.

目次:

はじめに
国の概要
政治・経済の状況
日本の援助
日本が支援する理由
「報道の自由」の国
アーティスト


・・・
・・・

はじめに


JICAメルマガ。「カーボヴェルデ。アフリカでは珍しい、真面目で落ち着いた国民性。資源もない小さな島国。日本に似る。国内に住むのは50万人だが、その倍が欧米などに住む。官僚たちも留学経験のある人がほとんど。このためODA等で援助をする場合、論理的な説明(合理性)を要求してくる」


・・・

国の概要


カーボベルデとはアフリカの西沖合いに位置する島々からなる共和国。15世紀からポルトガル領。16世紀アフリカから南北アメリカ大陸へ向かう奴隷貿易の中継拠点。1975年独立。人口50万。資源はなく農業・漁業が中心。安定した政治と自由貿易で経済成長。2007年、後発開発途上国の指定解除

カーボヴェルデ。西アフリカ・セネガルの西600km、大西洋上に浮かぶ小さな小さな島国。人口わずか50万人、全部合わせても滋賀県程度の面積しかない9つの島。産業は観光と漁業。ヨーロッパ人の手頃なリゾート。日本人の場合、漁業関係者か援助関係者でなければ、この国を知ることはまずない


・・・

政治・経済の状況


カーボヴェルデ。1975 年の独立以来、カーボヴェルデ・アフリカ独立党による一党政治が継続されてきたが、1990年、複数政党制が導入され、その後は選挙による政権交代が行われるなど民主化。1998年、対ユーロ固定相場制を導入し、安定した民主的政治と自由経済とが相まって経済は成長基調


・・・

日本の援助


外務省、カーボヴェルデ、国別データブック http://t.co/GoWu4XGy 日本は、独立直後の1978 年から経済協力を実施。基幹産業である水産分野等で無償資金協力。80 年以来ほぼ毎年、食糧援助。経済発展に伴い、経済協力は無償資金協力から円借款に移行。

外務省、カーボヴェルデに対する円借款に関する書簡の交換、2012年4月 http://t.co/a3AmrMbn 61億8,600万円。送配電線設備が特に不足している対象6島において,電力供給の安定化及び電力へのアクセス改善のため,送配電線の新設,増強及び劣化更新

外務省、カーボヴェルデ共和国に対する無償資金協力(食糧援助)2011年2月。3億4,000万円。耕作可能な国土は10%程度にとどまっており,必要な食料の大部分を輸入。生産される主な穀物はトウモロコシだが今期は生産量がさらに減少。需要の6% http://t.co/369TgRxS

外務省、カーボヴェルデ、約束状況 http://t.co/7ZUu72AY 2012年3月、送配電システム整備計画。12年1月、食糧援助。11年、リベイラブラバ学生寮建設計画。食糧援助。10年、気候変動による自然災害対処能力向上計画。食糧援助。パルメイラ市水産物輸送環境改善計画

外務省、アフリカ気候変動交渉等担当者による加藤政務官表敬2011年11月 http://t.co/ArFjY2KS アフリカ14か国(アルジェリア,ブルキナファソ,カーボヴェルデ,チャド,エチオピア,ガボン,ガンビア,ケニア,レソト,マラウイ,マリ,モロッコ,ウガンダ、ザンビア)


・・・

日本が支援する理由


日本政府がODAを使って、西アフリカでは比較的開発状況の良いカーボヴェルデ共和国を支援している理由。.泪哀蹐竜獲を確保するため。具体的には、大西洋まぐろ類保存国際委員会( ICCAT)において、日本に有利な議決となる方に一票を投じてもらうため。国連安保理常任理事国入りへの一票

大西洋まぐろ類保存国際委員会(International Commission for the Conservation of Atlantic Tunas : ICCAT) http://t.co/Ln1JALZQ 目的:大西洋におけるマグロ類の資源を最大の持続的漁獲を可能に


・・・

「報道の自由」の国


国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)による2011年版「世界の報道自由度ランキング」2012年1月発表。報道の自由トップは、フィンランドで、2位はノルウェー、アフリカのカーボベルデ共和国が9位にランクインし、アフリカの国として初のトップ10入りを果たした。


アーティスト


ホレス・シルヴァー(Horace Silver、1928年生)。米国コネチカット州ノーウォーク出身のジャズ・ピアニスト。アフリカ系ポルトガル人の系譜でカーボベルデ人の父に、アイルランド人とアフリカの混血の母。代表曲に、The Cape Verdean Blues (1965年)

ホレス・シルヴァー。ジャズ・ピアニスト。父が、カーボベルデ人。代表曲に、Song For My Father(1964)  http://t.co/TmTpdiX7 The Cape Verdean Blues (1965) http://t.co/DcZu9nS4