.

目次:

雪男
未確認動物(UMA)
チュパカブラ
雪男の体毛と居住場所を発見?、2011年秋
雪男の発見は、ウソ、2011年末
未知の哺乳類の体毛を発見、2012年10月
関連サイト


・・・
・・・

雪男


雪男(ゆきおとこ)。降雪の多い地方にいると言われているUMA(未確認動物)の総称。ヒマラヤ山脈の「イエティ」、ロッキー山脈の「ビッグフット」、中国の「野人」、日本の中国山地の「ヒバゴン」など。人里離れた山奥に住む、全身毛むくじゃら、直立二足歩行という特徴。体色については諸説あり

「雪男」の英語表記。yeti。ヒマラヤに住むとされる、毛深い人間のような伝説上の怪物。語源は、チベット語で「動物のような人間」。abominable snowman。abominableとは、「ひどく嫌な、憎むべき、不愉快{ふゆかい}な、お粗末な」

雪男の正体。.劵哀泙筌魯ぅぅ蹈哀沺淵哀螢坤蝓次謀の見間違い。¬喩蕕鮹紊仁鳥奸1鄂諭▲ガントピテクス(アジアの巨大類人猿の化石種)の生き残り。ぬと見の生物(現在では一般に知られているジャイアントパンダやローランドゴリラも確認されたのは19世紀で、それ以前は未確認動物だった)


・・・

未確認動物(UMA)


未確認動物。存在の可能性があり、噂などで知られていながら生物学的に確認されていない未知の動物のこと。英語ではCryptid。なお未確認動物学のことをcryptozoologyと言う。日本の和製英語ではUMA (ユーマ、Unidentified Mysterious Animal)


・・・

チュパカブラ


チュパカブラ(Chupacabra、チュパカブラス)。南米でよく目撃される吸血UMA(未確認動物)。家畜の血が吸われたという報告が相次ぎ、スペイン語で「吸う」という意味の「チュパ」と、「ヤギ」という意味の「カブラ」から、「チュパカブラ(ヤギの血を吸う者)」と呼ばれるようになった


・・・

雪男の体毛と居住場所を発見?、2011年秋


ロシア西シベリアのケメロボ州で開かれた雪男に関する国際会議は2011年10月「見つかったさまざまな証拠からケメロボ州で雪男が生息している可能性は95%」と宣言。2009年2月に「雪男を目撃した」との情報が相次いだ同州南部ゴールナヤ・ショリヤの洞窟を探索。体毛や居住場所などの痕跡を


・・・

雪男の発見は、ウソ、2011年末


イエティ(雪男)を捕獲。そんな噂が2011年末、ロシアに流布。ところが地元当局者による作り話だったことが判明。イエティに関する国際会議が同年開かれ、実在への期待が膨らんでいただけに世界が落胆。「国境警備隊員が森でイエティに似た身長2メートルの生き物を捕獲」という情報がネットで拡散


・・・

未知の哺乳類の体毛を発見、2012年10月


「イエティ(雪男)と呼ばれる謎の動物の体毛である確率は60〜70%」。ロシアの西シベリア・ケメロボ州で米ロなどの研究者が2011年秋に洞窟で見つけた毛について鑑定した結果、そうした結論に達したと、ロシア国立気象大学のサプノフ主任研究員がノーボスチ通信に明らかにした。

イエティ(雪男)の体毛を発見? 2012年11月。11年秋にロシアの西シベリア・ケメロボ州のアザス洞窟で見つけた毛について、サンクトペテルブルクの研究所がDNA鑑定。「人間のものではない。哺乳類のものだが、クマやヤギ、オオカミなどの動物でもない。チンパンジーよりはヒトに近い」

雪男の毛を発見?2012年11月。ロシアのケメロボ州で11年開かれた国際会議には米国、ロシア、カナダなど5カ国の専門家が参加し、イエティの目撃証言が相次いだ洞窟や周辺の山を探索。洞窟の足跡の一つから毛が見つかった。一方で一度も死体が見つかっていないなど異論もあり、論争を呼んでいる


・・・

関連サイト


UMAファン 〜 未確認動物 http://t.co/WLWsJnKZ 。妝唯前賤リスト、巨大生物、E垰堙狙盞錬妝唯繊きど垰弋弔弊己、ジ軫А絶滅動物

未確認生物(UMA) 未確認生物大陸 http://t.co/OXOx19Fv アクセス・ランキング:.レゴンボーテックス、▲咼奪哀侫奪函↓モノス、ぅ優奪掘次↓ゥ船絅僖ブラ

未確認生物・UMA倶楽部 http://t.co/WZiSyZBS 2012/10/ 「チュパカブラ」(未確認生物)の動画を追加 2008/11/ 「モンキーマン」(未確認生物)の情報を新規に追加 2008/10/ 「リーン・モンスター」(未確認生物)の情報を新規に追加