.

目次:

はじめに
眼鏡型スマホ端末
ヘッドマウントディスプレイ
拡張現実
ナビゲーション
漫画など

・・・
・・・

はじめに


ヘッドマウントディスプレイ・眼鏡型スマホ端末・拡張現実を利用した福祉・医療への応用。〇訥鯵仂祿下圓妨鯆名霾鹽を通知。危険回避も。∈匈家生時、最新の情報を通知、非難ルートを表示。救急患者や救急車乗務員が医療施設を探す際、情報通知。0綮佞手術する際、切る順番などのガイドを表示


・・・

眼鏡型スマホ端末


グーグルはスマートフォンで利用できる機能が手を使わずに行えるメガネ型端末の開発計画「プロジェクト・グラス」を発表。2012年4月。超小型カメラやディスプレーとなるレンズが搭載され、インターネットで検索したり写真を撮ったりすることができるなど、スマートフォンの機能の声での操作が可能

眼鏡型スマホ端末「プロジェクト・グラス」。〕Э佑箸梁圓噌腓錣擦妨かうと眼鏡に交通経路・交通情報(渋滞・地下鉄の停止等)を表示。近づくと友人の位置もGPSで表示。D蕎型カメラで記念写真。で磴な・レストランの位置も眼鏡に表示。ヌ仁瓩倭瓦董峇禧世墨辰靴ける声」によって行われる

米インターネット検索最大手グーグルが発表したプロジェクト「グーグルX」。いわゆるメガネ事業。共同創業者でプロジェクトの長でもあるセルゲイ・ブリンが、フリッカー上で、メガネを着用した写真を公開。「グーグルメガネ」はキーボード操作をすることなく、音声などで操作が可能になるというもの。


・・・

ヘッドマウントディスプレイ


ヘッドマウントディスプレイ(Head Mounted Display、HMD)。頭部に装着するディスプレイ装置。眼鏡型・帽子型等。目の疲労を抑えるためなるべく遠くに結像した像を形成。左右の目に違う映像を映し出し立体的にすることも可能。民生用HMDは1990年代に各メーカーから発売

軍事分野のヘッドマウントディスプレイ。米軍などでは戦闘機で使用するヘッドアップディスプレイ(視野に直接情報を映し出す手段)の代替として実用化。JHMCS(Joint Helmet Mounted Cueing System、ジェイヘミクス、統合ヘルメット装着式目標指定システム)


・・・

拡張現実


拡張現実(augmented reality)。現実環境にコンピュータを用いて情報を付加する技術。例えば、スマートフォン(またはヘッドマウントディスプレイ)を通して、目の前の世界を見ると、交通情報、コンビニ・銀行等の位置情報、レストランガイドなどが表示。障害者支援・医療への応用等

複合現実(Mixed Reality)。現実空間と仮想空間を混合し、現実のモノと仮想的なモノがリアルタイムで影響しあう新たな空間を構築する技術全般。拡張現実(Augmented Reality、AR)と拡張仮想を包含する概念


・・・

ナビゲーション


医療用ナビゲーションシステム。手術中の患者位置と手術器具の位置関係を表示。コンピュータ技術により支援される手術を、コンピュータ支援外科(CAS:Computer Assisted Surgery)と呼ぶ。2008年の診療報酬改定で「画像等手術支援加算」は、2,000点(2万円)


・・・

漫画など


漫画ドラゴンボール(1984-95年)の中でベジータ等のサイヤ人が装着していた「スカウター」。通信機能と生命体探索機能を兼ね備えた装置で、モノクル(片眼鏡)に似た形。片耳に取り付け、付属する半透明の小型スクリーンに、生命体の戦闘能力を数値化した情報や、その対象への方角や距離が表示