.

目次:

メキシコ発、豚由来新型インフル、H1N1が発生、2009年4月
メキシコ豚インフルH1N1の感染力は1.5人、2009年5月〜6月
メキシコ発、豚由来新型インフル、H1N1が終息、2010年3月
メキシコ豚インフルH1N1の死亡率低下にタミフルは有効
東大医科研、河岡義裕、鳥インフルが豚に感染し変異するリスク、2010年8月
H2N2も世界流行の恐れ、2011年3月
米CDCが、新種の豚インフルを報告、2011年9月
米アイオワ州で豚由来新型インフル、H3N2,2011年11月
米インフルH3N2、人から人に感染を確認、2011年11月
東大医科研、河岡義裕の論文の公表問題、バイオテロを促進?、2012年
米の豚インフル、H3N2が、拡大、2012年7月〜8月
米の豚インフル、H3N2、人から人への感染を確認、2012年8月末
関連ブログ


・・・
・・・

メキシコ発、豚由来新型インフル、H1N1が発生、2009年4月


2009年の新型インフルエンザの世界的流行。09年4月にメキシコでの流行が認知された後、10年3月頃まで、A型、H1N1亜型という種類のインフルエンザが世界的に流行。豚由来だったため「豚インフルエンザ(swine flu)などと呼ばれた。2009年6月、WHOはパンデミックを宣言


・・・

メキシコ豚インフルH1N1の感染力は1.5人、2009年5月〜6月


英国の大学とWHO等の研究グループは2009年5月、新型インフルエンザ(豚由来H1N1)のメキシコでの致死率は0.4%で、感染力を示すRO(基本再生産数)は1.4〜1.6と推定。季節性インフルエンザよりは高いが過去のパンデミックよりは低い http://t.co/9CEearyN

新型インフルエンザ(豚由来H1N1)のメキシコでの感染力(R0、基本再生産数、一人の患者が何人にうつしたか)を1.4〜1.6だと推計した方法を掲載する論文。 Science 19 June 2009 http://t.co/4yYVmOiJ


・・・

メキシコ発、豚由来新型インフル、H1N1が終息、2010年3月


WHOのマーガレット・チャン事務局長が「新型インフルエンザ(豚由来H1N1,2009)がようやく終息した」と2010年8月に発表。日本では220人が死亡。世界全体では18440人が死亡。感染力は強いが死亡率は低かった。今後も数年間は通常の季節性インフルエンザとして存在する

WHOが「新型インフルエンザがやっと峠を越えた」と発表。一般に、エボラ出血熱のように致死率80%で強毒性だと、患者がそれをうつす前に死ぬのであまり広がらない。今回の豚由良インフルエンザは弱毒性だったので不顕性感染(発症しないままウィルスを放出し続ける人)が多くこのため世界中が感染


・・・

メキシコ豚インフルH1N1の死亡率低下にタミフルは有効


新型の豚インフルエンザ(H1N1)による日本の死亡率が世界的に極めて低かったのは、48時間以内に治療(タミフルの投与)を受けた患者が多かったため。厚生労働省によると、人口10万人あたりの死亡率は、米国3.96、日本0.16。48時間以内に薬を飲んだ人は、米国45%、日本では89%


・・・

東大医科研、河岡義裕、鳥インフルが豚に感染し変異するリスク、2010年8月


死亡率が高い鳥インフルエンザのウイルス(H5N1)と新型インフルエンザのウイルス(H1N1)は交雑して高い増殖力を持つものができやすいとの結果を東大医科学研究所の河岡義裕教授が発表。2009年流行した新型ウイルスは様々なウイルスの遺伝子が豚の中で交雑して発生。今後、豚の監視が重要

人に感染すると6割近い致死率を示す高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)がインドネシアで豚に感染し一部が人ののどや鼻の細胞に感染しやすいウイルスに変異したと、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らが発表。豚では症状を起こしにくく感染した豚は無症状だったため気づかないうちに広がった可能性


・・・

H2N2も世界流行の恐れ、2011年3月


2009年に世界で豚インフルエンザの流行を引き起こしたH1N1型ウイルスが突然変異で感染力を強めるとともに、20世紀半ばに流行したインフルエンザ(Aアジア型、H2N2)も再び世界規模で大流行する恐れがあると、米国の科学者たちが警告。50歳以下の人が免疫がないため。2011年3月


・・・

米CDCが、新種の豚インフルを報告、2011年9月


米疾病対策センター(CDC)は2011年9月2日、同国で2人の子どもが新種の豚インフルエンザに感染していたことを発表。感染の拡大は確認されていないが、2009年に発生した新型インフルエンザ(H1N1型)の遺伝的特徴が2例のウイルスに発見されたとし、医療機関に注意を呼び掛け。

厚労省、第14回新型インフルエンザ専門家会議、2011年9月。.廛譽僖鵐妊潺奪ワクチン備蓄株をアンフィ株とする決定。∧胴CDCが9月2日に発表したインディアナ州・ペンシルバニア州での豚由来インフルエンザA(H3N2)の発生について報告 http://t.co/iuxz0uF


・・・

米アイオワ州で豚由来新型インフル、H3N2,2011年11月


厚労省、米国アイオワ州における豚由来のインフルエンザA(H3N2)感染症例。2011年11月20日、米国CDCは、アイオワ州で豚由来インフルエンザA(H3N2)の再集合株による感染例3例を確認。インフルエンザA(H1N1)2009ウイルスの一部(M遺伝子)が含まれている。

厚労省、米アイオワ新型インフルエンザ。2011年11月。3人は小児で全員が軽症、すでに回復。いずれも豚との接触歴はないが、さらなるヒト−ヒト感染は確認されていない。3人から検出されたウイルスは、ノイラミニダーゼ阻害薬に感受性あり。同じウイルスへの感染の報告は7月以降、合計10例

厚労省、米アイオワ新型インフルエンザ。2011年11月 http://t.co/gawJJkzd Limited Human-to-Human Transmission of Novel Influenza A (H3N2) Virus — Iowa, November 2011


・・・

米インフルH3N2、人から人に感染を確認、2011年11月


米アイオワ州で新しいタイプの豚インフルエンザウイルスに3人の子どもが感染していたことが分かり、いずれも豚と接触した形跡がないことから、保健当局は限定的ながら、ヒトからヒトに感染した疑いが強いと発表。2011年11月下旬。CDCは11月3人の子どもから豚インフルエンザウイルスを検出

米CDC.新たな新型インフルエンザを確認。2011年11月。2009年に豚由来H1N1がパンデミックとなったがその遺伝子の一部を持つ「再集合体ウィルス(reassortant)」であるH3N2は同じ2009年から発見されていた。今回、10例が見つかり、人から人への感染も確認した。

米CDC、新型インフルエンザの発生と、その人から人への感染を確認、2011年11月 http://t.co/7jowGeHK Limited Human-to-Human Transmission of Novel Influenza A (H3N2) Virus — Iowa

米CDC.新たな新型インフルエンザに関する用語。swine flu(豚インフルエンザ)。Novel Influenza A (H3N2) (新たなH3N2型であるインフルエンザ)。pH1N1(2009年パンデミックとなったH1N1)。reassortant (再集合体ウィルス)

米国におけるインフルエンザ流行状況。CDC疫学週報:2011年12月9日。A型で亜型が判明したもののうち91%がH3亜型、A(H1N1)pdm2009は9%。オセルタミビルまたはザナミビル耐性のウイルスは検出されていません。 http://t.co/oXSRfuaX


・・・

東大医科研、河岡義裕の論文の公表問題、バイオテロを促進?、2012年



「鳥インフルエンザ、人から人へ感染、河岡義裕の論文発表、バイオテロの懸念、デュアルユース、アメリカ炭疽菌事件に関するツイート 20120503まで 5586字」 http://t.co/KFEUMYNZ 山本敏晴のブログより

「バイオテロ、鳥インフルエンザ、天然痘、炭疽、新型インフルエンザのツイート 20120123まで 8077字」 http://t.co/2hq8eJsQ 山本敏晴のブログより


・・・

米の豚インフル、H3N2が、拡大、2012年7月〜8月


米疾病対策センター(CDC)は、新種の豚インフルエンザ(H3N2型)の感染者が米国内で2012年7月下旬以降、新たに12人確認されたと発表。8月3日。患者はいずれも軽症で豚から直接感染したとみられる。今後、感染者が増える可能性。09年の新型インフルエンザの遺伝子の一部を持っている

米国で豚由来新型インフルエンザ(H3N2型)。2012年7月〜8月初頭。12人が感染。中西部のオハイオ州10人、インディアナ州1人、ハワイ州の1人。豚がいる農業祭などの行事に参加し感染。これで、11年7月から計29人が感染。いずれも軽症。09年H1N1の遺伝子の一部を持つのが特徴

米疾病対策センター(CDC)は、新種の豚インフルエンザ(H3N2型)の感染者が、2012年8月上旬になって新たに129人確認されたと発表。7月下旬から先週までに12人が確認されたが急増。CDCは、人から人への感染が起きていないか警戒。9割は子どもで、農業祭に参加し、豚から直接感染

米疾病対策センター(CDC)は2012年8月31日、新型の豚インフルエンザ(H3N2型)による初の死者が出たと発表。このウイルス株は10年に米国内で初めて発見。12年に入ってから感染者は289人。リスクが高い5歳未満の幼児や65歳以上の高齢者などに、豚との接触を避けるよう呼びかけ


・・・

米の豚インフル、H3N2、人から人への感染を確認、2012年8月末


米疾病対策センター(CDC)は、新種の豚インフルエンザ(H3N2型)の感染による初の死者が出たと発表した。2012年8月31日。小規模だが、『人から人への感染』も確認されており、警戒を強めている。亡くなったのは、オハイオ州に住む61歳の女性。12年に入っての感染者は289人に


・・・

関連ブログ


「感染症の数理モデル、SARS、インフルエンザ等に関するツイート」 山本敏晴のブログより。鳥由来(H5N1型)強毒性の新型インフルエンザが発生する可能性。さらに天然痘バイオテロ。多剤耐性となった腸内細菌。全ての対応に必須なのが、数理モデル http://t.co/4tH2Npek

「抗インフルエンザ薬、インフルエンザ治療薬に関するツイート 20120131まで 2196字」 http://t.co/3YUmAkUt 山本敏晴のブログより

「インフルエンザワクチン用検体の提出を途上国は拒否 8112字」 2009年05月08日 http://t.co/uItILeKu 山本敏晴のブログより