.

目次:

はじめに
金環日食
ドリカム、「時間旅行」
プロポーズ
プロポーズ、3行ラブレター
結婚の後
別れ
その他


・・・
・・・

はじめに


「子どもの頃、いつも意地悪されて、泣かされた。 あれから15年。 また、あなたに泣かされた。 『結婚しよう』の一言で。」 (沖縄県、26歳、女性)。『3行ラブレター』より


・・・

金環日食


日本国内では25年ぶりとなる「金環日食」が2012年5月21日朝に見られる。金環日食は、太陽が月と重なって、リングのように輝く。観測用のサングラスや写真撮影用の器具に加え、「金環食の下でプロポーズを」と、日食をイメージした金の指輪まで登場。ブームにあやかろうと企業も懸命。

金環日食。2012年5月21日朝。…「指輪をくれる? ひとつだけ 2012年の金環食まで待ってるから」…金環食を指輪になぞらえたドリームズ・カム・トゥルーの名曲「時間旅行」(1990年)の影響で「日食の日にプロポーズをしたいので指輪が欲しい」(30代男性)といった問い合わせが多い


・・・

ドリカム、「時間旅行」


「すごくいいこと思いついた 聞いてね 指輪をくれる 一つだけ? 2012年の 金環食まで待ってるから とびきりのやつを忘れないでね そうよ太陽の指輪 どうすれば伝えられる こんな気持ちを」 ドリームズ・カム・トゥルー「時間旅行」1990年 http://t.co/6CWsK1Ws

時間旅行 - DREAMS COME TRUE  ユーチューブ http://t.co/vun3A8TJ


・・・

プロポーズ


プロポーズ。横安綵性:彼からメールが来た。「着てみる?」の一言と、URL。クリックしてみると「ウェディングドレスの写真」。■僑安綵性:40年前、夫から「時計は時を知らせてくれるが、あんたは時を忘れさせてくれる」。10代女性:「うちがおばあちゃんになっても一緒におっていい?」

逆プロポーズ 峪笋鳩觝Г垢襪函楽しいと思うんだけどな」女優・夏目雅子が、作家・伊集院静に。◆峩燭劼蹐澆魯侫.鵑里發痢私は原武裕美と結婚するの」資産家令嬢・大根田名美が、歌手・郷ひろみに。「おばあちゃんになっても、お姫さまだっこして」女優・川島なお美が、パティシエ・鎧塚俊彦に

全国プロポーズの言葉コンテスト、2009年。。械該个砲覆辰臣太呼、女性が、「大台ぞろ目記念で、お嫁にもらってください!」。■横刑仆性が、「内田あゆみ。大石あゆみ。どっちか好きな名前選んでよ!」。23歳女性に対し、彼氏が、「28歳になってお互いフリーやったら、結婚しよな」

未婚女性に聞いた、言われたら嬉しいプロポーズのランキング。〃觝Г靴茲Α△困辰醗貊錣砲い茲Α0貊錣帽せになろう。ぐ貔検⊆蕕辰討い。シ以外考えられない。Χ賚してもいいか?О貔犬修个砲い突澆靴ぁ┣兇硫任砲覆辰討れる?これからの人生をふたりで歩いていきたい。君が必要。

「毎晩キミの寝顔を見たい」「毎朝、味噌汁をつくってほしい」的なひねりを効かせた昔ながらのプロポーズは女性から人気がない。また「〜してあげる」「〜してほしい」という一方的なものではなく、「一緒に」「共に」など“ずっと2人で”ということを意識させる言葉のほうが、女性の心には響くようだ

30代女性がされたプロポーズ? 息子「お母さん、僕と結婚しよう」。母「大ちゃんが、あと13年経たないと結婚できないんだよ」。息子(泣き出す)。母「どうしたの?」。息子「13年経ったら、お母さんがお婆ちゃんになっちゃう。お婆ちゃんには、チュウしたくないよう。お母さんのままでいてね」


・・・

プロポーズ、3行ラブレター


「お互いに、電話を切るのが下手だから、いつもなんだか寝不足だよね。 そろそろ、電話のいらない所へ、おいでよ」 東京都、36歳、男性。多分、プロポーズ。『3行ラブレター』より

「子どもの頃、いつも意地悪されて、泣かされた。 あれから15年。 また、あなたに泣かされた。 『結婚しよう』の一言で。」 (沖縄県、26歳、女性)。『3行ラブレター』より

「小さい頃から 何度も遊びに行った君の家。 でも、今日はとても照れくさい。 顔なじみのご両親に、結婚のお願いだなんて」 (宮崎県、27歳、男性) 『3行ラブレター』より

「私への誕生日プレゼント。 あなたに一生ついていきたいと思った。 感謝の花を、私の母に贈ってくれた。」 (愛知県、21歳、女性) 『3行ラブレター』より


・・・

結婚の後


「誕生日が近づくと、ドキドキする。 あなたからメールが、また来る気がして。 夫に言えない、小さな秘密です。」 (愛知県、29歳、女性) 『3行ラブレター』より

「分娩室から出たら父がいた。 『よくがんばったね』 頭を、ぐしゃぐしゃに撫でてくれた。 いつぶりだろう。 母親になった直後に、娘になった。」 (兵庫県、28歳、女性) 『3行ラブレター』より

「あなたの顔にそっくりな息子を、性格もそっくりに育てたい。そしたら、私のような幸せものが、もう一人できるかな…」 (大阪府、30歳、女性) 『3行ラブレター』より

「おふくろの味は、25年。 でも、お前の味は、もう50年」 (高知県、75歳、男性) 『3行ラブレター』より

「『辛かった』と言う前に、『辛かっただろう?』と言ってくれる、あなたと暮らして五十年」 (東京都、81歳、女性) 『3行ラブレター』より


・・・

別れ


「こんな日が来るなんて、思わなかった。 僕の顔を見ずに、『好きです』と言ってくれた君が、まっすぐ僕を見て、『さよなら』を告げるなんて」 (神奈川県、24歳、男性) 『3行ラブレター』より

「あなたは『なんで?』と言ったけど、好きだから許せるんじゃなくて、好きだからこそ、許せなかった」 (大阪府、22歳、女性) 『3行ラブレター』より

「何度、裏切られても、それでも、ずっと大好きだった。 もう一回だけ、許せばよかった」 (小倉優子、1983年生、千葉出身)


・・・

その他


「あなたの家と私の家は、100メートル。 あなたの席と私の席は、1メートル。 あなたの手と私の手が、ゼロメートルになるのは、いつなのかな…」 (SPEED、今井絵理子(1983年生、沖縄出身))

「私の化粧はね、あなたに会って完成するの。 あなたに会ったときの『笑顔』が、最後の仕上げだから。」 (京都府、23歳、女性) 『3行ラブレター』より

「神様も仏様も信じません。 死後の世界も信じません。 あなたの思い出の世界に、ずっと存在していたいです。 できれば」 (伊集院光、1967年生、お笑いタレント)