.

目次:

はじめに
アトピー性皮膚炎とは?
アトピー性皮膚炎は近年増加傾向
病因について、その歴史と変遷
病因の一つ、フィラグリン遺伝子の異常
病因の一つ、ペリオスチンの組織内沈着
原因に関する、その他の要因
治療
精神的ケア
震災などの災害後にアトピーが悪化
メディカル・ツーリズム
一般の人向けのわかり易いホームページ
皮膚科学会の治療のガイドライン
厚労省のアレルギー関係のページ

・・・
・・・

はじめに


厚生省が1992〜1996年に行った「アレルギー疾患の疫学に関する研究」の結果によると、何らかのアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎など)を持っている人は乳幼児28.3%、小中学生32.6%、成人30.6%と、およそ国民の3人に1人がアレルギー疾患を持っていることが判明。


・・・

アトピー性皮膚炎とは?


アトピー性皮膚炎とは? =擇澆鯣爾θ疹が繰り返し出現する。顔、首、肘、膝のくぼみに生じ易いが、ひどくなると全身に広がる。L鵤牽亜鵑隆擬圓錬戯个泙任望評が出る。ぅ▲肇圈実亮舛箸いΠ篥租な要素が関係。サご瓢戮爾鵑修、アレルギー性鼻炎などの他のアレルギー性疾患にもかかりやすい

アトピー性皮膚炎(メルクマニュアル18版) http://t.co/lkFRM3EX 免疫が介在する皮膚の炎症で,しばしば遺伝的な要素がある。そう痒が主たる症状。皮膚病変は軽度な紅斑から高度な苔癬化まで。診断は病歴と身体診察。治療は保湿薬、抗原・刺激性誘因を避ける、ステロイド外用


・・・

アトピー性皮膚炎は近年増加傾向


アトピー性皮膚炎の患者の増加。^γ慮で、1981年2.8%、92年6.6%と、約10年で2倍強に増加。■横娃1〜02年、厚労省研究班の全国検診調査で、北海道、岩手、東京、岐阜、大阪、広島、高知、福岡の小学1年生と6年生の23,719人中2,664名(11%)にアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の疫学(2000〜2002年、厚労省)。4か月児:全国平均12.8%、北海道19.8%。1歳6か月児:全国平均9.8%、四国16.2%。3歳児:全国平均13.2%、九州21.3%。小学1年:全国平均11.8%、九州15.4%。大学一年:全国平均8.2%。北と南に多


・・・

病因について、その歴史と変遷


アトピー性皮膚炎の病因論の歴史的変遷。1892年、遺伝的・体質的。1933年、アレルギー説。1982年IgEによる遅発アレルギー。1986年Th2リンパ球犯人説。1990年代、皮膚のバリア機能異常、発汗異常。2006年、フィラグリン遺伝多型説。2010年、タイトジャンクション異常

アトピー性皮膚炎の病因の分類。“鵐▲譽襯ー性の原因(皮膚バリア機能異常(フィラグリン、セラミド等)、微生物由来因子(ブドウ球菌由来因子等)、発汗異常、ストレス等)。▲▲譽襯ー性の原因(IgEによる古典的アトピー、IgEによらないT細胞・好酸球・自己抗体(IgG)によるもの等)


・・・

病因の一つ、フィラグリン遺伝子の異常


アトピー性皮膚炎の病態に大きく影響を与える(皮膚の角質層の)「バリア機能異常」の原因として「フィラグリン遺伝子変異」が指摘されている。この遺伝子は尋常性魚鱗癬の責任遺伝子として同定され、アトピー性皮膚炎のみでなく、気管支喘息の発症にも重要な役割を果たすことが明らかにされつつある。

アトピー性皮膚炎の発症因子、フィラグリン遺伝子変異。北大皮膚科。2006年からフィラグリン遺伝子変異の網羅的同定を行い、日本人に固有のフィラグリン遺伝子変異を解明。日本人アトピー性皮膚炎患者の27%でフィラグリン遺伝子変異が発症因子 http://t.co/A3yLGrQ

アトピー性皮膚炎患者における皮膚の、.丱螢機能異常は、¬髪岾愿な応答を誘導し、両者があいまって難治性の皮膚炎を形成していくことが理解されるようになった。英国の研究グループにより、バリア障害の病院としてフィラグリン遺伝子の異常が皮膚炎の発症に関与する可能性が2006年報告された

アトピー性皮膚炎の発症原因は、日本人の場合、27%が「フィラグリン」の遺伝子異常による「バリア機能」の低下。2006年にイギリスで報告された http://t.co/2svuMcj 「バリア・ケア」。アトピー性皮膚炎に対するスキンケア http://t.co/2I6VB98

アトピー性皮膚炎フィラグリン遺伝子異常 mutations in filaggrin gene in Japanese with atopic dermatitis J Allergy Clin Immunol. 2007;119:434 http://t.co/U1eOpL7

バリア・ケア。皮膚には角質層があるが、それが外部からの抗原の侵入を防ぐ。その中のフィラグリン(filaggrin)がバリア機能を持つが、それが異常をきたした場合、抗原が侵入し易くなり、アトピー性皮膚炎になり易くなる。日本人の場合27%にその遺伝子異常。バリア機能を補うケアを推奨。


・・・

病因の一つ、ペリオスチンの組織内沈着


アトピー性皮膚炎がダニなどの原因物質を取り除いた後も治らず慢性化する仕組みを出原賢治佐賀大教授らが解明。2012年6月。アレルギーの原因物質が体内に侵入すると免疫細胞が働いてかゆみが生じると同時に蛋白質「ペリオスチン」が生成、皮膚組織に沈着。すると原因物質を取り除いても痒みが持続

アトピー性皮膚炎の慢性化の原因は、蛋白質ペリオスチンが生成され、その組織内沈着。2012年6月。現在の治療法はステロイドの服用などで免疫を抑制しており、感染症にかかりやすくなるなどの副作用がある。佐賀大のこの発見により、ペリオスチンを狙い撃ちする副作用の少ない薬の開発が期待できる

アトピー性皮膚炎の慢性化の原因は、蛋白質ペリオスチンが生成され、その組織内沈着。2012年6月。佐賀大や九州大、岐阜薬科大などのチーム。「遺伝子操作でペリオスチンを働かないようにしたマウスにハウスダストの成分となるダニの抽出物を塗っても、アトピー性皮膚炎に似た症状は表れなかった」

アトピー性皮膚炎の慢性化の原因は、蛋白質ペリオスチンが生成され、その組織内沈着。2012年6月。ペリオスチンは、抗原が体内に入り活性化した免疫細胞から分泌された『インターロイキン4、13』が刺激となり生成。それが皮膚の角化細胞表面にある別の蛋白質「インテグリン」と結合し炎症が発生

アトピー性皮膚炎の慢性化の原因は蛋白質ペリオスチンが生成されその組織内沈着。2012年6月。ペリオスチンがインテグリンと結合することで新たな炎症誘発物質が産生され抗原がなくても症状が継続。マウスを使った実験でペリオスチンとインテグリンの結合を阻害した所、アトピー性皮膚炎は発生せず

アトピー性皮膚炎の慢性化の原因は蛋白質ペリオスチンが生成されその組織内沈着。2012年6月11日。研究の論文は米国臨床試験学会の専門誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(Journal of Clinical Investigation)」オンライン版に掲載

アトピー性皮膚炎の慢性化の原因は蛋白質ペリオスチンが生成され、その組織内沈着。2012年6月。‖瞭發帽蓋兇侵入。¬髪崔甘細胞からインターロイキン4、13が分泌。ペリオスチンが大量に産生。と乕罎粒儔什挧ι縮未砲△訝素鮗船ぅ鵐謄哀螢鵑鳩觜隋ケ蠑疋瓮妊エーターを増幅し悪循環へ


・・・

原因に関する、その他の要因


アトピー性皮膚炎の病因は「外から内、内から外」のモデル "Outside-to-inside" (and now back to "outside") pathogenic mechanisms in atopic dermatitis. http://t.co/2jE4byP


・・・

治療


アトピー性皮膚炎の治療。軽症の場合はワセリン等の保湿剤や非ステロイド外用剤。中等症〜重症にはステロイド(数段階の強さあり)。頭にはローション、目周囲には眼軟膏、痒疹にはテープ、慢性苔癬化局面にはステロイドODT,湿潤局面にはアズノール軟膏の重擦。小児では掻破予防にチュビファースト


・・・

精神的ケア


「『お母さん、あなたに聞いてるんじゃないの。この子に聞いてるんです!』。この一言に救われました。ずっと喘息でアトピーだった私を心配して、病院でも、母がずっと代わりに喋ってくれてたんです。でも、お医者さんのその一言で、『私は、喋ってもいいんだ』って。それが救いになりました」 辰巳渚


・・・

震災などの災害後にアトピーが悪化


災害後にみられやすい乳幼児の身体症状と行動変化。〔覽磴、不眠、0鼎そ蠅鯢櫃る、いい弔皸貊錣砲い燭る、ゴ鼎┐ひどくなる、Ε肇ぅ譴飽貎佑嚢圓韻覆ぁ↓О簀◆↓頻尿、頭痛、腹痛、食欲がない、食べ過ぎる、無表情、外で遊ばない、アトピー性皮膚炎・喘息の悪化、哀船奪

災害後の「トラウマ反応」は、PTSDだけではない。他には、,Δ追臓↓▲▲肇圈疾皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー疾患の増悪、L髪嵶歪祺爾砲茲襦下痢性疾患、感冒等への易感染性、こ稜Ч坩戮魴り返すような強迫症状、ド坩他評やパニック症状、酒・煙草・パチンコへの逃避・依存・嗜癖


・・・

メディカル・ツーリズム


京都ベテスダクリニック。2010年5月。韓国の聯合ニュースは、「韓国のバイオ企業、京都に幹細胞治療専門病院開院。世界で初めて、成人幹細胞を活用しアトピー、リウマチ、糖尿病やがんの治療を行う。2011年1万人、15年には10万人の患者を誘致。実現すれば産業的価値は約2379億円」


・・・

一般の人向けのわかり易いホームページ


アトピー性皮膚炎についていっしょに考えましょう。(九州大学医学部皮膚科学教室) http://t.co/tvdKyh6T 2003年11月 研究班主任研究者:九州大学皮膚科、古江増隆。作成協力者:福岡大学皮膚科、久保田由美子。

アトピー性皮膚炎の標準治癒〜ていねいなスキンケアと正しい薬物治療できれいな肌を取り戻そう!〜(厚生労働科学研究 古江班) http://t.co/whRIxWl0 総監修:九州大学大学院医学研究院皮膚科学教授 古江増隆


・・・

皮膚科学会の治療のガイドライン


日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン http://t.co/wHVuzhKM 古江増隆(九州大学大学院医学研究院皮膚科学)ら。 


・・・

厚労省のアレルギー関係のページ


厚生労働省、リウマチ・アレルギー対策 http://t.co/xG5CT5w2 関節リウマチや、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、食物アレルギー等のアレルギー系疾患に関する厚生労働省の対策や関連情報等