日興インデックスファンドTSPについて】
日興コーディアルグループが上場廃止になるかもしれない!?っていう報道が一部で出ていますが、まだ東証は正式な発表をしていません。

Q.もしも上場廃止の方向になったらどうなるの?
A.特にファンドの運用自体に支障をきたすようなことは、投資家がパニックになり、雪崩れをうって解約に走っちゃわない限り何も起こりません。

Q.ファンドが運用しているお金は大丈夫なの?
A.ファンドが運用するお金は受託会社(信託銀行)と呼ばれる日興グループ外の機関で管理されていて、このことは法で義務づけられていることです。ファンド会社の管理下においてしまうと不正し放題になっちゃいますから^^;
日興インデックスファンドTSPの場合、三井アセット信託銀行にて資産管理されています。


Q.大丈夫なのにどうして不安になっちゃうんだろう??
A.投資信託の仕組みを完全に理解していないと、たぶん不安になっちゃうんだろうなぁと思います。サイト内でも簡単に説明していますので参考にしてください☆→投資信託の詳しい仕組み


Q.本当に大丈夫??
A.大丈夫かどうかは、日興アセットマネジメントで運用されているファンドに投資していた投資家(みんな)次第です☆みんながパニックになって解約に走った場合、運用の妨げ(ファンドの保有株を売って、投資家に返すお金を作らないといけなくなりますからね^^;売ればさらに株価は下がり、それにつられて基準価額も下がりとパニックは悪循環を生み出すだけです。)につながりますが、パニックにならない限りは今までと同じように運用してくれます。



【HSBCブラジルオープンについて】
めっちゃ下がってますでしょう〜^^;
びっくりしますよね〜、これが新興市場国の値動きです。
上昇するときは大きく上昇して、下落するときは一気に下落。
運用会社であるHSBCから報告が出てます→HSBCブラジルオープン下落について

ビックリしたとは思いますが、安く買えるようになっただけの話ですし・・・・・とくに、これといってショックを受けることもないと思います☆



【その他】
これで若干セゾン投信が買いやすくなるのではないでしょうか^^
安値で設定してくれればそれだけ上昇余地が生まれるだけですからね☆



※株式相場の崩れにくわえて為替の怪しい動きを見ると、こっからいくぶん下げ基調気味になるのではないかと見てますが・・・・、こういった相場にこそ積立投資は生きていきます!(個別株式投資をしている頃に比べるとホント精神的に楽だ^^;)