.

目次:

公邸料理人、国際交流サービス協会(外務省所管)
漫画、「大使閣下の料理人」、西村ミツル、1998年
森山嘉久、2001年から3か国で公邸料理人
外務省、優秀公邸料理長、2012年6月
外務省、公邸料理人の活動紹介、石井大悟、2012年9月
公邸料理人の個人のブログ
『世界と恋するおしごと』で紹介


・・・
・・・

公邸料理人、国際交流サービス協会(外務省所管)


公邸料理人。国際交流サービス協会(外務省所管)、業務内容、その7、「外交・領事活動支援。料理で国際交流の輪を広げる「公邸料理人」を在外公館長にご紹介し、外交・領事活動を側面的にサポートしています。」 http://t.co/nmSpLfBQ

公邸料理人説明会(社団法人 国際交流サービス協会(IHCSA))、2012年6月 http://t.co/Z4q37QVJ (1)公邸料理人制度概要(2)公邸料理人体験談(3)登録の仕方(4)その他 国際交流サービス協会人材事業部 公邸料理人担当 電話:03−3580−1870


・・・

漫画、「大使閣下の料理人」、西村ミツル、1998年


大使閣下の料理人。西村ミツル(1962年生)著による自身の大使公邸料理人としての回想記。それを原案とした作画かわすみひろし(68年生)の漫画(1998-2006年)。主人公は大量の料理をつくる組織の歯車であることに疑問を抱き、「気持ちを届けられる料理」を目指し大使館公邸の料理人に

西村ミツル。1962年生。元公邸料理人。漫画原作者。1982年、日航ホテル入社。1990年、ブルネイ日本大使公邸の公邸料理人。1994年、在ベトナム日本大使公邸の公邸料理人。1998年に『大使閣下の料理人』でモーニング(講談社)にてデビュー。2011年、『信長のシェフ』


・・・

森山嘉久、2001年から3か国で公邸料理人


森山嘉久(よしひさ、1969年生)。フランス料理人。栃木出身。88年、栃木県立小山高校卒。プリンスホテルに入社(赤坂プリンスホテル勤務)。2001年、日本大使公邸料理人として3ヶ国(カザフスタン・モンゴル・ニュージーランド)赴任。ドリームゲートアドバイザー(経済産業省認定専門家)

ドリームゲート http://t.co/954N01rs プロジェクトニッポン運営「起ちあがれニッポンDREAM GATE」。経産省の後援を受け2003年に発足。起業支援専門家に協力をいただき ポータルサイトの運営・セミナー・イベント・ビジネスプランコンテスト・起業家表彰制度など


・・・

外務省、優秀公邸料理長、2012年6月


外務省、公邸料理人に対する外務大臣表彰、2012年6月 http://t.co/mS7Xpsoy 任期を満了し帰国した公邸料理人のうち,優秀かつ貢献度の高いと認められる者24名に対し,玄葉光一郎外務大臣から外務大臣表彰が行われるとともに,「優秀公邸料理長」の称号が認定。

外務省、「優秀公邸料理長」受賞者リスト、2012年6月 http://t.co/LR0Vjw3f ^貌真也(在アフガニスタン大使館など)、井上貴雄(在ベトナム大使館)、2館泰賢(在ネパール大使館、在ウズベキスタン大使館)、じ綟MΠ譟陛譽謄モール)、ツ井直樹(タンザニア)


・・・

外務省、公邸料理人の活動紹介、石井大悟、2012年9月


外務省、公邸料理人の活動紹介「新たな出会いと体験を通じて表現した「和」の料理」(在ボストン総領事館・石井大悟公邸料理人)2012年9月 http://t.co/OGdPBPm3 日本では9年間,勤務。2008年,国際交流サービス協会を通じて、ボストン総領事公邸の厨房へ。

在ボストン総領事館・石井大悟公邸料理人。「ボストン近海の海の幸を使って、聖路加病院で100歳を超えられた今でも現役の医師をされている日野原重明先生には3度,自分の作った食事を食べて頂きました。食後に必ず自分の手を優しく握って「ありがとう。ご馳走様」と優しくお声を掛けてくれました」


・・・

公邸料理人の個人のブログ


公邸料理人への道 http://t.co/OQgLJAUp 「1996年某日、私は姫路市内の某レストラン・ボルドー厨房内にて「月刊専門料理」を読んでいました。要は暇でペラペラめくっていたのですが、あるページにこの様に記してあったのです。「もう、貴方は大使のパートナーです」」

La Cocina De Salju 〜公邸料理人の変な料理日記〜 公邸料理人の仕事 http://t.co/E5cx6qqi 海外で公邸料理人として働くSalju(さるじゅ)が運営。Saljuはインドネシア語で「雪」、Cocinaはスペイン語で「調理場」の意味。「雪のキッチン」


・・・

『世界と恋するおしごと』で紹介


『世界と恋するおしごと 国際協力のトビラ』(山本敏晴著)。国際協力に関わる30名以上にインタビュー。一人は平井洋美さん。青年海外協力隊で「料理」に応募。合格しエチオピアへ。任期終了後、2005年、在ポートランド総領事館の「公邸料理人」に http://t.co/0J22zskB