.

目次:

ミンダナオ島
ミンダナオ紛争
リビアのカダフィ大佐が、反政府組織の支援・育成
JICAがミンダナオ和平に向けての支援、2006年〜
日本のミンダナオ支援(J−BIRD)、2006〜08年
国連が、ミンダナオ紛争における子ども兵の防止へ、2011年4月
成田空港の近くのホテルで、和平に向けた歴史的会談を実現、2011年8月
日比首脳会談で、日本政府がミンダナオ和平支援の続行を表明、2011年9月
住友金属鉱山が襲撃された背景は?、2011年10月
フィリピンの、ニッケル
政府とイスラム武装組織が激しい戦闘、2011年10月
住友商事のバナナ園が襲撃された、2011年10月
日比外相会談で、日本企業のニッケル鉱山襲撃に懸念、2011年11月
ミンダナオのホテルで爆弾テロ、2011年11月末
台風で被害、それに対する支援、2011年12月
プランピードーズ(Plumpy'Doz)
金鉱で地滑り、2012年1月
巨額の円借款、ミンダナオ農地開発、2012年3月
自治政府を設置し、和平へ、2012年10月
世界の紛争
フィリピンの「お絵描きイベント」
フィリピン関連ブログ


・・・
・・・

ミンダナオ島


ミンダナオ島。フィリピンで(首都マニラのある)ルソン島に次いで2番目に大きい島。南方から来たマレー系人(現モロ人、イスラム教徒ムスリムのこと)にイスラム教が広まり1457年スールー王国。1521年スペインが植民地化。1898年フィリピンがスペインから独立。1946年米国から独立。


・・・

ミンダナオ紛争


ミンダナオ紛争。フィリピン第二の面積の島、ミンダナオ島とその周辺の群島に住むイスラム教徒(モロ人、ムスリムの意)による、フィリピンからの分離・独立運動。1970年よりモロ・イスラム解放戦線(Moro Islamic Liberation Front、MILF)と政府の間で戦闘。

ミンダナオ紛争。全人口の90%がキリスト教徒であるフィリピン。一方,南部のミンダナオ島では全体で30%,地域によっては80%をイスラム教徒が占める。第二次大戦後,ミンダナオ島に多数のキリスト教徒が入植したことをきっかけに,1960年代から反政府イスラム組織が分離・独立運動を開始。

ミンダナオ紛争。フィリピン政府は数十年に及ぶ和平交渉の末、1996年にモロ民族解放戦線(MNLF)との和平合意を締結。だがこの内容に不満を持つグループが新たにモロイスラム解放戦線(MILF)を組織し紛争が再燃。フィリピン政府とMILFとの和平交渉はマレーシア政府の仲介で現在も継続

ミンダナオ和平問題。フィリピン政府とミンダナオを拠点とするモロ・イスラム解放戦線(MILF)との和平は、40年にわたる武力衝突を経て2003年の停戦合意,2004年からの国際監視団により進展。2008年、土地問題を巡る国内調整に失敗し武力衝突が再燃したが2010年に和平交渉が再開

アブ・サヤフ。フィリピンの過激派組織。南部のホロ島・バシラン島・ミンダナオ島のサンボアンガ半島などを拠点。政府と米国からテロ組織に指定。アルカイダから資金援助。創設者はイスラム教徒のジャンジャラーニ。ソ連のアフガン侵攻に参戦した後、帰国し、キリスト教徒中心のフィリピンから独立闘争


・・・

リビアのカダフィ大佐が、反政府組織の支援・育成


カダフィはユダヤのシオニズムと米国を敵視しテロ活動等。。丕味六抉隋▲Εンダ暴君イディ・アミン支援。フィリピンのミンダナオ島のイスラムゲリラ支援。ぃ稗劭岨抉隋1986年西ドイツのディスコ爆破。米兵殺害。1988年パンナム機爆破。92,93年に国連安保理が経済制裁を決議


・・・

JICAがミンダナオ和平に向けての支援、2006年〜


JICA、フィリピン・ミンダナオ紛争影響地域の和平の定着に向けて−失われた社会資本と人的資本の復興を支援− 2006年より http://t.co/T6ynNKRT ‖翩被害の支援、∪府の人材育成、住民参加型の生活インフラの整備、な響茲力楕森膂佞傍蚕儷力で貢献(?)


・・・

日本のミンダナオ支援(J−BIRD)、2006〜08年


日本政府は2006年12月ミンダナオの平和と安定に資する支援の総称として、J-BIRD(Japan-Bangsamoro Initiatives for Reconstruction and Development)。‘始,学校,給水施設のインフラ整備、現地行政組織の人材育成

日本のミンダナオ支援(J−BIRD)概要(在フィリピン日本大使館)2億 3800 万円規模の、校舎、職業訓練所、給水設備等の建設や補修。  http://t.co/X8q4i8N2


・・・

国連が、ミンダナオ紛争における子ども兵の防止へ、2011年4月


「子供と武力紛争に関する国連事務総長特別代表」がフィリピン訪問。南部ミンダナオ島で政府軍と紛争を続ける反政府組織モロ・イスラム解放戦線(MILF)との間で、軍事活動に関与していた全ての未成年者の身元を確認し、戦闘参加を防ぐ仕組みを作ることで合意。2011年4月。子ども兵の防止へ


・・・

成田空港の近くのホテルで、和平に向けた歴史的会談を実現、2011年8月


ミンダナオ紛争の和平に向けた日本の貢献。政府と反政府との間で歴史的会談を実現。2011年8月,成田空港近くのホテルにおいて,アキノ・フィリピン大統領は,ムラド・モロイスラム解放戦線(MILF)議長とトップ会談。14年前に和平交渉が始まって以来,大統領とMILF議長との会談は初めて

フィリピンのアキノ大統領が2011年8月4日、極秘に来日し、反政府武装勢力「モロ・イスラム解放戦線」(MILF)のムラド議長と会談した、と同国外務省が5日に発表。ミンダナオ島での自治を求めるMILFとフィリピン政府は、2010年6月のアキノ政権発足以来、和平に向けた交渉を本格化。

外務省、フィリピン・ミンダナオ和平に関するアキノ大統領とムラド・モロ・イスラム解放戦線(MILF)議長との非公式会談について(外務大臣談話)、2011年8月。 http://t.co/4TMhIhi


・・・

日比首脳会談で、日本政府がミンダナオ和平支援の続行を表明、2011年9月


日本フィリピン首脳会談2011年9月。.▲ノ大統領は都市鉄道などインフラ整備を柱とする発展戦略への協力を野田首相に要求。官民が手を携えフィリピンの発展を促し、日本の成長にも貢献するような知恵が必要。▲侫リピンの内政上の懸案であるミンダナオ和平で、日本の仲介外交は一定の成果。

フィリピンのアキノ大統領が来日し野田首相との首脳会談で両国関係を「戦略的パートナーシップ」と位置付けることで一致。2011年9月。日本が東南アジアの国と戦略的な関係をうたうのはベトナム、インドネシアに次いで3カ国目。いずれも中国との間で海の管轄権問題を抱える国々。安全保障面の考慮

外務省、日・フィリピン首脳会談(概要)、2011年9月。〃从冢携協定、看護師・介護福祉士候補者の受入、ODA対象国として支援を継続。∪治・安全保障:海上保安機関間・防衛当局間の交流・協力を強化、ミンダナオ和平支援を引き続き積極的に行う http://t.co/otG3OMtN

外務省、フィリピン共和国に対する円借款「森林管理計画」に関する書簡の交換、2011年9月。92億4千4百万円。フィリピンにおける気候変動対策,防災及び貧困対策の3分野に寄与。森林面積が国土の70%以上(20世紀初頭)から24%に減少 http://t.co/l0UhoLrS


・・・

住友金属鉱山が襲撃された背景は?、2011年10月


フィリピン南部ミンダナオ島で2011年10月、住友金属鉱山の子会社のニッケル精錬プラント建設現場や関連の鉱山会社が襲撃された事件で、反政府武装勢力、新人民軍(NPA)の幹部は、襲撃を認め、「環境破壊を続ける日本人への懲罰だ」と語った。「住友のトップの日本人との交渉」を求めるとした

フィリピン南部ミンダナオ島の北部で2011年10月、住友金属鉱山の子会社の精錬所建設現場などが次々に武装集団に襲われた。フィリピン人の警備員4人が殺害された。同社によると現場では同社社員ら65人の日本人が働いていたが、現地の日本大使館が全員の無事を確認。ニッケル精錬会社などが襲撃

フィリピン・ミンダナオ島での住友金属鉱山襲撃事件。2011年10月。ニッケル鉱山開発が森林を伐採し環境を破壊し住民や農民の権利を侵害していると主張。「住友の出資する関連会社に『話し合わずにプラント建設を進めるべきではない』との手紙を送ったが、ろくな返事がなかった。だから攻撃した」

フィリピン南部ミンダナオ島の北部で住友金属鉱山が出資するニッケル精錬会社等が(資金集めのため)共産ゲリラに襲われたが、その背景は、.潺鵐瀬淵島の独立・分離問題(ミンダナオ紛争)。⊇四Ф眤姐杙魁三井物産・双日など日本企業で9割を出資するニッケル開発事業で、先住民の駆逐、環境破壊

フィリピンのニッケルへの出資と環境社会問題について。住友金属鉱山(株)は、パラワン島南部で同社54%出資のコーラルベイ ニッケル社が操業。他に三井物産、双日が出資し日本系で9割。環境対策は万全である、と同社サイトには記載されているが… http://t.co/OlryMz6N

フィリピン・コーラルベイ・ニッケル製錬事業(FoEジャパン)先住民族パラワンの先祖代々の土地への影響、港湾設備建設に伴うサンゴ礁への影響、皮膚病件数増加。出資の90%は日本の企業によるものであり、また国際協力銀行の融資、日本貿易保険の付保 http://t.co/r7vqRivc

「資源開発における環境社会影響 フィリピン・ニッケル製錬事業」(財団法人地球・人間環境フォーラム)コーラルベイ・ニッケル事業で、\莉嗣餌欧土地の権利を主張、大気汚染・水質汚濁等の環境破壊。 http://t.co/DvSrptJd


・・・

フィリピンの、ニッケル


フィリピンのニッケル。世界8位のニッケル生産。国内企業ニッケル・アジア・コーポレーションが大きなシェア。住友金属鉱山が出資。ミンダナオ島北部などに鉱山。2003〜2007年にかけてニッケル生産量は4倍の伸び。フィリピンは他に銅・金・クロム http://t.co/Uk1YHcyG

資源について http://t.co/ndVWkLzR 各国情勢(国別) http://t.co/VtGsu1VV 資源用語 http://t.co/J8n8KALA レアメタル http://t.co/X3cSsx43 化石燃料 http://t.co/FFp1GF91

フィリピンのニッケル生産最大手、ニッケル・アジアは2011年10月、タガニート・マイニング・コープ(TMC)が武装勢力に襲撃されたため、生産と出荷を停止。住友金属鉱山が出資していた。共産ゲリラの新人民軍(NPA)がタガニートをはじめ鉱山3カ所を襲撃。資金集めのため襲撃を繰り返す。


・・・

政府とイスラム武装組織が激しい戦闘、2011年10月


フィリピン南部のバシラン島で2011年10月、同国軍とイスラム武装組織「モロ・イスラム解放戦線」(MILF、ミンダナオ島の独立運動)の間で激しい戦闘が起き国軍兵士13人が死亡、10人が行方不明。MILF側も少なくとも3人が死亡。政府とMILFの間で続いている和平交渉に影響する懸念


・・・

住友商事のバナナ園が襲撃された、2011年10月


フィリピン南部のミンダナオ島で2011年10月、住友商事が出資する現地会社のバナナ農園が武装集団に襲撃され、建物の一部などが炎上した。けが人はなかった。同島では同月、住友グループが出資する鉱山会社が襲われたばかり。軍と警察は鉱山を襲った共産ゲリラ「新人民軍」との関連を調査している


・・・

日比外相会談で、日本企業のニッケル鉱山襲撃に懸念、2011年11月


玄葉外相は2011年11月、フィリピンのデルロサリオ外相と会談し、日本の政府開発援助(ODA)を活用してフィリピンの投資環境改善を支援する方針を伝えた。フィリピンの治安上の課題となってきたミンダナオ和平問題に関連し、治安悪化に懸念を表明するとともに邦人の安全確保の徹底を要請した。

外務省、日・フィリピン外相会談(概要)2011年11月 http://t.co/EGsxKbGJ 玄葉大臣からODAの積極的活用も通じてフィリピンの投資環境改善やインフラ整備を支援する表明。ミンダナオの治安悪化に懸念を表明するとともに、ニッケル鉱山襲撃事件に関連して邦人の安全確保


・・・

ミンダナオのホテルで爆弾テロ、2011年11月末


フィリピン南部ミンダナオ島のサンボアンガ市で2011年11月末、ホテルで爆発があり、3人が死亡し27人が怪我。地元警察は爆弾テロと関係があるとみて調査。同市ではイスラム過激派による爆弾テロがたびたび起きており警察は市内の要所に仕掛けるために用意された爆弾が誤って破裂したとみている


・・

台風で被害、それに対する支援、2011年12月


フィリピン南部のミンダナオ島などで2011年12月中旬、台風21号の直撃で洪水や地滑りが発生。フィリピン赤十字が死者436人を確認。収容された遺体のうち、半数以上は子どもだという。また、約2万人が避難所に身を寄せている。住民が寝ている未明に洪水が起きたため、被害が拡大した。

2011年12月中旬にフィリピン・ミンダナオ島を襲った台風21号による死亡者の数は1000人近く。死者957人、行方不明49人。当局者は、人であふれかえった避難所で病気が発生するのを防ぐ努力をしている。フィリピン政府によると、被災者数の合計は33万8000人以上に上るという

WFP,フィリピン被災地で支援、2011年12月。フィリピン南部のミンダナオ島では、12月16日から18日にかけて台風21号が横断し、洪水や地滑りが相次いだため多数の死傷者と避難民が発生するなど甚大な被害。72万人余りが被害を受け、40万人以上が 避難生活。

外務省、フィリピン共和国における台風被害に対する追加支援、2012年1月 http://t.co/8Tpg65ZI フィリピン南部のミンダナオ島北部を中心とする台風21号による甚大な被害に対し,200万ドルの緊急無償資金協力を実施


・・・

プランピードーズ(Plumpy'Doz)


WFP,フィリピン、ミンダナオ島の台風被害の支援。2012年1月。40万人以上が 避難生活にあるが、25万人を対象に食糧や物資の提供、輸送支援。3万8000人余りの人々に高カロリービスケットを配布。乳児1万5千人に対し、食べ易く栄養摂取をしやすい栄養補強食品「プランピー・ドース」

国境なき医師団 「栄養失調に注目を」 http://t.co/ExAXxP9x プランピードーズ(Plumpy'Doz)。フランスのNutriset社とマラウイ、エチオピア、ニジェール、ドミニカにある同社のフランチャイズが製造するブランド http://t.co/2usdtyo7


・・・

金鉱で地滑り、2012年1月


フィリピン南部ミンダナオ島のコンポステラバレー州の金鉱で2012年1月、地滑りが起きた。災害対策当局によると25人が死亡、約150人が行方不明。犠牲者は違法な金採掘にかかわっていた人や付近の住民とみられる。同島では鉱石の違法採掘や森林の違法伐採で地滑りが相次いでいる。雨が引金に


・・・

巨額の円借款、ミンダナオ農地開発、2012年3月


フィリピンに巨額の円借款。2012年3月。6件の合計で590億1,900万円。|翩凜襯愁鸚楝街眤道路計画(228億円)、幹線道路バイパス計画、パッシグ・マリキナ川河川改修計画、す真絅螢好管理計画、マ漑セクター改修・改善計画、Ε潺鵐瀬淵持続的農地改革・農業開発計画。


・・・

自治政府を設置し、和平へ、2012年10月


フィリピン南部ミンダナオ島で、十万人を超える死者を出し、数十年続いたイスラム系住民による武力紛争で、アキノ大統領は、闘争の中核組織モロ・イスラム解放戦線(MILF)と自治政府の樹立による恒久和平を目指す合意。2012年10月上旬。16年までに新たな自治政府を作る枠組みに双方が署名

フィリピンのミンダナオ紛争が、和平合意、自治政府設置へ。2012年10月上旬。まず政府とモロ・イスラム解放戦線(MILF)、国際機関の代表からなる「移行委員会」を設置し、自治政府の権限など詳細を決める。憲法改正や基本法の法整備をしたうえで、16年の統一選挙後の運用開始を目指す。

フィリピンのミンダナオ紛争が、和平合意、自治政府設置へ。2012年10月上旬。モロ・イスラム解放戦線(MILF)の兵力は、公称約12万人、政府推定約2万人と、東南アジアで最大規模の武装勢力とされる。本格的な武装解除は16年以降になる見通し。

フィリピン南部ミンダナオ島の紛争で政府と武装勢力モロ・イスラム解放戦線(MILF)が和平合意したことを受け、MILFのジャーファー副議長は「我々は武装解除の用意がある。我々が武装する理由は、そこに政府との紛争があったからだ。争いがなくなれば喜んで武器を手放す」2012年10月上旬


・・・

世界の紛争


紛争2011年。\鐐茵米逎后璽瀬麁販、イスラエルとパレスチナ・アラブ諸国、韓国と北朝鮮、中国とASEAN、等。内戦(中東の春(チュニジア、エジプト、リビア等)、ソマリア、コンゴ民、コートジボワール、アフガン、中国(ウイグル等)、フィリピン(ミンダナオ)、タイ(南部マレー)、等


・・・

フィリピンの「お絵描きイベント」


お絵描きイベント、フィリピン編をアップ http://t.co/6RiKMlKn スモーキー・マウンテン(煙が出続けるゴミ捨て場)、スカベンジャー(ゴミを拾ってお金を得る人)、ジャピーノ(フィリピン女性と日本人男性の混血児)。こうした背景の中で生きる人の、大切なものは何でしょう?


・・・

フィリピン関連ブログ


「フィリピンのヘルパーさん。介護への外国人受け入れと経済連携協定 2647字」 2010年05月08日 http://t.co/lFFmcsK7 山本敏晴のブログより

「たいせつなもの フィリピンより 1,142字」 2007年01月17日 http://is.gd/9GIx4M 山本敏晴のブログより