.

124人

「1年に1度は、これまであなたが行ったことのない場所に、行くようにしなさい。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。


114人

「熱性けいれん」と「熱けいれん」は、全く別のもの。’性けいれんは、乳幼児期の子どもが、発熱した時に起きるけいれん(多くは5分以内)。熱けいれんは、熱中症の一つで、直射日光の下での長時間労働などで起きる意識消失発作など。マスコミの報道で、両者を混同している場合があるので注意


100人

太陽光発電の効率を2倍以上に高める技術を、京都大・野田進教授が開発。特殊なフィルター(アルミニウムガリウムヒ素という半導体の膜)を使い、発電しやすい光に変える。英誌ネイチャー・フォトニクス。2012年7月。光を電気に変える効率は20%。改良しても30%が限界だったが、40%以上に


94人

映画「いのちの食べかた」は我々が普段食べている食材がどのように作られているかの「事実」を淡々と記録した映画。牛・豚・鳥の肉がどのように作られているか。言葉は一切なく、よって誇張した表現はない。圧倒的な事実の前に、ふるえあがる。人間の大量消費社会の業を。パリ国際環境映画祭グランプリ


76人

熱性けいれん。乳幼児に見られる発熱時のけいれん。|噂稠性けいれん(狭義の熱性けいれん):通常は発症が5分以下で、発作の形に左右差が無く、全身の強直・間代痙攣で、意識の回復が良いもの。∧雑熱性けいれん:時間が長く、左右対称でないなどの場合、将来、てんかん等に移行する場合もある


61人

大津市で、市立中2年の男子生徒(当時13歳)がいじめを苦に自殺(2011年10月)したとされる問題で、男子生徒の父親が2012年7月18日、加害者とされる同級生3人について、暴行、恐喝、脅迫など六つの容疑で滋賀県警大津署に告訴し、受理された。


58人

「人間にとって、つらい体験をしている時こそ、豊かな人間性を育てる機会。他者に対する慈しみの心は忍耐と寛容の実戦を通して学ぶ。例えば誰かがあなたに理不尽な苦しみを与えたとする。その時あなたの心に激しい怒りが生じる。まさにその時こそ、耐えること、許すことを学ぶ機会」ダライ・ラマ14世


56人

「今という時を、どう生きるかは、本当に大切なことです。未来のことを思いわずらうのではなく、今、この一瞬一瞬に、あるべき道を選んでいけば、明るい未来は自然にやってくるのだと、私自身は、思っています。」 ジャック・マイヨール(1927-2001年)。フランスのダイバー


46人

幼少期に熱性けいれんになると将来てんかんに。2012年7月。東大・池谷裕二准教授。海馬の神経細胞が本来の場所へ移動できず、特定の神経伝達物質に過剰に反応するようになるため。けいれんの治療で使う薬の大半に、この物質の働きを強める作用があるため、薬の投与でてんかんのリスクが高まる恐れ

「他人の何千もの欠点に目をつけるより、自分の唯一の欠点に気付くほうが、よほど役に立ちます。自分の欠点なら、わたしたちは自信をもって、修正できる立場にあるのですから。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。


44人

「人間は知性を持っているがゆえに様々な矛盾した心を持つ。だがそれは必ずしも悪いことではない。例えば、右手と左手は正反対の働きをしている。言わば矛盾している。だからと言って左手を切り落とせば良いというものではない。二つの矛盾する力が作用しあって初めて力が生まれる」ダライ・ラマ14世


42人

ナチス・ドイツの総統ヒトラーが、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)へ突き進む中、かつて上官だったユダヤ人男性を迫害しないよう命じていた事実を示す文書が発見。2012年7月。第1次世界大戦中ヒトラーが所属した中隊を指揮したエルンスト・ヘス。警察幹部に送った書簡で「総統の希望により」保護

『いのちの食べかた』 (Our Daily Bread) 。2005年のドイツ映画。食べ物の大規模・大量生産の現場を描いたドキュメンタリー映画。ナレーションやインタビューを入れず、生産現場とそこで働く人々を映し出すのみの映画。2006年、ヨーロッパ映画賞・最優秀ドキュメンタリー賞


34人

「欲望は、海水を飲むことに似ています。飲めば飲むだけ、喉が渇くのです。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。


29人

映画「ザ・コーヴ」で描かれているように、イルカ漁やクジラ漁は確かに残酷かもしれないが、牛の屠殺や鳥の屠殺も同じくらい残酷である。牛や鳥は殺して食べてよく、イルカやクジラはダメだ、という理由がわからない。知能が人間に近いという意見もあるが、犬や馬などと心の交流をしている人も多い。


28人

「誰もが生まれつきの敵であったり、友であったわけではありません。「敵」も「友」も、自分が人々とどう接するかで生まれるのです。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。

「どんな大きな流れも、きっかけは一人の小さな行動から生まれます。もしあなたが「自分には大したことなど出来ない」と思ってしまったら、それは世界にとって大きな損失となるのです。」 ダライ・ラマ14世(1935年生)、チベット仏教の最高指導者。


24人

「あなたにとって『祈り』とは何か?、と聞かれた時、私はとっさに、『生活です』と答えた。座って手を合わせて祈るのは、『静』の祈り。でも、動きながらそれを表現するのが、『動』の祈り。だから私は、生活すべてが祈りだと思う」 佐藤 初女(はつめ、1921年生)。福祉活動家。カトリック信者


21人

グリーンランドの北極圏で、氷河が赤く染まる「赤雪」といわれる珍しい現象を、日本の北極観測隊が観測。2012年7月。別名「雪の赤潮」。気温上昇により赤い色素を持つ微生物が大量発生したためで、地球温暖化の表れとも指摘。観測隊は、文部科学省が中心となり国立極地研究所や大学などの専門家ら

海馬。脳の記憶や空間学習能力に関わる。虚血に対して非常に脆弱。アルツハイマー病における最初の病変部位。心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮。心的外傷後ストレス障害(PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認されている。

カンボジアで発生している原因不明の病気。2012年7月。4月以降、カンタ・ボパ小児病院から、入院した小児の疾患と死亡が異常に増。症例定義を満たした61人の患者に調査が行われ、そのうち54人が死亡。手足口病を起こすエンテロウイルス71(EV71)が陽性。重症の場合、息切れ、けいれん


20人

和歌山県太地町のイルカ漁が残虐だと告発する映画「ザ・コーヴ」が社会問題に。アカデミー賞を受賞したが明らかな「虚偽の映像」もあった。具体的には、映画の中でイルカ漁の正当性を述べた水産庁の諸貫秀樹が(事実とは異なり)『その後、解雇された』とテロップに出すなど彼を悪者にしたてあげる演出


19人

米食品医薬品局(FDA)は既存(2004年)のエイズ治療薬「ツルバダ」を感染を防ぐための予防薬としても承認。開発したカリフォルニア州のギリアド・サイエンシズ社によるとエイズ予防薬が承認されたのは世界初。FDA局長は「エイズに対する戦いの中で、今日の承認は重要な節目となるものだ」

「熱性けいれん、熱けいれん(熱中症)に関するツイート 20120716まで 1527字」 http://t.co/hlETjeu1 山本敏晴のブログより