.

目次:

はじめに
ナイチンゲールとは?
クリミア戦争にて、クリミアの天使(白衣の天使のもと)
帰国後に近代看護学を創設
赤十字のボランティア的活動を否定、社会的企業の祖


・・・
・・・

はじめに


「天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者のこと」 フローレンス・ナイチンゲール(1820-1910年) 「人の気持ちはそれが言葉になるとただ空しく失われてしまう。どんな気持ちでも行動に、しかも結果を生む行動に移さなければならない」

「完璧なるもの以外は失敗である」「諦めなどという言葉は私の辞書にない」「全てを思いどおりに成し遂げるのでなければ何もなさなかったのと同じ」「人の気持ちはそれが言葉になるとただ空しく失われてしまう。どんな気持ちでも行動に、しかも結果を生む行動に移さなければならない」 ナイチンゲール


・・・

ナイチンゲールとは?


フローレンス・ナイティンゲイル(ナイチンゲール、Florence Nightingale,1820-1910年)はイギリスの看護師。近代看護教育の生みの親。彼女自身が負傷兵たちに奉仕したのはクリミア戦争の2年だけであり、むしろその象徴的献身や統計に基づく医療衛生改革で名声を得た。

ナイチンゲールは、裕福な家に生まれ、あらゆる教育を受ける。美しかったためもあり、「逆タマ」を狙って多くの男性に言い寄られたが、拒否。90年の生涯を独身で貫いた。同性愛者説もある。「結婚している女性が、自分自身の財産を自由にする権利を持つまでは、愛も、正義も、存在し得ないでしょう」

ナイチンゲールという女性の実像は、1)献身的な白衣の天使という側面は少なく、2)統計学的な根拠に基づく近代看護学と衛生的な医療現場を構築した科学者であり、3)また家柄の良さを利用して政治的改革から保健医療を大幅に改革した「したたかな女」である。おそらく、圧倒的にプライドの高い女性


・・・

クリミア戦争にて、クリミアの天使(白衣の天使のもと)


ナイチンゲールはクリミア戦争時(トルコ西部の)スクタリ病院に看護師として赴任。1)トイレ掃除などで衛生状態を改善し、2)実家が資産家だったためヴィクトリア女王に直接手紙を届け、問題となっていた「官僚的な縦割り行政」による保健医療の悪化を改善させ、死亡率を下げた。「クリミアの天使」


・・・

帰国後に近代看護学を創設


ナイチンゲールは、クリミア戦争後イギリスに帰国する際マスコミが(大金持ちの令嬢なのに)「献身的に負傷兵に尽くしたクリミアの天使」として持ちあげられるのを嫌い、偽名でこっそり帰国。彼女自身は当時の活動を失敗と断じており、『看護覚書』等の著作を書き、統計学的な根拠のもと病院改革を実施

ナイチンゲールの功績は、1)クリミア戦争時の医療現場の(衛生などの)状況と(死亡率などの)結果を統計学的に分析し科学的な看護と公衆衛生学の重要性を世界に啓発し、2)(親の七光によって可能だったことだが)行政を改善しないと保健医療も改善しないことを早期から見抜き、それを実施したこと


・・・

赤十字のボランティア的活動を否定、社会的企業の祖


ナイチンゲール。クリミア戦争で傷病兵の看護。”賊,不衛生で、⊇蝶笋蟾埓の弊害で必要な物資(ニーズ)が届いていないことを認識。,魏善し死亡率を42%から5%に減少させる。帰国後△紡个傾埓改革。6畭經埜邀悗鯀論澆郡埜邀惺擦魴弍帖ボランティア的活動の赤十字を否定。社会企業の祖

ナイチンゲールの活躍を、赤十字国際委員会(ICRC)の創設者であるアンリ・デュナンが高く評価したが、彼女は赤十字の活動には関わっていない。むしろボランティアによる救護団体の設立には真っ向から反対。これは、「構成員の自己犠牲のみに頼る援助活動は決して長続きしない」と考えていたため。