.

目次:

はじめに
糖尿病とは?
WHOによる、キーファクト(鍵となる事実)
世界糖尿病デー、毎年11月
国際糖尿病連合(IDF)の糖尿病アトラス
厚労省が、「5大疾患」の中に糖尿病
非感染性疾患(NCD、非伝染性疾患)
NCD(非感染性疾患)国連ハイレベル会合、2011年9月
終末糖化合物(AGEs)による血管の動脈硬化、老化、そして死へ
糖尿病から失明(糖尿病性網膜症)
糖尿病から歯周病で歯牙喪失、逆に歯周病により糖尿病が悪化、さらに心筋梗塞へ
糖尿病からED(勃起障害)
糖尿病の合併症による死亡率の増加
20代で痩せていた女性は糖尿病になりやすい??
妊娠と糖尿病の合併症
糖尿病患者のためのサイト、携帯電話用アプリ・サービス
米軍が、兵士の肥満から糖尿病発症で崩壊へ
アメリカ人の死亡のリスク要因
砂糖は毒?、米国の小児科医が主張、2012年2月
グリセミック・インデックス(GI値)、血糖の急激な上昇を防ぐ必要
東アジア、日中韓などで糖尿病患者が増加、2011年11月
旧薬メトホルミンを巡る議論
途上国で糖尿病が増える理由と、現在の世界の概要
海外での糖尿病患者の増加の狙った産業
糖尿病を巡る産業の動き
iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったインスリン産生する膵島
地震などの自然災害が発生した場合の糖尿病の問題
ダウン症と糖尿病
ミトコンドリアと糖尿病
人獣共通感染症、カプノサイトファーガ・カニモルサス
足がつる??
お絵描きイベントの取材国でも糖尿病
関連学会


・・・
・・・

はじめに


ある医学部で講演をした後、聴講者から質問された。「ミレニアム開発目標の後は、どんなものが問題になると思いますか?」「WHOの見解では、2015年以降は、non-communicable diseases(非感染性疾患)と呼ばれる、癌・心筋梗塞・脳卒中・糖尿病などに力を入れる方向」

ある医学部で講演をした後、質問された。「なぜWHOは、糖尿病になるような、食べ物がいっぱいある人を、支援しようとしてるんですか? 2015年のミレニアム開発目標終了の後は、非感染性疾患(生活習慣病など)が重点項目になるそうですが、もっと別な病気を対象にするべきではありませんか?」

WHOが2015年以降は糖尿病等の非感染性疾患を重視する理由。‥尿病患者の5人に4人は低中所得国で発生。途上国では半数が診断さえされていない。J置すれば糖尿病の合併症で失明・腎不全から透析など。つ稈羹蠧声圓諒がファストフードやスナック類等の低価格で高カロリーのものを食べる

国際協力に興味がある看護学生等が持っている誤解。世界で最も悲惨な状態にある人が、どこにいるかというと、それは戦争や内戦が起こっている地域。その人々が望むことは、順に、\鐺の停止。安全に飲める水。食糧。げ樟濬斬陝グ疥燹Ε肇ぅ貪の衛生。それらが満たされた後にくるのが、医療


・・・

糖尿病とは?


糖尿病(メルクマニュアル家庭版)。体がインスリンを十分に産生しないために血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気。インスリンは膵臓から放出されるホルモンで、血液中の糖量を制御。食べたり飲んだりして吸収された糖が血液中に入ると、膵臓が刺激されてインスリンが産生。ところがその機能が破綻

糖尿病(Diabetes Mellitus、DM)。血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が病的に高い状態。症状は、のどの渇き、大量の尿を排泄、意識障害など。過剰の糖は、血管の内皮の蛋白質と結合し、微小血管を徐々に損傷する。その結果、糖尿病性網膜症から失明・腎症から腎不全などの合併症に

ヘモグロビンA1c(HbA1c)。ヘモグロビンにグルコースが結合した糖化物のことをグリコヘモグロビンと呼ぶ。血糖値が高ければ高いほど血液中で増加する。このうち、ヘモグロビンのβ鎖のN末端にグルコースが結合した糖化蛋白質を、HbA1cという。糖尿病の血糖コントロールの指標として測定


・・・

WHOによる、キーファクト(鍵となる事実)


WHO、糖尿病。。魁ィ苅群人が糖尿病。■横娃娃看、340万人が高血糖の持続のために死亡。80%以上の糖尿病による死亡は、低〜中所得国で発生。ぃ横娃娃固から2030年の間に、糖尿病による死亡は、1.67倍に増える。シ鮃的な食事・規則的運動・正常体重の維持・禁煙で予防が大切

WHO、糖尿病(Diabetes) http://t.co/o2bhaUfT Fact sheet http://t.co/CiZ7cXzf


・・・

世界糖尿病デー、毎年11月


世界糖尿病デー。毎年11月14日。1991年、糖尿病が引き起こしている健康への脅威の深刻化に対応するため、国際糖尿病連合(IDF)および世界保健機関(WHO)により制定。2007年に国連決議61/225の可決により正式な国連デーに http://t.co/fKmj1mTt


・・・

国際糖尿病連合(IDF)の糖尿病アトラス


国際糖尿病連合((International Diabetes Federation、IDF)。160か国以上の国内糖尿病協会を統括。増え続ける糖尿病患者の利益を代表。1950年から、糖尿病の治療、防止および治療方法について全世界に啓発 http://t.co/p2RCmPWt

「糖尿病は世界規模でコントロール不能に」(国際糖尿病連合(IDF))2012年11月。3.71億人が糖尿病を患っており、1.87億人がまだ診断されていない。金銭的負担や、病状を悪化させる神経疾患や肝臓疾患などの糖尿病合併症のリスクに、何百万人もの人々がさらされている

国際糖尿病連合(IDF)2012年11月。「IDF糖尿病アトラス」2011年版の推定では、糖尿病患者数は3.66億人、死亡者数は400万人だったが、2012年版では、糖尿病患者数は3.71億人、死亡者数は480万人(糖尿病の合併症での死亡を含む)と増加傾向。死者の半数は60才未満

糖尿病アトラス2012年(国際糖尿病連合) http://t.co/of3kjzMr

糖尿病アトラス2012年(国際糖尿病連合)2012年の糖尿病支出は4710億米ドル。11年は4650億。糖尿病患者の5人に4人は低中所得国。成人糖尿病患者の3人に1人は西太平洋地域。づ尿病による死者の4人に1人は東南アジア。ズ蚤燭了拿个亘綿董Ε▲侫螢では81%が未診断


・・・

厚労省が、「5大疾患」の中に糖尿病


厚労省、100人でみた日本2012年。健康状態が「あまりよくない」(6歳以上)12.2人。ストレスを感じている(12歳以上)46.5人。健診等を受けたことがある64.3人。通院している37.0人。生活習慣病11.5人(癌1.2、糖尿病1.9、高血圧6.2、心疾患1.2、脳卒中1)

厚労省、日本の1日、2012年。入院しているのは、1,392,400人(循環器28万、統合失調症18万7千、癌15万9千)。 通院しているのは、6,865,000人(循環器89万4千、癌21万8千、糖尿病18万8千)。

厚生労働省の「医療計画の見直しに関する検討会」は、医療計画に盛り込むべき疾病として指定してきた、癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の4疾病に新たに『精神疾患』を加えて5疾病とする決定。2011年12月。「精神疾患の医療体制構築に係る指針」を策定し都道府県において障害福祉計画等と連携

厚生労働省は、精神疾患をがん・脳卒中・心臓病・糖尿病と並ぶ「5大疾病」に位置づけ、重点対策を行う決定。2011年。精神疾患の労災認定件数も、途中労災認定の緩和があったものの、10年前に比べ7.3倍と急増。抑うつとの関連が深いとされる自殺も1998年に3万人を突破して以降、横這い。

糖尿病ホームページへようこそ(厚生労働省) http://t.co/WvSVRYj7 糖尿病ってどんな病気? http://t.co/rgwflbIP 


・・・

非感染性疾患(NCD、非伝染性疾患)


非感染性疾患(Noncommunicable Diseases、NCDs)。日本語の「生活習慣病」とほぼ同義。脳卒中や癌、心疾患、糖尿病、高血圧症、動脈硬化など、その発症や進行に、食生活や運動、喫煙、飲酒などの生活習慣が深く関係するとされる疾病の総称。近年、途上国でも急増している


・・・

NCD(非感染性疾患)国連ハイレベル会合、2011年9月


NCD(非感染性疾患)。2011年9月、ニューヨークの国連本部でNCDについての国連ハイレベル会合が開催され、糖尿病・心筋梗塞・呼吸器疾患・癌などに国際社会が取り組む国連宣言が採択された。2030年には癌の8割が低中所得国で発症する予測。先進国でも高齢化・財政難・医療格差の問題等


・・・

終末糖化合物(AGEs)による血管の動脈硬化、老化、そして死へ


AGEs(advanced glycation end products:終末糖化合物)。ブドウ糖などが蛋白質のアミノ基と非酵素的に反応して生成される物質。特有の蛍光を持つ、黄褐色の物質。糖尿病で慢性的に高血糖が続くと生成が促進され血管合併症が発症。動脈硬化を始めとする老化の原因


・・・

糖尿病から失明(糖尿病性網膜症)


日本人の失明原因(2002年、身体障害者新規交付者)。[估眈磧複横粥鵝法↓糖尿病性網膜症(20%)、2知霎黄斑変性症(11%)、ぬ嵋貎Я琶兩症(11%)、セ訖牲舒兔漫L嵬絡膜委縮(9%)、η鯑眈磧複掘鵝法↓Ч眦拔畛襦複供鵝法6畴、,鉢△逆転。が急浮上。Δ聾詐傾向。

視覚障害者。良いほうの目の近視等の屈折異常を矯正しても視力が0.5未満の人。2007年、日本に164万人。高齢化と共に増加。原因は、男性の場合、[估眈磧↓糖尿病性網膜症、2知隹斑変性症、な兩近視、デ鯑眈磧女性の場合、´△脇韻犬世、J兩近視、で鯑眈磧↓ゲ知隹斑変性症

世界の失明の原因(2002年、WHO)。’鯑眈(47.8%)、⇔估眈(12.3%)、2知隹斑変性(8.7%)、こ冕貂濁(5.1%)、ヅ尿病網膜症(4.8%)、Ε肇薀魁璽(3.6%)、幼少期の失明(3.9%)、┘ンコセルカ症(0.8%)


・・・

糖尿病から歯周病で歯牙喪失、逆に歯周病により糖尿病が悪化、さらに心筋梗塞へ


歯と健康。1994年のWHOの「世界保健デー」のテーマは「健やかな生活は口腔保健から」(Oral health for a healthy Life)。当時は虫歯が課題だったが、2012年現在は、歯周病に焦点。生活習慣病等との関連が明らかになってきたため。糖尿病などと悪循環を形成

歯周病と、糖尿病・虚血性心疾患・脳卒中等のNCDs(非感染性疾患)と呼ばれる全身性の疾患との関係について、2000年頃より、多くの知見が発表された。NCDsは世界で患者が急増し死亡原因の6割以上。厚労省も2013年からの「健康日本21」で「NCDsの予防」と共に「歯・口腔の健康」

1994年、WHOが世界保健デーのテーマに「健やかな生活は口腔保健から」。2015年、ミレニアム開発目標後の次の目標に、非感染性疾患(NCDs)と共に「歯と健康、口腔と健康」を組み入れようとする動き。理由は、途上国でも急増している糖尿病を始めとする生活習慣病の増加に、歯周病が関与

「歯と健康、歯周病と糖尿病、心疾患、脳梗塞、早産、WHOが2015年ミレニアム開発目標後の重要解題に口腔と健康に関するツイート 20121027まで 14461字」 http://t.co/PZtmhkOm 山本敏晴のブログより


・・・

糖尿病からED(勃起障害)


「いま日本には推定1800万人のED(勃起障害)患者がいるといわれています。これは単純計算して成人男性の3人に1人の割合。そして、その要因のダントツトップが糖尿病なんですよ」。『浜松町第一クリニック』院長、竹越昭彦。『40代からの心と体に効く〔生涯SEX〕のすすめ』の著者


・・・

糖尿病の合併症による死亡率の増加


夜の排尿回数が多い高齢者のほうが死亡率が高い。1回以下の人に比べて、2回の人は1.6倍、3回の人は2.3倍、4回の人は3.6倍。理由は頻尿・多尿の背景に、うっ血性心不全、糖尿病(それによる腎障害)、高血圧などがあることが推察される。とりあえず症状のある人は近くの医師に相談を。


・・・

20代で痩せていた女性は糖尿病になりやすい??


20歳の時に痩せていた女性は、標準の体型だった人に比べて、およそ5倍、妊娠中に糖尿病になりやすいという調査結果を筑波大学・水戸地域医療教育センターが発表。2012年6月。BMI(肥満指数)を見ると、20歳の時に「18未満」と痩せていた人は標準だった人と比べて、4.9倍発症しやすい


・・・

妊娠と糖尿病の合併症


妊娠合併症について論じる場合の特殊性。通常の医学では、肥満という状態のため糖尿病という原疾患が起き、合併症として腎症がおこり、腎不全で死亡する。妊娠の場合、蛋白尿や前置胎盤が生じると、いきなり合併症と呼ぶ。すなわち「全ての妊娠は(正常な状態ではなく)原疾患」だという考えなのである


・・・

糖尿病患者のためのサイト、携帯電話用アプリ・サービス


医療改革のビジネスモデル。facilitated networks(促進されたネットワーク)。 糖尿病患者に特化した情報交換・情報蓄積のサイト。自分と似た状況の人が、過去にどうやってその問題を解決したのか。その情報集積と検索のサイト。 http://t.co/FsQ22toL

富士通は2011年6月から糖尿病患者のために携帯電話を使って血糖値・食事・投薬・歩数計などの健康情報を管理できるサービス開始。インターネット経由で情報を管理する「クラウドコンピューティング」を使用。患者が血糖値を測った後、測定器を専用ケーブルで携帯につなぐと専用サーバーに送られる


・・・

米軍が、兵士の肥満から糖尿病発症で崩壊へ


「世界最強の軍隊」と言われているアメリカ軍が崩壊か。原因は、肥満。アメリカの最大の健康問題は国民の肥満。それによる糖尿病等の病気。軍隊の入隊資格には当然、健康であることもあるが、その条件を満たせない若者が急増。2030年ごろには、適合する若者が足りなくなり、軍人不足になるという。


・・・

アメリカ人の死亡のリスク要因


アメリカのリスク要因別の死亡者数。ゝ扮譯苅供ィ桂人。肥満39.5万人。1薪抉不足21.6万人。す盞谿毅隠后ィ泳人。ス盞貪・糖尿病19万人。高コレステロール11.3万人。П分が多10.2万人。┻の脂肪酸が少8.4万人。トランス脂肪酸が多8.2万人。飲酒6.4万人


・・・

砂糖は毒?、米国の小児科医が主張、2012年2月


「砂糖は毒」として、米国の小児科医らがたばこや酒のように税を課すべきだとの意見を2012年2月、英科学誌ネイチャーに発表。カリフォルニア大学のラスティグ教授らは、「糖尿病や心臓病の原因。過剰摂取による肝臓への毒性や依存性、その結果もたらされる社会への悪影響(酒・煙草に似る)」


・・・

グリセミック・インデックス(GI値)、血糖の急激な上昇を防ぐ必要


ブラン(Bran)とは、小麦の外皮。ふすま(小麦をひいた時にできる皮のくず)。ブラン・フレーク(bran flake )はブランを含んだフレークで、食物繊維やビタミンが多く健康食品とされている。消化吸収が遅く(GI値が低く)血糖値の急激な上昇が起こらないので、糖尿病になりにくい。


・・・

東アジア、日中韓などで糖尿病患者が増加、2011年11月


ブリュッセルを本部とする国際糖尿病連合(IDF)によれば、中国の糖尿病患者は米国の2370万人のほぼ4倍。2012年11月。2030年までに中国の患者数はさらに4000万人増えるという。IDFは、中国では糖尿病関連の年間医療コストが1734億元に上ると試算(1人民元は約13円)。

小宮山厚生労働相ら日本、中国、韓国の保健担当相は2011年11月、中国で第5回保健相会合。少子高齢化社会という共通の課題を抱える3国が心臓病、癌、糖尿病など世界の死因の6割を占める「非感染性疾患」について協力を拡大。中国では非感染性疾患が死因の85%、医療出費の65%で喫緊の課題

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)は糖尿病から脳梗塞を起こした。以前から、死亡説もあった。その背後で国家を動かしていたのが、張成沢(チャン・ソンテク)という人で事実上のトップと言われる。先日の「デノミネーション」からの経済混乱にかこつけ、自分のライバルを失脚させ、さらに権力を掌握


・・・

旧薬メトホルミンを巡る議論


メトホルミン塩酸塩。糖尿病治療薬の一つ。ヾ梁,砲ける糖新生を抑制する効果を持つ。筋・脂肪組織でのインスリン感受性も改善する。副作用は、乳酸アシドーシス、低血糖など。商品名は、グリコラン(日本新薬)、メルビン(大日本住友)、メデット(トーアエイヨー・アステラス)。ビグアナイド類

中国では健康保険制度の利用で、世界中で処方されている糖尿病の主力薬「メトホルミン」は無料で入手可能。だが、医師らは50年前の薬ではなくリスクの少ない新薬に関心。学術誌「ダイアビーツ・アンド・メタボリズム」(2012年4月号)によると米製薬大手メルクの「ジャヌビア」は血糖値を安定化

2型糖尿病患者に対する第1選択薬として、スルホニルウレア類を用いた時とメトホルミン(ビグアナイド類)を用いた時では、心血管疾患になってしまうリスクの影響は異なるのかということを、C. L. Roumieらが、退役した軍人らを対象に研究。全死因死亡のリスクは前者は後者より21%高い


・・・

途上国で糖尿病が増える理由と、現在の世界の概要


途上国で人口増加が続いているが農村部ではそれを吸収できず都市部に流出。が都市部で雇用される数には限りがあり多くのホームレスが生じ一部が犯罪を。経済格差拡大の中、スラムなど衛生状態が悪く人口密集地域で下痢等の感染症が蔓延。一方ジャンクフードの食べすぎから糖尿病も多発。これが今の世界

感染症の世界波及。.ぅ鵐匹料歓邑の半数、バングラの8割がスラム在住。⊃綟擦覆衛生悪く下痢で子供が死亡。近年、腸内細菌の耐性化。B膺佑謀尿病多く免疫力低下し病気の温床。づ垰圓卜拈椶靴討襪燭甕嵒柁生した場合、首都に波及。ス餾歙の航空機を通してすぐに世界的パンデミックが発生。


・・・

海外での糖尿病患者の増加の狙った産業


欧米の製薬会社が、中国の糖尿病治療薬市場への関心を高める。2012年11月。運動不足と過剰なカロリー摂取に関連した2型糖尿病の患者数が過去10年で3倍強に増加し、市場は2016年までに200億元規模(約2646億円)に拡大する。合併症を避ける新しい医薬品への需要も高まり巨大市場に

京都ベテスダクリニック。2010年5月。韓国の聯合ニュースは、「韓国のバイオ企業、京都に幹細胞治療専門病院開院。世界で初めて、成人幹細胞を活用しアトピー、リウマチ、糖尿病やがんの治療を行う。2011年1万人、15年には10万人の患者を誘致。実現すれば産業的価値は約2379億円」


・・・

糖尿病を巡る産業の動き


米司法省は英国の製薬大手グラクソ・スミスクラインが医薬品を不正に販売促進していたとして罰金30億ドルを支払わせる。2012年7月。司法省によるとヘルスケア関連分野の支払額では過去最大。抗うつ剤などの医薬品を違法に販売促進したほか、糖尿病の治療薬の安全性を米当局に報告していなかった


・・・

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったインスリン産生する膵島


iPS細胞(人工多能性幹細胞)から血糖値を下げるインスリンを分泌する組織、『膵島(すいとう)』を作ることに東京大学の宮島篤教授がマウスで成功。これまでインスリンを出す細胞自体はできていたが他の細胞とともに立体構造になった膵島作りに成功した例はなかった。糖尿病治療につながると期待。


・・・

地震などの自然災害が発生した場合の糖尿病の問題


自然災害に対する医療援助の場合、時期によりニーズが変化。ゝ淦期は救命・外科・整形外科的処置。⊆,い捻卆絃態悪化による感染症増加対策。K性疾患(高血圧、糖尿病等)に対する内科的処置。薬等が不足するので確保。でセ塞悗籠析患者等に必要な情報提供。テ瓜に、精神的負担に対するケア

日本などの先進国で災害が起こった場合、途上国の場合と異なり、衛生状態の悪化による下痢の大発生などよりも、慢性疾患に罹患している患者への治療続行の方が、困難になる可能性がある。具体的には、高血圧・糖尿病患者への薬及びインスリン投与の継続、慢性腎不全患者への透析(血液透析)の実施など

震災で心配なのが、糖尿病。慢性疾患なので、ずっと薬を飲むか、インスリンを皮下注射する必要がある。しかし用量が難しく、毎日の食事が一定であることを前提に医師は処方する。避難所等にいても、もし全然食べれなかったり、逆に食い溜めした場合、薬を飲んでいても、低血糖や高血糖で意識障害になる

震災時の薬の不足について。高知。南海地震の教訓。供給ルートが止まるため慢性疾患の薬も不足。高血圧の薬だけで備蓄が115万錠必要。段ボールで30mの高さとなり、保管する場所がない。他にも糖尿病等でもっと必要。地域全体で医薬品の備蓄を確保しておく必要。東日本大震災でも問題になっていた


・・・

ダウン症と糖尿病


ダウン症候群の医療(札幌分会 医療講演会から)。ダウン症の主な死亡原因。。浦个泙如Э澗”臓⊂嘆輯鏨韻隆餬舛覆鼻■敢个泙如肺炎、感染症、白血病など。思春期まで:白血病。20歳過ぎ:脳血管・糖尿病ほか成人病、多少老化が早い http://t.co/XnP45M9w

「ダウン症候群、新型出生前診断、血清マーカーに関するツイート 20121008まで 6909字」 http://t.co/YIDjp0XS 山本敏晴のブログより


・・・

ミトコンドリアと糖尿病


「最近の研究で、糖尿病などの病気がミトコンドリアの遺伝子の異常で起きている例がかなりあることがわかった。病気になるということはエネルギーを失っているとも言える。そこで、正常なミトコンドリアを細胞ごと培養し、その患者の悪い所に入れてやる。すると、機能が回復して病気が治る」 瀬名秀明

ミトコンドリア脳筋症(ミトコンドリア病)。エネルギー産生障害による細胞機能不全が多臓器に生じる。中でもエネルギー需要度の高い、脳・骨格筋が障害され易い。中枢神経障害(てんかん、神経性難聴、知能障害)や、骨格筋・心筋障害、内分泌障害(低身長、やせ、糖尿病)、腎障害などの頻度が高い。

ミトコンドリア脳筋症。治療。根本的な治療法はなく、対症療法のみ。.┘優襯ー代謝改善薬(L−アルギニン(アルギU)、タウリンなど)。脳卒中用発作急性期治療(エダラボン(ラジカット)など)。ミオクローヌスてんかん(リボトリールなど)。い修梁召梁仂瀕屠 陛尿病の治療など)。


・・・

人獣共通感染症、カプノサイトファーガ・カニモルサス


カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症は、犬や猫などから人に感染し、死亡することがある病気。厚生労働省は勧告。1)動物との過度のふれあいは避け、動物と触れあった後は手洗い。2)脾臓摘出、アルコール中毒、糖尿病などの慢性疾患、免疫異常、悪性腫瘍にかかっている方、高齢者などは重症化

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症の国内の発生状況だが、これまで重症化したケースは14例、うち6例が死亡(2002〜2009年)。犬の咬傷、猫の咬傷・掻傷(かききず)から感染。40歳以上が多く、糖尿病・肝障害などの基礎疾患がある人に多い。敗血症を起こした場合、30%が死亡。


・・・

足がつる??


患者さんの訴えで多いのが「寝ている時、足がつる」。対処法は、1)カリウムが足りないと筋痙攣し易いのでバナナ等の果物補給。2)寝ている間の脱水による末梢循環不全を防ぐため水分補給。3)ビタミンB群補給。4)腰椎症や椎間板ヘルニアの治療。5)それら以前に心臓・肝臓・腎臓・糖尿病の検査


・・・

お絵描きイベントの取材国でも糖尿病


お絵描きイベント、「フィジー編」 http://t.co/FEaxOf1b 一見、南海の楽園のようなイメージがありますが、実際はクーデターが多発し、現在も軍事政権による統治が続いています。健康に関しても、肥満からの糖尿病、フィラリアの蔓延など問題が山積み。この国の大切なものは何?


・・・

関連学会


日本糖尿病学会(The Japan Diabetes Society) 公式ホームページ http://t.co/HiGgSE23