toshiji2048

はい。岩渕敏司です。

岩淵ではなく岩渕です。迷路みたいな淵ではありません。また、サトシではなくトシジです。

20 2月

「殺人ラヂヲ」出演のお知らせです。

IMG_2886
IMG_2887


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
オフィスPSCプロデュース公演 第一弾
「殺人ラヂヲ」
作・演出 わかぎゑふ
2018年5月22日(火)〜30日(水)
池袋 シアターKASSAI

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※当ブログにてチケットのお手配をいたします。
※詳細は少しお待ちください。

続きを読む »

28 1月

52大要(フィフティーツータイヨウ)

せっかくノボさんの役をもらってたので
ノボさんと同じハイクをしてみようと思い立ったのが去年の春頃で
その後バイクにのめりこみ少し落ち着いた秋に
「52daysだから千秋楽までに52句詠んでみようと」突如目標を立てたのですが
無計画なわたしはやはり荷造りなどでバタバタし始め
42句までひねって大千穐楽を迎えました
しかしあきらめを覚えていないわたしは東京に帰ってもこつこつ詠むことをつづけ
締め切りには間に合いませんでしたが遂に52句完成したので発表します
せっかくなのでかっこ書きでひとこと補足(蛇足ともいう)も入れました
では愚生の52句見るがよい
お気に入りがひとつでも見つかってくれますように



1
歳時記を開けば明日は虚子忌かな
(はじめてちゃんと季語を調べて詠んだ句です)

2
あした雨だってとつつく秋刀魚かな
(定食屋さんでのどうでもいい時間の句)

3
秋晴れや吹奏楽の風のちから
(高校生の若きチカラから詠みたかった句です)

4
台風の近きベンチに笑い合う
(関係性の成長を詠んでみたんです)

5
秋の星ノボさんの指さすところ
(春の星で一度詠んでいたのをリサイ句る)

6
葡萄食む愚陀佛日記三冊め
(ノボさんの柿くへば〜の小生なりのオマージュです)

7
冬の山駆りて宇宙見たき夜
(臆病者なので実行はできなかったが白糸の滝くらいまで行ってひとりで星を見てみたかった、、)

8
茶色膝掛ケ吾輩ハ猫デアル
(相手のことを知ることも大事だと思って)

9
悪態を吐いてみろそら神無月
(これは神様がどっかに行っている間に、みたいなことでしょうか)

10
遠近不測十一月が終わる
(老眼が始まったわけではなくロングランの難しさを)

11
山へ手が届きそうなり冬うらら
(遠い山なのに葉の一枚一枚さえ見えそうなくっきりした光景)

12
枯山を単車の赤の歌うごと
(冬の山に僕のモンキーが見事に映えておりました)

13
道草や夜の革靴の音冴ゆる
(革靴の音は大好きです)

14
UFOと見まごう星に息白し
(東温市は星も見事な町なのでUFOが紛れていても僕にはわからない)

15
浄瑠璃寺に子規の背を追う冬茜
(自然にたどり着いた浄瑠璃寺は夕暮れ時でした)

16
冬満月卑怯者鮮やかなり
(THEゆらぎ)

17
冬満月相方のボケ青くさき
(漫才までできるとは思ってもみませんでした)

18
実南天犬に吠えられ引き返し
(行きたかった店がやっておらず、犬にも吠えられた)

19
雪をんな薄いコーヒー出しにけり
(エ〇ペランサ)

20
リコーダーの音色すこやか山眠る
(少年の吹く赤とんぼの健やかさ)

21
短日の女子中学生から会釈
(虚をつかれたよろこび)

22
山茶花咲く公衆電話より制服
(肉親にしか出せない空気)

23
数え日の汝振るピンに立ち止まり
(恩人のピンスポットを浴びる最後の日に)

24
汝もしやアンドロイドか漱石忌
(漱石忌は絶対に使ってみたくて だいすけに向けて)

25
「カレリア」の二曲目雪の降りはじめ
(工藤さんの名盤「カレリア」だけでもいいから聴いてほしいですね)

26
初雪や師とふりかえる奥道後
(実際は奥道後の更に上の山)

27
声立てずつがいて行けり寒鴉
(お見事なペア芸を見たのであります)

28
冬の夜や渡されしドライヤーの熱
(あたりまえの日常のよろこび)

29
冬日和母との電話せわしなき
(でもなごやか)

30
口下手の舞監の笑みや冬銀河
(舞台監督という人種がなぜ怖いのに優しいのでしょうか 芝居が好きなんでしょう)

31
酔い痴れてきよしこの夜吾に降る
(森山先生の膝で寝た)

32
月凍る母さんのせいにするな
(理想の自分と現実の自分をどう受け止めるか)

33
秋晴や下手(しもて)の汽車は輝けり
(52daysの舞台上の情景を詠んでみたくて)

34
目を開けて二度君がいる秋の風
(小萬ねえさんに向けて)

35
十二月演りづらささえいとおしき
(育った環境が違うから好き嫌いは否めないってやつかと)

36
焚火あかあかピアニッシモで師は歌い
(はるパパの本館構想に向けた句)

37
古日記弱気の文字に笑いけり
(東京帰りたいと書いてあった(笑))

38
ミラー越しピースサインをクリスマス
(先導されることは多かったが自分が松尾さんを先導する立場になったことに感動)

39
枯菊を焚けば禁忌の香りかな
(はじめての想像句です)

40
星々は地球の屋根となり極月
(星があまりにも多くて詠んでしまった句)

41
それからの愚陀佛庵の冬ともし
(子規と漱石が別れてその後の愚陀佛庵を想像した句)

42
氷り滝とうとう帰る支度せん
(来た頃に見た凍った白猪の滝 再び見るころには帰る季節なのでした)

43
秋うらら投球フォームやや難あり
(キャッチボールのマイムが実は難しかった、、)

44
いたまぬように持ちゆく秋の風車
(頼江ちゃんの風車はノボさんからのプレゼントだったのです と奈実は言ってくれたので)

45
春近し緑の蝶タイひるがえり
(横着者のノボさんは蝶ネクタイを結ばずにぶらさげており金之助はきちんと結んでいた対比の妙オシャレな演出)

46
冬の夜やピアノが刻む三連符
(愚陀佛日記によると「星になる」の歌入れ稽古は12/23日の夜の出来事でした)

47
秋桜(あきざくら)三人娘の旅だちに
アンコキナコモチコはピンク色)

48
だんご屋に夏帽を取る妻を見る
(大正時代の久保猪之吉さんとベゴニア夫人に向けて)

49
夏空やそんな怒るなズボン吊り
(夏目金之助に向けて)

50
雨やんで雫光れる紫苑かな
(春子さんに向けた句)

51
さわやかに袴の折り目寺の前
(極堂くん(きくさん)に向けた句 ぜんざいを食べる前)

52
音もなき胡坐ほおづえ冬日和
(先日訪れたお礼参りの子規庵にて)



以上52大要でした。
「俳句には癒しのチカラがある♪」っていう曲があったのですが、
自分でひねりながら本当にそんな思いを実感致しました。
よってみなさまにもおすすめいたしますし、
僕自身これからも続けてゆきたい、そんな所存です。

IMG_2167
16 1月

52days個人的総括

前回のブログで52のこと書くの最後っぽくなってしまってますし、
そのせいかFacebookではたくさんコメントもらっております。
でもゴメンナサイ、実は今回が最後です、たぶん。 長くなると思われますけど、いいだろ僕のブログだし。暇つぶしにどうぞ。
荷物のあとかたづけはほぼ終わったと言っていいかなぁ。。



僕はこの52daysという作品が大好きでした。それはノボさんだったからというのも、ある?かもしれませんが、もしノボさんじゃなかったとしても、大好きだったと思うし、飲み屋でノボさん役のひとと芝居の話で時にアツくなるようなひとだったと思います。


ひとつの理由は、極めて道徳的な作品ではなかったということ。人生をきちんと斜に構えて書いてあるところが好きだったんです。そしてそんな作風を引き出すために、芝居のテンポや、役との関係性が重要であるところも大好きでした。なんだかテンポなどが落ちると一気に道徳的になってしまうような危険性をはらんでいるところも好きでした。そして自分が苦しい状況にかかわらず、友人へうっかりがんばってしまうノボさんが僕は好きだったんです、人として。僕は道徳を教えたくて芝居をやっているわけじゃないんです。だって小劇場出身ですよ?だって、ってこともないか。


本番がほぼ毎日あるということは、大変に幸福なことではありますけれど、同時にいつもどこかがピン!とした状態でもありましたので、無事に終えた今の心は中々のものです。もちろんさびしさもあるのですが、とりあえずとても機嫌がいい状態です(笑)。


これまで脳内では30作ほどのミュージカル作品に出てはいましたが(笑)、現実世界では初めての経験でした。だからこそ新鮮にものづくりの楽しさ、おもしろさ、むつかしさも体感できました!


ノボさんには「星になる」というソロナンバーがありました。玉麻先生からの歌入れ稽古のとき、はじめて聴いたこの曲の素晴らしさに、気絶しそうになったのはもう1年以上前のことなんですね。セリフから始まる実にクールな冒頭に、ブルージーでめちゃくちゃカッコいい編曲、ほんとに僕は後厄だったんでしょうか。あと「天国の三人」が僕は大好きでした。あの曲はいちいちかわいい!


それでも稽古中は、どう歌えばいいかわからず共演者に相談もしましたね、ありがとうみなさん。特にはるパパ、えりかちゃん、松井さんなんかはとてもステキなアドバイスくれました。感謝しています。


そして稽古中苦悩ばかりして、弱気になっていたころ、演出の石田先生から言っていただいた言葉(企業秘密)はとても重要な鍵を得たような気分で、僕の中でなぜか分離されていた、演劇とミュージカルが、融合するヒントをもらえたような出来事でした。さっすが先生です。月影先生にも見えました。先生って呼ばれているだけあるなぁって思ったもん。


よく絡む山口恵利佳ちゃん(小萬ねえさん)との芝居もとても楽しかったです。とても悲しい場面で難しくはありましたが、役者としてはやりがいのある場面を共に演ってまいりました。いつもどっしりと構えてくれていたので、日々ごとに感じながらできたように思います。えりかちゃんは酒がだいすき。またいつか飲みたいな。


そしてダブル主役の藤原大輔。お互いに育ってきた演劇環境が違うからこそ「芝居はひとりではできない」という大切で基本的なことがらを再認識し、舞台上での会話をこれまでのドブ役者人生の中で最も大切にしたかもしれません。そしてそれらの日々はスリル満点のかなり楽しいものでした。お父さまお母さまにも大変お世話になりました。ほんとうは皆様にも触れたいのですが、、ほんとに長くなっちゃうので。。


ともあれ、とても充実した仕事ができてとっても嬉しいです。みなさん52daysをたくさん応援してくれて本当にありがとうございました。そのお礼に今後もお仕事がんばると共に、もうすぐ帰ってくる愛車モンキーくんの東温ナンバーを死守してゆきたい、、そんな所存です。


最後に、お世話になったみなさまへ感謝といつかまたの再会を願い、
今はコインパーキングになっている場所へ愚陀佛庵が再建されることを願って。
写真を載せますね。

続きを読む »

12 1月

52daysの大千穐楽

荷物の片付けが終わらない。。。
ならブログ書いていないで続きをやればいいのに。。。
でも早くお礼も書きたいし。。
忘れ去られてしまいそうな気もして。。。
ああ僕はなんて気の小さいおとこ。。。
荷物の山々に東温の皿ヶ峰を見る想い。。。
まあいいか僕の荷物はアコヤマに手伝ってもらうとして。。


2017年1月28日の土曜日からスタートして通算236ステージをやって、
2018年の1月8日の月曜祝日が大千穐楽237ステージ目でした。

万感の思いって言葉あるじゃないですか?
1万個くらいの感情ってことなんでしょうけど
まさにそんな感じを人生で初めて感じたように思います。

開演前に「最後だからといって張り切りすぎず、いつも通り心の交流を楽しもう」
と話しあったこともありまして、平常心でできたとは思います。

本来であれば8月までの出演だったのですが、延長を決めた理由のひとつに、
「1年同じ役を演ったら、どんな気持ちになるのかを知りたい」
という、半ば己の人体実験的要素もありました(笑)。

で、1年やってみた結果、「やっぱり芝居は難しい」という気持ちになるということがわかりました。
しかも最後のその1回は、しっかり演っていたとは思いながらも、なんかよくわからない感もありました。え?
それらの心象風景を実感できたことが何よりなキモチです。
きっと今後の俳優人生の物差し的なものになるような気がしています。

それにしてもあなた、
フィナーレの「52days」の際のお客様からのサプライズには驚愕で、
さすがに平常心ではいられませんでした。

歌い始めたころ、目の端に何かしら未確認発光体が見えるとは思ったのですが、
歌い進めるにつれ、その未確認発光体の数が増えて、会場全体を包み込みました。
未確認発光体の正体はそう、サイリウムだったのです。

くそ、キザなことを!
でも、ありがとう、ございました。
とってもとってもきれいでした。
東温イチの光景だったと言っても過言はないでしょう。

石田先生、玉麻先生、尚先生も駆けつけてくださり、
輪をかけてグッときました。もしかしたらサイリウム以上の発光体。
総立ちのお客様も目からピカピカと液体が流れていましたね。

カーテンコールではご挨拶させて頂く機会もいただきまして。
わっきーの司会も懸命感がほとばしっていたし、
だいすけの挨拶も素直で、らしさが出ていてよかったですし、
僕も緊張しながらも、最後くらい座長らしく、とがんばりました。

では荷ほどきに取り掛かります。
また書きまーす。


IMG_2046IMG_2048IMG_1967IMG_1963IMG_1982
30 12月

行く年と52days

昼間、どこかからはるパパの発声練習がかすかに聴こえる♬。
県民総合文化祭の「本館構想」は本当に素晴らしかったです。
イタリアにいるのかと思いませんでしたか。僕は思いました。

やはり月一ペースになってしまうのですね。
今回は先に文章を読んでもらいましょうか。



さて、いよいよ一年のおわりの極月です。
極月(ごくげつ)っていう季語があるんですよ。
極道みたいでかっこいいですね!

ほんとうにあと7回の52daysです。
次回作「よろこびのうた」のみなさんも現地入りされています。

去年の12月に「お遍路さんどうぞ」のキャストさんに劇場に挨拶に行った朝を思い出します。
僕らは客席から。キャストさんは舞台に立っていました。
その堂々たる立ち姿に「(うおーすげー 1年やってきた大きさを感じずにはいられない)
なんて、まぶしく見つめて、自分の小ささを不甲斐なく感じたものです。

そして先日、今回は逆の立場でお迎えしたのですが、
次回作のみなさんのほうが、あれ?大きく見えました。あれ?
どうやら僕はひとさまを大きく見てしまう癖があるようだと
一年経ってわかった、自分のどうでもいいことだったりします。

ともあれ、この一年は僕の血となり肉となり、
何かを成長させてくれるものだったと思います。
何かっていうのは、きっと数か月後?数年後?理解できるでしょう。
遅いんです、僕はなんでも。ミュージカルだって初めて。バイクだって初めて乗りました。


ひとりひとりお名前を挙げて、感謝の辞を申し上げたいほど、
みなさまには大変お世話になりました。
何もかも忘られないですよ。お世話になりました。

男子楽屋の中間管理職も解任ですね、もうすぐ。
右大臣の中山城治さん、左大臣の治田敦さんの2大重鎮が飛ばすおやじギャグに翻弄されながら、
ひしひしと感じる先輩のやさしさおもしろさで、ノボ・金・極はいつも楽しく過ごすことができました。


ほやけど、ほんとうはもっと書きたい欲求を、しまっておきますね。
ほじゃけど、ほんとうはもっと書きたい欲求を、しまっておきますね。


なぜなら、まだ終わっていませんのですから。
あと7回あるんですから。ラッキーセブンですからね。
2018年の「52days」もよろしくお願いします。
どなたさまもよいお年を。

さあ、地球が見えて参りました。
って謎のスペーシー発言を残します。


【お知らせ 曚正月の1月1日(月)、1月2日(火)の14時公演、終演後におよそ30分ほどのお正月限定イベントを行います!14時公演ご覧いただいたお客様は、引き続きお楽しみいただけます。きんさんのぼさんの大復活劇、そして平成チームとのジョイントもやります◎

【お知らせ◆2018年1月7日㈰朝8:55〜FM愛媛さん 近藤誠二さんの「日曜夢舞台」に出ます。そのあとの毎週日曜日のこの時間は僕が出ます。52daysが終わっても愛媛の電波に乗り続ける生き霊のような出演スタイルをお聴き逃しのないよう!

【お知らせ】2018年1月7日㈰16:15〜南海放送ラジオさん 「あなたの本棚」に出ます。僕のイチオシの本を紹介いたします。こちらも聴いてくださいね!!



みなさんが吐きそうなほど写真を載せます。
2017-12-11-18-48-552017-12-15-23-24-582017-12-19-17-04-432017-12-21-12-56-372017-12-21-17-01-402017-12-22-13-08-242017-12-25-14-40-022017-12-23-23-02-152017-12-23-19-01-432017-12-25-22-12-392017-12-26-22-31-552017-12-28-18-44-26image2017-12-11-22-32-032017-12-25-21-51-472017-12-30-13-13-022017-12-30-13-12-16image2017-12-27-15-16-382017-12-27-13-38-492017-12-27-10-01-042017-12-23-21-08-56





30 11月

52daysNovemberをRemember

まずは写真の波状攻撃
2017-10-27-22-11-102017-11-07-12-18-38imageimageimage2017-11-16-23-16-222017-11-15-09-55-292017-11-18-18-57-042017-11-19-19-49-272017-11-22-18-42-15image2017-11-26-13-44-092017-11-26-13-02-242017-11-26-15-08-092017-11-26-17-40-11


吾輩ハ猫デアルが超おもしろい
もう11月も終わりますね
2017年も終わるし、52daysも大詰めに大詰め
アッという間といえばアッという間なのですが
きっちりやってきたとは思うので「信じられない!」ということではありません
ちゃんと信じてますし(笑) でもやはり日々のスピードは前より早く感じられますから不思議です
まぁこの時期誰もがそんなもんでしょうくらいにしておきましょう

超ロングランです
ちょっと思ったことがあったから書いておこうかな
毎回芝居を変えれば評価される?というものでは断じてない
ルーティーンでやればいいってものでも断じてない
他人様の芝居をとやかく言いたいわけでも断じてないない
感想にたやすく流される自分でどうすると思う次第
ただ「これが本物だよ!」って思っていたのは違うかも
そんな容易なものではなかったと思ってはいる



本番以外の様々なイベントやお仕事に行ったり
仕事で初めて広島県に行ったり
ラジオドラマの全国放送が始まったり
うどんツアー連れてってもらったり
イベントで初めて「星になる」やったり
営業のようこさんのつま先に「うどん」がついていたり
山々がすっかり紅葉していたり
ミヤネ屋の藤村さんが男の約束を果たしてくださったり
52daysのCDが発売されたり DVDも発売される予定だったり
書きたいことならはあとからあとからあふれ出る感じですけど

思い出作りに来てるわけではきっとないし
お仕事で来ているとはいえ やっぱりロボットではないですからね
やっぱりなんだか今まで感じたことのないキモチっていうのでしょうか?

さて、ふと思いついたのですが
せっかくノボさんを演っているので
大千穐楽までに52句ひねってみようかという企画を始めました

♪俳句は気軽な芸術、そして実用的な芸術
客観的に素直なこゝろで気軽に楽しく思いのままに書こう♪
となるか
もし完遂しなくてもご愛嬌ってことで
としじノボさんの俳句トライアンドエラーをあたたかい目でお見守りください

ひとまず今日まで詠んだのが以下です

--------------------------------------------

歳時記を開けば明日は虚子忌かな

あした雨だってとつつく秋刀魚かな

秋晴れや吹奏楽の風のちから

台風の近きベンチに笑い合う

秋の星ノボさんの指さすところ

葡萄食む愚陀佛日記三冊め

冬の山駆りて宇宙見たき夜

茶色膝掛ケ吾輩ハ猫デアル

悪態を吐いてみろそら神無月

--------------------------------------------

まだ9句 あと43句、、げっ

(大千穐楽までにきんさんのぼさんやりたいねってだいすけは言ってました それもいい目標だ)


19 10月

52daysはいよいよ後半戦へ突入です

東京公演を無事に終え、ホームでの公演が続いております。
秋の長雨にヘキエキ、思いっきりモンキーに乗りたいのに!
10/21のイベントでは2回目のきんさんのぼさんが登場する筈だった!


・ぼくはひとつ年を取りました。
みなさま誕生日のお祝いメッセージやプレゼントをほんとうにありがとうございました!
どれもこれも素晴らしい品々で大切にせずにはいられません。
そして青臭いこと言うようですが、芝居でお返しとさせていただきますから、これはますます手を抜けないパターンってやつですね。
ほんでこんなロングランを戦い続けることのできる丈夫なおとこに育ててくれた両親に感謝。


・ちびっこノボさんわいわいパレードでは道後商店街を練り歩いて、元祖ノボさんの誕生日祝いのパレードをしました。ひっそりと夢だった、子規記念博物館前で歌えた。マシーントラブルもあったけど、それもいい思い出です。いい天気でよかったなぁ。小4の子供らに「本物?本物のノボさんなの?」って50回くらい訊かれたので「そうだよ!」って言ってしまいました。


・秋篠宮様ご夫妻に52daysをご覧いただくという大変に名誉な機会にも恵まれました。
お見送りの際にお声をかけていただいたことは、まだ見ぬ孫ができたら伝えたいことがらです。


・こないだはノボさんの150歳の誕生日でした。150歳って聞くと、そう昔の人ではなかったのだと僕は感じませんか?そしてそんな昔の人ではないんだよなって、実在の人物を演じる重みと楽しさを再度満喫する想いです。わ〜い、でも平常心。


・主役の片方、だいすけんちにお招きいただき、念願の家庭料理(絶品)に涙しました。泣いたのは料理というよりも、だいすけのお母さんの楽しさに。鬼軍曹ありがとう!!


・観月祭では、フルキャストで歌いました。劇場ファンの方々がたくさん来てくれて心強かったです。そろそろ「星になる」をどこかで披露してみたい野心


・昨日はノボさんが愚陀佛庵を離れた日だそうです。ノボさんっていう名前がそもそもいいな、と改めて。今は部屋で寝る前に「子規と漱石のプレイボール(長尾誠夫・著)」を読んでいます。それにしても最近よく眠れるので困ります。


ほんで、52daysはいよいよ後半戦に突入です。こうして打っている指さえ少し震えるような。
正岡子規というひとに会ったことないし、書物や台本や住んでいた場所などで「点」でしか知らないおひと。声を一番聴いてみたかった。でもこの役に選んでもらった。ノボさんは愛媛県や松山の人々にすごく愛されていることがわかった。
ぼくはコツコツ懸命にその日のを演る、そしたらもういつの間にやら後半戦。新しい子規像の総仕上げ。新しいっていうか、これが本物だよ!っていう図々しさも持っていたりもします。そうでないとこの仕事やってゆけないそんな気もする。

とても光栄な毎日に平常心と向上心で後半戦がんばります。

image2017-08-14-19-13-472017-10-18-21-23-492017-10-17-16-44-212017-10-15-21-06-212017-10-15-22-13-462017-10-15-18-51-542017-10-18-21-27-502017-10-18-09-42-40image2017-10-13-18-55-332017-10-18-21-13-10



4 10月

52daysは東京に行ってきた

坊っちゃん劇場、初めての東京進出がおかげさまで無事に終わり
イベントやイベントのための稽古や
伊予高校さんとの感動のコンサートを経て
今日はホームでの通常の本番が無事に始まったわけです
ありがとうございました、スタッフの皆様ほんとうにお疲れさまです


東京は、とても大きな劇場の新宿文化センター
今まで僕にはご縁がないほどの大きな小屋で、もはや小屋とは言えない大きさ


開演するほんのちょっと前に、「大丈夫かな?」の大波が襲いましたが、
しかしどっこい、1月28日から坊っちゃん劇場で演ってきたわけなんですよ?
鍛錬を積んできたわけなんですよ?隣にはだいすけきんのすけがいるんですよ?
夏頃に、僕は既に「ミュージカルは初めてなんですョ」ってニヤニヤするのはやめているんですよ?
であるからして、東京にビビってなるものか、3ステ全て満ち満ちて豊かな本番3ステでした


東京でお世話になっている方々や、家族、事務所のみなさん、
ともだちらも応援に駆けつけてくれて、
ミュージカルしてる僕を少し笑って、そして楽しんで帰ってくれたようです
アドバイスもありがとうございました
早速今日から試したりしてます


大は小を兼ねるって言葉ありますよね
東京のホールがとても大きかったので
今日のホームでの公演ではイイ意味で力の抜けた回となり
またこれからどんどん平常心で向上できるようがんばります


いよいよ我ら後期に突入しました

2017-10-04-21-54-43
2017-10-04-21-55-33

写真は載せきれないのでこれだけにしとく





29 8月

夏やすみ自由研究〜奥久谷の案山子について〜

image
さかのぼること、6月のハナシ。
奥久谷ほたる祭というイベントに参加しました。
劇場から13キロほど離れた車で約20分ほどの場所です。
image
この神社で歌いました。とても楽しいイベントでした。
ほたるもとてもキレイだったし。

その一方、この神社周辺で多数見た「案山子(かかし)」がちょっと怖くて、
ずっと心のどっかに引っかかっていたのです。


ほたるよりも多い案山子群にいつのまにか心奪われてしまったのです。
なにか演劇的というか、通常の案山子が担わない(担わなくてもいい)創造性を感じてしまったのです。

で、昨日四国カルスト(すごいでしょ)に行った際、帰り道に再びこの案山子ストリートを見てしまい、
再びギョッとして怖くなって部屋に戻ったのですが。

で、今日(ヒマだった)、「奥久谷のあの案山子は何体あるのか見にゆこう」となったわけです。

2017-08-29-19-55-47
2017-08-29-19-56-51
2017-08-29-19-57-14
2017-08-29-19-57-37
2017-08-29-19-58-08
2017-08-29-19-58-43


結果、28名でした。








22 8月

Changing 52days

今日からしばしの休暇です
ここ数日は52daysの大転換期でした
ベゴニア夫人・アンコ・モチコのキャストの交代があったんです

8/19㈯の森奈みはるさん、松井愛ちゃん、高橋真冬ちゃんの演技
ほんとうに素晴らしかったです、ステキだった
舞台袖でツバごっくん
最後のみなさんのご挨拶も深いものがあって
ほんとうにおつかれさまでした
ありがとうございました


先輩の芝居というものは、技術とか以上に気概というか肝っ玉というか
気迫のようなものを学べます 特にみはるさんからそう感じます
ウキャキャソプラニスト・マナテーさん、フニャフニャバレリーナ真冬ちんの
後輩というか若者?の芝居はやはり下からの突き上げというか
ゾクゾクするような若者特有のフレッシュさは初心に帰る機会を教えてくれるのです
エラそうにゴメンナサイ 東京でまた!

8/20㈰からは荒井香織ちゃん、長谷川ゆうりちゃん、山下奈央子ちゃんのデビューで
短期間で大変なプレッシャーもあったかと思いますが
それでもどっこい仕上げてきたみなさんの心意気はほんとに勉強になった
これから頑張ってゆきましょう
ひとまず生活面でお困りのことがあれば相談に乗ります

僕も本来であればこのタイミングで卒業だったけど
この後も務めることのできる覚悟というか
別に勝ってはいないけど兜の緒を締める思いです

ここに来て気づくこともたくさんあって恐ろしいです(笑)
それまで気にとめていなかったところに注意が向いて物事の存在や意味を知る
気づけるってのはすごく喜ばしいことだし
たくさんヒントをくれる先生方や共演者に感謝
全員様を焼肉につれてってあげて感謝をカタチで表明したい理想
なんだか毎日クイズ大会のような日々なんだなぁ
ならば優勝してみたい

2017-08-22-10-13-15image2017-08-07-22-12-282017-07-04-19-06-172016-12-29-12-21-112017-08-12-19-54-16


image
2017-08-22-11-00-04
新体制52daysは9/1㈮14:00からリスタートです
さあどこからでもかかって来なさい!と叫ぶ前の慌てない慌てないひとやすみひとやすみ
としじのつぶやき
Instagram (iwabuchitoshiji)やってます
Instagram
ギャラリーとしじ
  • 「殺人ラヂヲ」出演のお知らせです。
  • 「殺人ラヂヲ」出演のお知らせです。
  • 52大要(フィフティーツータイヨウ)
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52days個人的総括
  • 52daysの大千穐楽
  • 52daysの大千穐楽
  • 52daysの大千穐楽
カテゴリー
記事検索
月別
コメント
子供の頃の夢は本屋。
カレンダー
としじこしょうかい
IMG_2149
岩渕敏司(イワブチトシジ)です。

■10月7日生まれ
■趣味 映画鑑賞・サイクリング
■特技 狂言・小舞
■好きな場所 浅草


【これまでの活動】


☆出演情報

.2017年1月28日(土)から
坊っちゃん劇場 子規・漱石生誕150年記念作品
ミュージカル「52days」
〜愚陀佛庵、二人の文豪〜
正岡子規役
20161027_2140648




・2016年11月
関西テレビ
「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
第8話 プロデューサー役


・2016年11月
フジテレビ 金曜プレミアム
「本当にあった女の人生ドラマ」
『がめつい女』三沢耕司役


・2016年10月
東海市芸術劇場「時のおくりもの」
千田光一役


・2016年8月
テレビ朝日「刑事7人」第5話
永沢圭介役


・2016年5月
NHKFM「七帝柔道記」全10話
永沼先輩役


・2016年5月
テレビ東京「ドクター調査班」第6話


・2015年10月
劇団 東京フェスティバル「無心」
佐藤哲也役


・2015年6月
テレビ東京「無敵の法律事務所 弁護の鉄人 橘明日香」
リポーター役


・2015年3月
テレビ東京 「太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜」
子盆野歌丸役


・2014年10月 
テレビ朝日 「相棒season13」第2話
近藤秋夫役


・2014年8月  
TBS 「家族狩り」第7話・第9話
父親役


・2014年7月
テレビ朝日「ゼロの真実〜監察医 松本奈央〜」
刑事役


・2014年7月  
NHK BSプレミアム「音で怪獣を描いた男〜ゴジラVS伊福部昭」



・2014年5月  
NHK「お葬式で会いましょう」

・2013年10月 
TBS 「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」第2話



空っぽ人間 <EMPTY PERSONS>
『爪とツメ』

dd080265
作:宮下隼一
演出:大澤遊
2014年3月14日(金)〜3月20日(木)
ギャラリーカーサタナ(自由が丘)


笑犬
『あの鉛筆で、不帰の恋文を帰す』

53cb7268
作・演出 池谷雅夫
中野 ザ・ポケット
2014年2月19日(水)〜2月23日(日)


劇団竹
『涅槃より棘をこめて』

e5e9b721
作・演 竹林林重郎
キッドアイラックアートホール
2013年12月5日(木)〜8日(日)


IKEYA食堂
『モグラの光』

ef7ad37f
作・演出 池谷雅夫
劇場 MOMO
2013年10月17日(木)〜10月27日(日)


RAYNETプロデュース
『でも未来には君がいる』

demomirainihakimigairu1
作・演出 斎藤栄作
新宿 紀伊國屋ホール
2013年8月14日(水)〜18日(日)


笑犬(ショーケン)
『だがしかし、恋をする。』
tirasi1

作 池谷雅夫 丸山智
演 池谷雅夫
中野 ザ・ポケット
2012年10月31日(水)〜11月4日(日)


LEMON LIVE vol.9
『W00!!MAN』
c0197957_10473632

作・演出 斎藤栄作
新宿 紀伊國屋ホール
2012年8月2日(木)〜7日(火)

--------------

Dotoo!
『フツーの爆弾』
hutuno-400

作・演 福田卓郎
赤坂RED/THEATER
2012年6月27日(水)〜7月1日(日)

--------------

☆CM出演情報
タカラトミーアーツ「ビールアワー」



エコ女子どらい部(ナレーション担当)



☆舞台出演情報
muenomote

※終了しました。ありがとうございました。
青年座『ムエン一族』
作・イケタニマサオ、丸山智
演出・イケタニマサオ
■青年座劇場
2011年9月24日(土)〜10月2日(日)


kamisama_no_nihohi

※終了しました。ありがとうございました。
東京マハロ『かみさまの匂い』
作・演 矢島弘一
■下北沢 駅前劇場
2011年8月11日(木)〜17日(水)


kurodai極小

※終了しました。ありがとうございました。
『ジャズ幽霊さん』
脚本:小鹿坂はらひと・イケタニマサオ
演出:遠藤理史
■サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
2011年7月28日(木)のみ
15:00〜・20:00〜の2回公演


the untouchables

※終了しました。ありがとうございました。
『アンタッチャブル』
主演:松平健
脚本・演出:斎藤栄作
■東京公演 シアター1010(北千住)
2011年5月12日(木)〜15 日(日)
■名古屋公演 中日劇場 2011年5月21日(土)〜22日(日)
■大阪公演 森ノ宮ピロティホール 2011年5月28日(土)〜29日(日)
■東京追加公演 シアター1010(北千住)
2011年6月15日(水)〜16日(木)


☆映画出演情報 
映画「大地の詩(うた)−留岡幸助物語−」出演
監督:山田火砂子
2011年4月9日 全国公開決定



☆CM出演情報
タカラトミー「ビールアワー」




☆舞台出演情報
くろいぬパレードVol.29『姉の恋』
作・演:イケタニマサオ
2010年10月27日(水)〜11月3日(水・祝)
※終了しました。

  • ライブドアブログ