.

目次:

ラムサール条約
ラムサールとは?
渡良瀬遊水地、田中正造
中池見湿地
北海道環境財団、辻井達一
その他
JICA,国際協力


・・・
・・・

ラムサール条約


ラムサール条約(Ramsar Convention、特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)。湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年に制定、75年に発効。日本は80年に加入書をUNESCOに寄託、同年日本国内で発効

ラムサール条約特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約The Convention on Wetlands of International Importance especially as Waterfowl Habitat http://t.co/KQT2GPHu


・・・

ラムサールとは?


ラムサール(ラームサル、Rāmsar)。イラン・マーザンダラーン州の都市。また同名の郡。同国北部のカスピ海沿岸に位置する。ラームサルは温泉、アルボルズ山脈の森林、モハンマド・レザー・シャーの宮殿などを併せ持つ海岸リゾートで保養地・観光地。1971年にラムサール条約が調印された都市


・・・

渡良瀬遊水地、田中正造


渡良瀬遊水地のラムサール条約登録で授与式に出席した地元市民団体「渡良瀬遊水池をラムサール条約登録地にする会」が小山市役所で報告。2012年7月。「足尾鉱毒事件で失われ、百年を経て再生された湿地が、世界的に認められた意義は大きい。この歴史的背景を紹介しながら保全していくことが重要」

足尾鉱毒事件の地域がラムサール条約に登録。2012年夏。栃木や群馬など4県にまたがる渡良瀬遊水地が湿地保全を目的としラムサール条約に登録される。遊水地は足尾銅山の鉱毒被害にあった村を廃村にして造られた。明治政府は名目に洪水防止を謳ったが田中正造は鉱毒水を沈殿させるのが目的だと指摘

「足尾鉱毒事件、足尾銅山鉱毒事件、田中正造に関するツイート 20120626まで 1730字」 http://t.co/y1rAG82b 山本敏晴のブログより


・・・

中池見湿地


希少種を含む約3000種の動植物が生息する中池見湿地(福井県敦賀市樫曲)が、国際的に重要な湿地の保全を目的としたラムサール条約に登録。2012年7月。「地下40メートルに及ぶ泥炭層には十数万年の気候変動の跡が記録され世界的に貴重な場所。その地層の上に、今も多くの生き物たちが生息」


・・・

北海道環境財団、辻井達一


国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約の第11回締約国会議が、ルーマニアの首都ブカレストで開催。2012年7月。北海道環境財団(札幌市)理事長の辻井達一(81)が湿地保全に貢献した各国の個人や団体に贈られる「ラムサール賞」(科学部門)を受賞した。日本人の受賞は2人目。


・・・

その他


国際的に貴重な湿地の保護を定めたラムサール条約に北海道から沖縄まで新たに9か所が登録され条約の締約国会議が開かれたルーマニアのブカレストで関係する自治体などの関係者に登録認定書が手渡された。2012年7月。北海道南部の大沼、沖縄県の与那覇湾、富山県立山町の立山弥陀ヶ原・大日平など


・・・

環境省、条約湿地


ラムサール条約と条約湿地(環境省) http://t.co/J5wyaBg5

ラムサール条約と条約湿地−日本の条約湿地−(環境省) http://t.co/EoO27e44 本の条約湿地数:37か所(2008年11月)


・・・

JICA,国際協力


JICA、湿地の保全と持続可能な利用を目指して ラムサール条約事務局との業務協力協定を締結。2012年7月。ラムサール第11回締約国会議(COP11)を開催中のルーマニアの首都ブカレストにて、ラムサール条約事務局との業務協力協定に署名。「経済開発と貧困削減に向けた湿地保全の課題」

JICAが、ラムサール条約事務局と業務協力。2012年7月。自然環境保全分野の業務協力協定は、横浜に拠点を置く国際機関「国際熱帯木材機関(ITTO)」、バンコクに拠点を置く地域機関「人々と森林センター(RECOFTC)」に続き3例目 http://t.co/061CVTiv

JICA,イラン、アンザリ湿原環境管理プロジェクト。2007年11月〜12年8月。http://t.co/5R3M4gDC カスピ海沿岸に位置するアンザリ湿原は渡り鳥の飛来地。1971年にラムサール条約の制定地となり、75年、同条約に登録。だが、その後の人為的影響により環境が悪化

JICA、アジアの湿地と生物多様性を守れ(マレーシア)ボルネオで「アジア湿地シンポジウム」を開催2012年7月 http://t.co/s1fwS4Wn 「ボルネオ生物多様性・生態系保全プログラム」。州政府、連邦政府、国際NGOラムサールセンタージャパン、 JICAによる共催