.

36人

映画監督スティーブン・スピルバーグ(1946年生)が自分に学習障害があり、それが原因で子ども時代にはいじめられていたと告白。「学校へ行くのが大嫌いだったが、映画づくりを通して救われた」。読み書きが困難になる「ディスレクシア(dyslexia、失読症 )」と呼ばれる障害


30人

安倍晋三は、自民党政権になれば、1993年に河野洋平官房長官が慰安婦問題で軍の関与を認めて謝罪した「河野談話」のみならず、95年に村山富市首相がアジア諸国への植民地支配に対する反省とおわびを表明した「村山談話」も見直す考えを示したことを、韓国メディアは一斉に報道。2012年8月


28人

ジョン・レノンの息子でミュージシャンのショーン・レノンと母のオノ・ヨーコらがシェールガスの開発に反対する運動。環境を破壊する「汚いエネルギー」だと主張。シェールガスを取り出すための「水圧破砕」が環境破壊をもたらすと主張。レディー・ガガやポール・マッカートニーも賛同。2012年9月


22人

「英雄とは、自分のできることをした人だ。凡人は自分のできることをせず、できもしないことをしようとする人だ」 リチャード・ブランソン 「社員こそが会社の資産である。私は社員をほめて、ほめて、ほめ抜く。そうすることによって、ほめられた人は、よりレベルの高い自分にチャレンジするのです」


21人

「国際ガールズ・デー」(10月11日)に考える世界のジェンダー問題−すべての女の子の未来を切り開くために− http://t.co/vcGSQXAU 「兄弟は学校に行けても、自分は学校に行かずに働かなくてはならない。兄弟の方が良い食事をもらう。若いうちに結婚をさせられてしまう」


20人

スティーブン・スピルバーグが、学習障害を告白。小学生の時は読み書きのレベルが同級生より2年遅れ、3年生のころは、クラスの前で読むことを求められるのがいやで、とにかく学校へ行きたくなかった。先生も心配してくれたが、学習障害についての知識もない時代で、十分に勉強していないと思われた」

モンサント社 (Monsanto) 。米ミズーリ州に本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー。1901年創設。遺伝子組み換え作物の種(たね)の世界シェアは90%。自社製の除草剤ラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売。ベトナム戦争で使われた枯葉剤の製造メーカー

映画『モンサントの不自然な食べもの』 公式サイト http://t.co/HxdAjIzJ 


19人

映画『モンサントの不自然な食べもの』http://t.co/xiw8UXKI アメリカに本社を構えるアグロバイオ企業「モンサント社」、世界の遺伝子組み換え作物市場の90%を誇るグローバル企業の、クリーンなイメージに隠された裏の姿をカメラは追う。枯葉剤、農薬、PCB、牛成長ホルモン