Category:カメラ・レンズ紹介記事 > Petri

今回紹介するレンズは、「PETRI C.C AUTO MC petri 50mm f1.8(M42)」です。レンズ構成は、オーソドックスな「4群6枚のダブルガウス型?」ですかね。「PETRI TTL-2」あたりとセットで販売されたレンズですよね。廉価版の「PETRI C.C AUTO petri 55mm f2.8(M42)」に対して、上位レンズということなんでしょうね。「信濃勢の奉じたM42マウントのペトリ?」カメラとして、「PETRI TTL-2」と「PETRI MF-2」は、結構見掛けますよね?😂


DSC06585
銘板は、いかにもの世界ですよね?😂
「M42マウント」の「非エコ硝材 & マルチコート」
なレンズですかね?😂

DSC06586
どこが製造したのか、バレバレのデザイン
ですかね?😂

DSC06587
マウント部分の造りは、悪くはないと思うのですが?😂


今回このレンズを選んだ理由は、知り合いの「暗黒玉系のレンズ狂人?」の方から「そう言えば、まだ『ペトリ星人?』なレンズを紹介していないように思います。是非紹介してください。」と言われたからです。私は、「それって、何でしたっけ?」と言いました。すると、その方は呆れ顔で「いい加減、覚えてくださいよ。『梅田産のペトリ』が『ペトリ聖人?』なのに対して、『梅田以外の産地のペトリ』が『ペトリ星人?』なわけですよ。」と言われました。何とも、濃い世界ですよね。😂「後ペトリ・レンズ三国志(別名:MTCライン)?」の単焦点レンズは、現在は手元にありませんので、「信濃勢のペトリ?」のレンズを選びました。😂私の好きな「それほどエコ化されていない硝材 & マルチコートされた」レンズである「PETRI C.C AUTO MC petri 50mm f1.8(M42)」に頑張ってもらいました。「非エコ硝材 & マルチコート」のいわゆる「汽水域の住人のレンズ?」達は、1970年代前半~1970年代半ばまでのごく限られた時期に製造された奇跡のレンズと言えると思うのですがね?😂どうしても、濃厚な写りを期待してしまいます。
今回このレンズを使用して、こんなことを考えました。「真性のペトリ帝国の住人?」の方にとって、「梅田産のペトリ?」のカメラ・レンズが絶対的な存在なんですよね?😂一方、ディープな「ペトリ反逆児?」的な「暗黒玉系のレンズ狂人?」の方は、イージーな梅田産ではなく、難解な非梅田産の「裏メニューペトリ?」を狙われますよね。😂いずれも、「安珍族?」系のレンズ達ですよね。お値段は安いのだが、いざ見つけるとなると、中々見つからない厄介なレンズ達ですよね?😂今年の当ブログのテーマである「安珍族?」なレンズとしては、パンチ力不足は否めませんが、先ずはゆるりとスタートしたいと思います。😂



現在稼動しているカメラに付けてみました。😂

DSC06589
「EXAKTA TWIN TL 42」に付けてみました。😂
同族の組み合わせなので、しっくりきますよね?😂

DSC06591
「SIGMA Mark Ⅰ」に付けてみました。😂
こちらも、同族の組み合わせなんですかね?😂



作例を以下に載せます。
NEX-5にマウントアダプターをつけています。
全て開放絞りでの撮影だと思います。

DSC07433
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC07434
立体感は、ありますかね?😂

DSC07435
遠近感は、ありますかね?😂

DSC07436
濃厚な写りですかね?😂

DSC07437
後ボケの筆のタッチは、嫌いではありませんね。😂

DSC07438
「絵心のある?」後ボケとしておきましょうかね?😂

DSC07439
被写界深度は、浅いですかね?😂

DSC07440
夕方の撮影です。後ボケは、「濃厚民族の行進?」
ですかね?😂

DSC07442
前ボケは、少し妖しいですかね?😂
「濃厚民族?」なレンズですかね?😂

DSC07443
発色は、悪くはないと思うのですが?😂

DSC07444
発色は、悪くはないと思うのですが?😂

DSC07445
幻想的な後ボケとしておきましょうかね?😂

DSC07446
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07447
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07448
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07449
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC07450
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07451
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC07453
雰囲気は、出ていますかね?😂
「濃厚民族?」な写りですかね?😂

DSC07454
前ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC07455
発色は、悪くはないように思うのですが?😂

DSC07456
雰囲気は、出ていますかね?😂
「濃厚民族?」な写りですかね?😂

DSC07458
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07460
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07459
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07461
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC07462
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC07463
後ボケの筆のタッチは、嫌いではありませんね。😂

DSC07464
「雲海を歩く?」の世界ですかね?😂
と言うよりは、「濃霧警報?」ですよね?😂

DSC07465
バブルボケの可能性を探るために、どこにも
ピントを合わせていません。😂

DSC07466
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC07467
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC07468
バブルボケの可能性を探るために、どこにも
ピントを合わせていません。😂

DSC07471
バブルボケの可能性を探るために、どこにも
ピントを合わせていません。😂

DSC07472
バブルボケの可能性を探ってみました。😂


今回のレンズの番付は、「東幕下2枚目?」としておきます。
次回は、「M42マウント」の広角レンズに登場願います。
本日は、以上です。   

今回持ち出したレンズは、「Kuribayashi C.C. Petri Orikkor 50mm f2(M42)」です。栗林写真工業(後のペトリカメラ)の最初の一眼レフカメラである「Petri PENTA」用に用意された標準レンズです。ペトリ独自のスピゴットマウントではなく、「M42マウント」を採用しています。このレンズは、その当時の一眼レフカメラ用の標準レンズとしては設計上難しかった「焦点距離50mm」を実現させるために、「7枚の高屈折率のフリント硝子?」を使用して、「後群を3枚貼り合わせ?」の「4群7枚の変形のガウス型?」という凝った造りにしています。そのことが原因で、硝材等のコストが予算オーバーとなってしまったため、価格設定も考慮して「自動絞り?」を断念して「手動式のプリセット絞り?」を採用したようです。そのため、小振りのレンズにしては、重たいレンズですよね。いかにも、「酸化鉛の塊?」といった感じですよね。😂
話を元に戻します。このレンズは、当ブログでも登場する某店で「数千円?」で転がっていたところを救い上げたわけです。正直なところ、レンズその物は、「一応綺麗にはしてくれていましたが、なんちゃって状態?」でしたね。私の場合は、「フロントキャップ?」に魅せられて購入したようなものですかね?😂このレンズは、かつては「Petri PENTA とのセット?」でコレクターズアイテムとして結構な高値で取引されていたと記憶しています。

参考文献:ペンタゴン一眼レフレックス(光画荘)


DSC06863
その当時の純正のフロントキャップを付けてみました。😂
コレクターの方にとっては、その当時の純正の「フロントキャップ」
「リアキャップ」は必須だと思います。

DSC06864
銀枠のレンズですね。😂
レンズの硝材にコストを掛け過ぎたために、
自動絞りではなく、手動式のプリセット絞り
としたようですね?😂

DSC06865
純正のフロントキャップの裏側です。😂
このような説明書が、貼り付けられていたんですかね?😂
私は、初めて見ました。ひょっとしたら、レンズよりも
フロントキャップの方が、価値があるかも知れませんね?😂

DSC06866
マウント部分の造りは、悪くはないように思うのですが?😂


今回このレンズを選んだ理由は、私事で恐縮ですが、先月の当ブログ内での人気記事ランキングで「CANON 35mm f1.8(Lマウント)」が、ぶっちぎりの第一位を獲得したからです。その原因として考えられることは、「後群の3枚貼り合わせ?」という凝った造りではないかと考えています。そこで、同じ「後群の3枚貼り合わせ?」で「4群7枚の変形のガウス型?」のレンズに登場していただいた次第です。どのような反応になるのかを見てみたいですね。
今回このレンズを使用して、こんなことを考えました。ペトリのカメラとレンズに関しては、世間一般では「安かろう、悪かろう!」とのレッテルが貼られているように思います。しかし、本当に「そうなのだろうか?」という疑問が、湧いてきましたね。😂私の場合、オールドレンズの魅力は、第一は「硝材?」なんだろうと考えています。第二が「レンズ構成?」ですかね。今回のレンズは、「国産一眼レフカメラの黎明期?」の時代に製造・販売された物であることから、まだレンズ設計の現場にコンピューターが導入される前の時代のレンズであると思われます。弱小メーカーが製造した標準レンズとしては、「硝材」「レンズ構成」とも「背伸びし過ぎ感?」がありますよね。😂「色遊び & 収差遊び?」のできるオールドレンズとして、1本は常備しておきたいですよね?😂


現在稼働しているカメラに付けてみました。😂

DSC06868
「SIGMA Mark Ⅰ」に付けてみました。😂
「PETRI」のフロントキャップを付けた状態です。😂
相手を威嚇するには、十分な「狂言コンビ?」ですかね?

DSC06867
「EXAKTA TWIN TL 42」に付けてみました。😂
このコンビを「能面遊び?」と勘違いしないでくださいね。😂
まあ、「狂言の自由?」ということにしておきましょうかね?😂



作例を以下に載せます。
NEX-5にマウントアダプターをつけています。
全て開放絞りだと思います。

DSC06886
立体感は、ありますかね?😂

DSC06887
前ボケも後ボケも、少し妖しいですかね?😂

DSC06888
バブルボケの可能性を探るために、どこにも
ピントを合わせていません。😂

DSC06889
前ボケも後ボケも、少し妖しいですかね?😂

DSC06890
濃厚な写りですかね?😂

DSC06891
淡い発色ですかね?😂

DSC06892
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06893
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06895
雲と空を写してみました。😂

DSC06896
被写界深度は、浅いですかね?😂

DSC06897
発色は、悪くはないように思うのですが?😂

DSC06898
前ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06899
後ボケの筆のタッチは、嫌いではありませんね?😂

DSC06900
発色は、悪くはないとは思うのですが?😂

DSC06901
前方の年配の方達は、一体どこに向かって歩いて
いるんですかね?😂

DSC06902
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06906
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06904
前ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06905
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06907
発色は、悪くはないように思うのですが?😂

DSC06908
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06909
バブルボケの可能性を探るために、どこにも
ピントを合わせていません。😂

DSC06910
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06911
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06912
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06916
発色は、悪くはないように思うのですが?😂

DSC06917
発色は、悪くはないように思うのですが?😂

DSC06918
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06919
前ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06921
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC06922
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06923
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06924
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC06925
発色は、悪くはないように思うのですが?😂

DSC06927
後ボケは、少し妖しいですかね?😂
まあ、「雲海の上を走る自転車?」とでも、
しておきましょうかね?😂

DSC06932
後ボケの筆のタッチは、嫌いではありませんね。😂

DSC06933
バブルボケの可能性を探るために、どこにも
ピントを合わせていません。😂

DSC06934
前ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06935
後ボケは、少し妖しいですかね?😂

DSC06936
雰囲気は、出ていますかね?😂


今回のレンズの番付は、「西十両38枚目?」としておきます。
次回は、「M42マウントの中望遠レンズ?」に登場願います。😂
本日は、以上です。

 

今回持ち出したレンズは、「Petri C.C Auto 50mm f1.7(M42)」です。ペトリカメラの「最終兵器?」である「PETRI MF-1」用に供給された「フラッグシップ標準レンズ?」です。廉価版として、「3群4枚のテッサー型?」の「Petri C.C Auto 45mm f2.8(M42)」も供給されました。ペトリのレンズは、その独特なスピゴットマウントのため、中古カメラ市場では、ずっと人気薄ですよね。😂ただ最近は、「独特の写り?」に魅了されて、少しは人気が出てきているような気がします?😂「ジャンク籠の常連?」なのですが、最近はあまり見かけなくなったような気がします?😂ペトリカメラ(その当時は、栗林写真工業)は、35mm判一眼レフへの参入は比較的早かったようです。一番最初の「PETRI PENTA」は、「プラクチカ(M42)マウント」を採用していましたが、直ぐにやめて「独自のスピゴットマウント?」に変更しましたね。😂その後、1970年代前半に「PETRI FTⅡ?」をベースにした輸出専用のカメラに「M42マウント」を採用したようです。このカメラをベースにした「OEM物?」も結構多数あったようです?😂そして、ペトリカメラの「最終ランナーであるPETRI MF-1」で再び「M42マウント」に戻しましたね。😂
話を元に戻します。今回のレンズは、当ブログでもお馴染みの「酸っぱいお店の秋葉原店さんのジャンク籠?」から救い出した物です。「レンズ銘板が、黒く塗り潰されている?」ことが、ジャンク扱いの最大の理由だったんでしょうね?「玉は、結構まとも?」でしたね?😂このレンズについては、以前使ったことがあるのですが、記憶に残ってなかったですね。😂「前オーナーが、このレンズを激しく愛用した痕跡が、至るところにある?」ことが、たいへん気になりましたね?😂私の「復習?」も兼ねて、ワンコインを投じてみた次第です。😂


DSC05155
プラモデルのようなレンズです?😂
前オーナーが、レンズ銘板を黒く塗っていた
ようですね?😂反射防止のためなんでしょうが、
「暗黒玉?」の完成ですよね?😂

DSC05158
「Petri」の最終兵器である「PETRI MF-1」用に
用意された明るいレンズです。(「45mm f2.8」も
用意されました)
カメラも「プラモデル?」ですが、レンズも
「プラモデル?」です?😂鏡胴とヘリコイドリング
が、一体となっています。😂

DSC05157
最短撮影距離が、「60cm」と寄れませんね?😂
マウント部分も、貧弱ですかね?😂
一応、「M42マウント」です。

今回このレンズを選んだ理由は、知り合いの「暗黒玉系のレンズ狂人?」さんより、「まだ、『PETRI』のレンズが一本も紹介されていないんだけれど、どうなっているの。」とのお叱りを受けたからです。私の頭の中では、ペトリカメラが「OEMしたと思われる『CARENAR 55mm f1.8(M42)』を紹介した」時点で、「ペトリについては、一応終了した?」と思っていましたので、意表を突かれる格好となった次第です。「スピゴットマウント?」のレンズも結構持っているのですが、これを持ち出すのは少し荷が重いので、「M42マウント」のレンズで「お茶を濁した?」わけなんです。😂今回このレンズを使ってみて、「コスト削減の権現?」のようなレンズなのですが、「玉しい?」は捨ててはいないと感じた次第です。😂「4群6枚のダブルガウス型?」で、焦点距離を「55mm」ではなく、「50mm 」としたのは、「ペトリカメラの最後の意地?」だったんでしょうかね?😂キヤノンから「一世を風靡した最先端のお化けカメラであるCANON AE-1」が発売されたとぼぼ同時期に「絞り込み測光の時代遅れ?」の「PETRI MF-1」を発売せざるおえなかったペトリカメラのことを考えると胸が痛みますね。😂
私は、「PETRI MF-1系?」と後にペトリ工業が復活させた「PETRI MF-10系?」のカメラが結構好きでしたね。これらのカメラと「三竹光学からOEMを受けたと思われる?」レンズとの組み合わせは、正に「最狂のコンビ?」であったように思います。「絵画?」のような写真を連発したのも、今となっては、良い思い出ですかね?😂その他では、「地野光学?」や「タカラ製作所?」からOEMを受けたと思われるレンズが、意外と頑張るのも興味深いですね。😂「PETRI MF-1」というカメラは、その当時としては時代遅れでかつ壊れやすかったように思います。一方で、憎めない可愛い風貌のカメラであったと思います。何となく、「泣いてばかりいる子猫ちゃん?」と似ているような気がします?😂


作例を以下に載せます。
NEX-5にマウントアダプターをつけています。
すべて開放絞りだと思います。

DSC05076 
立体感は、ありますか?😂
後ボケは、妖しいですよね?😂

DSC05078
普通に写っていると思うのですが?😂

DSC05080
斜光気味です。バブルボケの可能性を探るために、
ピントは合わせていません。😂

DSC05081
被写界深度は、浅いですかね?😂

DSC05083
後ボケの妖しさは、常識の範囲内ですかね?😂

DSC05110
切れは、感じられませんかね?😂

DSC05111
もう少し寄れたらねぇ?😂

DSC05112
ソフトな描写と言えば、聞こえはいいですが?😂

DSC05113
発色は、悪くはないように思うのですが?😂

DSC05114
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC05115
赤色だけ、目立ちますよね?😂

DSC05117
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC05118
間の後ボケが、主役ですかね?😂

DSC05119
もう少し寄れたらねぇ?😂

DSC05121
前ボケは、妖しいですよね?😂

DSC05122
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC05123
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC05124
暗部の表現力を見てみたのですが?😂

DSC05125
露出は、アンダーに振っています。
色表現力は、どうですかね?😂

DSC05127
暗部の表現力を見てみたのですが?

DSC05128
雰囲気は、出ていますかね?😂

DSC05129
後ボケは、癖がありますかね?😂

DSC05130
ソフトな後ボケと、言いたいところですが?😂

DSC05132
雰囲気のある描写と、言いたいところですが?😂

DSC05145
バブルボケの可能性を探るためにどこにもピントを
合わせていません。

DSC05146
バブルボケの可能性を探ってみたのですが?😂

DSC05147
後ボケは、そんなに乱れていないようですが?😂

DSC05148
バブルの可能性を探ってみたのですが?😂

DSC05150
バブルボケの可能性を探ってみました?😂
「暗黒ラブラブ?」な世界になってしまいましたね?😂


今回のレンズの番付は、「東幕下8枚目?」としておきます。 
次回は、「例のシリーズ?」のレンズに登場願います。
本日は、以上です。

↑このページのトップヘ