.

目次:

VDT症候群とは?
原因、発症機序
お手軽な診断
診断(眼科的)
予防、作業環境の改善
治療、眼科的
厚労省の労働衛生管理のガイドライン
中国でも


・・・
・・・

VDT症候群とは?


VDT作業による障害(北里大学眼科、市邉義章准教授)。目の疲れ、痛み、充血、かすみ、首や肩のこり、痛みなど様々な症状を呈するものをVDT症候群と呼ぶ。最近では、パソコン作業だけでなく、普及率の高い携帯電話やテレビゲームによっても同様の症状が引き起こされることがわかってきている。

VDT作業の定義(厚労省、VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン)。ディスプレイ、キーボード等により構成されるVDT機器(visual display teminals)を使用し、データの入力・検索など、文章・画像等の作成・編集・修正、プログラミング、監視等を行う作業

VDT症候群とは、パソコンなどのビデオ表示端末(Video Display Terminal)で長時間作業を続けた場合、その労働者に生じてくる、目などの肉体と、精神への影響のこと。.疋薀ぅ▲ぁ¬椶僚七譟∋詢歪祺爾覆鼻⊆鵝腰、肩のこりなど。食欲減退、不安感、抑うつ症状など。

VDT症候群(テクノストレス眼症)とは? http://t.co/vkiUxIPL ディスプレイを凝視している際、まばたきの回数は通常の4分の1以下と激減。涙の供給が減るうえに蒸発する分が増え、目の表面が乾いた状態になり、ドライアイに。血流障害で頚肩腕症候群になり首や肩の凝りなど


・・・

原因、発症機序


VDT症候群(北里大学眼科、市邉義章准教授)。眼科的な要因としては、ドライアイ、調節緊張、調節不全、不適切な屈折矯正(眼鏡が合っていない等)などがあり、その他にもVDT機器から発生する電磁波による角膜上皮障害の報告もある。

VDT症候群(北里大学眼科、市邉義章准教授)。眼科以外の要因としては、画面の大きさや、目との距離、部屋の照明、温度、湿度等の外的環境要因、またストレスなど心理的な内的環境要因の関与もあるとされており、IT(information technology)眼症、テクノストレス眼症とも


・・・

お手軽な診断


【お手軽診断】あなたのVDT症候群レベルは?(All About) http://t.co/jBKgqNOk 。影のパソコン使用時間、¬椶両評、L椶慮え方について、た搬両評 - 首・肩、タ搬両評 - 背中・腰、Ε瓮鵐織襯悒襯后 以上の点数の合計


・・・

診断(眼科的)


VDT症候群の診断(北里大学眼科、市邉義章)。よくわからない不定愁訴は、これを疑う。現病歴、既往歴の他に仕事の内容や生活環境を問診。眼科一般検査、中でも適正な屈折矯正(画面との距離を考慮した矯正)、微妙な斜視、涙腺(量と質)、調節障害を生じる神経疾患や糖尿病、薬物(向精神薬等)


・・・

予防、作業環境の改善


VDT症候群の治療(北里大学眼科、市邉義章)。作業環境の改善。VDT画面の文字は、やや大きめに、コントラストは明るすぎないように、また直接照明が当たらないようにする。画面は30cm離し、やや目線より下方にあったほうが瞼裂幅も小さくなり目も乾燥しにくくなる。

VDT症候群の治療(北里大学眼科、市邉義章)。作業環境の改善。部屋全体の照明を、明るすぎず暗すぎないように適度に保つ。ディスプレイにおける照度は500ルクス以下、書類上およびキーボード上における照度は300ルクス以上(厚労省、新VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン)

VDT症候群の治療(北里大学眼科、市邉義章)。作業環境の改善。冷暖房の風は、直接あたらないように。室内は喚起されていても、絶えず様々な機器や印刷物などからの熱風や化学物質が排出されており、できるなら部屋から出て屋外で休憩するのが望ましい。仕事の合間だけでなく生活全般における休憩も

VDT症候群の予防。〇兩。画面から40cm以上の距離をとり目から画面上端を見下ろす角度が水平から10度以内。肘は90度。∈邏隼間。連続作業は60分以内とし、休憩を10分以上。屈伸運動等を実施。4超。電球などの光源が目に入らないようにし、書類等の照度を300〜1000ルックス

VDT症候群(参天製薬、監修:京都府立医科大学眼科学教授 木下茂) http://t.co/Ua0ksNOm 目をいたわるオフィス対策。‥度な休憩。1時間毎に10〜15分。体操。メガネ、コンタクトレンズは度の合ったもの。ぅ疋薀ぅ▲ぁ⇔估眈磴鷲袖い悪化する可能性。チ甦受診


・・・

治療、眼科的


VDT症候群の治療(北里大学眼科、市邉義章)。眼の環境改善。.疋薀ぅ▲ぁЭ郵涙液の頻回点眼(マイティア、ソフトサンティア点眼液等)。蒸しタオルをあてる。¬嗟預龍擇硫甼枋ゾ態:近方を凝視しているため、30分に一回は遠方の景色を見る。ミドリンM点眼液。4秬哉莽:サンコバ点眼液。


・・・

厚労省の労働衛生管理のガイドライン


厚生労働省、新しい「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」の策定について、2002年4月 http://t.co/UfvHGcIf VDT作業を行っている作業者のうち、精神的疲労を感じているものが36.3%、身体的疲労を感じているものが77.6%

厚労省。VDT作業のガイドライン。2002年。「ディスプレイ・入力機器・いす・机等の物理的な環境整備の規定」のほか「一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に10分〜15分の作業休止時間を設け、一連続作業時間内において1回〜2回程度の小休止を設けること」など

・・・

中国でも

中国で2002年から施行された「職業病防止法」は11年末に開催された「全国人民代表大会常務委員会」で修正。定義が修正され、労働の管理が原因の過労死、パソコン等を用いた作業をすることで発症するVDT症候群や腱鞘炎、長期のデスクワークによる職業性腰痛。これまでホワイトカラーの間で多発