.

目次:

カフェイン
カフェイン中毒
米国で、14歳の少女が死亡
その他
関連ブログ


・・・
・・・

カフェイン


カフェイン(caffeine)。アルカロイド(植物に含まれる窒素を含む塩基性の有機化合物)の一種。コーヒー類に含まれることから命名。作用は、覚醒、脳細動脈収縮、利尿、心筋収縮力の増大など。また眠気、倦怠感に効果。市販の感冒薬では鎮痛補助目的で使用される。副作用として不眠、めまい等

カフェイン(医薬品として)。マイラン、吉田製薬などが販売。保険適応:眠気、倦怠感、血管拡張性・脳圧亢進性頭痛(片頭痛・高血圧性頭痛・カフェイン禁断性頭痛など)。副作用:過料投与で、振戦、めまい、不整脈、不眠、不安など。容量:1回0.1〜0.3g、1日2〜3回。剤形:粉末


・・・

カフェイン中毒


カフェイン中毒(caffeine addiction / caffeine intoxication)。症状は、カフェイン自体が持つ神経毒性による。 長期に亘りカフェインを摂取し続けることによって起きる慢性中毒と、一度に多量のカフェインを摂取したために起きる急性中毒がある。

カフェイン中毒のうち、急性中毒。一般的な成人で1時間以内に 6.5 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合は約半数が、3時間以内に 17 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合は 100 % の確率で急性症状を発症。最悪、死に至る。だが麻薬や覚醒剤のように不可逆性ではない

カフェイン中毒のうち、急性中毒。\鎖西評:落ち着きがなくなる・緊張感・感覚過敏・多弁・不安・焦燥・気分高揚・不眠。幻覚・幻聴・パニック発作から酷いと自殺。⊃搬両評:胃痛・嘔吐などの消化器症状、心拍数の増加(動悸、時に不整脈)。心筋収縮の促進から血流増大し頻尿。振戦・むずむず感


・・・

米国で、14歳の少女が死亡


エナジードリンクと呼ばれる栄養ドリンクの一種を飲んだ後に亡くなった人が過去3年間で5人、米食品医薬品局(FDA)に報告。2012年10月。ドリンクと死亡との因果関係は不明。米国では「モンスターエナジー」の商品名。大量のカフェインを含有。11年12月、14歳の少女が不整脈で死亡など

米メリーランド州で、栄養ドリンク「モンスター・エナジー(Monster Energy)」に含まれる多量のカフェインが原因で娘(14)が死亡したとし、遺族らが製造会社を相手取って訴えを起こした。2012年10月。検視結果で、死亡の原因は「カフェインの毒性による心臓の不整脈」とされた

カフェインを多量に含む飲料で米国の少女が死亡。2012年10月。11年12月、アナイス・フルニエは死亡するまでの24時間に700ml入りのモンスターエナジーを2本摂取。カフェインの量は480mg。これは缶入りコカコーラ(350ミリリットル)14缶分のカフェイン量に相当。不整脈で死

怪しく光るビーストの爪あとのようなボトルデザインが特徴の栄養ドリンク「モンスターエナジー」。2012年10月、米メリーランド州で、同飲料に含有されるカフェインが原因で娘(14)が死亡したとして遺族らが製造メーカーを相手に訴訟。死因はカフェインの毒性による心臓の不整脈という検視結果


・・・

その他


ポテトチップ税。2011年9月、ハンガリーで糖度の高い飲み物や菓子、カフェインの含有量に応じて、税金が課される法案、「国民健康製品税」が施行。通称、ポテトチップ税。ハンガリーは肥満率が男26.2%、女22.9%と、欧州でも高め。同様の法案が米国ニューヨーク州、台湾などでも検討

モルモン教。|侶辰慮斥奸酒、コーヒー、茶(カフェインを含む飲み物)を飲まず、煙草もダメ。熱い飲み物、肉類は控える。⊇齋蕕領法。自慰行為、婚前交渉、女性の裸体の写真(水着もダメ)の閲覧、肌を露出する服装(女性はロングスカート以外)はダメ http://t.co/OrNEZO1X

ルイボス(rooibos)。南アフリカ共和国は西ケープ州のケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生する植物。葉を乾燥させて作る飲み物は「ルイボス茶(ルイボスティー、South African red tea)」と呼ばれる。カフェインを含まず、抗酸化作用があるとされる




・・・

関連ブログ


「コーヒーに関するツイート 20120725まで 8804字」 http://t.co/vH7ArUQu 山本敏晴のブログより

「コーヒーの日、10月1日、各国の生産量、消費量、食糧価格高騰に関するツイート 20121001まで 3081字」 http://t.co/mqOWsJKt 山本敏晴のブログより