.

目次:

ニーチェとは?
ニーチェの言葉、人間
ニーチェの言葉、生き方への助言
ニーチェの言葉、援助・愛からの行為
ニーチェの言葉、男女
ニーチェの言葉、屈折


・・・
・・・

ニーチェとは?


フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)。ドイツの哲学者。ソクラテス以前の哲学者も含む「ギリシア哲学」などの古典文献の学者で、それらから影響を受ける。父は、ルター派の裕福な牧師だったが、反キリスト教に育つ。実存主義の先駆者。だが1889年、精神が崩壊し、狂気へ


・・・

ニーチェの言葉、人間


「人間のみがこの世で苦しんでいるので、人間は、『笑い』を発明せざる得なかったのだ。」 フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)

「自己について多くを語ることは、自己を隠す一つの手段でもある。」 フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)

「あなたがたから仮面と外套と塗料と身ぶりを剥ぎ取ったら、あとに残るのはまさしく、あの畑に立って鳥をおどかしている者の姿だろう。」 フリードリヒ・ニーチェ(1844年-1900年)。ドイツの哲学者



・・・

ニーチェの言葉、生き方への助言


「今のこの人生を、もう一度そっくりそのまま繰り返してもかまわない、という生き方をしてみなさい。」 フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)

「最初の一歩は自分への尊敬から。そうすれば悪いことなんてできなくなる。他の人も見習いたくなるような人間になっていき、それはやがて自分の可能性を大きく開拓する。」 フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)


・・・

ニーチェの言葉、援助・愛からの行為


「なになにの為に行う、ことは止めなさい。それが失敗した時、相手や事情のせいにする心が生まれるし、うまくいった時は自分の手柄だと慢心するから。本当は自分のために行っているのだ。そもそも純粋な愛から行われる行為なら、なになにの為にという言葉など決して始めから出てこないもの」 ニーチェ


・・・

ニーチェの言葉、男女


「男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。」 フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)

「ここにはまことの男が少ない。だから、女性が男性化する。つまり、本当に男らしい男だけが、女の中に女を解き放つのだ。」  フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)


・・・

ニーチェの言葉、屈折


「愚か者は、よい暮らしを得ても、それよりもっとよい暮らしを求める。」 フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)

「誰も学ばない、誰も知ろうとしない、誰も教えない、・・孤独に耐えることを。」 フリードリヒ・ウィルヘルム・ニーチェ(1844-1900年)