やさしい投資信託ブログ 〜ゆったり^^投資信託生活日記〜

投資信託暦7年の管理人の投資信託を中心としたブログです♪
投資信託・経済に関するニュース、また管理人が日々思うことなど自由気ままに更新しています(^o^)

英EU離脱派勝利

『日本株記録ずくめの急落、日経平均下げ幅16年ぶり−英EU離脱派勝利』ブルームバーグ
24日の東京株式相場は急落し、日経平均株価の下げ幅はおよそ16年ぶりの大きさを記録した。英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱支持派が勝利、今後の欧州や世界経済、グローバル企業への悪影響が懸念され、リスク回避の動きが加速した。
TOPIXの終値は前日比94.23ポイント(7.3%)安の1204.48、日経平均株価は1286円33銭(7.9%)安の1万4952円2銭。2014年10月以来の安値を付けた日経平均の下げ幅は、ITバブル期の2000年4月17日(1426円)以来の大きさ、下落率は東日本大震災直後の11年3月15日(11%)以来となった。

イギリスがEU離脱となると他国、イタリアやフランス、そしてとくに東欧諸国も動き出すと思います。移民問題の負担が大きいですからね。
イギリスの今後の経済的な問題(景気後退を招く)もあげられてますが、戦後欧州秩序の体制が崩れ始めてるっていうのは非常に大きいのかも。国家が国益のために動くのは当然な行為だけれど、イギリスの国益となるかどうかはわからない。

日本の株式市場は大幅な円高もあり、記録的な大幅安。年初の急落以降、少しずつ投資参加者が減ってきてるうえでの今回の大幅下落だと思います。下落時の出来高に対して上昇時の出来高の少なさが目立ってましたし、何かきっかけひとつで大きく下に行く可能性は高まってたと思います。
個人的にはこの投資参加者の減少は、米国金利引き上げに伴うものが大きいと考えてて、イギリスのEU離脱リスクについては離脱が決まってもしばらくは時間があるので、なるようになるだろうと軽視してたんですが、そうでもなかったようですね。まったく先が読めません。


※戦後秩序の体制崩壊っぽいイメージを個人的には持ってしまいますが、NATOがあるので本質的な部分では問題ないのかな、、、EU離脱で中国との蜜月関係は深まりそうです。イギリスの外交はちょっと注目していきたい、、、世界に乱を持ち込むタイプの外交が本領発揮しそう。
個別銘柄は様子見してましたが、かなり割安と思える株がかなりゴロゴロ転がり始めてますので、そろそろ動き出そうと思ってます。投資信託も買い増しチャンスが出てきた。

日本株4カ月ぶり安値、日銀動かず円高加速−経済懸念し全業種下げる

『日銀:金融政策は現状維持、3次元緩和の効果見極め−円は急上昇』ブルームバーグ
日本銀行は金融政策決定会合で政策方針の現状維持を賛成多数で決めた。1月に導入を決定したマイナス金利の効果を当面見極める構えだ。現状維持の決定を受けて、東京外国為替市場の円ドル相場は1ドル=104円台に急上昇した。マネタリーベースが年約80兆円に相当するペースで増えるよう金融市場調節を行う方針や、金融機関の当座預金残高の一部に対するマイナス0.1%の金利も据え置いた。長期国債、指数連動型上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(J−REIT)の買い入れ方針も維持した。マイナス金利には木内登英、佐藤健裕の両審議委員が反対した。量的・質的緩和に対しては木内委員が引き続き反対した。
予想では据え置きだろうという見方が大勢でしたので、サプライズ好きの黒田さんとしては案外、何かやってくるかなと思ってましたが、結果は予想どおりの据え置き。円高は105円を突破し、状況によっては100円タッチもありうるのかなと考えてます。さらなる円高があるとすれば、米国金利のさらなる利上げ見送りや、中国実体経済の悪化が表面化するなど起こりうる材料はちらほらあります。

『日本株4カ月ぶり安値、日銀動かず円高加速−経済懸念し全業種下げる』ブルームバーグ
16日の東京株式相場は大幅反落し、4カ月ぶりの安値に沈んだ。米国の利上げ見送りと日本銀行の政策据え置きで為替が1ドル=104円台へ円高が加速し、日本経済への悪影響を懸念する売りが広がった。輸送用機器や機械など輸出株、非鉄金属など素材株、不動産株中心に東証1部33業種は全て安い。
TOPIXの終値は前日比35.55ポイント(2.8%)安の1241.56、日経平均株価は485円44銭(3.1%)安の1万5434円14銭。両指数とも2月12日以来の安値。
大幅下落でしたが、売買代金は東証一部で2兆1355億円とそこまで大きくないです。一部の外資はすでに資金を引き揚げてるのでこれぐらいでしょうね。ドル円は103円台に突入していますし、外需企業はさらに下方修正を見込む必要が出てきてます、買っていける要素がいまのところない。追加緩和と財政政策をセットで行うぐらいの材料が出てこない限りはしりすぼみが続くのではなかろうか。

※TOPIXを見ると2015年7月を頂点に下降トレンドがずるずると続いています、あのときのチャイナショックは株式暴落によるものでした。あれからもうすぐ1年たちます、中国実体経済の悪化が表面化してくる事を想定すると、現状の為替や株価もある程度納得いくかも。
引き続き個別銘柄投資はディフェンシブモード継続。投資信託はいい押し目があればひふみ投信の買い増しがそろそろできそう。

米国FRBの利上げ見送り観測

『6月米利上げの可能性は消滅、5月の雇用統計で−投資家らの見方』ブルームバーグ
5月の米雇用統計の内容を受けて、市場では6月利上げ観測が消えた。エコノミストや投資家は今月14ー15日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策が引き締められる可能性はないとの見方でおおむね一致している。さらに7月利上げも厳しいとみている。アマースト・ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は「これまでの金融当局の慎重な対応を見る限り、今回のような統計が発表された後で利上げを決定するとは考えにくい」と述べた。
5月の米国雇用統計、失業率は4.7%でしたが、雇用者増減数は3.8万人の増加(予想16万人)と小さい。大手通信会社のストライキの影響がおよそ3.5万人なので(雇用者増減数のマイナスとなる計算)実質は7.3万人ほどと考えられます、、それでも予想の半分以下なので影響が大きかったようですね。

6月そして7月のFRBの利上げも見送られる可能性が高まり、為替は素直に円高へ。商品価格は原油以外(OPECはグダグダですね)はおおむね上昇。また新興国経済にとってはさらに一息つける感じでしょうか。とくに中国にとっては渡りに船、今のうちに不良債権処理を進めたいところ。中国経済の減速影響がジワジワと米国でも出始めている(アップルのスマホ販売減など)のでお互いにプラスなのかもしれません。

※今年の相場がやっかいだと感じている点がまさにこれ。米金利の上げ下げの思惑次第で世界経済が揺れ動くことになり、日本の場合は為替で右往左往してしまうからです。こういうとき内需がしっかりしていると、影響は比較的緩和されるんですが、ここにきて2014年の消費増税がジワジワ効いてきてる構図。
☆プロフィール☆

名前:PEPE

運用資産:インデックス型ファンド・ETF・アクティブファンド・日本株個別銘柄
いろいろと手を出して経済と投資の研究に勤しんでいます。お詳しい方はメール欄等でどしどしご教授下さいm(_ _)m

<運営サイト>
株式投資のイ・ロ・ハ
やさしい投資信託ガイド
コメント
トラックバック
分配がお好き? (自給自足を目指して投資っ子。)
通貨選択型ファンド
丸亀競艇場 (競艇を予想して的中させるのは、投資と同じ?)
競艇の話
投資信託が読める10のブログ(2007年版) (投資信託のブログ|ファンドの海)
注目度↑
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは (三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報サイト)
新興国への投資
Archives
カウンタ
投信で役立つネット証券


ひふみ投信当サイト人気 NO.1
主なファンド商品一覧
・ひふみ投信

インデックスファンドに勝てるアクティブファンドの大本命。ファンドを設定以来、TOPIXを凌駕し続けてる珍しいファンドです。銘柄選択にはかなり信頼できるのでかなりオススメです。



セゾン投信当サイト人気 NO.2
主なファンド商品一覧
・セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド
・セゾン資産形成の達人

月々5000円から世界中に分散投資することが可能なセゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドがおススメです。サラリーマンを中心に人気。当サイトにおいて最も口座開設されています。


マネックス証券
主なファンド商品一覧
・STAMインデックスシリーズ各種
・HSBCブラジルオープン
・マネックス資産設計ファンド 他多数

ファンドの品揃えはネット証券の中でもTOPクラス!投資信託をやっている方はたいていの方が口座開設してます☆


SBI投信
主なファンド商品一覧
・STAMインデックスシリーズ他
・HSBCブラジルオープン
・SBI資産設計オープン

ここもファンドの品揃えではネット証券TOPクラス!
『投信マイレージサービス(ありがトンmini)』では、投信を購入・保有するだけでポイントがたまり、信託報酬コストの軽減化や商品・旅行などと交換することができます。

資格取得のコーナー
簿記の資格、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ろうとしている方へのアドバイスコンテンツを更新しました☆

独学で目指そうとしている方は試験勉強を始めるまえに一度読んでみてください(^^)/→→→資格取得のコーナー


また質問コーナーも設置しました。質問コーナーはこちら→質問コーナー Q&A
どうぞ気軽にメールしてきてください(^^)/
Twitter
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑投資信託のブログ
 がたくさんあります!
  • ライブドアブログ