.

目次:

はじめに
ダライ・ラマ14世
ダライ・ラマ14世の言葉
ノーベル平和賞
テンプルトン賞
シドニー平和賞
ダライ・ラマ、観音菩薩の化身
無限の利他、智慧、菩提、般若
チベット仏教
中国の宗教弾圧
中国が韜光養晦から革新的利益へ
チベット
チベット動乱、1956年〜
チベット亡命政府、1959年〜
中印国境紛争、1962年
米国内チベット活動家にサイバーテロ、2008年
米国務省が中国を非難、2010年〜
ノーベル平和賞受賞者世界サミット、2010年11月
胡錦濤中国主席が訪米、2011年1月
オバマ米大統領がダライ・ラマと会合、2011年7月
ダライ・ラマ14世、震災後の訪日、2011年4月
ダライ・ラマ14世が高齢のため移譲、2011年8月
日本企業がチベットを開発、2011年8月
南ア政府が中国に配慮しビザ発行せず、2011年10月
ダライ・ラマ暗殺の試み、2012年1月
オバマ米大統領と中国の習近平、2012年2月
チベット族の焼身自殺、アラブの春の影響、2011年3月〜
チベット族の焼身自殺、アラブの春の影響、2012年〜
パンチェン・ラマ
毛沢東とダライ・ラマ
朝日新聞がダライ・ラマより中国政府を支持、1989年
ブータンはチベット仏教
ミャンマーのビルマ族とチベット
ウイグル、東京での世界ウイグル会議、2012年5月
国連安保理の無能さ
対中ODAの是非
四川大地震
そば
その他


・・・
・・・

はじめに


「1年に1度は、これまであなたが行ったことのない場所に、行くようにしなさい。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「人間にとって、つらい体験をしている時こそ、豊かな人間性を育てる機会。他者に対する慈しみの心は忍耐と寛容の実戦を通して学ぶ。例えば誰かがあなたに理不尽な苦しみを与えたとする。その時あなたの心に激しい怒りが生じる。まさにその時こそ、耐えること、許すことを学ぶ機会」ダライ・ラマ14世

「人間は知性を持っているがゆえに様々な矛盾した心を持つ。だがそれは必ずしも悪いことではない。例えば、右手と左手は正反対の働きをしている。言わば矛盾している。だからと言って左手を切り落とせば良いというものではない。二つの矛盾する力が作用しあって初めて力が生まれる」ダライ・ラマ14世


・・・

ダライ・ラマ14世


ダライ・ラマ14世。1935年生。インドに基礎を置くチベット亡命政府の長。法名はテンジン・ギャツォ。1940年から在位。1950年に中国の人民解放軍がチベット制圧。1956年からチベット動乱(抗中独立運動)。1958年チベット臨時政府樹立。1989年ノーベル平和賞受賞。中国は無視

ダライ・ラマ14世(1935年生)。在位は40年から。インドのダラムシャーラーに拠点を置くチベット亡命政府ガンデンポタンの長。またチベット民族のあいだで尊敬されているチベット仏教を代表する最高指導者。幼名はラモ・ドンドゥプ(願いを叶えてくれる女神の意)。89年ノーベル平和賞を受賞


・・・

ダライ・ラマ14世の言葉


「どんな大きな流れも、きっかけは一人の小さな行動から生まれます。もしあなたが「自分には大したことなど出来ない」と思ってしまったら、それは世界にとって大きな損失となるのです。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「幸福は思いやりの心から生まれるものであって、怒りや憎しみからは決して生まれることはないのです。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「人間の究極の本性は、慈悲と利他の心である。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「大きくなるにつれて、愛情、友情、助けあいということに、あまり重きを置かなくなります。…もっとも大切なことを忘れ、どうでもいいことに重きを置くようになります。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「欲望は、海水を飲むことに似ています。飲めば飲むだけ、喉が渇くのです。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「誰もが生まれつきの敵であったり、友であったわけではありません。「敵」も「友」も、自分が人々とどう接するかで生まれるのです。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「他人の何千もの欠点に目をつけるより、自分の唯一の欠点に気付くほうが、よほど役に立ちます。自分の欠点なら、わたしたちは自信をもって、修正できる立場にあるのですから。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。


・・・

ノーベル平和賞


ノーベル平和賞と民主化。1989年ダライ・ラマ14世(中国)1990年ミハイル・ゴルバチョフ(ソ連)1991年アウンサンスーチー(ミャンマー)1993年ネルソン・マンデラ、フレデリック・デクラーク(南ア)2003年 - シーリーン・エバーディー(イラン)2010年劉暁波(中国)

「ノーベル平和賞に関するツイート20101210まで 6794字」 http://t.co/wIVUp695 山本敏晴のブログより


・・・

テンプルトン賞


テンプルトン賞(Templeton Prize)。米投資家ジョン・ テンプルトン(1912–2008年)が1973年に創設。宗教間の対話に貢献のあった宗教者・思想家・運動家等に贈られるもので、宗教分野のノーベル賞とも呼ばれる。1973年マザー・テレサ。2012年ダライ・ラマ14世

チベット仏教のダライ・ラマ14世が宗教分野のノーベル賞とされるテンプルトン賞を受賞するためロンドンを訪問。2012年5月。多くの中国人の若者が精神世界に関心を示しているとした上で、「今の中国を見てみなさい。倫理的危機、汚職がすさまじい」と話し「適切な法の支配が存在しない」と断じた


・・・

シドニー平和賞


シドニー平和賞。1998年から毎年11月、平和に貢献したと認められる人または団体に授与される賞。特に際立った貢献者には『正義の金メダル』を授与。過去4人のみ:チベット仏教のダライ・ラマ14世、南アフリカのネルソン・マンデラ、創価学会の池田大作、ウィキリークスのジュリアン・アサンジ

オーストラリアのNPOシドニー平和財団は2011年5月10日、内部文書公開サイトウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ容疑者に対し「人権を追い求める並々ならぬ勇気」を称えて金メダルを授与。過去チベット仏教のダライ・ラマ14世、南アのネルソン・マンデラ、創価学会の池田大作が受賞


・・・

ダライ・ラマ、観音菩薩の化身


ダライ・ラマ(Dalai Lama)。チベット仏教において最上位に位置する化身ラマ(師僧)の名跡(みょうせき、代々継承される個人名)。観音菩薩の化身とされる。また1642年に発足したチベット政府の元首。チベット動乱の結果、1959年に発足した「チベット臨時政府(亡命政府)の元首。

観音菩薩(観世音菩薩、観自在菩薩、救世菩薩(くせぼさつ))。梵(サンスクリット)名の、アヴァロー(遍く)キテー(見る)シュヴァラ(自在者)を玄奘三蔵(602年- 664年、唐の僧)が訳して命名。なお『菩薩』とは、仏教 において成仏を求め『如来』に成ろうとする修行者。だが信仰の対象


・・・

無限の利他、智慧、菩提、般若


志をもって修行を続ける人を「菩薩」と呼ぶ。菩薩の修行の目的は、自らの解脱を得るためではない。最大の関心事は自分自身より、むしろ全体の幸福にある。それゆえ菩薩はその修行によって無限に他者を救済することのできる完全な利他的心身(=仏)を求める http://t.co/MeOvtqNx

altruism(利他主義、利他的行為)。

菩提(ぼだい)。悟りの果としての智慧(相対世界に向かう働きの『智』と、悟りを導く精神作用の『慧』。物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力)のこと。無上の悟り、般若(はんにゃ)とも言う。菩提心とは、それを求める心。なお、大乗仏教や密教などの各宗派において、定義や意味が異なる


・・・

チベット仏教


チベット仏教とはチベットを中心に発展した仏教の一派。‐乗の戒律に基づく出家制度、大乗の哲学、L教的実践などを包含する総合仏教。7世紀チベットにあった王国、吐蕃(とばん)の王が、ネパールと唐から嫁いだ2王妃の勧めで仏教に帰依。8世紀に仏教が国教になりインドの大僧院の長老が招聘

チベット仏教。大乗顕教や密教なども包含する仏教。〕情(衆生)。感情や意識をもっているものの意で、山河大地などの非情に対して、一切の生きとし生けるものの全てを含めて言う概念。また、多くのものが共存している状態。空。真実は無相であり、それが萬物の本来の相である意。仏陀の悟りに関係


・・・

中国の宗教弾圧


中国の宗教。国教はなく、主な宗教は仏教、道教、イスラム教、キリスト教。宗教信者は総計1億人。憲法は「公民は宗教信仰の自由を持つ」。だが未成年者への宗教教育は禁止。共産党の指導に従わない宗教は邪教として弾圧。文化大革命の時期には宗教が徹底的に否定。特にチベット仏教とキリスト教が迫害

中国の人権侵害。ゞ産党による一党独裁制で国民に選択肢がない。国軍は同党の軍のため民主化デモを軍が弾圧。政府は検閲によるメディアの情報操作。報道・表現の自由がない。ざ産党の指導に従わない宗教(チベット仏教・キリスト教)は邪教。テ嬰泙鯣稟修垢襪蛤枷修鮗ける権利を剥奪し、拷問

文化大革命。 1966-76年。大躍進政策の失政で失脚していた毛沢東による共産党内のクーデターで始まった大規模な粛清。毛沢東思想を信奉する10代の少年少女が「紅衛兵」を結成。マルクス主義で宗教が否定されたためチベット等で虐殺。粛清された人数には諸説あり40万〜1億人が被害にあった


・・・

中国が韜光養晦から革新的利益へ


昔の中国外交は、小平が唱えた「韜光養晦(とうこうようかい、能力を隠してひけらかさないこと)」。が、それが外交を弱きにしたと批判され、今は「核心的利益」優先。台湾やチベットなど「いかなる妥協もせず軍事力による解決も辞さない」。東南アジア諸国との領有権を巡る南シナ海でも占領計画策定

「中国は主権と領土問題に対しては、主権をゆずらない。絶対に引かない。台湾やチベットの問題と同様に、尖閣諸島の問題に対しても、絶対に譲歩しない。」中国の温家宝首相が発言。日本政府は「竹島や北方領土と異なり尖閣諸島ははっきりと日本の領土」と主張。アメリカが日米安保第5条で日本を守るか

中国農業省の次官は2011年6月に北京で開かれた会合で東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部と領有権を争う南シナ海について「争いのない(疑いのない)核心的利益」と発言。「核心的利益」は中国が領土の保全上最も重要だとする台湾やチベットについて使う表現。南シナ海についての言及は初めて


・・・

チベット


チベットとは、南はヒマラヤ山脈、北は崑崙山脈、東は邛崍(きょうらい)山脈に囲まれた地。1912年、清滅亡後、独立を模索。1913年チベット・モンゴル相互承認条約で中華民国に対抗。1949年、中華人民共和国が成立し、1950年チベットを軍事制圧。1956年チベット動乱(反中闘争)。


・・・

チベット動乱、1956年〜


チベット動乱。中国のチベット支配に対し、アムド地方、カム地方における「民主改革」「社会主義改造」の強要をきっかけとして1956年に勃発、1959年に頂点に達したチベット人の抗中独立運動。前史は、1950年、中国人民解放軍はダライラマ政権が実効支配していたチベットのカムド地方に侵攻


・・・

チベット亡命政府、1959年〜


ガンデンポタン(中央チベット行政府、Central Tibetan Administration、CTA)。ダライ・ラマを長とし、ラサ(Lhasa)を本拠として、1642年に成立したチベット政府。1959年、チベット動乱でインドに脱出。亡命政府として十数万人のチベット難民を率いる


・・・

中印国境紛争、1962年


中印国境紛争。1962年、国境問題により、中国がインドに侵攻。元々、チベットはダライ・ラマ政権の統治下にあったため両国の国境は曖昧だった。だが1950年、中国がチベット侵攻したため、それと接するインドとの国境問題も勃発。またダライ・ラマがインドに亡命したため、両国関係はさらに悪化

平和五原則。1954年、中国の周恩来首相とインドのネルー首相が合意した、一般の国際関係における原則。[療據主権の相互尊重、∩蠍濾垈朕、A蠍瀑眄不干渉、な薪互恵、ナ刃其β検だが1950年代、チベット、ダライ・ラマ14世亡命を巡って両国関係は悪化。1959年から中印国境紛争

モンゴルの歴史。1911年辛亥革命で孫文は満州・モンゴル・ウイグル・チベットを併合。1920年ソ連が外モンゴル侵攻し衛星国に。1932年日本侵攻で内モンゴル東部は満州に。1941年日ソが満州国(内モンゴル東部)と外モンゴルの領土保全を約束。が1945年ヤルタ会談で満州を中国所属に


・・・

米国内チベット活動家にサイバーテロ、2008年


サイバー攻撃。2008年8月、北京五輪の直前、中国はチベットを弾圧。この時アメリカ国内でチベット支援運動をしている人に実在の人の名でメールが届いた。添付ファイルを開くと「面白いアニメ」が上映。見入っている間に、PC内の(チベット支援活動家らに関する)情報が中国本土に転送されていた


・・・

米国務省が中国を非難、2010年〜


米国務省は、世界各国の2010年7〜12月の信教の自由に関する状況の報告書を発表。2011年9月。「特に懸念のある国」として、中国、北朝鮮、ミャンマー、エリトリア、イラン、サウジアラビア、スーダン、ウズベキスタン。「中国はチベット仏教徒、ウイグル族のイスラム教徒、地下教会を弾圧」

米国務省は2010年の世界198カ国・地域における「宗教の自由」の状況をまとめた年次報告書。中国の宗教の自由の尊重度は全体的に低下。2010年10月、国外の会議に参加しようとした政府非公認の地下教会の多数の指導者が出国を拒まれ殴打・拘束。チベット自治区や新疆ウイグル自治区でも弾圧

米国務省、人権報告書2012年5月。中国で「政府が非合法的手段を使い、政治活動家への締め付けを強化。前年より人権状況が悪化。ネット検閲や言論の監視を強化し人権活動家や弁護士の失踪、拘束、家族の自宅軟禁が増加。ノーベル平和賞の劉暁波にも言及。チベット僧12人が当局に抗議し焼身自殺」


・・・

ノーベル平和賞受賞者世界サミット、2010年11月


2010年ノーベル平和賞受賞者世界サミット参加6人。マイレッド・コリガン・マグワイア(北アイルランド)、ダライ・ラマ14世(中国)、フレデリック・デクラーク(南アフリカ)、ジョディ・ウィリアムズ(アメリカ)、シーリーン・エバーディー(イラン)、ムハンマド・エルバラダイ(エジプト)

歴代のノーベル平和賞受賞者が集い平和や人権などの世界的課題や暴力のない世界に向けた具体的提言などについて議論する「2010年ノーベル平和賞受賞者世界サミット」が、11月、広島で開催。テーマは、「ヒロシマの遺産:核兵器のない世界」。ダライ・ラマ等が出席。ゴルバチョフは体調不良で欠席

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世ら歴代のノーベル平和賞受賞者が集まり「核兵器のない世界」をテーマに討議する第11回「ノーベル平和賞受賞者世界サミット」が2010年11月、広島で開催。日本での開催は初めて。受賞者6人と13団体が参加。核兵器廃絶に向けた国際社会の努力を提唱


・・・

胡錦濤中国主席が訪米、2011年1月


中国の胡錦濤が米国に到着した2011年1月、米国に亡命した中国の人権活動家やウイグル、チベットの人らが、中国の人権改善を求める集会。オバマに対し米中首脳会談でノーベル平和賞を受賞した服役中の劉暁波らの釈放を胡主席に求めるよう要求。結局オバマは両国関係に配慮し、会談で軽く触れただけ

訪米した胡錦濤中国主席は2011年1月、「台湾やチベットなどの問題は、主権や領土保全にかかわるもので、中国の『核心的利益』だ」と主張。米国がそれを受け入れて両国関係の継続をすることを求め、台湾への新たな武器売却などを牽制。(2010年、米国防総省は台湾へ64億ドル分の武器売却)


・・・

オバマ米大統領がダライ・ラマと会合、2011年7月


オバマ大統領とチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が2011年7月ホワイトハウスで会談。「断固反対」を表明した中国の制止を押し切った形で、米中関係の悪化は避けられない。2010年2月に続き2回目。チベットの人権保護について話し合い、中国政府とダライ・ラマ側の対話への支持を表明

オバマ米大統領がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と2011年7月16日会談したことを受け米中関係が再び悪化する可能性。中国外務省は、在中国米大使館首脳を呼び出し、「中国の内政に著しく干渉し、中国の核心的利益と中米関係を損なった」と強く抗議。だが報復措置を示唆する言葉はない

米国が中国を怒らせてまでダライ・ラマと会った理由。米政権にとって最も怖いのは中国ではなく米経済を支配するユダヤ。パレスチナは国家承認を国連に求めるがユダヤの圧力で米国は拒否権。国際社会から批判。このため事前に「アメリカは民主的で人権侵害を許さない良い国です」とアピールしておく必要


・・・

ダライ・ラマ14世、震災後の訪日、2011年4月


東日本大震災の犠牲者の四十九日に合わせ、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が2011年4月29日、東京都文京区の護国寺で法要。訪米途中に日本で飛行機を乗り継ぐ予定が、震災を受け滞在を延ばした。チベット仏教や日本の各派の僧侶70人ほどが読経。チベット語や日本語による般若心経

ダライ・ラマ14世、2011年11月。原子力以外の発電手段について「ダムは自然を破壊する。風力、太陽エネルギーもあるが十分ではない。十分というのは『先進国にとって十分』ということではくこれから発展を遂げる国にとっても十分でなければならない。そうでなければ貧富の差が広がってしまう」


・・・

ダライ・ラマ14世が高齢のため移譲、2011年8月


チベット亡命議会は2011年3月18日、政治ポストからの引退を希望しているチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世に対し、引退を認めず、再考を促す決議を採択。1959年にインドに亡命して以来の指導者だが75歳という年齢を踏まえ、「ダライ・ラマ後」へ道筋をつける意向をかねて表明

インド北部ダラムサラに本拠を置くチベット亡命政府の新首相に、米ハーバード大上級研究員のロブサン・サンガイ(43歳)が当選した。2011年4月。チベット人(難民約8万3千人)を政治・宗教両面で率いてきたダライ・ラマ14世(75歳)の没後を見据え、変革期のかじ取りを担うことになる。

インド北部ダラムサラにあるチベット亡命議会は2011年5月、政治的引退を希望していたチベット仏教の指導者ダライ・ラマ14世の政治権限を、亡命政府首相らに移譲するチベット憲章の改正案を可決。ダライ・ラマも署名。新憲章では「チベットとチベット人の守護者であり象徴」だが政治的権限はない

ダラムサラのチベット亡命政府で2011年8月ロブサン・センゲ新首相(43歳)の就任式が開催。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(76歳)が「政治引退」を表明したためチベット人社会で伝統的に宗教・政治両面のトップを務めてきたダライ・ラマから政治権限を移譲された初めての首相に

チベット亡命政府の新首相ロブサン・センゲ。2011年8月。「中国統治下のチベットで行われている制度は社会主義ではなく植民地主義だ。中国人民や中国という国に矛先を向けているわけではない。反対したいのは中国政府がチベットで行っている強硬な政策」。チベット完全自治を求めたが中国側は拒否

チベット亡命政府のロブサン・サンガイ首相が来日。2012年3月末。サンガイは11年春、インド北部ダラムサラに本拠を置くチベット亡命政府の新首相に選挙で選ばれ、ダライ・ラマ14世から政治権限を移譲された。「(中国国内の)チベット(自治区)では平和的なデモに参加しただけで殺される。」


・・・

日本企業がチベットを開発、2011年8月


中国チベット自治区を訪問中の丹羽宇一郎・駐中国大使は2011年8月、ラサでバマチリン・自治区主席と会談し、民族問題を抱える自治区がとっている外国人の立ち入り制限について「チベットにとっても経済発展を阻害する要因」と述べ改善するように要求。バマチリン主席も「協力を進めたい」と応じた

中国チベット自治区を訪問中の丹羽駐中国大使は2011年8月、ラサのポタラ宮でバイマチリン自治区主席と会談しチベットの水資源の開発に日本企業の参画を求めた。バイマチリン主席は「日本企業のチベットへの投資を歓迎」。2012年の日中国交正常化40周年に合わせチベット自治区との交流行事も

レアメタル。中国国内でも、青海省、チベット自治区、新疆ウイグル自治区など資源開発が全く進んでいない西部地域では海外の企業を誘致して探査。また中国はタングステン、アンチモン、レアアースについては存在量、賦存量、生産量、輸出量、いずれも世界一 http://bit.ly/9IOoni


・・・

南ア政府が中国に配慮しビザ発行せず、2011年10月


チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は2011年10月、南アフリカの入国査証(ビザ)が発給されず予定していた南ア訪問を中止するとの声明。南ア政府が主要貿易相手国の中国に配慮した可能性。南アのノーベル平和賞受賞者、ツツ元大主教らの招待だったため、大主教は、南ア政府を批判している

「我々の政府は、アパルトヘイト(人種隔離)政権よりもひどい」。南アフリカのノーベル平和賞受賞者、デズモンド・ツツ元大主教は、同氏が招待したチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世に対し、南ア政府がビザを発行しなかったことに対し、激怒。同氏はアパルトヘイト撤廃に指導的な役割をした。


・・・

ダライ・ラマ暗殺の試み、2012年1月


ダライ・ラマ14世を暗殺するため、中国国籍でチベット出身のテロリストがインドに入国するとの情報。2012年1月。ムンバイの警察当局が警戒。「数人の中国人の若者がビジネス・ビザで入国するが明らかに秘密の活動。ダライ・ラマはムンバイを訪問するが彼に対する危険を過小評価してはならない」


・・・

オバマ米大統領と中国の習近平、2012年2月


中国の習近平(シー・チンピン)国家副主席とオバマ大統領が会談した2012年2月、会場のホワイトハウス周辺などで、中国によるチベット弾圧への抗議活動。中国の言論状況に絶望して渡米した作家、余傑(ユイ・チエ)も登場。数百人の在米チベット人らが習の写真を掲げて「虐殺をやめよ」と訴えた


・・・

チベット族の焼身自殺、アラブの春の影響、2011年3月〜


中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県でチベット僧が焼身自殺をしたのを機にチベット寺院とそれを支持する住民と地元当局との対立が深刻化。2千人余りの僧が寺院に閉じこめられ「再教育」を受けている。2011年3月16日、キルティ僧院で青年僧が「チベットに自由を」と叫び焼身自殺。

中国の四川省のチベット族が多く住む地域で2011年8月、29歳の僧侶が焼身自殺。ノルウェーに本部がある「ボイス・オブ・チベット」は、僧侶は政府庁舎の入り口で「チベットには自由がない」「ダライ・ラマ14世のチベットへの帰還を認めろ」と書かれたビラをまいた上、ガソリンを体にかけて火を

在英チベット支援組織「フリー・チベット・キャンペーン」によると中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州で2011年9月、青年チベット僧2人が中国当局の統治に抗議して焼身自殺を。18歳と19歳。「ダライ・ラマ14世をチベットに戻せ」と叫んだ後、自分の体に火。現地では3月にも焼身自殺

中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の「キルティ僧院」で2011年10月、元僧侶の青年が「チベットに自由を。ダライ・ラマ14世を戻せ」などと叫んで焼身自殺を図った。3月以降、同州で焼身自殺を図った僧侶らは8人に上る。締め付けを強める中国政府当局と僧らとの対立は深刻さを増す。

米放送局ラジオ・フリー・アジアなどによると、中国チベット自治区東部の郷政府の建物で2011年10月下旬、爆発。壁には「チベット独立」などと書かれ、現場にはチベットの自由を求めるチラシがまかれていたという。3月以降、チベット族による抗議の焼身自殺が相次いでいるが、爆破事件は初めて。

インドの首都ニューデリーにある中国大使館前で2011年11月、亡命チベット人男性(25)が、焼身自殺を図った。警察により一命を取り留めた。男性は中国政府によるチベット人弾圧に大声で抗議、液体の燃料をかぶって点火した。中国国内でも抗議の焼身自殺を図るチベット人僧侶らが相次いでいる。

米政府系放送局のラジオ自由アジアの報道。2011年12月、中国チベット自治区のチャムド地区で、チベット仏教僧侶が焼身自殺を図った。火を付ける前にビラをまきスローガンを叫んだといい、中国当局への抗議。3月以来、中国で焼身自殺を図ったチベット僧は12人目。チベット自治区では初めて。

中国四川省成都の鉄道中等専門学校で2011年12月、チベット族と漢族の学生1千人以上が衝突し多数のけが人が出た。少数民族のチベット族には学費免除などの優遇政策があり、中国の多数派である漢族が不満を募らせていた。チベット族学生の約20人が漢族の学生を殴ったことをきっかけに双方が衝突


・・・

チベット族の焼身自殺、アラブの春の影響、2012年〜


中国四川省のアバ・チベット族チャン族自治州で2012年1月、チベット族住民2人が焼身自殺を図る事件があり、1人が死亡。10年春から相次ぐ中国政府による統治への抗議。同自治州や隣接するチベット自治区では2011年、チベット仏教の僧侶や尼僧、元僧侶ら12人が中国政府への抗議で焼身自殺

中国四川省でチベット族住民と中国政府の衝突が激しさを増す。2012年1月。外部との接触が厳しく制限されており、詳細は不明。チベット自治区などと接する山間地で大規模デモが連日起き、発砲で死者が出た。警察官が住民1人を射殺、13人を逮捕。火炎瓶などを持った住民が警察署を襲った

インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府などによると、中国四川省甘孜(かんし)チベット族自治州で2012年1月、同族住民のデモ隊に警官が発砲し、住民1人が死亡。6人死亡説もある。デモ隊は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の帰還を求めていたという。

中国四川省のチベット族居住区で、中国政府のチベット政策に抗議するデモ隊と治安部隊との衝突が拡大。2012年1月。インド北部ダラムサラにあるチベット亡命政府によると、これまでに少なくとも6人が死亡、約60人が負傷。米国は「重大な懸念」を表明。2月の習近平の訪米ではチベット問題も焦点

中国のチベット族居住区で抗議デモを行う住民と治安部隊が衝突し、少なくとも2人が死亡した事態を受け、チベット自治区ラサ市の中国共産党委書記のQi Zhalaは、2012年1月末、当局者に対し、寺院などに警官を派遣し、治安強化に努めるよう命令。「主要な寺院や道路、容疑者の監視を強化」

米政府系の放送局「ラジオ・フリー・アジア」によると、中国四川省カンゼ・チベット族自治州のセルタル県で2012年2月、チベット族男性3人が中国政府のチベット族デモ鎮圧などに抗議して焼身自殺を図った。1人が死亡。11年3月以降、中国でチベットの自由を訴えて焼身自殺を図ったのは20人超

インドのニューデリーでチベット難民の男性(26)が中国政府に対する抗議デモの最中に焼身自殺を図った。2012年3月。同地ではBRICS首脳会議のため中国から胡錦濤(フー・チン・タオ)国家主席が出席する予定だったため。チベット難民らが胡のインド訪問と中国のチベット支配に反対するデモ

米政府系放送局ラジオ自由アジアによると、中国チベット自治区ラサ中心部の大昭寺(ジョカン寺)前で三人の僧侶が当局に抗議し焼身自殺を図り、二人が死亡。残り一人は警官に連れ去られた。2012年5月。チベット人の焼身自殺は、二〇〇九年二月に四川省アバ県で起きた最初の事例から四十人に達した

中国チベット自治区ラサで、チベット族の2人が焼身自殺を図った。2012年5月末。中国のチベット族居住区で中国共産党の統治に抗議し焼身自殺を図った人は、2009年から今回で37人となった。ラサの治安当局は今回の事件後、携帯電話やインターネットを制限するなど警戒レベルを上げた。

中国政府がチベット自治区への外国人の入境を当面、事実上禁止。2012年5月末。27日に同自治区ラサでチベット族2人が焼身自殺を図り、政府が警戒を強めていることが関係しているとみられる。もともと、同自治区は、外国人が訪れる際は政府の許可が必要な地域だった。入境手続きの再開時期は未定

米国ラジオ・フリー・アジアによると、中国青海省玉樹チベット族自治州称多県でチベットの独立などを求め20代のチベット族男性2人が焼身自殺を図り1人が死亡。2012年6月20日。遺書で、「われわれは、チベット民族のため、特にダライ・ラマ14世の早期チベット帰還のため焼身自殺を選んだ」


・・・

パンチェン・ラマ


パンチェン・ラマ。チベット仏教ゲルク派においてダライ・ラマに次ぐ高位の化身ラマの称号。無量光仏(阿弥陀如来に相当)の化身とされ、転生(生まれ変わり)によって後継者が定められる。現在、ダライ・ラマ14世が認定した11世が中国政府に拉致され、別の人物を中国政府が11世だと認可して支援

チベット仏教No.2のパンチェン・ラマ10世は1989年に死去。中国政府は生まれ変わりのチベット族の少年として95年に11世を擁立し北京で教育。インドに亡命中の最高指導者ダライ・ラマ14世は別の少年を11世に認定していたが、中国政府は承認せず、保護の名目でその少年を拉致。消息不明

中国が承認するチベット仏教ナンバー2のパンチェン・ラマ11世(22)が香港の第3回世界仏教フォーラムで講演。2012年4月。チベット仏教への関与を強める中国政府が、影響下に置く同11世をお披露目。同フォーラムは中国政府系の中国仏教協会が主催。日本を含む各国の仏教関係者1千人が参加

パンチェン・ラマ11世(中国政府が擁立した方)が世界仏教フォーラムで講演。2012年4月。中国の標準語で講演した。胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席が提唱する『和諧(調和)』という言葉を何度も用いる一方で、自治と自由を求める焼身自殺が続くチベット族居住地域のことには一切触れなかった


・・・

毛沢東とダライ・ラマ


毛沢東(1893-1976年) が、ダライ・ラマ(1935年生)に言った言葉。「あなたの態度はとてもいい。だが宗教は毒だ。第一に人口を減少させる。なぜなら僧侶と尼僧は独身でいなくてはならないし、第二に宗教は物質的進歩を無視するからだ」


・・・

朝日新聞がダライ・ラマより中国政府を支持、1989年


1989年、ダライ・ラマ14世がノーベル平和賞を受賞した時、当時、今よりもさらに『左』(左翼的)だった朝日新聞は、その社説において、「チベットの緊張を高めるおそれさえある。そうなれば『平和賞』の名が泣こう」とノーベル賞を批判し中国を支持した。が、ソ連崩壊後、同紙はよりどころを失う


・・・

ブータンはチベット仏教


ブータン。山間の農業国。桃源郷。人口70万。チベット仏教。主力産業は水力発電の輸出。GNPよりGNH。だが外貨が押し寄せ建設ラッシュ、ネットも普及、欲望が刺激。98年、王制から立憲君主制。絶対君主が自発的に権力を国民に譲った史上稀な決断。長男である現国王の即位後に上・下院選を実施


・・・

ミャンマーのビルマ族とチベット


ビルマ族。起源は中国青海省(西部)に住んでいたチベット系の氐(てい)族。8世紀、中国西南部、雲南地方で南詔(なんしょう)というチベット・ビルマ語族の王国を建国。1044年(現ミャンマー中央に位置する)エーヤワディー川でパガン王朝を樹立。これがビルマの起源か。9割が上座部仏教を信仰

アウンサンスーチー(1945年生)。いつも髪に差している鮮やかな花の髪飾りは、再会することなく死別した英国人の夫(マイケル・アリス、1946-1999年、チベット研究者)と、かつて誕生日に贈りあった品種(オーキッド、蘭の一種)。彼女にとってこれをつけることが無言の抵抗の証とされる


・・・

ウイグル、東京での世界ウイグル会議、2012年5月


世界ウイグル会議。2012年5月。ラビア・カーディル議長は「中国式の人権、中国式の民主化という理論は通らず、そのような理論の上になり立つ政治を、ウイグル人、チベット人、モンゴル人だけではなく中国人すら受け入れられない時代になっている。」たちあがれ日本の平沼赳夫代表ら国会議員も出席

読売社説2012年5月。「日中首脳会談で温家宝首相は、分離独立運動が続く新疆ウイグル自治区とともに尖閣諸島に言及し、「中国の核心的利益(絶対に譲歩できない国家主権や領土保全)を尊重するということが大事だ」と強調。台湾やチベット、ウイグルなどに使ってきたが、近年は南シナ海にも使用」

鳩山由紀夫元首相と中国の副首相の会談。2012年5月下旬。副首相は、世界ウイグル会議の東京開催に対し不満。鳩山は「わたくしどもはウイグルの問題、あるいはチベットの問題などでも基本的に中国に対する考え方は変えてはいない。中国の内政問題に日本としてはかかわるつもりもないと申し上げた」

「ウイグル騒乱、ウイグル暴動、世界ウイグル会議に関するツイート 20120706まで 3747字」 http://t.co/CzehrnM5 山本敏晴のブログより


・・・

国連安保理の無能さ


国連安保理の問題。五大国にとって全く国益にならなければ議題にしない。逆にからみすぎると拒否権を発動されるか、それがわかっているので議題にしない。前者は資源のないルワンダ・ソマリアの放置。後者は米国のベトナム戦争、ソ連のアフガン侵攻、ロシアのチェチェン問題、中国のチベット弾圧など。


・・・

対中ODAの是非


政府開発援助(ODA)の最大の被支援国は中国を抜いてインドネシアに。両国は軍事大国化。結局、ODAがインフラ事業や社会保障に回されたとしても、その分の予算を軍事費に回せる。中国はチベット等を弾圧、インドネシアはスハルト独裁で民衆虐殺。それを支援していたのが日本のODAだという側面


・・・

四川大地震


四川大地震とは中華人民共和国中西部に位置する四川省アバ・チベット族チャン族自治州汶川県で2008年5月12日に発生した地震。「四川汶川8.0級地震」とも呼ばれる。マグニチュード7.9 ~8.0。死者は6万9197人、負傷者は37万4176人に上り、1万8222人がなおも行方不明。


・・・

そば


ダッタンソバ(韃靼蕎麦)。タデ科ソバ属の一年草。韃靼はタタールという中央アジアの民族名。中国甘粛省からパキスタン北部まで分布。四川省、雲南省、東チベットの境界付近で栽培化された。現在、ネパールやチベット、中国南部、東北部で食用や飼料用として栽培。ルチンが多いため、日本でも需要増

「そば、蕎麦、ソバに関するツイート 20120512まで」 http://t.co/8IJC9GZq 山本敏晴のブログより


・・・

その他


中国の国家気象局などはヒマラヤ山脈の氷河が毎年後退しているとした地球温暖化に関する「第2次気候変動国家評価報告」2011年11月。チベット高原にあるヒマラヤ山脈のナムナニ氷河は1976〜06年に毎年5メートル後退。特に04〜06年には毎年7・8メートル後退し、後退のスピードが加速

中国チベット自治区を走る青蔵鉄道をヒマラヤ山脈を越えてネパールまで延ばすことに両国が合意。2011年11月。中国とチベット自治区ラサを結ぶ青蔵鉄道は2006年に全線開通。今回まずネパールの首都カトマンズまで延伸。さらにインド国境に近いブッダの生誕地ルンビニまで鉄道を延ばし観光開発

2011年に起こっていた紛争。\鐐茵米逎后璽瀬麁販、イスラエルとアラブ、韓国と北朝鮮、中国とASEAN、西サハラ。内戦(中東の春関係、リビア、ソマリア、コンゴ民主共和国、コートジボワール、アフガニスタン、中国(ウイグル、チベット)、フィリピン(ミンダナオ)、タイ(南部マレー)