.

目次:




・・・
・・・

銀塩写真とは?


銀塩写真(silver halide photography)。写真を2つに大別したときデジタル写真の対立概念となるもの。アナログ写真とも。1826年にフランスの化学者ニエプス兄弟は、感光版に「ピッチ」や「アスファルト」を使用し自分の家から見える風景を撮影、世界で初めて画像を固定

写真フィルム。写真または映画においてカメラから得られた光の情報を記録する感光材料で、現像されることで記録媒体になる。透明な薄い膜状のベース(支持体)に感光剤(主に銀化合物=銀塩)を塗布したもの。現行メーカーは、.ぁ璽好肇泪鵝Ε灰瀬奪(米)、富士フイルム、イルフォード(英)


・・・

コダックが破産、2012年1月


経営危機に陥っていた米映像機器大手イーストマン・コダックは2012年1月、米連邦破産法11条(民事再生法)の適用をニューヨークの連邦地裁に申請。約130年の歴史を誇るコダックは写真フィルムで一時代を築いた米国を代表する名門企業だがデジタルカメラの普及など市場の変化への対応が遅れた


・・・

富士フィルムが映画用フィルムの製造を中止、2012年9月


富士フイルムは、2013年春をめどに映画の撮影と映写に使うフィルムの生産をやめることを決めた。2012年9月。デジタルカメラでメモリーカードに記録し、デジタルプロジェクターで映写する方式が主流になり、需要が大幅に落ち込んでいるため。国内で映画用フィルムを作る会社はなくなる。

富士フィルム。1934年の創業時から映画用フィルムを製造。米イーストマン・コダック、独アグフアと共に映画用フィルムの「3強」。だが2013年春に製造中止へ。海外の2社は今後も生産。映画撮影は75%、映画館での映写も7割がデジタル化され、映画用フィルムの需要は07年をピークに激減

富士フイルム(富士フィルム(正式には『イ』が大文字)。デジタルカメラ、一般・エックス線写真用フィルム、OA機器等を製造・販売。1936年富士写真フイルムとして設立。2006年富士フイルムと富士フイルムホールディングスに。写真フィルム部門の売上高は会社全体の売上高の5%にも満たない


・・・

富士フィルム、その他の情報


CSR企業ランキング2010年版(東洋経済)。1)パナソニック、2)トヨタ自動車、3)シャープ、4)富士フィルムホールディングス、5)デンソー、6)リコー、7)キヤノン、8)ソニー、9)NEC、10)日立製作所、10)日本郵船 http://t.co/lptAzojJ

「働きやすい会社」調査ランキング(日経2011年9月).愁法次↓日立製作所、E貅如↓ぅ僖淵愁縫奪、ゥ瀬ぅン工業、ι抻離侫ルム、Дヤノン、日本IBM、資生堂、損害保険ジャパン。2年連続で首位はソニー。ランキング上位4社は電機メーカー。人材育成・活用や育児・介護に配慮

働きやすい会社ランキング2010(日本経済新聞)。1.ソニー、2.東芝、3.パナソニック、4.日立製作所、5.凸版印刷、6.富士通、7.ダイキン工業、8.日本IBM、9.富士フィルム、10.パナソニック電工。ポイントは、’次有給休暇の取りやすさ、育児・介護に配慮し多様な働き方

医療改革において破壊的革新を起こすために必要なものが、検査機器の携帯性。持ち運べること。〃豈娶〆此弊渋げ饉劼犯稜箍饉辧法http://t.co/EjaZgjU1 http://t.co/94rzsRJZ 超音波エコー(富士フィルム) http://t.co/FuWTHG67 


・・・

デジカメによるイノベーション


「イノベーションとは、組織の外にもたらす変化のこと。技術革新により新しい価値を生み出し、それらにより常識の方を変えてしまうこと。場合によっては、一つの産業の分野が消滅したり、新しい産業の分野が生まれたりする場合もある。例えばデジカメの発明でフィルム会社がつぶれた、など」 岩崎夏海


・・・

漫画など


「ズーム・アップ」。週刊少年チャンピオンに連載された漫画。望月あきら(1937年生)の1978〜1981年頃の作品。写真を撮影するのが好きな少年が主人公。中学生フォトコンテストなどに応募するための作品を撮影する過程などを描く。一眼レフでの撮影技術を簡単に解説しているページもある。

「写真はいつも、一期一会。シャッターチャンスは常に、出会ったその瞬間」、「光なき所に、写真なし」、「写真は写すものではなく、写るものである」、「書を捨てよ、写真を撮れ」、「一瞬と永遠は同じもの。うつりゆく一瞬に、永遠の輝きが潜んでいる」 後藤隼平 『銀塩少年 ゼラチンボーイ』

「写真は。『私』なんです。無くしてしまう『過ぎた時間』を覚えてもらってるんです。私が生まれて20年。いろんなことがあったはずなのに、思い出せることはほんの少し・・。でも、写真なら、そこに『過ぎた時間』が残ります。この子に、このカメラに覚えてもらうんです」 「瞳のフォトグラフ」より

漫画を読むだけでデジタル一眼レフカメラの撮影技術が身につくものを探した。(撮影を教えてくれと言われることが時々あるので、それを「かわす」ため。)「瞳のフォトグラフ」という作品が「ど初心者」向けのカメラ漫画。だが、撮影技術を教える漫画じゃなくて、「写真の楽しさ」を教える漫画だった。


・・・

Jポップの歌詞など


「町で見かけた時 何も言えなかった  卒業写真の面影が そのままだったから  人ごみに流されて 変わってゆく私を あなたはときどき 遠くでしかって  あの頃の生き方を あなたは忘れないで あなたは私の 青春そのもの」 荒井由美(松任谷由美、1954年生)、『卒業写真』より

「ペンフレンドの二人の恋は つのるほどに悲しくなるのが宿命。また青いインクが涙でにじむ せつなく。若すぎるから遠すぎるから会えないから 会いたくなるのは必然。貯金箱壊して君に送ったチケット。定期入れの中のフォトグラフ 笑顔は動かないけど あの大きな玉ねぎの下で 初めて君と会える」

「あなたは すぐに写真を撮りたがる あたしは 何時も其れを厭がるの だって写真になっちゃえば あたしが古くなるじゃない Don't you think ? I wanna be with you. 此処にいて ずっとずっとずっと 明日のことはわからない」 椎名林檎 『ギブス』より

「時折見せる 無邪気な笑顔 あたしが見てた 恋しい姿 どんなひとときも全て 忘れないように 夢中でシャッター切る 私の心は せつない幸せだった ただ君を愛してる ただ君を愛してる ただそれだけで良かったののに 小さな部屋に飾られている 二人の笑顔 恋愛写真」 大塚愛、1982年生


・・・

山本敏晴の私事


「写真を撮るなら、それをプリントした後、自分の部屋に飾って、『2年間、毎日自分で見続けても飽きない』ような作品を撮りなさい」。20年以上前に、写真の師匠から、そう言われました。…今まで、たくさんの写真展を開催してきましたが、それに耐えるものがあったかは、全くもって自身がありません

山本敏晴の主な写真展。2002年キヤノン銀座「ペルシアの末裔」、同年ニコン銀座「天寿五年の瞳」、03年オリンパス「平和という贈りもの」、04年ニコン新宿「彼女の夢みたアフガニスタン」、05年キヤノン銀座「あなたのたいせつなものはなんですか?」、08年ペンタックス、など

写真展の受付嬢を頼んだ子いわく「写真は写ればいいんです。見えた通りに『客観的』に。山本さんは、光の当てる方向とか『テクニックで叙情性を表現する方法』を説明してくれましたが、そうした『主観的』な要素を入れるんだったら、私は絵の方がいいと思います。写真は、見えたまま写ればいいんです」