.

はじめに
略歴
UNHCRの,親善大使、特使
初監督作品でボスニア名誉市民に
同性愛者を支援
外国からの養子縁組
世界で最も美しい人


・・・
・・・

はじめに


「シエラレオネに行ったの。戦闘地帯と難民キャンプを訪れ衝撃を受けたわ。突然世界が変わってしまった気がした。それからはどんなことがあっても、自暴自棄になったり自己憐憫に陥ったりしてないわ。私は毎日を、家族に、そして自分に与えられたチャンスに感謝して生きてる」アンジェリーナ・ジョリー

「私は自分の子供は産まないわ。代わりに、貧しい国の子供達を養子にとっているの。もし私が子供を産んだら、既に生まれている世界の子供の一人が、その分、幸せになるチャンスを失ってしまうから。だから私は自分の子供を作らないの。既に世界にいる子を、幸せにするのよ」 アンジェリーナ・ジョリー


・・・

略歴


アンジェリーナ・ジョリー。1975年生。母に米国先住民の血。1998年エイズに罹患した実在のスーパーモデル『ジーア』を演じ高い評価。2001年、国連難民高等弁務官親善大使。2002年からカンボジア、エチオピア、ベトナムの子らを養子にとる。2010年、百万ドルを国境なき医師団へ寄付


・・・

UNHCRの,親善大使、特使


国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、親善大使を務める米俳優のアンジェリーナ・ジョリー(36)を、高等弁務官特使に任命。2012年4月。2001年8月から計9人いる親善大使の一人としてアフガニスタンやチュニジアなど40カ所以上の現場に。個人で国連に少なくとも500万ドルを寄付


・・・

初監督作品でボスニア名誉市民に


アンジェリーナ・ジョリー初監督作品。ベルリン国際映画祭で上映。2012年2月。『イン・ザ・ランド・オブ・ブラッド・アンド・ハニー』。1990年代、内戦中のボスニアを描いた。本来敵同士である男女を中心に進む物語。「紛争の被害者と話した。人間の盾として使われ、兵士の前でストリップを」

アンジェリーナ・ジョリーが、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォの名誉市民の称号を授与される。2012年4月。監督デビュー作となった『イン・ザ・ランド・オブ・ブラッド・アンド・ハニー』の中で、セルビア人男性とボスニア人女性の恋愛を描き、紛争の窮状を世界に発信したことに対し敬意




・・・

同性愛者を支援


レディー・ガガ(1986年生、米国の音楽家)に2011年7月オーストラリア・シドニー市から名誉市民の称号が授与。「世界中の同性愛者に対する揺るぎない支援」が評価された。アメリカの著名人に同性愛者を支援している人は多い。ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのカップルなどが支持


・・・

外国からの養子縁組


米国の養子事情。養子は社会に広く受け入れられ歌手マドンナや俳優アンジェリーナ・ジョリーがアジアやアフリカから養子。養子縁組は公的機関や州が認可した民間団体、個人弁護士などさまざまなルートで行われ、年間12万件超。NPO「アクロス・ザ・ワールド・アダプションズ(ATWA)」など

米国のNPO法人・アクロス・ザ・ワールド・アダプションズ(across the world adaptions、ATWA) http://t.co/b2dAwccr メキシコ、インド、日本、モロッコから、米国への、国際養子縁組を斡旋(あっせん)


・・・

世界で最も美しい人


米ピープル誌の、「世界で最も美しい人」。過去の受賞者は、ビヨンセ、ミシェル・ファイファー、ジュリア・ロバーツ、ニコール・キッドマン、ハル・ベリー、ジェニファー・アニストン、アンジェリーナ・ジョリー、ジェニファー・ロペス、など

・・・

映画


映画「すべては愛のために」(Beyond Borders)。2003年の米国の映画。裕福な英国人と結婚し、一児の母であるサラ(アンジェリーナ・ジョリー)だったが、難民の窮状を知り、UNHCRに勤務。エチオピアやカンボジアなど貧困な地域で活動する医者ニックと知り合い、恋に落ちるが…

国際協力に関係ある映画。 ,修譴任眄犬る子供たちへ(All the Invisible Children)2006年。 △垢戮討楼Δ里燭瓩法Beyond Borders)2003年。 8 -Eight- (ミレニアム開発目標が題材) http://t.co/E5dCyQQK