Category:カメラ・レンズ紹介記事 > Wirgin-Edixa

今回持ち出したレンズは、「edixa auto 55mm f2.8(M42)」です。旧西ドイツの「Wirgin」のカメラブランドである「Edixa」用に日本のレンズメーカーが「OEM?」した「M42マウントの廉価な標準レンズ?」です。レンズ構成も作者も不明のいわゆる「迷子の子猫ちゃんレンズ?」です。ただ、「55mm f2.8(M42)で、最短撮影距離が90cm」という一見救いようのないスペックは、「AUTO RIKENON 55mm f2.8(M42)」と同じですよね。😂外見は異なっていますが、「玉は、同じ?」である可能性は高いと思われます。😂「AUTO RIKENON 55mm f2.8(M42)」は、しばしば「AUTO RIKENON 50mm f2.8(M42)」と混同されるわけですが、似て非なるレンズの典型的な事例かと思います。写りの傾向が異なるようなので、おそらく硝材やレンズ構成が異なるものと思われます。似ているのは、どちらのレンズも「OEMの一族?」が大勢存在することでしょうかね?😂「暗黒玉系のレンズ狂人?」さんと話すと、いつも「AUTO RIKENON 55mm f2.8(M42)」と「AUTO RIKENON 50mm f2.8(M42)」の違いと「OEM一族のレンズ?」のことが話題になりますね。これらのレンズが、「信濃氏?」を源流とするのか、それとも「諏訪氏?」を源流とするのかも激論になりますね。😂私は、両者の写りの傾向が異なるようですので、その観点から使い分けるのが良いと考えているのですが。「不毛な議論?」は、毎度疲れますよね?😂
話を元に戻します。今回のレンズは、当ブログでもお馴染みの「新宿の登山のお店?」の「Bちゃんのウインドウ?」の上に置かれた「ジャンク神社のジャンク賽銭箱?」から救出した物です。かなり使用感のある物であることと「存在自体がジャンク?」扱いのようで、野ざらし状態で「ワンコイン?」の値札を付けられて、ブルブルと震えているようでした。このお店の「ジャンク賽銭箱?」は、「ジャンクカメラ・レンズお遍路さん?」の方々の重要な「札所?」の一つのようで、いつも賑わっているようです。


DSC06156
「Wirgin-Edixa」向けにOEMされたレンズなんです
かね?😂
存在自体が、ジャンクのようですね?😂玉は、カビも
曇りも無く綺麗なんですがね。
それでも、ワンコインの世界です。😂

DSC06157
激しく使用された個体のようです。

DSC06158
マウント部分の造りは、悪くはないと思うのですが?😂

DSC06159
一番薄い接写リングとのコンビです。
最短撮影距離が「90cm」と寄れないこのレンズ
にとって、「必携アイテム?」ですね?😂この
アイテムで「大きく化ける?」レンズですかね?😂

DSC06160
一番薄い接写リングを付けた状態です。
この接写リングは、「大きさの小さなワンコイン?」
でした。😂


今回このレンズを選んだ理由は、知り合いの「暗黒玉系のレンズ狂人?」さんより「バブルボケを出せる『廉価狂玉?』を紹介してください。昨今、バブルボケの出せると言われている狂玉のお値段が、どれも急上昇してしまいました。そういう意味では、まだ手垢のついていない『廉価狂玉?』を発掘してもらえませんか。」と言われたからです。別の「暗黒玉系のレンズ狂人?」さんからは、「先日の『千べろ居酒屋レンズシリーズ?』の『SMC TAKUMAR 55mm f1.8(M42)』の回は、笑わせてもらいました。私も、『千べろ居酒屋レンズ?』を千本以上持っていますので。😂ところで、かつて『ワンコインランチレンズ?』というジャンルが存在していたと思いますが、紹介してもらえませんか。」と言われたからです。
今回このレンズを使用して、こんなことを考えました。中々、綺麗なバブルボケを出せるレンズは少ないと感じた次第です。ですから、例の旧東ドイツ製のレンズのお値段が高止まりしているんでしょうね?😂逆転の発想として、「3枚玉で、バブルボケの出にくい?」レンズこそが「優秀なポートレート用レンズ?」ではないのかと考えたのですが?😂いずれにせよ、「綺麗なバブルボケ?」の出せるレンズは、「欲張りスペックの3群レンズ?」「レンズの貼り合わせ面が無い & レンズの枚数が少ないレンズ?」等のような気がしました。今回のレンズは、「貼り合わせ面の無い?」いわゆる「泣き別れ系のレンズ?」のような気がするのですがね。😂


現在稼動しているカメラに付けてみました。

DSC06154
「Ihagee Westberlin(通称)」の最終兵器であると
言われている「EXAKTA TWIN TL 42」に付けて
みました。😂「EXAKTA REALマウント」を脱ぎ
捨てて、「M42マウント」に着替えているわけです。😂
機械式シャッター搭載のカメラです。

DSC06155
シグマの最初の「35mm判一眼レフカメラ?」の
「SIGMA Mark-Ⅰ」に付けてみました。😂
機械式シャッター搭載のカメラです。


作例を以下に載せます。
NEX-5にマウントアダプターをつけています。
すべて開放絞りだと思います。

DSC06112
柔らかい描写ですかね?😂
後ボケは、妖しいですよね。😂

DSC06113
接写リングを付けての撮影です。😂
バブルボケに挑戦したのですが?😂

DSC06114
柔らかい描写ですかね?😂
結構、「粘り?」のある写りですかね?😂

DSC06115
後ボケは、「お絵描き?」の世界ですかね?😂

DSC06117
接写リングを付けての撮影です。😂

DSC06116
被写界深度は、浅くはないようですね?😂

DSC06119
発色は、悪くはないと思うのですが?😂
結構、「粘れる?」レンズなのかなあ?😂

DSC06120
もう少し寄れればと思いますよね?😂

DSC06121
前ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06122
絵心のある後ボケですかね?

DSC06124
後ボケの「ハロ里?」の世界は、嫌いではありませんね。

DSC06125
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06127
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06128
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06126
柔らかい描写と言えば、聞えはいいですが?😂

DSC06130
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06132
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06133
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06134
金属感は、あまり出ていないような気がしますね。😂

DSC06135
濃厚な写りですかね?

DSC06136
雰囲気は、出ていますかね?

DSC06137
「いらっしゃい!」😂

DSC06138
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06139
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06140
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06141
前ボケは、少し妖しいですかね?

DSC06142
結構、ボケますね?😂

DSC06143
発色は、悪くはないと思うのですが?😂

DSC06144
前ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06145
ソフトな感じの後ボケに見えるのですが?

DSC06146
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06150
立体感は、ありますかね?😂

DSC06151
発色は、悪くはないと思うのですが?😂


今回のレンズの番付は、「東幕下35枚目?」としておきます。
次回は、「FUJICA ST シリーズ」の「M42マウント」の
レンズに登場願います。
本日は、以上です。 

今回持ち出したのは、EDIXAGON 50mm f2.0(M42)です。日本人の方でこのレンズを愛用あるいは評価されている方はほぼ皆無でしょうね。(笑い)
このレンズは、以前都内某所に存在した「会員制のカメラ屋!」で購入したものです。そのお店では、顧客が厳格な階級制度によって順位づけられていました。(笑い) 私は、「中の下?」ぐらいだったんですかね?珍品物については、階級上位の顧客にあてがわれていましたので、私などは「残り物?」をあてがわれていたんでしょうね。いつものようにお店に伺うと、ご主人が「こんなレンズが入荷しているよ!」とのことでした。「無名のF2.0の標準レンズ」など値段が付けれないよねとのことで、「50mmだから5千円は高いと思うからF2.0を取って2千円でいいよ!」とのことです。あまり気乗りしませんでしたが、お付き合いで買ったと記憶しております。当然ながら、一度も使用することなく、カメラボディのボデイキャップがわりとなっていました。
昨年、レンズの素性を調べるために、ネットで検索したところ、中国大陸の方の投稿が多いことにびっくりしました。よく見てみると、このレンズはいつの間にか「Rodenstockが製造したEDIXAGON!!」になっているではありませんか。確かに、このレンズには国名が刻印されていません。おそらく、第三国で組み立てられたのだと思います。流石に、ヨーロッパサイドの方が噛みついて、「MAMIYA製のレンズ?」などと日本製のレンズであると反論しておられました。論争の決着はついていないようですが、作例写真の写りについては、一様に評価されているようです。ブランド力の無いf2.0の標準レンズにしては異常な高値で取引されていることからもわかると思います。まさに、下克上を体現しているレンズと言えるでしょう。
私なりにこのレンズについて気がついたことがあります。それは、ネット上で紹介されているレンズも私が所有するレンズもすべてシリアルNo.の頭3ケタが「660」 となっているのです。おそらく、EDIXAの一眼レフを製造していたWirginという会社が、「1966年のほんの数ヶ月間製造した レンズ?」ではないかと思います。1966年といえば、日本のカメラメーカーが「TTL開放測光を採用した一眼レフ」を武器に世界のカメラ市場を席巻し出した頃ではなかったでしょうか?Wirginは元々自社ではレンズ製造は行なっておらず、旧西ドイツの各レンズメーカーから供給してもらっていたようです。このレンズもおそらくどこかのレンズメーカーに製造を依頼していたものが途中で頓挫してしまい部品のみが残ってしまったのではないでしょうか?そこでWirginとしてはもったいないとのことで、自社ブランドっほい名称を付けて少数のみ製造したのではないでしょうか?レンズをよく見てみると、造りも良いですし硝材には重金属類がいっぱい練り込まれているようで重たいです。
実際に写真を撮ってみると、開放から合焦部分の解像力は高いような気がします。何よりも、色の乗り具合が独特のような気がします。作例写真がネット上に多数投稿されておりますので確認できると思います。 
今回のレンズの番付については、一応「東前頭15枚目」 としておきます。
次回は、「Kシリーズ」のレンズについて話してみたいと思います。当然、PENTAX Kシリーズのことではありません。「〇〇〇〇K」のレンズの話です。(笑い)

DSC01728

DSC01729

DSC01730
 
以下が作例写真です。すべて開放です。
NEX-5にマウントアダプターをつけています。

DSC01391

DSC01392

DSC01393

DSC01394

DSC01395

DSC01399

DSC01400
 

↑このページのトップヘ