.

目次:

はじめに
ソーシャル五輪とは?
ツイッターの感情をロンドンの大観覧車で表現
オリンピックの開会式からツイッター
ガイドラインと課題
罰則、罰金、出場停止
IOC公式ツイッターで北朝鮮と韓国を混同
ツイッター社が五輪直前にトラブル
中国版ツイッター「ウェイボ」
ツイッター
フェイスブック
関連ブログ


・・・
・・・

はじめに


「お疲れ様です! ロンドンでお会いするの楽しみにしてます!」。競泳、入江陵介(22)がツイッターへ投稿すると、北島康介(29)が「わしもじゃぁぁぁ」と応じた。2012年、ロンドン五輪。3大会連続の2冠を目指す男子平泳ぎの北島康介選手はツイッターで8万4000人のフォロワーを持つ。

北京五輪が開かれた2008年には、ツイッター利用者は600万人、フェイスブックは1億人だった。だが、高速通信が可能なネット環境やスマートフォン(多機能携帯電話)の爆発的な普及を受け、ロンドン五輪(2012年)が開催される時点では、それぞれ、1億4000万人と9億人が利用している


・・・

ソーシャル五輪とは?


ソーシャル五輪。ロンドン五輪(2012年)は、ソーシャルメディア(ツイッター等)が普及してから初の夏季五輪。ロンドン五輪では国際オリンピック委員会(IOC)が選手や観客、メディアにツイッターの利用を推奨。このため「ソーシャル五輪」ともいわれる。発信するだけでなく反応を見ながら交流


・・・

ツイッターの感情をロンドンの大観覧車で表現


ロンドン観光名所のひとつ、テムズ川沿いのジュビリー・ガーデンズ内にある直径135メートルの巨大観覧車「ロンドン・アイ」が、新しいイルミネーションを開始。2012年7月。単文投稿サイト、ツイッターで交わされる全ての会話を分析し、その感情がポジティブかネガティブかを色と動きで表現する

ロンドン五輪の公式スポンサーで電力供給会社のEDFエナジー社が、巨大観覧車「ロンドン・アイ」で、ツイッターの『感情』を表現。分析するのは、ソーシャルメディア言語分析の専門家ウルバーハンプトン大マイク・セルウォール教授。過去2カ月間、英国上の五輪に関するつぶやき(ツイート)を追跡

ロンドン五輪でツイッターの感情を観覧車で表現。ウルバーハンプトン大の教授は2750語からなる五輪関連の辞書を作成。ツイートを分析しポジティブかネガティブかを決定、数値化。辞書には俗語も。日本の(笑)に相当する「lol(laugh out loud)」やomg(oh my god)


・・・

オリンピックの開会式からツイッター


ツイッターで、シンガー・ソングライターのビリー・ブラッグは、「北京オリンピックの開会式は印象的だった。でも、彼らには演奏すべき偉大なポップ・ミュージックが1曲もなかった」。ロンドン五輪開会式は、イギリスを象徴する“ブリティッシュ・ミュージック”のオン・パレード。2012年7月


・・・

ガイドラインと課題


「ツイッター」や「フェイスブック」が普及した2012年夏のロンドン五輪は、史上初の「ソーシャルメディア五輪」とも呼ばれる。自ら情報を発信する選手が増え、ソーシャルメディアの利用に消極的だったIOCが奨励する姿勢に転換。一方、大手テレビ局の放送権や投稿内容の規制などを巡る課題も多い

IOCはこれまでソーシャルメディアの活用に積極的ではなかった。84年のロサンゼルス五輪以降、大会運営を米3大テレビ局からの巨額の放送権料に頼る商業化が進んだ。10年のバンクーバー冬季五輪とロンドン五輪を合わせた放送権料は39億ドル。動画投稿などはテレビ局の放送権を侵害する可能性

IOCはソーシャルメディア利用に関するガイドラインを作成。2011年。選手らが自分の経験をネット上に投稿することを「積極的に奨励し、支持する」。だが、自分のことを語る一人称の日記形式に限る、競技のリポートや他の選手の活動に関するコメントは禁止、会場や選手村の動画・音声の投稿は禁止

IOCはソーシャルメディア利用に関するガイドラインを作成。推奨する一方で、違反が悪質な場合は五輪参加資格の剥奪。日本オリンピック委員会は各競技の監督を集めてガイドラインを説明。英国サッカー選手が判定に異議を唱える内容をツイッターに投稿した所、罰金が科せられた事例を紹介し注意を喚起

門奈直樹・立教大名誉教授(メディア論)は、「IOCがソーシャルメディアの活用を選手に推奨しながら、投稿内容に規制(ガイドライン)を設けるのは、『放送権など既存の権益と使い分けたい』というビジネス的な意図が見える。それでもこの流れは今後のスポーツ大会でも続いていくだろう」2012年


・・・

罰則、罰金、出場停止


ロンドン五輪のサッカー男子スイス代表の選手が、ツイッターで対戦相手について人種差別的なつぶやきをしたとして、スイス五輪委員会は2012年7月末、この選手の今後の出場を禁じた。出場資格を失ったのはモルガネラ選手。スイスが韓国に1―2で敗れた後、韓国をののしるツイートをしていた

ロンドン五輪では、IOCがツイッターの使用を推奨。ところが、大会開幕前には、ギリシャの女子陸上選手がツイッターで人種差別的なつぶやきをしたとして、同国の五輪委員会が、この選手の出場を取りやめている。2012年7月


・・・

IOC公式ツイッターで北朝鮮と韓国を混同


北朝鮮がロンドン五輪で再び韓国として紹介された。2012年7月。国際オリンピック委員会(IOC)が運営する公式ツイッター上で、ロンドン五輪開会式の模様を画像掲載した中で、入場する北朝鮮選手団の写真説明を「チームコリア(韓国)」と誤表記していたことが判明。韓国の中央日報が報じた


・・・

ツイッター社が五輪直前にトラブル


ツイッターが2012年7月27日午前0時から最大2時間ほど全世界でつながりにくくなった。米ツイッター社はシステム障害が原因だとしている。ロンドン五輪のサッカーで日本がスペインに勝利した時間と重なり、つぶやきたくてもつぶやけない人が続出。システムは二重に備えていたが両方が同時に故障


・・・

中国版ツイッター「ウェイボ」


ロンドン五輪で、日本男子サッカーの決勝進出に関し、中国版ツイッターでは、「日本野郎、やっぱ強いわ」「日本のサッカーにはほんと敬服する。よくがんばるわ!特にキーパー、強い!」「日本のサッカーの成長は、われわれも共に見守っている。中国のサッカーはいったいいつ…」。2012年7月末

「中国版ツイッター、ウェイボ「微博」に関するツイート 20120117まで 2523字」 http://t.co/MMZ3CwOG 山本敏晴のブログより


・・・

ツイッター


エヴァン・ウィリアムズ。1972年生。アメリカ人。ツイッター社の共同創業者。かつてブログサービス「Blogger」を開発し、「ブロガー」という言葉を産み出した。その後「Twitter」を開発。2010年10月、同社のCEOを退任し製品開発部門に専念。次の新サービスに注目が集まる。


・・・

フェイスブック


マーク・ザッカーバーグ。1984年生、アメリカ人。フェイスブック創業者。ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げ会員数が5億人を超える世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に育て上げた若手実業家。2010年には雑誌Forbesの世界で最も若い億万長者に


・・・

関連ブログ


「障害者、障がい者、障碍者のパラリンピック、スペシャルオリンピック、デフリンピックに関するツイート 20120724まで 3405字」 http://t.co/2mvD8FrT 山本敏晴のブログより

「ツイッターを便利にするウェブサービス等に関するツイート 20120612まで 2285字」 http://t.co/KmwjiNy5 山本敏晴のブログより

山本敏晴のツイートが一覧表示されるサイト。.張ぅ蹈亜http://t.co/0Z9WbB2g Mymeyou(カレンダー) ttp://bit.ly/shCUwS Topsy http://t.co/ErbD8L7Z ぅ張ぅ奪拭次http://t.co/DElPnzCZ