.

目次:

欧州連合(EU)のノーベル平和賞受賞、2012年10月
受賞の理由
賞賛の声、喜びの声
批判の声、怒りの声
欧州経済危機からユーロ分裂を回避するための政治的意図
関連ブログ


・・・
・・・

欧州連合(EU)のノーベル平和賞受賞、2012年10月


ノルウェーのノーベル賞委員会は2012年のノーベル平和賞を、欧州連合(EU)に贈ると発表。欧州の政府債務が世界経済に不安を広げる一方、国家間の和解や国境を超えた統合の「実験」を続けた。「前身の時代も含め60年以上にわたって欧州における平和と和解、民主主義と人権の向上に貢献した」


・・・

受賞の理由


ノルウェーのノーベル賞委員会が発表した欧州連合(EU)への授賞理由。2012年10月。「ノルウェー・ノーベル賞委員会は2012年のノーベル平和賞をEUに与えると決めた。EUとその前身の時代も含め、60年以上にわたって欧州における平和と和解、民主主義と人権の向上に貢献してきた。」

EUのノーベル平和賞受賞に対し、同賞委員会のヤーグラン委員長は、「分裂を回避して統合を進めなければ、我々は再びナショナリズムと戦争の時代に戻ってしまう」。EUへの授賞は、『ユーロ危機』(経済危機からのギリシャのEU離脱等)下で、加盟国が反目しあうことへの警告であることを示唆した。


・・・

賞賛の声、喜びの声


EUのノーベル平和賞受賞に対し、EUのファンロンパイ首脳会議常任議長とバローゾ欧州委員長は、共同声明を発表し、「非常に大きな名誉だ。EU域内に住む5億人の市民にも捧げられた。戦争と分裂を克服し、平和と繁栄を築く努力が実った」。2012年10月

EUのノーベル平和賞受賞に対し、欧州議会の議長のマルティン・シュルツ(1955年生、ドイツ社会民主党の政治家)は、「EUは戦争を平和に、憎しみを連帯に変えた比類のない試みだ」とツイッターでコメントした。2012年10月

国連。事務総長・潘基文がEUのノーベル平和賞受賞を賞賛。平和構築に貢献したと 2012年10月 Secretary-General lauds awarding of Nobel Peace Prize to European Union http://is.gd/ZfovPt

外務省、欧州連合(EU)のノーベル平和賞受賞について(野田総理大臣コメント)2012年10月 http://t.co/1IiIoJAK 「欧州連合(EU)のノーベル平和賞受賞決定を、心よりお慶び申し上げます」

EUのノーベル平和賞受賞に対し野田首相は、「過去60年以上にわたり、その統合の深化と拡大を通じ、欧州及び広く世界の平和、民主主義、人権の促進に貢献。我が国と基本的価値と原則を共有し、志を共にするグローバル・パートナー。我が国は、国際社会の平和と繁栄に果たしている役割を高く評価」

EUのノーベル平和賞受賞に対しマイケル・ギアリー(オランダ・マーストリヒト大教員)「EUは前例のない平和の実験台。今回の受賞はふさわしく、むしろ50年遅すぎた。前身のEECが50年代に出来るまで戦争が頻発。それが今、農産物の生産量等を話し合っている。長年憎しみ合った独仏が中心で」

EUのノーベル平和賞受賞に対し、トニー・ブレア元英首相は、「EUは500年の戦争状態を終わらせ、50年の平和をもたらした。大きな偉業だ」と語った。だが、欧州政府債務問題の現状に関しては、「深刻な危機だ。福祉や年金、労働市場などの多くの改革を一気に進める必要がある」2012年10月


・・・

批判の声、怒りの声


欧州連合(EU)のノーベル平和賞受賞が決まったことに、欧州各国で批判の声が相次いでいる。2012年10月。平和賞のおひざ元ノルウェーでは、市民らが選考委員長の辞任を要求。ギリシャでは「賞の品位を汚した」との声すら出ている。

欧州連合(EU)のノーベル平和賞受賞に抗議。2012年10月。20以上の平和団体を束ねる「ノルウェー平和評議会」は、EU域内の民意がEUの政策決定に反映されなくなり、格差の拡大が人権侵害を助長していると指摘。「政治的な賞」だとして、ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長に辞任を迫った

EUのノーベル平和賞受賞に対し同賞の候補になっていたロシア人権団体「モスクワ・ヘルシンキ・グループ」は「09年は大国の(オバマ)大統領に贈り、今回はEU。この賞が依拠する理念の退化だ。もしイランの政治犯が受賞したのなら理解できるが。世界の社会活動家にとって、つまらない賞になった」

EUのノーベル平和賞受賞に対し、ロシアで反プーチン集会に携わってきた団体「人権のために」代表は、「EUとはいい関係だが、ノーベル平和賞は、世界の現実の戦いの中で生命のリスクを抱えながら活動している人々に贈るべきだ。役所にあげるものではない。極めて政治的な誤った決定だ」と批判した

「この20年くらいノーベル平和賞は極めて政治的な色彩を帯びており問題だ。公正な選考ならいいが釈然としないケースが続いている。あまりに政治的に傾斜することはノーベル賞の値打ちを落とすだけではなく様々な問題を起こしかねない。主権国家としての中国が抗議するのは仕方のないこと」 浅田次郎


・・・

欧州経済危機からユーロ分裂を回避するための政治的意図


ノーベル賞は、政治的な意図で授与されることが多い。2012年、EUが平和賞を受賞したが、これは『EU崩壊、ユーロ圏分裂』の危機を防ぐため。10年からのギリシャ危機から始まった『PIIGS危機』(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)を防ぎたいという政治経済的配慮

PIIGS(ピーグス、 ピグズ、ピッグス、ピグズ)。世界金融危機において金融・財政部門の改善が自国の力のみでは達成出来ない可能性のある欧州の国をまとめて表現したもの。ポルトガル、 イタリア、 アイルランド、ギリシャ、スペイン。2010年PIIGS危機、2011年各国は政権交代へ。

PIIGS危機(2010年〜)。PIIGSとは、ポルトガル、 イタリア、 アイルランド、ギリシャ、スペイン。2007年、米国サブプライムローンの焦げ付きが発生し世界金融危機へ。2008年リーマン・ショック。2009年、ドバイショック。2010年ギリシャ危機からEU各国が債務問題へ

世界恐慌、再び?2007年サブプライム、08年リーマンショック、09年ドバイショック、10年ギリシャ危機、PIIGS危機(ポルトガル、 イタリア、 アイルランド、ギリシャ、スペイン)、11年通貨ユーロの信用失墜、12年ユーロ圏GDP4位のスペインが不良債権でEUとIMFに支援要請

欧州債務危機でギリシャ、イタリアに続いて財政破綻への不安が広がるスペインで2011年11月、下院選挙。穏健左派・社会労働党から中道右派の国民党に政権交代へ。欧州で債務危機が懸念されるPIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)全ての政権が交代することになる


・・・

関連ブログ


「ノーベル平和賞に関するツイート20101210まで 6794字」 http://t.co/wIVUp695 山本敏晴のブログより

「リベリアでノーベル平和賞を受賞した二人の女性、サーリーフ大統領とボウイーが対立、女性の社会進出に関するツイート 20121015まで」 http://t.co/xZqYKaYG 山本敏晴のブログより