.

目次:

闇サイト
闇の職業安定所
闇サイト殺人事件、2007円8月
闇サイト殺人事件、判決、2012年7月
自殺サイト
自殺サイト殺人事件
サイバー犯罪


・・・
・・・

闇サイト


闇サイト(やみサイト、アングラサイト、underground site)。犯罪などの違法行為の勧誘を目的とするサイト。殺人や恐喝等の犯罪行為の請負や、違法行為の仲間を求めるなど、反社会的な行為に荷担するものが多。なお自殺の具体的手法を解説したサイトは反社会的ではあるが犯罪ではない

アングラサイト(underground site、インターネットにおけるアンダーグラウンド)。.ぅ鵐拭璽優奪半紊砲いて表沙汰にはできないこと、及びそれを扱ったサイトのことを指す。「アングラサイト」「UGサイト」あるいは単に「裏」とも呼ばれた。◆屮タク」と親和性が高い存在、文化


・・・

闇の職業安定所


闇の職業安定所。非合法な情報交換(麻薬の売買や犯罪の人材募集等)を行っているネット掲示板サイト。度重なる非合法行為を呼びかけたため、警察など幾多の機関から監視下におかれており、実際にこのサイトを通した犯罪行為や詐欺行為が何件も発生したために一旦サイトは閉鎖。だが2009年に復活?

闇の職業安定所 http://t.co/xDWdsQuk 裏物専門検索 [裏裏裏|高額R] [裏表R|世の裏] [裏100|稼100]

闇の職業安定所 info http://t.co/Sq7u8aHW


・・・

闇サイト殺人事件、2007円8月


闇サイト殺人事件。携帯電話の闇サイトで知り合った男3人が共謀し07年8月、名古屋の路上で帰宅途中の女性を拉致。現金とキャッシュカードなどを奪い、暗証番号を聞き出した上で頭をハンマーで数十回殴り首をロープで絞め殺害。カードで現金を引き出そうとしたが女性が嘘の暗証番号を教えたため未遂

闇サイト殺人事件(愛知女性拉致殺害事件)。2007年8月。面識のなかった3人が知り合って犯行を行うきっかけとなったのが、携帯電話サイト「闇の職業安定所」という犯罪者を募集するサイト。名古屋市千種区の路上を歩いていた31歳の女性を、男3人は道を尋ねる振りをして、強盗目的で拉致し殺害


・・・

闇サイト殺人事件、判決、2012年7月


名古屋市で会社員磯谷利恵(当時31)が男3人に拉致、殺害された「闇サイト殺人事件」(2007年8月)で、最高裁は、強盗殺人などの罪に問われた堀慶末(よしとも)被告(37)について死刑を求めた検察側の上告を棄却する決定。一審の死刑判決を破棄し、無期懲役とした二審判決が確定する。

闇サイト殺人事件。名古屋で、2007年8月。犯罪に関する情報などを交換するインターネット上の「闇サイト」を通じ、面識のなかった3人が起こしたことで注目された。会社員女性の磯谷利恵(当時31)を、3人の男性が拉致・監禁し、現金等を奪い、頭を投打して殺害。一人が死刑、二人が無期懲役に

名古屋市千種区で携帯電話の「闇サイト」で知り合った男3人が会社員、磯谷利恵(31)を拉致・殺害した事件で強盗殺人罪などに問われた堀慶末の上告審で、最高裁は検察側の上告を棄却。2012年7月。07年8月3人は帰宅途中の磯谷を路上で拉致し車内に監禁。現金等を奪い頭をハンマーで殴り殺害


・・・

自殺サイト


自殺系サイト。自殺願望者ないし自殺に興味を持っている人が集うネット上のウェブサイト。ネットで知り合っただけの男女が、これらのサイトを介して、初対面でいきなり一緒に自殺するという事件が、日本の各地でみられ、社会問題に。警察庁では2003年より統計(同年は発生12件・死亡数34人)


・・・

自殺サイト殺人事件


自殺サイト殺人事件。2005年8月に女性の遺体が大阪の河川敷で発見。堺市に住んでいた36歳派遣の修理工の男が逮捕。供述によりいじめ被害者とされる男子中学生や男子大学生の殺害も発覚。犯人は人の苦しむ姿を見て興奮するという性癖。自殺系サイトで「集団自殺しませんか」と言葉巧みにだまし…

ドクター・キリコ事件。1998年に東京で起きた毒殺による「遠距離ネット心中」。24歳女性宅に青酸カリが配達され、服用した女性が死亡。発送した男性も青酸カリを飲んで自殺。男性は29歳主婦が運営していた安楽死のサイトに「ドクター・キリコ」という名で参加し「診察」と称し相談にのっていた

男性の体が動かなくなった。画面の中でベランダの向こうの空だけが明るくなっていく。「これ、ガチ(本当)だぞ」「やべえ」。「来週自殺します」という予告が2ちゃんねるに載ったのは2010年11月。予告した男性は自室にカメラを設置。インターネット上に生中継動画をネット配信。最期の瞬間まで


・・・

サイバー犯罪


サイバー犯罪。コンピュータネットワーク上で行われる犯罪の総称。近年犯罪数が増加。ネット上の不法取引やデータの大量配布による著作権侵害などが主だが、その他に匿名掲示板を用いた信用毀損や業務妨害なども。国により国内法が異なるため、サイバー犯罪条約が2001年に署名、04年に発効した。