.

目次:

19歳の少年がソニーをハッキング、2011年6月
中二病と、ハッキング
天才ハッカーをフェイスブックが雇用、2011年6月
米国FOXニュースに攻撃、2011年7月
ハッカーの祭典「デフコン」で日本チームが予選突破、2011年8月
ハッカーの祭典「デフコン」で米国家安全保障局長官が人材発掘、2012年7月
英国情報局保安部(MI5)が、ハッカーを雇用、2012年7月
仏国防省が、ハッカソンで人材発掘、2012年7月


・・・
・・・

19歳の少年がソニーをハッキング、2011年6月


ソニーは2011年4月、同社のゲーム機やネット対応テレビ向けオンラインサービスに不正な侵入があり、顧客情報が流出した可能性があると発表。全世界で約7700万人が登録しているがクレジットカード情報も流出した可能性。プレイステーション・ネットワークとそのコンテンツ配信サービスから流出

プレイステーションネットワーク個人情報流出事件。2011年4月から発生したソニーのプレイステーションネットワークにおける大規模な個人情報流出事件。6月、クラッカー集団「LulzSec」がソニー・ピクチャーズに侵入した際に取得した個人情報、約100万件のうち、5万件をネット上で公開

19歳の少年がソニーをハッキング。ロンドン警視庁は2011年6月。国際的企業や情報機関へのサイバー攻撃に関与した疑いで男性(19歳)を逮捕。男性はソニーのオンラインサービス「プレイステーション・ネットワーク(PSN)」や任天堂のサイトへの不正侵入を表明したハッカー集団の中心人物。

ハッカー集団「ラルズ・セキュリティ(ラルズセック、LulzSec)」。首謀者は19歳の少年、ライアン・クリアリー。ソニー、国際通貨基金(IMF)、米上院、米ロッキード・ マーチン、米グーグル、米フォックステレビ、などのサイトをハッキング。ロンドン警視庁が逮捕した。2011年6月。

ソニーのオンラインサービス「プレイステーション・ネットワーク」から7700万人の個人情報が流出した問題で、米下院エネルギー・商業委員会に提出した書簡で、全員の個人情報を盗まれたと説明。外部のハッカー集団が関係している可能性。「個人情報とクレジットカード情報を盗むためのものだった」


・・・

中二病と、ハッキング


中二病。中学二年生(14歳)頃の発達途上の段階にありがちな発想や嗜好などを揶揄した言葉。重度の患者は勝手な思い込みから社会の規律に反した行動を引き起こすこともあるため、早めのケアが必要とされている。コンピューター関係が得意な場合、ハッキングや違法コピー等の犯罪行為に走ることも多い

中二病(ちゅうにびょう、厨二病)。思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する言動。1999年、伊集院光がラジオ番組『伊集院光のUP'S 深夜の馬鹿力』の中で、「自分が未だ中二病(中学2年生くらいの思春期の少年少女が行いがちな珍妙な言動)に罹患している」と発言

中二病。ー分に自信が無いので「他人とは違う趣味を持っている」ということで無意味なキャラ作りをする。中学二年頃に取りがちな『痛い』(非常識な)行動。上記の時期の行動などを持ち出しての『自虐ネタ』を展開すること。(中学二年頃の)幼稚な趣味の人間が好む物事という意味を込めた蔑称

逮捕されたハッカー「LulzSec」(プレイステーションネットワーク個人情報流出事件、2011年、19歳の少年が犯人)や「TeamPoison」などのように、多くの多くのサイバー犯罪関係者は24歳以下の若者達、しかも男性が圧倒的な割合を占めるという。

オンライン心理学のGrainne Kirwanが悪意あるハッカーらを調査。「ガールフレンドを作らせることがハッカー活動を防止することになる。ハッキングを行うのは、自分達の両親が変えることのできなかった悪い世界を自分なら変えることができるという意識。大切な人がいると攻撃衝動は減少」


・・・

天才ハッカーをフェイスブックが雇用、2011年6月


米交流サイト最大手フェイスブックが「天才ハッカー」として知られるジョージ・ホッツ(21歳)を社員として採用。2011年6月。高い技術力を評価し、即戦力として活用する狙い。彼は、アップルとソニーのセキュリティーを突破したことで有名。また米セキュリティー会社マカフィーもハッカーを雇用

ジョージ・ホッツ(21歳)、天才ハッカー。2007年、アップルの携帯電話iPhoneのセキュリティーを突破し、利用者が通信事業者を変更できる手法を公表して知られるようになった。2011年1月にはソニーのゲーム機のプログラムの改造に成功し、ブログで公開。ソニーは提訴したが、後日和解


・・・

米国FOXニュースに攻撃、2011年7月


米保守系ニュース専門局FOX(フォックス)ニュースは2011年7月ツイッターアカウントがハッカー攻撃を受け、「オバマ米大統領が暗殺された」という虚偽の書き込みをされたと発表。「オバマ氏、遊説に訪れたアイオワ州のレストランで下部骨盤部や首の2カ所を撃たれ死亡」「悲しい独立記念日だ」

米保守系テレビ局「FOXニュース」のツイッターアカウントがハッカー攻撃を受け「オバマ暗殺」が流されたが、米国では最近、米連邦議会上院や中央情報局(CIA)などのウェブサイトへの攻撃が続発。犯人は逮捕されても、後日、その能力を買われ、グーグルなどの大企業に雇用された例が相次いでいる


・・・

ハッカーの祭典「デフコン」で日本チームが予選突破、2011年8月


米ラスベガスで2011年8月に開かれたハッカーの祭典「デフコン」で、日本チームが初めて予選を突破し本選に出場。競技は「キャプチャー・ザ・フラッグ(旗取りゲーム)」と呼ばれ、自分のサーバーを守りつつ相手のサーバーを攻撃、その得点を競う。ハッカー攻撃に対抗しうる人材が日本でも育ったか


・・・

ハッカーの祭典「デフコン」で米国家安全保障局長官が人材発掘、2012年7月


ハッカーの世界最大の祭典デフコンが米ラスベガスで開幕。2012年7月。米国家安全保障局(NSA)長官でサイバーコマンド司令官のキース・アレキサンダー大将は「君たちの助けを求めに来た。そんなに給料は出せないが楽しいぞ」。サイバー空間の国家間の攻防が激しくなる中、トップが自ら人材発掘

米国家安全保障局長官・サイバーコマンド司令官がハッカーの祭典デフコンで人材発掘。2012年7月。「一緒に働けばいろんな問題が解決できる。サイバー空間には脆弱な部分がとてつもなくある。安全にするツールを作り、よくわかっていない私のような年長者を助け米国を訓練する手助けをしてほしい」


・・・

英国情報局保安部(MI5)が、ハッカーを雇用、2012年7月


ネットワークを通じて政府や企業の情報システムへの不正アクセスを行うサイバー攻撃の急増でセキュリティーに関するノウハウを知り尽くした“デジタルマニア”たちに思わぬ恩恵。サイバー攻撃対策の一環としてコンピューター関連の専門スキルを身につけたハッカーのリクルートが本格化。2012年7月

英国情報局保安部(MI5)のジョナサン・エバンズ長官は「国家ぐるみの」サイバー攻撃によって英国のある上場企業が「8億ポンドの損失を被った」。調査会社IDCによると、サイバー攻撃の脅威が増すなか西欧の企業や政府は2015年までにセキュリティー分野の専門家を倍増。2012年7月の報道

SNS大手の米フェイスブックや英国情報局保安部(MI5)などは、いわゆる「善玉ハッカー」の求人広告。2012年7月。善玉ハッカーとは金や犯罪を目的とせず、単にハッカーとしての力量を誇示するためだけにネットワークへの侵入や秘密のデータの閲覧などを繰り返すデジタルマニアたちを指す


・・・

仏国防省が、ハッカソンで人材発掘、2012年7月


ハッカソン。土曜の夜、薄暗い部屋で、ハッカー(デジタルマニア)たちが長時間にわたりハッキングの腕を競うイベント。2012年7月。パリ近郊に住むハッカーたちが10年前に立ち上げた。政府や企業からリクルーターが派遣され、サイバー攻撃をはね返せる人材をスカウトしようと目を光らせている。

エネルギー企業や仏国防省のシステム保守に携わる仏シスドリームは、『ハッカソン』(ハッカーたちの腕試しイベント)の会場にリクルーターを送り込む。2012年7月。採用面接で、質問するのはハッキング歴の長さだけ。年齢は30歳未満で、ハイテク製品の最新機種を説明書なしで扱えることも条件


・・・

関連ブログ


「中国のサイバー攻撃に対する各国の動き、サイバー犯罪に関する条約に関するツイート 20120731まで 3780字」 http://t.co/fEFEw1q2 山本敏晴のブログより