.

目次:

新興ブランド米
震災からの復興にもブランド米
TPPで中国の富裕層にブランド米
新米のネット販売
日本人のコメ離れ
コメ余り
タイワ精機が、カンボジアで精米機
地震のための食糧備蓄はコメ10kg
世界の穀倉地帯での旱魃
関連ブログ


・・・
・・・

新興ブランド米


ゆめぴりか。北海道で育成されたイネの品種。北海道立上川農業試験場(現・北海道立総合研究機構・農業研究本部・上川農業試験場)で育成。2008年に北海道の優良品種として採用された極良食味米(粘りを出すアミロース等の成分が多)。09年より市販が開始。前評判の高さから消費者が販売店に殺到

「つや姫」。山形の新しい米 http://t.co/Tc5SHmZL お米はここまで美味しくなれる。「つや姫」山形から、日本の新品種。「炊いてほれぼれ。冷めても美味しい」

新米商戦で価格が高めのブランド米の販売競争が激化。2012年10月。代表銘柄の新潟県産コシヒカリの人気を超えるコメを目指す山形県産「つや姫」や北海道産「ゆめぴりか」は2011年に比べて生産量が増え、全国での販売を本格化。ただ消費者の低価格志向で販売面では逆風が吹いている。日経新聞

「コシヒカリ」や「あきたこまち」で知られるブランド米市場で、新たな品種が相次ぎ登場。日経新聞・産業地域研究所によると、2012年までの6年間で25道府県が31銘柄を商品化。温暖化による高温障害や、TPPに対応するのが狙い。北海道や九州など、これまで有力銘柄を持たなかった産地が攻勢


・・・

震災からの復興にもブランド米


東日本大震災の津波で被害を受けた岩手県陸前高田市で、復興に向け新たなブランド米。2012年10月、初めて収穫。日本たばこ産業(JT)が開発した新種米を、農業支援の一環で無償提供。新種米は倒れにくく、病害に強いのが特長。炊飯すると粘りやつやが出て、味はコシヒカリに似る。名前は公募で


・・・

TPPで中国の富裕層にブランド米


TPPは農業にとってデメリットばかりか?野菜の関税率は既に1けた台と低く外国産が入る余地は多いが国内スーパーに並ぶのはほとんど国産品。安全性や品質が高く価格競争面でも外国産に勝る。果物は海外でも人気。ブランド米の海外輸出を進めたい農家にはTPPは有利。中国富裕層でブランド米は人気


・・・

新米のネット販売


新米のシーズンを迎え、コメのインターネット販売が多彩に。2012年10月。ネットはスーパー、生協に次ぐコメの購入先に成長した。通販会社は、品ぞろえを増やしたり、銘柄を選びやすくした。重いコメを届けてくれる利点もあり、ネットの存在感は高まる。アマゾンジャパンは「新米ストア」を新設


・・・

日本人のコメ離れ


主食のコメが家庭での購入額で初めてパンに抜かれた。2011年の総務省家計調査。長期的な米価下落の影響もあるが、自宅でコメを炊くよりも外食や、弁当や総菜など「中食(なかしょく)」への出費が増。2人以上世帯のコメ購入金額は前年比4.2%減の2万7777円。パンは、微増の2万8371円

日本人のコメ離れがとまらない。家計調査で、コメの購入額が、ついにパンの購入額を下回った。2012年8月に公表された総務省の家計調査(2人以上の世帯、2011年)によると、1世帯当たりの支出のうち、パンを購入した額は2万8321円。コメは2万7425円でパンをわずかに下回った。

日本人の米(コメ)離れ。2012年。農林水産省の調査では、11年度に国民1人が食べたコメの量は57・8キロ・グラムと過去最低。ピークの1962年度(118・3キロ・グラム)から下がり続けている。原因のひとつが、ごはんを中心とした一汁三菜型の食事の減少。

日本人のコメ離れ。広告会社アサツーディ・ケイの岩村暢子(のぶこ)は、「家族それぞれが違う時間に好きなものを食べるようになり、(一汁三菜でなく)パンや麺類など一品で済む食事が増えている。最近、夕食にレトルトパスタや冷凍うどん、ピザ、たこ焼きなどを食べる人が目立つ」と言う。


・・・

コメ余り


農林水産省がまとめた2012年8月のコメの民間在庫量は、前年同月比7万トン(13%)増の62万トンとなり、2年ぶりに前年同月を上回った。前年を上回るのはコメ余りだった2010年10月以来。価格の上昇で販売が伸びず、出荷が鈍いことが背景。公表したのは政府備蓄米を除く民間の在庫量


・・・

タイワ精機が、カンボジアで精米機


タイワ精機が、カンボジアに精米機の工場を設置、2012年8月。東南アジアで栽培されているコメは、細長い長粒種で、丸い日本米用の機械では折れるため使えなかったが、やすりで削り取る長粒種用の精米機を一年かけて開発。中小企業の海外進出をODAで支援するJICAのの事業の一つに選ばれた。

精米機メーカーのタイワ精機(富山市)が、世界的なコメの輸出基地となっている東南アジアで精米機の現地生産に乗り出す。2012年8月。カンボジアの首都プノンペンに新工場の用地を既に確保しており、2013年夏にも販売を始める。国内のコメ生産が減る中、東南アジアの需要で成長を狙っている。


・・・

地震のための食糧備蓄はコメ10kg


農林水産省は、巨大地震などで食料の確保が難しくなった場合を想定し、家庭での食料備蓄指針(マニュアル)を作る。2012年8月末。政府の会議で提案し、同省がまとめている「不測時の食料安全保障マニュアル」を見直す。4人家族の標準家庭が2週間程度自給するため、コメ10kg以上や調味料など


・・・

世界の穀倉地帯での旱魃


世界銀行は、米国と東欧の穀倉地帯が干ばつに見舞われていることで、世界の食料価格は7月に約10%上昇したとの報告書をまとめた。2012年8月末。トウモロコシと小麦の価格は7月の1カ月間にともに約25%上昇、大豆は17%上昇。ただ、コメは4%下落。世銀の食料価格指数は前年比で6%上昇

インドで少雨が続き、深刻な干ばつに陥る恐れが出てきた。北部の穀倉地帯などが不作になれば国内の食品価格が急騰しかねない。米国でも干ばつが広がる中、世界的な食糧インフレが加速する可能性。2012年8月初頭。インドの雨期は6〜9月。例年より3〜5割も降水量が減り、コメや豆類などに影響


・・・

関連ブログ


「米、コメ、稲、イネ、坪井達史、ミスター・ネリカ米に関するツイート 20120530まで 5944字」 http://t.co/nG4hj2ym 山本敏晴のブログより

「福岡正信、自然農法、粘土団子に関するツイート 20121015まで 2878字」 http://t.co/WZxJwnDj 山本敏晴のブログより