.

目次:

新しい歴史教科書をつくる会
藤岡信勝
自由主義史観
西尾幹二
小林よしのり、ゴーマニズム宣言
横浜市、中学で採択、2011年2月
東京の大田区が、採用、2011年8月
横浜市、高校でも、「中学での教育と一貫するように」、2012年8月
岡崎久彦
関連ブログ


・・・
・・・

新しい歴史教科書をつくる会


新しい歴史教科書をつくる会。従来の歴史教科書が「自虐史観」の影響を強く受けていると主張。湾岸戦争以前までは日本共産党員であった藤岡信勝が、冷戦終結後の新しい日本近代史観確立の必要性を感じ、保守論客に転進。1996年に西尾幹二らと同会を結成。歴史・公民の教科書を2001年から出版

新しい歴史教科書をつくる会。自由主義史観(左翼から右翼に転身した藤岡信勝が唱えた歴史観。個より公を重んじ、日本の自虐史観を批判)の立場から新しい教科書(歴史、公民)を作り、その普及を目指す。主な目的は、従軍慰安婦の教科書への記述の削除。藤岡信勝は自分が左翼でも右翼でもないと主張

新しい歴史教科書をつくる会 公式サイト http://t.co/S0Tqj6Io 目的:これまでの教科書が日本を不当に悪く描いていたのを改め、子供たちが日本に誇りを持てる教科書で学べるようにする。『新しい歴史教科書』『新しい公民教科書』を検定合格させ各地の公立・私立の中学校で採択


・・・

藤岡信勝


藤岡信勝(1943年生)。教育学者。北海道出身。62年、北大に入学し「ソビエト教育学」を学ぶ。63年、共産党に入党。だが冷戦後の湾岸戦争(90-91年)で、左派から右派に転身し、96年に「新しい歴史教科書をつくる会」を作った(現理事・前会長)。東京大学や拓殖大学で教授を務めた。


・・・

自由主義史観


自由主義史観。藤岡信勝(1943年生、当時、東大教授)の唱えた歴史検証法。慰安婦問題等を認めることを「自虐史観」と呼んで批判している。歴史を動かす要因として「人物」を重視し「『偉大な人物』が歴史を切り開く」との歴史観に立っている。従って、史実上の細部にこだわる実証主義的史学を批判


・・・

西尾幹二


西尾幹二(1935年生 )。ドイツ文学者。1965〜67年にかけ、ミュンヘン大学研究員として西ドイツに留学。『ヨーロッパの個人主義』(1969年)、『ニーチェとの対話――ツァラトゥストラ私評』(1978年)。96年「新しい歴史教科書をつくる会」を設立。『国民の歴史』(1999年)

「ニーチェに関するツイート 20120727まで 1195字」 http://t.co/kb6R1fse 山本敏晴のブログより


・・・

小林よしのり、ゴーマニズム宣言


ゴーマニズム宣言(ゴー宣)。小林よしのり(1953年生)の政治的・歴史的な主張を伴った漫画。「ゴーマニズム」とは傲慢からの作者の造語。慰安婦問題への事実関係についての疑問を発表。左派などから激しい批判を浴びる。だが新しい歴史教科書をつくる会に参加。さらに「大東亜戦争肯定論」を展開


・・・

横浜市、中学で採択、2011年2月


中学歴史教科書の採択(2011年4月〜)を前に歴史観をめぐる攻防が全国で熾烈に。11年2月。横浜市は、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が中心となって市議会や教育委員会への働きかけを強め、11年から市内が1採択地区になった。これに対し、保護者や現場の教員の懸念が強い

新しい歴史教科書をつくる会・神奈川 http://t.co/E4a3NxPI 挨拶「教科書には 現在も学会で真偽が論争中である南京大虐殺や従軍慰安婦強制連行が「史実」として掲載されている。これらの虐殺,強制が真実ではない虚構の産物であると言うことは諸先生方の努力で証明されてきた」


・・・

東京の大田区が、採用、2011年8月


2012年春から中学校で使う社会の歴史、公民の教科書に「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社版採択を内定していた大田区教育委員会は2011年8月、議決し正式採択。戦争を美化しているなどとして、教職員の組合などから反発する声。教育長は「歴史観や愛国心の観点から選んだわけではない」


・・・

横浜市、高校でも、「中学での教育と一貫するように」、2012年8月


「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史教科書を中学で扱う横浜市が、2013年度の高校の教科書の採択で、「つくる会の動き」についての記載がある教科書を拒んだ。12年8月。市教委は、中学で「日本に戦争責任はない」と教えられれ生徒が、高校で「日本に戦争責任がある」と教えられる矛盾を懸念

横浜市は市立中学で(日本に戦争責任はないとする)新しい歴史教科書をつくる会系の教科書を使用。高校でもそれと矛盾する教科書が採択されず。実教出版の記載は「日本の侵略加害の事実を記述する教科書を『自虐的』と非難する立場の人々が執筆した教科書が現れたことに対しアジア諸国からも強い批判」


・・・

岡崎久彦


岡崎久彦(1930年生)。日本の元外交官、政治活動家、NPO法人岡崎研究所代表。大連生まれ。松下政経塾顧問。中公新書の「戦略的思考とは何か」は国際戦略論の基本的図書としてロングセラー。日米安保の反対者を批判、イラク戦争で米国を支持、新しい歴史教科書をつくる会を支持など保守派の右派

「中国国内では共産党幹部が権力を謳歌しつつ国営企業で私腹を肥やし、それを軍が支えているが、本来は民間による資本主義的な改革が必要になってきている。だが改革が行なわれる見通しは無い。軍の支配による現在の体制が続く可能性もある。軍事力が更に増大し国際緊張を増大させる可能性」岡崎研究所

NPO法人・岡崎研究所 http://t.co/Em881rd7 東京都千代田区永田町。2002年創設。目的:/邑△陵文酲瑤亙刃造凌篆覆鮨泙覲萋亜↓国際協力活動、上記の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動。事業:外交・安全保障に関する情報提供事業など


・・・

関連ブログ

「日の丸、君が代、国旗国歌の起立・斉唱問題に関するツイート 20120220まで 1491字」 http://t.co/xf7eRJq8 山本敏晴のブログより

「南京事件、南京虐殺、南京大虐殺に関するツイート 20120223まで 2549字」 http://t.co/mpjcFTZ8 山本敏晴のブログより

「旧日本軍による韓国・朝鮮半島の従軍慰安婦問題、徴用、強制連行、に関するツイート 15954字 20120718まで」 http://t.co/ssIXAGT2 山本敏晴のブログより