.

目次:

はじめに
アランとは?
アランの言葉、幸福
アランの言葉、男女
アランの言葉、子育て
アランの言葉、王者
アランの言葉、人生
アランの言葉、他人の考えが元
アランの言葉、その他
関連ブログ


・・・
・・・

はじめに


「まず自分がほほえまなくて、誰がほほえむのか。幸福であることは他人に対する義務である。嘆きも悲しみも、鳥と同じ。ひょいと留まっては、飛びさっていく。運命は不変ではない。指をパチンと鳴らした瞬間にも、 新しい世界が生まれているのだ」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ)

「愛というものは単に優しさだけで(あるいは単に弱さだけで)成り立つものではなく、常にはっきりとして揺るがない一つの信仰、言い換えれば『幸福な誓い』によってしか十分に表現されない、自由で変化しない何ものかを含むものである。この意味で、愛するためには第一に勇気が必要である。」 アラン

「『幸福』を得る一番の方法は、『不幸』の原因について、あれこれ考えるのではなく、『行動』を起こすこと。自分を不幸だと思い続けてしまう『情念』から解放されるために、まずは行動するのだ。簡単な体操でもいい。のめりこめる趣味でも、仕事が忙しいことでもいい。情念の連鎖を切ること」 アラン

「不幸な出来事が起きた時、(自分を不幸だと思う)『情念』を、人間はある程度以下に抑制する『意志』を合わせ持つ。だが、ある人はそれをせず、情念に身を任せ、自分を『悲劇の主人公』に仕立て上げる。つまるところ、不幸を自分に強制しているのは、環境でも社会でもなく、自分自身である」 アラン


・・・

アランとは?


エミール=オーギュスト・シャルティエ(1868-1951年)。フランスの哲学者。アランというペンネーム。過去の哲学者達の思想と、彼独自の思想を組み合わせ、『Propos sur le bonheur』 (『幸福論』1928年、神谷幹夫訳、岩波文庫/ 白井健三郎訳、集英社文庫ほか)

「幸福論」と名のつく本は世の中に多く存在している。中でも世界中で翻訳され古典的に読み継がれているのが、ヒルティ、ラッセル、アランによるもの。これらは『世界の三大幸福論』と呼ばれる。アランによる『幸福論』は「哲学を文学に、文学を哲学に」変えようとする独特の文体で、日本にもファンが多

アランの幸福論(つむじ風)http://t.co/RCtj2wUq 


・・・

アランの言葉、幸福


「人にとって「幸福」というものは、あるものではない。あるのは「幸福」であろうとする意志と活動と責務だけ。それゆえ、「はじめにどんなに奇妙に見えようと、幸福たることを誓わねばならぬ」のだ。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「皮肉だったんだな。ようやく気付いたよ。アメリカ独立宣言の文書を作ったトーマス・ジェファーソンは「全ての人間は侵されることのない自然権として『幸福を追及する権利』を持つ」と書きやがった。つまり、奴は知っていたんだ。幸福は『追求する』ことはできるが、『得る』ことはできないものだと」

アランの「幸福の公式」。「最初に強制が必要、絶えず困難も必要、規則正しい努力と勝利に次ぐ勝利すること」こそ至福の極み。そうでなくても「人は自由な行動の中でこそ幸福なのだ。自ら与えた規則によってこそ人は幸福になれる」。つまり「幸福とは、褒美を求めなかった人達の所へ来る褒美なのだ」

「成功して満足するのではない。満足していたから成功したのである。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「成功とは、いいと思うものを得ること。幸福とは、得るものをいいと思うこと。」 ウォーレン・バフェット。1930年生。

「野心家の主な幸福は忙しいということである」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)



・・・

アランの言葉、男女


「結婚は、味わってみたり、辛抱するためにあるのではない。反対に、創造するものだ。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「男は建設すべきものも、破壊すべきものもなくなると、非常に不幸を感じるものである。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年) この世の中、破壊と建設の繰り返し。破壊されれば、建設された姿を夢見て、建設に奮闘努力する。建設されてしまうと、破壊したくなる

「男性的思考は閑暇のときには退屈する。だからカルタや将棋が男の遊び。これに反し、女性の仕事は通常、機械的で、何の創意もない。…女性が職人の周到さと器用さに似て非なる一種の洞察力と抜け目なさを具えているのも、このため。女性の力は精神的な力であり、男性の力は物質的な力である」 アラン

「夫婦の社会では、それぞれの仕事しだいで各自が相手を助け、あるいは相手を支配する。だから、夫婦は対等だが、異なっている。彼らは異なるからこそ対等なのである。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)


・・・

アランの言葉、子育て


「子供を育てると同時に、自分たち自らを進歩させないならば、親は子供を立派に育てることは出来ない。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)


・・・

アランの言葉、王者


「退屈は王者風なものである。それは気高い属性である。退屈しようと思えば、誰でも出来るというわけのものではない。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「暴君にとって最も喜ばしいことは所有ではなく、所有の権利である。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)


・・・

アランの言葉、人生


「年代順にいえば、恋愛の次には野心が、野心の次には貪欲が来る。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「青年は恋愛を欲しがり、壮年は地位を欲しがり、老人は貪欲にな手地位も金も名誉もすべて欲しがる。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「われわれは現在だけを耐え忍べばよい。過去にも未来にも苦しむ必要はない。過去はもう存在しないし、未来はまだ存在していないのだから。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「人間には自分自身以外に、敵はほとんどいないものである。最大の敵はつねに自分自身である。判断を誤ったり、無駄な心配をしたり、絶望したり、意気消沈するような言葉を、自分に聞かせたりすること自体が、敵となるのだ。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「恐怖には、恐怖に対する恐怖しかない。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)


・・・

アランの言葉、他人の考えが元


「いかなる人間の考えも、他人の考えを元にして産みだされたものに他ならない。最も深い思想の人たちは、自分にとってよいものを他人の考えから採取し、それをいっそう前進させる。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「私達は自分の食べる食べ物を作っていない。他人の作った服を着て他人の作った言葉をしゃべり他人が創造した学問を勉強している。何が言いたいかというと私たちは常に何かを受け取っているということ。だからその『知識の泉」に何かをお返しができるということは素晴らしい気分」スティーブ・ジョブズ


・・・

アランの言葉、その他


「つまらぬ本を百冊読むよりは、優れた本を百回読む方が、はるかにためになる。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「美は真を判断する。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「金を持つにも様々な流儀がある.いわゆる金儲けの上手な人は,無一文になったときでも,自分自身という財産をまだ持っている。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「論戦に勝つことで、何らかの真理が樹立された例は、いまだかつて無い。そんなことを信じているのは、子供だけだ。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「嘘つきがいつでも必ず嘘をつくとしたら、それはすばらしいことである。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「悪を原因によって知る人は決して人を呪いもせず、絶望もしないことを学ぶであろう。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「「衣服は習慣だ」という代わりに「習慣は衣服だ」と言いたい。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)

「習慣はわれわれの偶像であり、われわれが服従するから強いのである。」 アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ、1868-1951年)


・・・

関連ブログ


「しあわせ、幸せ、幸福、国民の幸福度に関するツイート 8709字」 山本敏晴のブログより http://t.co/WhbAayqT

「OECDの幸福度、ベター・ライフ・インデックス(BLI)などに関するツイート 20120524まで 2276字」 http://t.co/ewgXncP0 山本敏晴のブログより