.

目次:

はじめに
ドロシー・ロー・ノルト
子どもが育つ魔法の言葉
子どもはみんな、違うんだ
子は親の鏡
関連ブログ


・・・
・・・

はじめに


「けなされて育つと、子どもは人をけなすようになる。不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる。「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる。叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう」ドロシー・ロー・ノルト(1924-2005年)

「誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ。愛してあげれば、子どもは自分が好きになる。見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる。分かち合うことを教えれば、子どもは思いやりを学ぶ。親が正直であれば、子どもは正直であることの大切さを知る」ドロシー・ロー・ノルト(1924-2005年)

「子どもはみんな違うんだ。覚えておこう。子どもは、成長の設計図を持っている。子どもは、その子の速さで伸びる。子どもは、その子の歩幅で学ぶ。子どもは、その子の資質で生きる。子どもは、その子自身の人生の役割を果たす。子どもはみんな違うんだ」ドロシー・ロー・ノルト、1924-2005年

「子どもを励まそう。自分を大事にするように。人との違いを生かすように。この世の違いを認められるように。忘れないでほしい。その子は、この世にたった一人しかいないんだ。子どもは違う。一人一人、みんな違う。そんな子どもがいるから、この世にすばらしい違いがうまれる」ドロシー・ロー・ノルト

「親としていちばん大切なことは、子どもに何を言うかではありません。また、心の中で何を思っているかでもありません。それは、子どもと一緒に何をするか、なのです。親の価値観は、行動によって子どもに伝わります。子どもが小さい頃からそうしなくてはならないのです」 ドロシー・ロー・ノルト


・・・

ドロシー・ロー・ノルト


ドロシー・ロー・ノルト(Dorothy Law Nolte、1924-2005年)。米国の教育者、作家。ミネソタ州立大卒。40代の終わりに英国国立聖職大学で博士号。著書『子どもが育つ魔法の言葉』(1998年)は22ヵ国語に翻訳されミリオンセラー。詩「子は親の鏡」は37ヵ国語に翻訳

ドロシー・ロー・ノルト(1924-2005年)。40年以上にわたり家族、特に親子関係の研究に従事し、親になる人々のためのクラスや未就学児童のための学校を開設するなど親子教育の専門家として活動。家庭教育と子育てに関するコンサルティングで著名。4人の子どもを育て、孫、ひ孫、やしゃごも


・・・

子どもが育つ魔法の言葉


「子どもが育つ魔法の言葉」 ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス( 原題  Children Learn What They Live Parenting to Inspire Values )  http://t.co/bxgIu0kv

ドロシー・ロー・ノルト『子どもが育つ魔法の言葉』 本の中の名言・格言 http://t.co/t7I3Wilg


・・・

子どもはみんな、違うんだ


子どもはみんな、違うんだ http://t.co/aJ8V7lzH 【子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart】 ドロシー・ロー・ノルト 石井千春/武者小路実昭=訳


・・・

子は親の鏡


ドロシー・ロー・ノルトの詩『子は親の鏡』(PDF) http://t.co/Pw36lAFR


・・・

関連ブログ


児童虐待、高齢者虐待 http://t.co/NyBjh6qS 児童福祉司、48時間ルール http://t.co/46xgS5me プログラム http://t.co/xwrQQpWp 親の懲戒権、親権停止制度、未成年後見制度 http://t.co/onJLFRsh 山本敏晴