謝罪するにしても表彰するにしても相手を呼びつけるのは非常に失敬だと思います。

この前の足利事件に関する栃木県警の謝罪にしても,本当に申し訳ないと思うなら,

県警本部長が菅家さんのところに出向くぺきだと思いました。

1人の人の人生のかなりの部分を台無しにしてしまったというコトの重大性を考えると,

警察庁長官も一緒に行くべきだったのではないかと思います。

どういう経緯で謝罪がああいう形になったのかは調べてもわからなかったのですけど。

また,国民栄誉賞なんてなくてもいいと思いますけど,もしどうしても褒めたいのなら,

総理大臣または使いの者が出向いて行けばいいのにと思うのですが。

もちろん自分が何かに応募して受賞して表彰という場合は別ですが,勝手に誰かを

ピックアップしてあんた褒めてやるから来なさいというのはおかしいだろうと思います。

森光子さんがあんな首相に頭を下げて賞状を押し戴くという光景がどうもしっくりきませんでした。

私?

さる高貴な人がわざわざ出向いてきたなら,勲章とかを受け取ってあげてもいいかな。

だって「褒めてつかわすからこっち来いや」っておかしいぢゃないですか。

どっちにしてもくれないでしょうけど。

さる高貴な人に

「国のためにいろんな不自由に耐えてよく頑張ってるね。褒めてあげるからちょっと来て。」

って手紙出したらこちらにおいでになるお覚悟はあるかしら。

何ごとも誠意があるなら先方に出向くのが当然だと思います。


ところで関係ないですけど,

お自民党さんはお東国原さんをお総裁候補にしてお選挙をお戦いになるお覚悟はおありなのでしょうかね。

いえ,この件はただ言いたかっただけです。

古賀氏がわざわざ出向いたことで思い出したのと,彼のお話になるお言語がいつもとても気になるので。