2014年04月

2014年04月10日

続・『Jazz The New Chapter』書評――とっくに生まれている音楽




元アルバイト先の先輩である柳樂光隆さんが『Jazz The New Chapter』(シンコ―ミュージック)というムックを監修し、僕はエレキングで書評させていただきました。書評で書ききれなかったことを、ここに。

エレキングの書評は、これです。
http://www.ele-king.net/review/book/003725/

グラスパーは、もちろん現行のジャズに対して批評的に介入する存在だと思うのだが、僕はもう一方で、グラスパーに対して、ものすごく「わかってる感」を抱いたりもする。「グラスパー、わかってるねー!」と。グラスパーは、その、なんとも言えない感覚を共有している感じが頼もしい。同様に『Jazz The New Chapter』も、その、なんとも言えない感覚を前提にしているのが良い。本にも書いてあるが、グラスパーは、「Thelonius」とともに、コモンの「The Light」という曲をよく演奏するとのこと。その「The Light」は、ボビー・コールドウェル「Open Your Eyes」を元ネタにしている。僕自身、「The Light」を知ったのちにボビー・コールドウェルを聴いたクチなのだが、グラスパーの「Dillalude #2」にも「Open Your Eyes」は引用されているという。共有できる感覚というのはまさにこのことで、ある世代や集団においては、「Open Your Eyes」と言えば、流行おくれのAORではありえなく、コモンの曲で使われたアレに他ならないのだ。あるいは、モス・デフで言うなら、「Umi Says」に参加しているウェルドン・アーヴィンとは、忘れられた鍵盤奏者ではありえなく、なによりア・トライブ・コールド・クエストの引用元として存在しているのだ。DJとしての僕は、ウェルドン・アーヴィンの曲をクラブでプレイしたこともあるし、フロアで聴いたことだって何回もある。

だから、『Jazz The New Chapter』において「Umi Says」が名曲だというのは、そういう意味においてなのだ。『Jazz The New Chapter』は、従来のジャズ史とは違ったかたち――例えば、ヒップホップのサンプリングというかたち――で、共有されている感覚を丁寧に言語化している。このような、ある時期以降の感覚に明確に狙いを定めている点が、たいへん意義深いし、素晴らしい。しかも、特筆すべきことは、それが実証的になされているということだ。本書は、ジャンルを越えて共通するプレイヤーやプロデューサー、カヴァーやサンプリング、あるいはアマチュア時代の交流に至るまで、作品の聴き込みとクレジットの読み込みとインタヴューを駆使して、見えづらい糸を紡いでいく。仮説はインタヴューによって裏付けを得て、インタヴューはさらなる解釈を呼び起している。ディスクレヴューと評論的な長文記事とインタヴューの三位一体からなる音楽史の読み換え作業は、スリリングですらある。僕が柳樂さんの仕事に、ずっとフリーソウルを思い出していたのは、そういうまだ言語化されていない感覚を言語化しようとしている点にあった。いわば、ネクスト・フリーソウルとでも言うべき運動である。ボビー・コールドウェルとともにコモンが鳴り響くように、ルー・リード「ワイルドサイドを歩け」を聴けば、頭のなかでATCQが鳴り響くのだ! 83年生まれの僕は、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドより先にヒップホップにハマっている。僕にとってルー・リードは、ロックではなくて、フリーソウルなのだ。Can I Kick It !!!!!!!?

でも、書評にも書いたように、そういうことはつねに起こっていたのだと思う。思い起こせば、5年ほどまえに友人のジャズ研の演奏を観に行ったとき、そのバンドのドラムがやけにヒップホップ的だと感じたことがある。具体的に言うと、スネアとシンバルの響かせなさと、詰まったスネアとバスドラのタイミングがブレイクビーツのようだと思ったのだ。終了後に話しかけてみると、案の定、クエスト・ラブやJ・ディラといった名前が出てきた。その後、グラスパーを知って腑に落ちたわけだが、とにかくそういう越境は身のまわりでとっくに起きていたのだ。聴き手はおそらく、軽やかに音楽を聴いているのだ。グラスパーは、レディオ・ヘッドの曲はジャズと相性が良い、と言うが、このような感覚に目を向けることで、例えば柳樂さんの言う「白人音楽のスピリチュアリティと新たなスタンダード」も見えてくる。この白人音楽としてのジャズの系譜について書いた文章は、とても読み応えがある。宛先は明確に既存のジャズ史観に向けられているが、もちろん他のジャンルも射程に入っている。新しい音楽が、既存の音楽史の変容を迫っている。

また、このような音楽のありかたを、インターネット以後という時代的な要因だけに還元してはいけない。もちろん、本にもあるように、インターネットの影響は大きいだろう。しかし、ハービー・ハンコックのような人が昔からいたように、こういうジャンル越境的な音楽はいつの時代にも生まれ得ると思う。音楽のジャンルというものがあったとして、それがジャンル内部だけにとどまるなんてことはありえないのだ。僕が、当然のことすぎてむしろ驚いてしまったのは、グラスパーもビヨンセもザ・ルーツも同時代の音楽だということである。いや、同時代の音楽というか、グラスパーとビヨンセとザ・ルーツのマーク・ケリーはみんな同じ高校の出身だというのだ! 驚いたが、ジブラと中原昌也だって同級生なんだし、もちろん、そういうことはあるに決まっている。ケニー・ギャレットとQティップが知り合ったのも、友人を介してのことだという。

つまり、こういうことだ。硬直した先入観にとらわれているあいだに、とっくに人と人は出会って音楽を作っているし、あるいはDJによって音楽はミックスされているし、はたまたジャズ研の学生のあいだでJ・ディラが話題にのぼっている。そのようにいろいろな交通のなかで、とっくに音楽は生まれているのだ。僕自身は、ジャンル意識をもつこと自体はとても重要なことだと思うけど、一方で、そのかたわらでとっくに動き始めている音楽があることを忘れてはいけない。自戒を込めて言うと、「The 6th Sense」や「Ms. Fat Booty」のみに耳を奪われているあいだに、とっくに新しい音楽は胎動していたのだ。そのような音楽が、既存のジャンルと格闘しつつ、新しい地平を切り拓いていくのかもしれない。『Jazz The New Chapter』が見せる「現代ジャズの地平」は、とてもとても広大である。

おまけで言うと、珍屋というレコード屋で柳樂さんと僕が働いていたときは、このような、ナチュラルにジャンル横断的な会話がよくなされていたように思う。現在、人前で書いたり話したりする機会が多いのはたまたま僕らだけど(だから、この書評、感慨深い!)、こういう、どうパッケージングしていいかわからないような会話を、みんなが仕事の合間や仕事後にしていた覚えがある。しかしそれは当然で、中古レコード屋には、ありとあらゆる買い取りが来て、ありとあらゆる趣向のお客さんが来るのだ。だから一方で、『Jazz The New Chapter』という本は、すぐれてレコード屋さん的な本かな、とも思うけど、これは僕のレコ屋ロマンが強すぎるゆえの感じかたかもしれず、実際のところはわからないです。

反時代的に取られるかもしれないけど、行くと良いと思います。データベース化されていない中古レコード屋に。とっくに人と人が出会っている。

珍屋→http://www10.ocn.ne.jp/~mezurasi/







toshihirock_n_roll at 17:05|Permalink 音楽 | ブック

2014年04月04日

『いいとも!』最終回が面白かった!

162feed6
『いいとも!』の最終回は、笑いあり感動ありでとても良かったです。普段、とくに熱心に観ているわけではないのに最終回だけ騒ぐというのもはしたない気はしますが、すいません、騒がせて欲しい。というのは、もちろん、ダウンタウンととんねるずと爆笑問題が一堂に会したからです。不仲説のような業界裏話も、東西のお笑い文化論も、興味はなくもないし、数年前から調べたりもしているのだけど、そういうのは他のかたたちにまかせて、とりあえず感想を。ちなみに僕は、とんねるずは幼稚園から小学校の低学年あたりによく見ていて、高学年から中学校になると、ダウンタウンが好きになるのが尖っている、みたいな雰囲気があって(もちろん、このときナイナイが大活躍もしている)、中学校卒業あたりで、知的な爆笑問題に一気にハマって、それ以来、現在まで爆笑問題のファンという感じです。

まあ、昔、深夜のお下劣な番組でナイナイがダウンタウンにいびられていたのを見た記憶がある身からすると、おととしくらいに『アカン警察』で、ナイナイとダウンタウンの共演を見たときも、そうとう興奮したわけですが、今回はそれ以上に興奮しました。ダウンタウンととんねるずに関しては、松ちゃんがよくとんねるずをネタにしていたり、ラジオの『放送室』でも、とんねるずとの関係について話していたことがあるので、とは言え、雪溶けは近いかなと思っていましたが、やはり乱入したときは「すごい!」と思いました。吉本以降の(?)練られた構成の番組にすっかり慣れていたので、このハプニング性には、心底心が躍りました。しかも、なんと言っても、とんねるずのふたりの背がデカい! ノリさんもデカい! トークスキルがどうとか以前に、この存在感だけで一気に気圧配置が変わった感じがしました。これは惚れ惚れする。

で、「まあ、とんねるずはありうるよな。でも、爆笑問題はさすがにないよな」とか思っていたら、今度は爆笑問題が出てきた! ラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』で、浅草キッドの水道橋博士が、「ダウンタウンDXにオファーされたらどうする?」って言っただけで、変な緊張感を感じてしまった、あの爆笑問題がダウンタウンと一緒にいる! もう、この先ずっと、この記憶だけでやっていけるような気がしました。松ちゃんが、乱入した太田を指さしてあきれ笑いした、あの瞬間が、とても嬉しかったなあ。

で、やっぱり僕は爆笑問題のけっこうなファンなのですが、あらためて思ったのは、太田と田中のポップなコメディアンっぷりが素晴らしい、ということ。一方には、突っ立っていて、しかし、切れ味鋭く笑いを取る不良のようなダウンタウンがいて、もう一方には、存在感がめちゃくちゃあるスーツ姿の巨人たるとんねるずがいて、そのどちらも貫禄がある。そして、そのあいだをちょこまかと動き回る、鮮やかな青とピンクの二人組・爆笑問題が、本当にコメディアンとして良かったです。いやあ、本当に笑いながらも感動しました。途中で、ぬらぬらと舞台と客席を越境するノリさんの怪物っぷりもすごかったですね。柳沢慎吾の堂々たる姿も素晴らしい。芸能人というのはすごいな、と、しみじみ思って観ていました。

後半のスピーチの連続も、それぞれの個性が発揮されるかたちになっていて良かったです。バナナマンと劇団ひとり、柳原可南子にはおおいに笑いました。中居くんの言葉も、すごく良かったです。ただし、少しだけ愚痴を言うと、例によってツイッターからくだらない意見が、RTされたりしながら散見されて、まあ、「後半のスピーチが退屈だ」「生前葬のようだ」くらいの感想なら、視聴者のつぶやきとしては良いとしても、それが勢い「こういうのタモさんは絶対に嫌いでしょ」とかになると、ちょっと待て、と思う。一視聴者が、いったいタモリのなにを知っているんだ!、と。タモリを擁護して番組を批判するあまり、結局ただの軽薄なクレーマーみたいになっちゃうのはなんなんでしょう。実際、爆笑問題のラジオで言われていたところによると、タモリは「スピーチだけでも番組になっちゃうんだねえ」と喜んでいたとのこと。ほれ見たことか、と思う。ひるがえって、謎の、あさはかなタモリ幻想を疑わなくなるのかしら。テレビのスキマさんの『タモリ学』は早く読まなくては。

構成の行き届いていない、馴れ合いの番組を「フジテレビ的」として、快く思わない感想やネットの記事もいくつか目にしたけど、単純に僕は新鮮に楽しめました。こういうワクワクすることが起こるなら、テレビも観ちゃうよなあ、というくらい思いました。ただ、これは賛否あるのだろうというのは理解できる気もします。まあ、とにかくおおいに笑って、おおいに感動しました。

※ちなみに、「キーマンは石橋貴明」の記事はこれのよう。
http://news.livedoor.com/article/detail/8666677/

toshihirock_n_roll at 01:38|Permalink 芸能 | 日記的