.

目次:

物価上昇率、消費者物価指数(CPI)
中国
ベトナム
日本


・・・
・・・

物価上昇率、消費者物価指数(CPI)


物価上昇率\験莠垰訶世両暖饉塋価指数(Consumer Price Index、CPI、総務省統計局)。会社経営者視点の企業物価指数(CGPI、卸売物価指数)、企業向けサービス価格指数(CSPI、日銀)。9颪侶从兪澗里鬟バーするGDPデフレーター(内閣府経済社会総合研究所)

消費者物価指数(Consumer Price Index、CPI)とは消費者が実際に購入する段階での商品の小売価格の変動を表す指数。総務省が毎月発表する小売物価統計調査を元に作成する。家計支出上重要、価格変動の代表性、継続調査可能な596品と、持ち家の帰属家賃4品目の計600品目



・・・

中国


アジアの2大経済大国である中国とインドは2011年5月のインフレ率が加速。景気減速の兆候がみられるにもかかわらず引き続き物価上昇。中国は再び預金準備率を引き上げ、インドも週内の利上げ。中国の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比5.5%。インドの卸売物価指数(WPI)は前年比9%

中国国家統計局が2011年7月に発表した6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月に比べ6.4%上昇。前月の5.5%を大きく上回り2008年6月(7.1%)以来、3年ぶりの高水準。中国の食卓に欠かせないブタ肉など、食品を中心とした値上がりが影響。中国政府が目標とする4%を上回る状況

中国でインフレ終息の見通しが立たない。たび重なる利上げにもかかわらず、2011年7月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比6.5%上昇し3年1カ月ぶりの高い伸びに。米国が追加の金融緩和に踏み出せば、中国でインフレ圧力がさらに高まるとの警戒感も広がる。豚肉価格は7月に56.7%上昇

中国人民銀行(中央銀行)は物価上昇の抑制に向けた措置は効果が上がっておりインフレは管理可能との見解。2011年9月。7月の消費者物価指数は前年比6.5%上昇、08年6月以来の高水準で、中国のインフレ率は引き続き加速しているが「比較対象となる前年の物価水準が低めだったことも一因」と

中国国家統計局が2011年10月に発表した9月の消費者物価指数は前年同月より6.1%上昇。目標とする4%を上回り通年でも5%を超えるのは確実。金融引き締め政策や、欧州債務危機を受け、国内景気に減速の兆しも出ている。中国当局は成長持続とインフレ抑制の両立に難しい舵取りを迫られる。


・・・

ベトナム


市場経済化を目指すドイモイ(刷新)政策の採択から25年を迎えたベトナムが、持続的な発展へ正念場。)念彑峪→通貨安→M入価格の上昇、という構造的な弱点。インフレの上昇率はアジアで最悪の水準。消費者物価指数(CPI)上昇率が3か月連続で20%超。成長の原動力だった内需にも陰り。

ベトナムの首都ハノイはその昔「昇龍」を意味する”Thang Long”という名。その名にふさわしい発展を遂げることができるか正念場。‐暖饉塋価指数上昇率18%と高いインフレ、貧富の差、K性的な電力不足、づ垰塢瑤慮鯆冥詑據↓シ从儡霹廚箸靴瞳腓せない電力,道路,港湾のインフラ




・・・

日本


日本銀行は金融政策決定会合の議事要旨を公表。2012年11月。会合では2012〜14年度までの「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」をまとめたが、目標の物価上昇率「1%」の達成時期等について、議論が紛糾。政策委員の多くは14年度の物価上昇率は「0.8%」にとどまると予想していた