.

目次:

強姦の経緯
窃盗も
容疑を認めた
沖縄県議会が、抗議する決議
官房副長官が、米兵の夜間外出禁止の徹底を要求
米兵の事件の歴史
関連ブログ


・・・
・・・

強姦の経緯


米兵2人を沖縄県警が集団強姦致傷容疑で逮捕。2012年10月。米フォートワース海軍航空基地の上等水兵クリストファー・ブローニング(23)と、3等兵曹スカイラー・ドジャーウォーカー(23)。2人は酒を飲んだ帰りで、女性が、仕事を終えて自宅へ一人で歩いて戻っているところを次々に襲った

沖縄での米海軍兵2人による集団強姦致傷。2012年10月。16日午前4時頃、沖縄本島中部の屋外で県内在住の成人女性を強姦し、首にけがを負わせた。3日に来日して厚木基地で勤務した後、14日に任務で沖縄入りし、本島中部のホテルに宿泊。16日午前には沖縄を出て、グアムへ行く予定だった


・・・

窃盗も


沖縄県内で女性に暴行したとして米海軍兵2人が逮捕された集団強姦致傷事件で、2人が宿泊していたホテルの室内から、女性の所持品が複数見つかった。2012年10月。県警は証拠品として押収。強盗や窃盗の疑いもあるとみて調べる。事件直後、女性のバッグがなくなっていた


・・・

容疑を認めた


沖縄県警に集団強姦致傷容疑で逮捕された米海軍兵2人のうち、上等水兵クリストファー・ブローニング容疑者(23)が「事実に間違いない」と容疑を認める供述をした。2012年10月22日。16日に逮捕された当初は「ホテルにいた」などと否認していた。もう一人は、逮捕当初から容疑を認めている


・・・

沖縄県議会が、抗議する決議


沖縄県内で米海軍兵2人が集団強姦致傷容疑で逮捕された事件で、県議会は、事件に抗議する決議と意見書を全会一致で可決。2012年10月。決議文では、1972年の本土復帰から11年末までに、米軍の軍人・軍属による犯罪が5747件あったと指摘。那覇市議会も、同様の決議と意見書を可決

沖縄県議会が、米海軍兵二人による集団強姦致傷事件に抗議。2012年10月。「再発防止の取り組みや軍人への教育は、もはや機能していない。我慢の限界を超え、県民からは米軍基地の全面撤去を求める声も出始めている」とし、日米地位協定の抜本的な見直しや、基地の整理・縮小・返還を求めた


・・・

官房副長官が、米兵の夜間外出禁止の徹底を要求


斎藤勁官房副長官は沖縄県庁で与世田兼稔(よせだかねとし)副知事と会談し米兵による集団強姦致傷について「政府としても米兵犯罪の根絶に向けて全力を挙げたい」と述べ、米兵の夜間外出を禁じる再発防止策の徹底を米側に要求する方向。2012年10月。与世田は「夜間外出禁止だけで事足りるのか」


・・・

米兵の事件の歴史


沖縄の米兵の事件。55年、米兵が幼女を強姦し殺害。70年、米軍の起こした交通事故が引き金で沖縄住民が米軍施設を放火。95年、米兵黒人3名が12歳の女子小学生を集団強姦。96年、海兵隊員の交通事故で母子三人が死亡。98年、飲酒運転で女子高生をひき逃げ。08年14歳を強姦


・・・

関連ブログ


「沖縄でのアメリカ兵(米兵)による強姦、飲酒運転での交通事故、日米地位協定に関するツイート 20120819まで 3055字」 http://t.co/ICCMdTfw 山本敏晴のブログより 20120824まで追加、3467字