STAMインデックスシリーズを利用した新興国への投資を開始。

新興国投資の経験は、2006年〜2009年のブラジル投資。(一部はまだボベスパ連動型ETF:1325で投資継続中。下落時に再投資予定。市場はまだマーク中。)

2010年はベトナム投資(03087 DBX FTSEベトナム)を始めたばかり。コツコツとちびちびと買い増していく予定。


そして、今回新たにSTAMインデックスシリーズを利用して、世界の新興国への投資を開始。

投資対象ファンドは、
STAM新興国株式インデックスオープン
STAM新興国債券インデックスオープン

これもブラジル、ベトナムの例にならって時間による分散効果(コツコツ積立投資)を存分に生かして買付予定。



ブラジルはいま投資お休み中だけど、新興国への投資はベトナムにSTAMシリーズと増えたため、投資方針を一部変換。
今まで新興国への投資は総投資額の10%までと決めていたが、これを30%まで拡大させる方針に転換。(怖いのは為替リスクか、、)


来週からコツコツと買付けていく予定です。
参考ページ:STAMでオリジナルFづくり


※ベトナム投資は順調に進み出しました!、、、といってもまだ一カ月たったばかり、大きな暴落もないのでそこまでガッツリと買ってはいません。若干、為替差益が出てる程度で、とりあえず2年ぐらいは運用額(雪だるま)を大きくしていきたいと思ってます。

ブラジルの時みたいに大きなサプライズ(W杯開催決定、オリンピック開催決定)があれば売ってしまうかもしれません、、、投資対象がベトナム1国なので中長期投資にこだわる必要もないと考えてます。
(逆にSTAMの方は中長期投資と位置づけています☆)