.

目次:

外務省、新国際保健政策、2011〜2015年
EMBRACEモデル(EMBRACEモデル)
渋谷健司
国際家族計画連盟・事務局長の来日、2011年〜2012年11月
外務省の国際保健政策における立場と途上国の人口増加問題


・・・
・・・

外務省、新国際保健政策、2011〜2015年


外務省・国際協力局、国際保健政策 2011-2015 2010年9月 http://t.co/Tyk9sb0r EMBRACE (Ensure Mothers and Babies Regular Access to Care)モデル。他の官民と協力し、インフラ・衛生等で母子保健

外務省、岡田外務大臣のランセット誌への投稿記事「我が国の新国際保健政策(2011-2015年)」(2010年9月) http://t.co/cBSx5GmN EMBRACE (Ensure Mothers and Babies Regular Access to Care)モデル


・・・

EMBRACEモデル(EMBRACEモデル)


EMBRACE (Ensure Mothers and Babies Regular Access to Care)モデル。他の官民のパートナーと共に目指す,インフラ,安全な水・衛生や その他社会開発を含む幅広いアプローチを用いた,お母さんと子どもの命を救う効果的な支援パッケージ

EMBRACEモデル。日本政府が、,乳幼児死亡率削減に貢献している他の援助機関と連携する時の構想。_搬卸弉茲魎泙爛灰潺絅縫謄・ベースの予防と治療ケアの支援、∋楡潺戞璽垢任陵祝匹伴N泥吋⊃雄牋蘋と施設・機材を含む保健システムの強化、M祝廟楴錣魎泙犹劼匹發健康に育つための支援。

国際保健政策2011-2015。日本国大使館。EMBRACE ”Ensure Mothers and Babies Regular Access to Care”母子の命を守ることに焦点をあてた新しい支援モデル。産前から産後まで切れ目ない http://t.co/a3kNmale


・・・

渋谷健司


渋谷健司。東京大学大学院教授。WHOでDALYs(各疾患による死亡や後遺症等の障害による損害を換算する指標)を開発。帰国後、2008年の洞爺湖サミットで保健システムに関する政策を提言。外務省の新国際保健政策(2011-2015)などを策定。母子を救うEMBRACEモデルなどを提唱

「ここに一万円札がある。だが考えてみろ。これはただの紙切れにすぎない。なぜこれに一万円の価値があると思うか? それは世の中に、日本という国への信頼、日銀、政府、警察などへの信頼があるからだ。つまり、この世の中でも、最も重要なものは『信頼』、credibility だ。」 渋谷健司

渋谷健司。WHOでDALYs(疾患による健康負荷の指標)作成に関わる。ゲイツ財団のグローバルヘルス担当プレジデントのタチ・ヤマダ(渋谷の師)に相談し、日本でグローバルヘルスの普及へ。2008年、洞爺湖G8サミットで保健システムの戦略論文を執筆。途上国における保健システム強化を提唱

渋谷健司。日本国際保健医療学会2011年で、シンポジウム後に学生から質問された。「国際保健に対し、いろんな人の話を聞いていたら、自分が何をしたらいいか、わからなくなりました。どうすればいいですか?」彼の回答は「外へ行け」。その意味は、日本を出て、外から、世界や日本のことを見てみろ

渋谷健司「日本でグローバルヘルスを推進する」 http://t.co/G27tGrbC 父が公衆衛生の教授。東大医学部入学後、緒方貞子のUNHCR就任に感銘。世界銀行の1993年、世界開発報告書「保健に投資する」に感化され、著者クリス・マレーと働くため渡米。ハーバードを経てWHO

世界的に権威ある英医学誌ランセットが9月1日、日本の保健医療に関する論文特集号を発行。長寿世界一を達成した医療の貢献を評価した一方で、男性の喫煙率の高さや自殺の増加などから長寿国の地位を危ぶむ指摘も掲載。渋谷健司東京大教授、武見敬三日本国際交流センターシニアフェローらが制作に協力

ランセット日本特集号の仕掛け人・渋谷健司。。裡釘複佑任魯哀蹇璽丱襯悒襯弘靴辰討覆ぁだからランセット。∧埆個垢砲箸辰討離瓮螢奪箸鯆鷦─"日本は我々の将来"というコピー。グローバルヘルスは今まで、公衆衛生学の一部と考えられていたが、そうではなく、それは医学の将来だ、というコピー

JIGH(ジェイアイジーエイチ) http://t.co/c2aaLNS7 日本グローバルヘルス協会。「ポリオを地球上から3年で根絶する」というミッションを掲げ、2011年1月に設立。副理事長:渋谷健司。

・・・

国際家族計画連盟・事務局長の来日、2011年〜2012年11月


外務省、テワドロス・メレッセ国際家族計画連盟(IPPF)事務局長による 加藤外務政務官への表敬、2011年11月 http://t.co/lFUUbrTc 加藤外務大臣政務官からIPPF事務局長へ、我が国が提唱している母子保健支援モデル‘EMBRACE’を推進していきたい旨の発言

外務省、メレッセ国際家族計画連盟(IPPF)事務局長による榛葉外務副大臣表敬、2012年11月 http://t.co/Lbr299Ei 副大臣から,我が国とIPPFとの連携を一層強化し,人口問題に係る取組を推進していきたい旨。アフリカ開発会議(TICAD V)等について意見交換


・・・

外務省の国際保健政策における立場と途上国の人口増加問題


外務省、ODA、重点政策・分野別政策 分野別開発政策:保健・人口(分野をめぐる国際潮流)http://t.co/eY1pXimz 保健・人口分野は個々人の福利厚生を促進するのみならず、社会や経済の発展を支える質の高い人材の育成にも関わるものであり、途上国においては開発の中心的課題