やさしい投資信託ブログ 〜ゆったり^^投資信託生活日記〜

投資信託暦7年の管理人の投資信託を中心としたブログです♪
投資信託・経済に関するニュース、また管理人が日々思うことなど自由気ままに更新しています(^o^)

日経平均21000円突破と衆議院選挙

『日本株は連日高値更新、リード役は好決算のFリテ−2万1000円乗せる』ブルームバーグ
13日の東京株式相場は続伸し、主要株価指数が連日で年初来高値を更新。好決算が評価されたファーストリテイリングやセブン&アイ・ホールディングスなど小売株が高く、空・海・陸運株、食料品や電機株も上げた。日経平均株価は1996年11月以来、約21年ぶりの2万1000円乗せ。TOPIXの終値は前日比8.49ポイント(0.5%)高の1708.62と5日続伸し、2007年7月以来の高値水準。日経平均株価は200円46銭(1%)高の2万1155円18銭と、昨年12月の記録に並ぶ9日続伸。
東証一部売買代金は3兆2810億円。日経平均は21年ぶりに21000円を突破、これは1996年11月以来の事。もちろん日経平均株価だけで経済を語ることは出来ませんが(日銀のETF買いなども少なからず寄与してますし)、1997年の消費税5%以降のデフレ期を考えると、特に象徴的な出来事と捉えられそうです。
ここ最近の相場は、北朝鮮が8〜9月に比べておとなしかったり、衆議院選挙もどうやら自民党が現状維持できそうだという点が大きそうですね。それにしても20年て長いですね。苦笑
『衆院選投票先、自民30%=内閣不支持、支持を逆転−時事世論調査』時事ドットコム
時事通信が6〜9日に実施した10月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比4.7ポイント減の37.1%だった。不支持率は同5.1ポイント増の41.8%で、8月の調査以来、不支持が支持を再び上回った。一方、衆院選比例代表で投票したい政党は、自民党が30.7%で最も多く、希望の党が11.8%で続いた。
小池さんが出馬しなかった事を考慮すると、希望の党はもう少し低いのかもしれません。いずれにしても自公政権を維持できる感じにはなってきましたので、円高株安+再デフレリスクは少し遠のいたと見ていいのでしょうか。
希望の党はあまりにも烏合のクセが強すぎて、結局グダグダでフィニッシュしそうですね。公約もあまりにも適当だし、さすがに内部留保に課税検討とか勘弁してくれって思いました、、、内部留保って言葉のニュアンスから、企業がたんまりキャッシュで溜め込んでるとでも勘違いしてるんでしょうかね、、、内部留保=余剰資金という訳ではないのに。。(余剰資金についてはコーポレートガバナンスの観点からISS(米議決権行使助言会社)に期待した方がよっぽどいいと思います。)
 テレビ討論とかで希望の党・小池さんを見ていると、この人はシンプルに日本初の女性総理になりたい!!だけなんだなぁと感じました。政策が安倍総理以上に光る物があればもちろん応援しただろうけれど、全く可能性を感じないどころか、適当に耳障りのいい政策を並べといて、さらにその政策がデフレに逆戻りしそうなのでこの人はちょっと全く選択肢に無いですね。苦笑

『日銀総裁:2%目標の早期達成へ粘り強く金融緩和を行うと説明−G20』ブルームバーグ
日本銀行の黒田東彦総裁はワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で2%物価目標の早期達成に向けて「強力な金融緩和を粘り強く進める方針」を各国に説明した。13日(現地時間)、閉幕後に行われた記者会見で明らかにした。黒田総裁はG20で日本経済は緩やかに拡大しているが、消費者物価は弱めの動きとなっており「2%の物価安定の目標実現までにはなお距離がある」と発言。日本の金融政策について「何か批判めいたことは全くなかった」と語った。
G20では日銀の金融政策について、「批判めいたことは全くなかった。」と黒田総裁のコメント。FRBやECBでは緩和の出口を模索し始めていますが、それでも「批判めいたことは全くなかった。」と黒田総裁のコメント。先進国の中央銀行が緩和縮小に動き始めているからといって、日本も乗り遅れるべきではないという風潮にはならなかったという点はハッキリと意識しておきたいと思います。

※個別株の方はキャッシュ比率が18%ほど、投資信託の方はスポット買いは完全に見送りと、いつでもリスクオフできる体制は整えています。それと久々に「金」を買いました、前回購入したのは2015年なので2年ぶりの購入です。理由はリスク分散と北朝鮮有事。国連の制裁も最終段階ですし、米国のユネスコ脱退とか開戦前の下準備に思えてなりません(妄想は強い方です☆)。あと韓国政府の動きがますます意味不明になってきたのも理由。

ひふみ投信2017年9月の運用状況

ひふみ投信
基準価格:45,577円
純資産額:約873億円(10/3時点)

『ひふみアカデミー2017年10月』の動画(You tube
参考資料:ひふみアカデミー2017年10月の運用報告.pdf

9月の運用成績はTOPIXが配当込みで+4.34%に対して、ひふみ投信は+3.46%。ただTOPIXは配当分を入れなければ約3.5%なので、実際の値動きだと同程度です。
現金比率は9月末で7.46%(8月末:12.34%)と、選挙相場(リスクオン)に向けて大型株・バリュー株を仕込んでる影響で下がっています。運用自体は順調の模様ですね。
今回の動画では、日本の中央銀行(日銀)の金融緩和の状態について触れてます(日銀のETF買いについてなど)。というのも、日銀総裁の任期が来年の春で終了しますので、選挙結果によっては緩和の出口を意識した政策がとられる可能性もあるためですね。自民党・安倍政権が存続ならば、この手のリスクはおそらくデフレ脱却がおおむね達成されるまでは先送りされる問題だと思いますが、、自民党の選挙公約に消費税増税(10%)があるように、あれだけ財務省に対して強かった安倍首相がひよってる点があるので心配ですね。

『希望の党が第1次公認192人を発表 立憲民主党は政党届、6人で発足』産経ニュース
小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」は3日、衆院選(10日公示−22日投開票)の第1次公認候補として192人を擁立すると発表した。第2次以降を含め、衆院定数の過半数(233以上)の擁立を目指す。一方、民進党に離党届を提出した枝野幸男元官房長官が結成を表明した「立憲民主党」は、都選挙管理委員会を通じて総務相に新党設立を届け出て、受理された。
『とにかく今回の選挙で勝つことだけ考える!勝った後は適当に言い訳残して離党してやる!!』そんなオーラが全体から感じられる集団、それが希望の党ですね。安保法制に反対していた人々も、選挙で勝てるなら当然の如く一時的に前言撤回して希望の党にすがります。一票投じる側としては今回ほど選択に困った選挙はないのではないでしょうか、訳が分からな過ぎて。苦笑
そして、、、
『「出馬100パーセントない。進次郎さんがキャンキャンとはやし立てるが」小池百合子都知事、脱原発で連携模索』産経ニュース
新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は3日、自身の衆院選出馬について「100パーセントない。最初から申し上げている」と改めて否定した。出張先の鹿児島県庁で五輪関連イベントに出席後、記者団に述べた。小池氏は、小泉純一郎元首相から「都知事で頑張れ」と言われたと説明。「(小泉)進次郎さんが(出馬を求めて)キャンキャンとはやし立てるが、お父さんと約束しているから出馬はない。都知事としてしっかりやっていく」と断言した。
当のリーダーはいまのところ都民の空気を読んで出馬しない意向のようですね。世論調査を読みつつ出馬判断してくるのではないでしょうか、、最悪、ギリギリで出馬という荒業もあります。(ギリギリならばメディアに叩かれる事態も、場合によっては回避できそうですし。)
まぁ現職は都知事であり、一般常識で考えれば都政に邁進するのが筋ですから、流石にメディアに流されやすい有権者も今回は常識的に判断してくると思いたいです。

※株式市場は中途半端ですがリスクオンに突入中。個別株については、キャッシュポジション25%ほどで様子見。今年は基本的には上昇し続ける簡単な相場だったと思いますが、変に警戒(北の有事とか)しすぎててあまりリターンを伸ばせない一年になりそうです。
はっきり言って個人的な直感ですが、どうも年末あたりにドンパチ起きそうで怖いです。

衆議院の解散

『「小池新党」が台風の目に、衆院が解散−来月22日投開票』ブルームバーグ
衆議院が28日午後、解散した。総選挙は10月10日公示、同22日投開票となる見通し。安倍晋三首相が掲げる消費増税分の使途見直し、憲法改正、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応などが争点となる。東京都の小池百合子知事が率いる希望の党に、民進党の前原誠司代表が事実上合流したい意向と報じられており、選挙の構図はなお流動的だ。安倍首相は25日の記者会見で、2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使途を一部変更し、教育無償化などの財源に充てる方針を表明。「国民生活に関わる重い決断」であり「速やかに国民の信を問わねばならない」と語った。自民、公明両党で過半数の233議席確保を勝敗ラインと位置付けた。
小池さん、予定通りに国政進出ということで(ご本人は不出馬のようですが、、)、新党名が「希望の党」ですか。すでに今年の2月に商標出願してたらしいですね、なんというか色々とすごいですね。苦笑
築地と豊洲のグダグダっぷりにも関わらず、基本的にはメディアの後押しを受けて、なぜかイメージだけで人気があった点に関して何とも言えない不気味な印象を受けてましたが、、、ここにきて民進党を吸収し、希望の党勢の出馬に際する軍資金もゲットしたということでしょうか。消費増税も10%に上げるのには反対といった姿勢のようで(この人の場合、たぶん嘘だと思いますが^^;)、なんというか色々とお上手ですね。
今後のスキャンダル等を含めた動向次第では、(あくまで万が一の確率だと思いますが)自民党が大敗してしまうのではないかと不安を覚えるときがあるのですが、そういうリスクに備えて投資の準備をしていきたいですね。黒田日銀総裁の任期終了も来年に控えていますし、もし仮に時の政権が「自民党&安倍首相」でなかったら、緩和縮小に動くような総裁が選ばれる可能性は大きくなります。そうなったら金融市場も相当大きく変動するでしょうけれど、株価に関しては割安で買える時期が再び到来するのかな、、、ポジティブ目線で見ていくしかないですね。

『日本株は反発、米税制改革期待と円安で輸出中心買い−TOPIX高値』ブルームバーグ
28日の東京株式相場は3日ぶりに反発し、TOPIXは年初来高値を更新。米国の税制改革進展による景気刺激期待が広がったほか、為替のドル高・円安推移が好感された。電機や機械など輸出株、繊維や化学など素材株が上げ、米長期金利の急伸から金融株、原油上昇を受け石油株も高い。TOPIXの終値は前日比11.74ポイント(0.7%)高の1676.17、日経平均株価は96円06銭(0.5%)高の2万0363円11銭。TOPIXは2015年8月11日以来の高値。
東証一部売買代金は2兆7403億円と一定の高水準を保ってます。衆議院の解散で大きく反応するかな?(上昇?)と思っていたんですが、それほど動きは見られませんでした。
ここ最近は北朝鮮がおとなしいこともあり、株式市場は基本的には上昇目線ですね。企業業績も半導体中心に上向きを維持していますし、EVブームもいろいろな株価を押し上げています。来月の選挙で自公政権が維持できれば、2015年のチャイナショック時のラインを越えた水準が見れそうですが、果たしてどうなるか。

最近の投資行動は、個別株については上振れた保有銘柄をちまちま売ったり、半年後以降に買われそうな銘柄を買っておいたりで、大きくは動いていません。キャッシュポジションも25%と余裕をもたせています。投資信託のスポット購入については、しばらくは買う時期ではないかなと放置しています、、うん、動くにしても選挙後で問題なさそう。自民党・安倍政権がグラつけばほぼ間違いなく下落するんじゃないでしょうか、買うタイミングはその後でいくらでもあります。

※小池百合子さんの不気味さって誰かに似てるなぁと思ってたんですが、いまようやく思い出しました!
ヨブ・トリューニヒトだ。笑(銀河英雄伝説っていうアニメに出てくる人物です、マニアックですみません。)
☆プロフィール☆

名前:PEPE

運用資産:インデックス型ファンド・ETF・アクティブファンド・日本株個別銘柄
いろいろと手を出して経済と投資の研究に勤しんでいます。お詳しい方はメール欄等でどしどしご教授下さいm(_ _)m

<運営サイト>
株式投資のイ・ロ・ハ
やさしい投資信託ガイド
コメント
トラックバック
分配がお好き? (自給自足を目指して投資っ子。)
通貨選択型ファンド
丸亀競艇場 (競艇を予想して的中させるのは、投資と同じ?)
競艇の話
投資信託が読める10のブログ(2007年版) (投資信託のブログ|ファンドの海)
注目度↑
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは (三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報サイト)
新興国への投資
Archives
カウンタ
投信で役立つネット証券


ひふみ投信当サイト人気 NO.1
主なファンド商品一覧
・ひふみ投信

インデックスファンドに勝てるアクティブファンドの大本命。ファンドを設定以来、TOPIXを凌駕し続けてる珍しいファンドです。銘柄選択にはかなり信頼できるのでかなりオススメです。



セゾン投信当サイト人気 NO.2
主なファンド商品一覧
・セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド
・セゾン資産形成の達人

月々5000円から世界中に分散投資することが可能なセゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドがおススメです。サラリーマンを中心に人気。当サイトにおいて最も口座開設されています。


マネックス証券
主なファンド商品一覧
・STAMインデックスシリーズ各種
・HSBCブラジルオープン
・マネックス資産設計ファンド 他多数

ファンドの品揃えはネット証券の中でもTOPクラス!投資信託をやっている方はたいていの方が口座開設してます☆


SBI投信
主なファンド商品一覧
・STAMインデックスシリーズ他
・HSBCブラジルオープン
・SBI資産設計オープン

ここもファンドの品揃えではネット証券TOPクラス!
『投信マイレージサービス(ありがトンmini)』では、投信を購入・保有するだけでポイントがたまり、信託報酬コストの軽減化や商品・旅行などと交換することができます。

資格取得のコーナー
簿記の資格、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ろうとしている方へのアドバイスコンテンツを更新しました☆

独学で目指そうとしている方は試験勉強を始めるまえに一度読んでみてください(^^)/→→→資格取得のコーナー


また質問コーナーも設置しました。質問コーナーはこちら→質問コーナー Q&A
どうぞ気軽にメールしてきてください(^^)/
Twitter
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑投資信託のブログ
 がたくさんあります!
  • ライブドアブログ