.

このブログは、前回の続きです。

その3,二次試験 5916字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65762728.html


・・・
・・・

今回のインタビューをやった理由の説明


山本 レモンさん側から言うと、
   カリメロさんはフィリピンのワークキャンプの企画をしていて、    
   (レモンさんの)先輩に当たるような人なんだけれども、
   カリメロさんのほうは、
   (今回)結果的に青年海外協力隊に落ちてしまって、
   (後輩の)レモンさんのほうが受かってしまったということで、
    (その原因は、なんだったんだろうという疑問があるため、今、
   レモンさんの提案で、この企画をやっているということです。

レモン だって、私より
    (カリメロさんは)ボランティアの経験もあって、
    (NGOの運営側として)ちゃんとやってるし、英語力もあるし、
    社会人歴も長いわけだから・・・。

山本 ちなみに、お2人は、TOEICとか受けているわけですか?

カリメロ 650とかです。

レモン 1年ほど前に受けて、確か
    500前後だったと思います。

山本 NGOでの経験も、
   カリメロさんのほうが数段上だということが、
   記録(履歴書)からもうかがえますよね。

レモン あ、そうだ、1点だけ、違うだろうなというとこがあって、
    前に大学3年の時に青年海外協力隊を受けたことがあるんです。

山本 大学を(2年で)退学してから、(3年から)再入学するまでに、
   (青年海外協力隊を)受けたってこと?

レモン 2回目の(入学後の)大学3年生の時、秋募集に受けました。
    (思い出のための)「記念受験」だと思って、受けて、
    2次試験まで行って、落ちたんですよ。

    技術もないので、それ(技術がないこと)を指摘されたんですよ。
    その時面接官の人が、書類を見て
    「あなた、岐阜出身だけど、野菜とか作ったことないの?」
    って聞かれて、「あります」って言ったら、
    「あなたは、それをもっとちゃんとアピールするべきだ」
    って言われて、その時は、落ちたんですが、
    今回はその点をちゃんとアピールしました。

    あと、技術面接の時に
    「前回も受けられましたが、いつ受けられましたか?
    それは、なぜ落ちたんだと思いますか」
    と聞かれて・・・。

山本 あなたがさっきからずっと言っている、
   「専門性がないといけないと考えていた理由」
   の一つがそこにあったんだね。

レモン はい。

    あと、私、2回目の受験だから、
    合格させてくれたのかなって。

山本 あ、それはないよ。
   俺、4回も5回も受験したのに、落ちてる人、いっぱい知ってる。

・・・

合格した、レモンさんの今後の予定


山本 では、今後のことをざっと聞きたいと思います。

   (合格して、派遣が決まったので、今後、)
   『技術補完(研修)』と、(福島の)二本松での語学合宿、
   (海外出張の)準備等(があるはず)。
 
   (それ以外に)個人的にやっておきたいことはありますか?

レモン まず、やらなければいけないことが、
    使用言語が英語なので、英語の勉強をしないといけないのと、
    村落部を巡回するので小型自動二輪の免許が必要なのと、
    それらは、絶対にやらないといけないので。
    あと、黄熱病の予防接種と。

    個人的にやんなきゃなと思っていることは、
    帰国後、院(大学院)に進みたいんですけど、
    じゃあ、何をその時勉強しようかなと思った時に、
    FASIDとかで学ぶことも考えたんですけど、

参考:
FASID 財団法人・国際開発高等教育機構
http://www.fasid.or.jp/

    なんか学ぶことがパックリ(概論的)しているなと思って、
    経済学を学んだことがない人でも、
    開発経済学をちゃんと1から教えます、
    みたいなことが書いてあって、
    なんかそんなようなことが書いてあって、
    私経済は勉強したのでなんか違うなって思いました。

    開発経済学って、
    結構バックリしてる(総論的だ)なと思いました。
    (一方で、)「農村開発金融」とか面白そうだなと思って、
    マイクロファイナンスにも興味があって、
    大学で学んだところによると
    マイクロファイナンスは失敗例のほうが多いという話を聞いて。

    ただ、私は、経済学をベースに貧困削減を・・・。
    経済学という自分の専門性と貧困削減を結び付けたかったので、
    農村というのが(私の経歴に)はいってくるから、
    (今後)農村開発金融を勉強すると、
    一貫したキャリアになるかなと思いました。

    農村開発金融にも興味があるし、
    さっき(宇宙船地球号に)ボランティアに来てた子
    (が、次のように話していたんだけれども)

    最近、開発コンサルタント(会社)の面接を受けてきて、
    (そこで、その面接の人などから言われたことは)
    MBAの資格をとったほうがいいって言われたって、
    そっちなんだと思って。

参考: 
MBA とは、
経営管理学修士(Master of Business Administration)のこと。

    帰ってきた時に大学院を受験できるように、
    あっち(アフリカの派遣された国)でも勉強しておいたり、
    それを念頭に置いて活動しようかなと思ってます。

    帰ってきた時にむけて
    何ができるか情報をを収集しようかなと思っています。

山本 ちょっとまってね。
   聞いてる人、わかんないと思うので説明しておくと、
   レモンさんは(現在)宇宙船地号事務局にいて。

   さっきまで椿(つばき)さんという
   他のボランティアの人が来ていました。

   椿さんは、
   (経済産業省が所管する日本貿易振興機構(JETRO)が運営する)
   「アジア経済研究所」の中にある、
   「開発スクール・イデアス」という
   FASIDのような、
   国際協力をプロとしてやるための『予備校』の様なところに
   現在通っている女性です。(確か、やはり27歳。)

参考:
アジア経済研究所・開発スクール・イデアス ideas
http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas/index.html

   (この椿さんも)将来の進路を迷っていて、
   「海外留学も考えているけれども、
   (日本のODAの事業をしている)開発コンサルタント会社の
   面接を受けたら、
   「MBAが必要だ、と複数の会社の人から2、3回言われた」
   (と椿さんは、レモンさんに言っていた)という事ですね。

   ちなみに、椿さんはすでにインタビューを受けていて、
   2010年2月上旬の山本敏晴のブログに
   彼女のインタビューが書いてありますので、
   イデアスに興味のある人は読んでみてください。

参考:
国際協力の予備校、開発スクール・イデアスの情報2010年 8498字
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65348551.html

   以上です。これで(読者の人たちが)状況が分ったと思います。
   イデアスに行ってる椿さんがそう言ってたってことですよね。

レモン そうですね。
    『プロジェクトマネージメント』とか(を勉強しておくと)、
    文系だったらそれ(をやるの)が
    アドバンテージになると言われて。


・・・

海外に持っていくパソコンは何がいいか?


レモン あと、凄い悩んでるのが、
    向こうに持っていくノートパソコンを
    どこのメーカにするかってことですね。

山本 panasonicの「レッツノート」。それは絶対!

レモン なんでですか?

山本 壊れないから、絶対!
   1m(上から)落っことしても壊れないから

レモン それって重要なんですか?

山本 重要だよ。
   1年間現地(途上国の田舎)で国際協力活動していると、
   落っことすよ、2、3回は。移動も多いし。

レモン それで、ノートパソコンに詳しい人にきいたら、
    東芝かmacっていうんですよ。

    macかなと思ってBICカメラのお兄さんと話してたんですよ。
    東芝とmacどっちがいいって聞くと、
    皆、macっていうんですよ。

    「mac のappleケアの対応は神だよ」って言うんです。
    でも、わざわざ慣れないmacに買い替えて
    使うのもな・・・と思っていて。

山本 ・・・まず(公平を期すために)ひとつ。

   マッキントッシュの最大の有用性というのは、
   ウィンドウズと違って
   (コンピューター)ウィルスの流通している量が少ないので、
   ウィルスに汚染されることが少ないという事。

   そういう意味でマッキントッシュは優秀だよ。
   それは間違いない。
   俺はカメラマンでもあるので、グラフィックもやるので、
   (昔は)macを仕事の主力に使ってた人なので、
   そういう意味でもよく知っているんだけど・・・。

   だけど俺は途上国行った時はwindowsを使うんだよ、
   理由はね、行ってみたらわかるんだけど、
   途上国って基本的にwindowsしかないの。

   ワードでもエクセルでも、作ったもの(書類)を、
   macでも互換性は一応あるんだけど、
   (実際、途上国の人のパソコンに移動すると)
   文字化けしたりして、使えないことが、けっこうあるんだよ。

   (つまり)実際やってみると、互換性は実はなくて、
   あなたが、途上国行って、mac持って行って、
   文字化けするって気付いた時には、
   もう、どうしようもない(ということになる)よ。

レモン mac版オフィス、とか、
    mac版ウィンドウズとか使ってもですか?

山本 もちろんそうだよ。(互換性ないんだよ。)
   両方持っている俺が言ってるんだよ。

   で、だから、
   (国際協力をやる目的では、macを)全然勧めない
   ってのがひとつね。

   (次に)東芝はね、
   途上国でも発展してるほう(の国)だと
   (パソコンを修理するための)ケアセンターがある。
   appleも(途上国の中でも上の方の国になら)あるよ。

   そこに持ってけば直してくれるよ。
   だけど、私が行くような、
   アフリカの最貧国といわれてるシエラレオネとか、
   あと、U国もないと思うよ。

   そのような所に、東芝のサポートセンターは、ないよ。

レモン 海外サポートサービスというのがあるって、
    海外から日本に郵送をして、直してもらって送られてくるという。

山本 それはね、出来るんだけれども・・・(あまり意味がない。)

   ・・・仕事の内容にもよるか・・・(もしれないが)。

   要するに、送って、返送されてくるのがいつになるか、
   という(問題がある)。

   途上国の場合、届かないことがあるんだよ、かなりの確率で。
   (郵便局の職員や、空港の職員が、泥棒であることが多いため。)
   (また、政府が、検閲と称して、押収してしまう国もある。)

   つまり、最貧国の途上国に近くなるほど、郵便物は届かないんだよ。
   あと、時間がすごくかかる。
    
   俺は、悲観主義者なもんだから
   悪いほうに出る確率が30%もあれば、
   (郵便物が、無事に届くことなど)信じないんだよ。

   しかも、(ノート)パソコンというのは、
   俺の場合(必要とする)すべての情報が入ってるんだよ。

   人物関係(Eメールアドレスや住所など、仕事相手の情報)から、
   やってるプロジェクトから、
   すべての情報が入ってるんだよ。

   それが失くなるなんてことは考えられないんだよ。
   (すべての仕事ができなくなってしまうから。)

   (協力隊の場合)
   1度それを持ってったらずっとそれで行くんだよ、2年間は。
   (例外あり)

レモン 壊れたらどうするんですか?

山本 今さ、10cm X 5cmくらいの
   携帯型のハードディスクがあるんだよ。
   250GBくらいの、大容量のものが、あるんだよ。

   (1週間ごとに、バックアップ(コピー)を行い、)
   それにデータ全部入れておくんだよ。

   二重か三重のバックアップを俺は常にしているんだけどね。

   それも、macだったら、
   (自分のパソコンが壊れて、代わりに新しいのを買おうと思っても)
   アフリカじゃマッキントッシュ買うのも見つけるのも大変だから、
   windowsにしているんだよ。

レモン レッツノート、が壊れたらどうするんですか?
    直すのどうするんですか?
    壊れたまんまですか?
    それとも現地のPC隊員と仲良くなっておくと
    その人が直してくれるとか・・・?

山本 PC隊員と仲良くなっておくのは基本だよ。

   何(どの会社のパソコンを)持っていくかに関係なく
   PC隊員と仲良くなっておくのは絶対条件だよ。

   あなたの言っている心配に関しては、、
   日本に(パソコン)送るんだったら
   jica経由で日本の実家に送ってもらって、
   実家から日本のpanasonicの
   レッツノートクリニックってのが東京にあるよ。
   そこに(実家の人が)郵送することになると思う。

参考:
ちなみに本当に壊れた場合、途上国の首都などの比較的大きな町に行き、
「英語版の」ウィンドウズの(海賊版の)PCを購入する。
よって、途上国では、普段から、壊れたときのために、
英語のみで記載されている仕事用の書証を作り、
それをフォルダにまとめておくと便利。
これを週一回、外付けハードディスクにバックアップする。

   (パソコンが)返ってくるまでに最短でも2カ月くらいかかって、
   しかも、返ってきたら(無事届いたら)ラッキーだと思うよ。

レモン 返ってくるときに関税がかけられるとかいうのはないんですか?

山本 あのね、お金なんてどうでもいいんだよ。

参考:
パソコンがなくなると、仕事ができなくなるかもしれない。
ということの「価値」に比べたら、
そんな関税などにかかるお金など、考える必要はない。
自分が仕事をする上で、パソコンがどれほど必要か、ということを、
まず考えることが必要。
プロジェクトというのは、常にその運営状況を組織に報告する義務があり、
また助言を受ける必要がある。

    あと、
    帰ってきた時に200万円も、もらえるんだから。
    (民間のNGOで、本当のボランティアで
    やっている人に比べたら、夢のようだよ。)
    そんなことより、あなたが、(現地で仕事をする上で)
    パソコンをどのくらい重要視しているのかってことなんだよ。
    

カリメロ 情報って替えられないじゃない、
     お金は自分が働けば手に入るけど。

山本  あとは、現地で実際に
    俺のパソコンが壊れたことはないんだけど、
    うちの日本人のスタッフが、途上国でパソコンを壊した場合は、
    まず途上国は、ノートパソコンを、数万円以下で売っている。

    もっと安いのもいっぱいある。
    その中に、不正のウィンドウズ(海賊版)が
    インストールされてる。英語版だけど。

    英語版のウィンドウズは、Xpだろうが、ビスタだろうが、
    7(セブン)だろうが、10円から100円で、
    不法コピーされたものが、出回っている。
    普通に店で売っている。
    もちろん違法で、ライセンス無視してるやつなんだけど・・・。

    ま、ともかく、
    英語版のウィンドウズでよければ、
    途上国の首都などにいけば、絶対に買える、
    ということだよ。

    で、もし、日本から持って行ったパソコンが壊れた場合、
    毎週一回、携帯ハードディスクに
    バックアップ(コピー)をしておけば、
    最悪でも、1週間前までの自分のやった仕事が残る。
    プロジェクトのスケジュールなども、すべて残る。

    だって、バックアップから、
    途上国で新たに購入したパソコンに、
    データをコピーすればいいだけなんだから。

    もちろん、英語版のウィンドウズだから、
    普段からプロジェクトや、仕事の内容、情報を書くときに、
    英語でも、書いておく癖をつけておくことが重要だけど。

    そうすれば、
    英語版ウィンドウズのパソコンに書類をコピーしても、
    問題なく読める、ということだよ。

    俺はそういう方法で、
    100%絶対大丈夫なようにしてあるよ。

    (仕事をする上で必要な情報が、なくなってしまうことは、
    絶対にないようにしている。)

カリメロ 現地、安く買えるしね。

山本 windowsのXPは、10円から100円だよ(笑)。

カリメロ もちろん違法だけど、現地に結構、
     オフィスとかの、ソフトも売ってある、安いし・・・。

レモン そんなにレッツノートいいんですか?
    (この事務所に)2台ぐらいありますよね?

山本 常に2台持ってるよ。
   パソコンはこう言っちゃなんだけど、最大の相棒だからね。
   これなかったら仕事も何にもならない。

   全ての情報が入ってる。
   プロジェクトの、マネージメントも・・・すべて。

カリメロ 営業とか、移動することが多い人皆、
     (レッツノートを)持ってる。

山本 (レッツノートは、)1m(メートル)から落っことしても
   壊れないってメーカーが保証している。
   他のパソコンよりも2、3万値段が高いんだけれども、
   70cm(センチメートル)からの落下実験を
   実際にやっているからね、HP上に書いてあるよ。

参考:
panasonic Let's Note 76cm(底面方向・動作時)の落下試験を実施
(以下のURLの、下から7行目)
http://panasonic.jp/pc/products/s9j/index.html

レモン あと、途上国の悪路を車で走る振動でパソコンが壊れるって、
    ブログか何かで読んだんですけど。

カリメロ よっぽど悪いパソコンなんじゃないの?

山本 いや、でもね、その話聞いたことあるよ。
   俺みたいにしょっちゅう途上国に行って
   (トヨタの四輪駆動の)ランドクルーザーに乗って
   毎日8時間くらい、パソコンを積んで走ることを1年間続けると、
   それだけで壊れるよ。

参考:
パソコンのマザーボードから、メモリー(RAM)が、
徐々にはずれてくるなどの不具合が生じる。
   
   それでもレッツノートは壊れなかった。

レモン そうなんだ。

カリメロ ソニー、フィリピンにいるとき壊れた。

レモン ソニーは凄い悪い噂を聞く。

山本 ソニーのバイオよりは、
   パナソニックのレッツノートのほうがいいよ。

   東芝は結構いいよ、前に俺も使ってたけど。
   海外での(先進国での)サポートは一番強いってのは
   (当時は)本当だったよ。

   俺もそれ信じて10年くらい前に
   東芝のやつを使ってたからわかるけど、
   途上国行ったら関係ないから。
   (サポートセンターが現地にはないから)意味ないよ。

レモン 凄いいい話を聞けました。
    ここ最近悩んでたから。

山本 macは文字化けする。全部のデーターは、移動できない。
   9割は、移動するけどね、10%ぐらい移動しない。

レモン 周りにきいたら、みんなmacっていうから、
    たぶん、mac好きなんだろうね、明確な理由ないんだもんね、

カリメロ mac狂は、mac大好きだよね。

レモン そうそう。

山本 (国際協力の世界では)mac狂はやめたほうがいいよ。
   あ、でも、(日本で)グラフィック系をやる人は
   ぜったmacがいいよ。
   グラフィックや、『デスクトップ・パブリッシング』っていって、
   印刷関係、アート系をやる人は絶対、macがいいよ。
   それは、間違いない。

   俺は、そっちもやるから、両方使ってるけど。

レモン 速いからいいって言ってますね。

カリメロ 何が速いの?

レモン なんか、動きが速いって。

カリメロ それは、CPUの問題じゃないの?

レモン なんか、windowsとmacを比べると、
    macのほうが速いって聞いたよ。

    使いかたが違うから
    買い替えてまた1から勉強しなおすのが面倒だと思って、
    抵抗があったんだけど。


・・・

(続く)
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65762730.html