.

目次:

日パレスチナ首脳会談、2012年4月
「平和と繁栄の回廊」構想
国際連合パレスチナ難民救済事業機関、UNRWA
日本の外務省が、UNRWAを支援
JICAが、パレスチナで、母子手帳を普及


・・・
・・・

日パレスチナ首脳会談、2012年4月


外務省、日・パレスチナ首脳会談、2012年4月 http://t.co/J1komnmG アッバース大統領より「和平に向けた唯一の選択肢はイスラエルとの交渉であり,入植地の建設停止や1967年国境の遵守を条件として,直接交渉再開に向けて努力しているが,未だ結果に結びついていない」

日・パレスチナ首脳会談2012年4月。野田総理は「イスラエルとの二国家解決を通じた中東和平実現のために引き続き政治・経済の面で関与していく。日本は、イスラエルの入植活動は完全に凍結されるべきであるとの立場であり,イスラエル側にも働きかけを続けている。パレスチナの民族自決権を支持」

日・パレスチナ首脳会談。2012年4月。野田総理は「日本は93年度以降12億ドル規模のパレスチナ支援を実施しており,特に「平和の繁栄の回廊」構想を通じてパレスチナの産業育成,雇用創出に貢献していきたい」。アッバース大統領は「日本は約束した支援を必ず実施する,信頼のできるドナー」


・・・

「平和と繁栄の回廊」構想


「平和と繁栄の回廊」構想。イスラエル・パレスチナの共存共栄に向けた日本の中長期的取組。.茱襯瀬鸚鄒彰澆貿聖唆斑鎮呂魴設、▲茱襯瀬鵑鯆未袁儡濬国に向けた物流を促進。以上から民間セクターの活性化によるパレスチナの経済自立化。ODAも活用。イスラエル、パレスチナ、ヨルダンの地域協力

外務省、ファイヤード・パレスチナ自治政府首相の訪日。2010年11月。1)イスラエルとパレスチナが平和裡に共存する二国家解決を支持。2)本年度は,約1億ドルの支援を実施。3)地域協力モデルとして,「平和と繁栄の回廊」構想を、パレスチナ自治政府,イスラエル,ヨルダンの協力で進める。

外務省、「平和と繁栄の回廊」構想、第3回4者協議閣僚級会合(イスラエル・パレスチナ・日本・ヨルダン)2008年7月。イスラエルと共存共栄する自立可能なパレスチナ国家の樹立。JICAが農産業団地に関する実現可能性調査とグランド・デザイン http://t.co/5jWAo5NL

パレスチナ情報センターの「JICAのヨルダン渓谷開発提案に対する意見書」。主な論点は「JICAが、イスラエルを、ヨルダン川西岸地区の『占領者』ではなく、「平和と繁栄の回廊構想」の『パートナー』としてとらえていること自体が問題」としている。 http://t.co/xhQLrlua

ジェリコ(Jericho、エリコ、イェリコ)とは、死海の北西部にある町。現在はパレスチナ自治区のうちのヨルダン川西岸地区に含まれる。この地域に「平和と繁栄の回廊」構想の一環として、JICAが農産業団地を造るための実現可能性調査を実施。パレスチナ人に裨益する基礎的インフラを整備する

外務省、伴野外務副大臣のイスラエル・パレスチナ自治区訪問(概要)2011年6月。.僖譽好船兵治政府とは,平和と繁栄の回廊構想等の対パレスチナ支援。▲ぅ好薀┘襪任蓮2012年の日イスラエル外交関係樹立60周年が有益な年となるよう取り組む http://t.co/UOCxpkQ6


・・・

国際連合パレスチナ難民救済事業機関、UNRWA


国際連合パレスチナ難民救済事業機関(United Nations Relief and Works Agency for Palestine Refugees in the Near East、UNRWA)。ガザ地区、ヨルダン川西岸地区、ヨルダン、レバノン、シリアで教育、保健など

国際連合パレスチナ難民救済事業機関。400万人以上の難民に援助。第一次中東戦争を受け、1949年12月の国連総会決議で設置。国連機関の中でも最大の組織で、25,000人の職員。その99%はパレスチナ人の現地職員。予算は年間数億米ドル。米国、欧州委員会、英国、スウェーデンなどが拠出

国際連合パレスチナ難民救済事業機関。663の学校を運営。中東でも最大規模の学校システム。教師および支援職員は1,700人。1950年以来パレスチナ難民への初等中等教育の主な提供者。教育は最大の事業で、予算の半分と職員の7割をあてる。無料で全ての登録難民の15歳までの子どもに教育を

国際連合パレスチナ難民救済事業機関。パレスチナ人の難民で、かつ男性の稼ぎ手のいない家庭は、非常に(経済的にも社会的にも)脆弱である。未亡人、離婚女性、障害者の父を持つ家庭は、貧困に陥り易い。これらの家族に食糧援助、資金援助と保護施設を提供する

国際連合パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)。公式サイト http://t.co/ZFU0DH4x

国連パレスチナ難民救済事業機関。レバノンでは現在、看護師が不足しているため(パレスチナ人だからと差別され)73種の職業に就くことを禁止されているパレスチナ難民にも、資格を持つ看護師には、特別就労許可がおりる。このため、難民の教育と雇用の問題を解決するため「奨学金プログラム」を実施


・・・

日本の外務省が、UNRWAを支援


外務省ODA,国別約束、パレスチナ難民に対する食糧援助について。2001年2月 http://t.co/VTnqBXIv 国際連合パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)を通じ、パレスチナ難民に対し、8億円の食糧援助。2000年9月、イスラエルがガザを経済封鎖。深刻な食糧不足に。

外務省、パレスチナ被災民に係る物資協力の実施2009年3月 http://t.co/PeIgF8YN 2008年12月からイスラエルがガザ地区に大規模な空爆。パレスチナ人1,300名以上が死亡、5,300名が負傷。UNRWAから日本に対し、被災民に毛布、ビニールシート等の譲渡要請

外務省、レバノン共和国に対する紛争予防・平和構築無償資金協力「ナフル・エル・バーリド・パレスチナ難民キャンプ再建計画(UNRWA連携)」に関する交換公文、2011年3月 http://t.co/dwO3cT8W 2億100万円。2007年の武力衝突で破壊された難民キャンプの再建

外務省 パレスチナ 国別データブック PDF http://t.co/8JnsQpf9 日本は、1993 年以降の支援額では、米国、EU に次ぐ主要ドナー。2005年5月に訪日したアッバース大統領に対し和平プロセス前進とテロ取締に向けた努力を求めつつ、当面総額1 億ドル程度の支援

外務省、パレスチナ http://t.co/m7m59t2m .僖譽好船兵治区の概要と開発課題、▲僖譽好船覆紡个垢ODAの考え方、パレスチナに対する2003年度ODA実績、ぅ僖譽好船覆砲ける援助協調の現状と我が国の関与、ノ碓嫖


・・・

JICAが、パレスチナで、母子手帳を普及


JICA,母子保健 かけがえのない命をまもるために、2008年7月 http://t.co/p4UROHrO 2006年7月、アラブ地域初の「母子健康手帳」がパレスチナ自治区で産声。戦後日本の母子手帳を活用した母子保健の向上の経験を参考に、パレスチナ人自身の手で作られた手帳。

「生命(いのち)のパスポート」と呼ばれる母子手帳。ヨルダン川西岸地区ジェリコ市の母子保健センターは健診に訪れた女性で賑う。その手に水色の母子健康手帳。「この手帳には、子育てや予防接種についてなど役立つ情報がたくさんあります」。2008年春、パレスチナ保健庁は母子手帳の運用を開始。

母子手帳に関する山本敏晴のブログ。(貉匱蠶◆日本での創設と普及 http://t.co/NJrTq2gm ∧貉匱蠶◆途上国への普及 http://t.co/IG0bf59O J貉匱蠶△亡悗垢襯張ぁ璽函http://t.co/7TLqCVK2