.

目次:

はじめに
ベトナム戦争、1960年
枯葉剤とは?
ランチハンド作戦、1962年
タイムが、枯葉剤は『人道的兵器』、1965年
ベトちゃんドクちゃん
米国がベトナムで枯葉剤除去の動き、2011〜12年
米軍が韓国に枯葉剤を埋めたとする報道、2011年
米軍が沖縄で枯葉剤を使用した可能性、2011年
外務省、ODA
その他
関連ブログ


・・・
・・・

はじめに


ベトナム戦争での枯葉剤。“進討離戰肇灰鵑留れ場となる森林の枯死、農業基盤の破壊が目的。▲瀬ぅキシン類でも毒性の強いTCDDを散布。400万人のベトナム人が曝露。4餬曾仍採┐従来1000人中26人だったものが64人に増。先天性口蓋裂等。ぅ戰肇淵狎鐐莎還兵の子供に二分脊椎が増

「俺はアメリカで生まれた。奴らは俺の手にライフルを握らせ、外国へ送り込んだ。黄色人種を殺すために。俺はアメリカで生まれた。(ベトナム戦争から)帰郷し退役軍人管理局へ行った。そこの男が言った。『まだ分からんのかね』と。 俺はアメリカで生まれた」 Born In The U.S.A.


・・・

ベトナム戦争、1960年


ベトナム戦争とは、1960年から1975年までに行われた(資本主義の)アメリカと(共産主義の)北ベトナムとの間の戦争。ソ連や中国は北ベトナムに軍事物資の支援。冷戦時代の代理戦争。結局アメリカは敗北。また西側諸国で行われた反戦運動をソ連が扇動。1960年代アメリカ国内でも反戦運動。


・・・

枯葉剤とは?


枯葉剤とは、除草剤の一種。ベトナム戦争(1960-1975年)で米軍によって散布されたものはダイオキシン類の一種の2,3,7,8-テトラクロロジベンゾ-1,4-ジオキシン(TCDD)。動物実験で催奇形性。人間では実験できないため不明だが、戦後、子供の二分脊椎が増えたとする報告も。


・・・

ランチハンド作戦、1962年


ランチハンド作戦。ベトナム戦争(1960-75年)中の1962-71年にかけて行われた米軍の作戦。ベトコン(反米の南ベトナム解放民族戦線)が潜む森林を失わせ同時に食料を奪う目的でベトナムの農村部一帯に推定1,200万ガロンの枯葉剤を散布。この作戦はジュネーヴ条約違反であるとの非難


・・・

タイムが、枯葉剤は『人道的兵器』、1965年


ベトナム戦争での米軍の枯葉剤等の使用について1965年タイム誌は「ベトナムに使用される化学兵器は『人道的兵器』である」と記載。村の全てを焼き尽くすナパーム弾等よりは『人道的』だとした。米政府からのメディア統制であったかどうかは不明。だが毒ガスは非戦闘員や味方の兵士にまで被害が及ぶ


・・・

ベトちゃんドクちゃん


ベトちゃんドクちゃん。ベトナムで産まれた、下半身がつながった双子の兄弟。兄はグエン・ベト(1981-2007年)、弟はグエン・ドク(1981年生)。ベトナム戦争時に米軍が大量に散布した枯葉剤の被害者の可能性。母親は枯葉剤のまかれた井戸で水を飲んでいた。だが人での催奇形性は未確認。


・・・

米国がベトナムで枯葉剤除去の動き、2011〜12年


米軍がベトナム戦争で使った枯れ葉剤の汚染除去作業が2011年開始。対象地域は米軍基地があった同国中部のダナン空港周辺。費用の約3200万ドルを米国が援助し、2013年までの除去を目指す。全国に28カ所あるとされる高濃度汚染地域の除去には20年かかる。1961年に枯れ葉剤使用を開始

米越両政府は、米軍がベトナム戦争中に散布した枯れ葉剤の除去を開始。2012年8月。米国が枯れ葉剤除去に携わるのは初めて。ベトナム国防省と米国際開発庁(USAID)が共同で除去にあたり、土壌を掘り起こしダイオキシンを高熱で分解。費用は、4100万ドルを米国、1700万ドルをベトナム


・・・

米軍が韓国に枯葉剤を埋めたとする報道、2011年


米軍がベトナム戦争で使った枯れ葉剤を、韓国南部の在韓米軍敷地内に埋めたと元米兵が証言し、周辺住民に不安が広がっている。「1978年に枯れ葉剤を入れたドラム缶250個を埋めた」。韓国環境省は2011年5月24日までに、基地周辺で環境調査を開始。米韓両政府は合同調査を行うことで合意。

在韓米軍が韓国南東部の「キャンプ・キャロル」に枯れ葉剤入りドラム缶を埋めていた疑惑が浮上し、韓国国会で韓米地位協定(SOFA、Status of Forces Agreement)の改定を求める声。米韓当局は2011年5月27日、初の共同調査に着手し、基地周辺の地下水をとって調査


・・・

米軍が沖縄で枯葉剤を使用した可能性、2011年


外務省、返還前の沖縄での米軍による枯葉剤の使用等の可能性について(米側回答)2011年8月。返還前の沖縄における米軍による枯葉剤の保管,使用等に係る報道に関し,再度米側に対し事実確認。米側から、それを示す資料は何ら確認できなかった旨の回答 http://t.co/80uCjI5


・・・

外務省、ODA


外務省、ODAとは?、関係各省庁との意見交換、2003年1月 http://t.co/oTFQTBY1 ベトナムにおける環境問題:戦後の無計画な森林伐採、地域住民による薪炭材採取、移動焼畑農業、人口増加による農耕地の拡大、ベトナム戦争時の枯れ葉剤使用等により森林が急速に減少

外務省、ODAとは?、ODA改革、無償資金協力実施適正会議(平成20年度第3回会合)議事録 http://t.co/6cuZGr0F 質疑:委員「ベトナムにおける植林事業案件は、枯れ葉剤対策などの特殊な目的があるのか?」、JICA「御指摘の案件の目的は防風林としての植林である」


・・・

その他


フォート・デトリック(Fort Detrick)とは、アメリカメリーランド州フレデリックにある、アメリカ陸軍の医学研究施設。1943年から1969年にかけて、生物兵器の開発、実験、生産。ベトナム戦争等で使用。1969年以降はアメリカ陸軍感染症医学研究所(USAMRIID)が設置。


・・・

関連ブログ


「731部隊、遺棄化学兵器問題、化学兵器禁止条約に関するツイート 20120217まで 2101字」 http://t.co/foxGwISg 山本敏晴のブログより

「シリアの化学兵器の流出に関するツイート 20120309まで 1728字」 http://t.co/1oWJiMrV 山本敏晴のブログより