NYダウは136ドル安の14996ドル。CMEの日経先物は、14080円で大証に比べ60円安です。
ドル円は97.24円で、一時96円台に入りました。
ロイターによると。「政府機関の一部閉鎖が3日目に入り、
財政協議をめぐる米議会のこう着状態が連邦政府債務の上限引き上げに影響するとの不安が高まった。
午後に首都ワシントンの連邦議会付近で発砲事件があり、議会が一時閉鎖されたことを受け、
株価は下げ幅を拡大する場面もあった。」ようです。
本件は、いずれ収束するのですが、あと1週間ほどかかりますので来週も株価は低調でしょう。
これで、イタリアの問題とか中国の問題が重なってきたら、また暴落ですね。
読者の方が、10月の相場は下がると予想されていましたが、その通りのスタートになっています。
オプションのプットでも買っておきましょうかね。

昨日は、久しぶりにJトラストの広報の方と話をしました。
広報は、決まったこと以外は言えませんので、以下は私の感触ですが、
①M&Aの交渉は確実に進んでいる。
②通常のビジネスは予算通り進んでいるようだが、おそらく業績プラスがある。
③株価対策はしていない。(業績を上げることが一番と考えている。)
また、藤澤社長は元気のようです。
<後場を終了して>
日経平均は132円安の14024円で終了。大引け前1時間で120円下落しました。
14000円がサポートラインになっています。
オバマ大統領がAPECの参加を取りやめ財政協議の収拾にあたるようです。
ひょっとすると休み明けには解決しているかもしれません。
Jトラストは珍しく26円高の1698円で終了。M&AのIRが近いのでしょうか?
冶金工は22円安の326円。ちょっと一服です。
Aさんに言われて358円で買いましたが、やはり買い時が早すぎました。
今後は、絶対に自分で買い時を決めようと思います。


人気ブログランキングへ