.

目次:

逸失利益
重度の知的障害者の逸失利益はゼロ
パート、フリーターの逸失利益
有名人の逸失利益
原発訴訟における逸失利益
沖縄に米軍基地があるための経済的損失に対する逸失利益


・・・
・・・

逸失利益


逸失利益(いっしつりえき、Lost profit、得(う)べかりし利益)。本来得られるべきであるにも拘らず、交通事故などの事故・不法行為・債務不履行などで得られなかった利益。算定では果たしてどこまでが本来得られるべきであった利益か、その確定は困難であり、訴訟などでもよく争点となる

逸失利益。その算定は困難。例えば20歳の大学生、会社員、主婦が、それぞれ交通事故等で死亡した場合、逸失利益が異なるのか、またある人物が特に勤勉であり、ある人物が特に怠け者であった場合どうか、などが論点となる。障害者に関しては成年で定職に就いていない場合は逸失利益は0と認定される


・・・

重度の知的障害者の逸失利益はゼロ


「息子の『命の価値』を認めて欲しい」。知的障害を持つ伊藤晃平(15歳)が預け先の障害者施設で階段から転落し死亡。社会に出て自立できるようにと、施設に通い始めた矢先の事故。母親(愛知県春日井市)が訴訟。施設側は「将来働けたとは考えられず、『逸失利益』はゼロ」と主張。2012年3月

「障害者であった息子の逸失利益がゼロ」を不服とする訴訟。知的障害と自閉症を持つ息子の伊藤晃平(15歳)が亡くなった際、その逸失利益(将来働いた際に得られたであろう利益)がゼロと算定されたことを不満に思った母親が訴訟。2012年3月。「人間として社会で生きていたことを認めて欲しい」

障害者が事故等で死亡した場合の「逸失利益」の現状。逸失利益は、収入を元にした賠償の概念。将来働いてどの程度収入を得られるかの試算。重度の障害者の場合、ゼロとされる傾向。裁判でもそうした判例が多い。このため障害者の遺族は、「社会において(障害者は)価値がないと言われているようで…」



・・・

パート、フリーターの逸失利益


「パートや派遣として働く若い非正規労働者が交通事故で亡くなったり障害を負ったりした場合、将来得られたはずの収入『逸失利益』は正社員より少なくするべきではないか」。こう提案した裁判官の論文が波紋。2010年9月。損害賠償額の算定に使われる逸失利益は「命の値段」と呼ばれる。若者に格差


・・・

有名人の逸失利益


マイケル・ジャクソンが急死した事件(2009年)でロサンゼルス郡地裁は過失致死罪に問われていた元専属医マーレーに対し禁錮4年の刑。2011年11月。死亡に伴って中止された英ロンドン公演(09年7月)の逸失利益1億ドル(78億円)を遺族側に支払うよう求める裁判もが2012年1月から


・・・

原発訴訟における逸失利益


福島第1原発事故で原発周辺の住民と事業者が計約8億3500万円の損害賠償を求め東電に集団交渉。2012年3月。避難住民の慰謝料を1人あたり月50万円、将来的に帰還が困難な場合は2千万円と設定した上で個別の逸失利益や事業損害の賠償を要求。東電に対する事故被害者の直接集団請求は初めて

文部科学省、原子力損害賠償紛争審査会2012年3月 http://t.co/bpE0prbt 年100万であるとし、ライプニッツ係数(中間利息の控除の係数)を見ると10年というのは7.7年に相当。よって10年分の逸失利益的な慰謝料の計算方法として仮に年100万とすると、770万円


・・・

沖縄に米軍基地があるための経済的損失に対する逸失利益


琉球新報の記事。「沖縄県議会事務局の試算では、米軍基地が存在することによる逸失利益は年間5千億円、米軍基地が全て返還された場合の経済効果は現状の2・2倍。那覇新都心など返還跡地の活況を見ても、基地が経済発展の阻害要因となっていることは、多くの県民にとって周知の事実」2012年3月