人口の13.26%。2012年3月。全国政協委員は老人が医療の重要消費対象となっており、老人の受診難が解決の急務であると指摘。老人の受診難の3大原因は、「立っていられない、込み合って動きが取れない、待っていられない」。新華社ネットの報道


・・・

中国の巨大な高齢者市場を狙った新しいビジネスチャンス


中国での新しいビジネス、新しい市場。中国の高齢者人口は、1.78億人(総人口の13.26%)。つまり、日本の総人口である1.3億人よりも多い。この高齢者に対する、老人ホーム、高齢者介護施設、在宅支援システムなどが、まだ整備されていない。市場規模は、約5.85兆円と試算されている。

中国。高齢化社会への対応について話し合う会議。2012年3月。2011年末60歳以上の高齢者人口は1.85億、総人口の13.7%。「社会養老サービス体系建設計画(2011−2015年)」では、養老サービスと老人福祉施設の不足などが問題。高齢者への介護における市場規模は4500億元

大和証券グループで法人向け業務を手がける大和証券キャピタル・マーケッツは2011年8月、台湾当局と日台企業へのビジネス支援で協力。合弁会社の設立やM&Aなどを後押しするため、案件紹介や情報提供をする。中国本土で巨大な需要が見込める環境分野や高齢化対策などのビジネス獲得を側面支援。

富山県高岡市の医療法人社団明寿会に勤務する中国出身の劉丹(43)と張秀錦(37)が、看護師の国家試験に合格。2012年3月。明寿会は高岡、氷見など県内四市で、高齢者施設やクリニックなどを運営。十年以内に、高齢化が進む中国での介護事業展開を計画しており、二年前に二人を採用した。


・・・

他国の少子化対策


世界で人口減少が進んでいるのは、イタリア、ドイツ、ロシア、韓国、日本など。ロシアは第二子を授かった保護者に助成金を。成功例と言われるフランスは、国からの助成金・企業からの産休育休支援・公共施設無料化・ベビーシッター代金の税金控除などの総合対策。また(未婚の母等の)婚外子への支援も


・・・

その他


世界最大の問題が本当に人口増加なら、資本主義国家より共産主義国家の方が良いかも。ゞ産主義国家は宗教が禁止のため、キリスト教・イスラム教の共通の経典「旧約聖書」に書いてある「産めよ増やせよ地に満ちよ」を禁止できる。中国の一人っ子政策のように人権を制限して国家が国策として実施可能